Search

検索したいワードを入力してください

「毎日嫌な夢を見る人へ」夢をよく見る理由と内容別の意味を解説!
2018年12月28日

「毎日嫌な夢を見る人へ」夢をよく見る理由と内容別の意味を解説!

毎日毎日嫌な夢を見ては目覚めている人へ。朝の目覚めはその日1日の気分を左右してしまいます。出来ることなら、毎日スッキリ目覚めたいですよね。どうすれば熟睡できるのでしょうか?そこで今回は、毎日嫌な夢を見てしまう理由や解決方法についてご紹介します。

実は人は寝ている間ずっと夢を見ている?

「毎日嫌な夢を見る人へ」夢をよく見る理由と内容別の意味を解説!
夢をよく見る人もいれば「そんなに夢は見ない」と言う人もいます。しかし、本当に夢を見ない人は存在するのでしょうか?

夢をよく見る人の中には、夢を見たこと自体は覚えていてもその夢の中で何が起こったのかまではあんまり覚えてはいないという人が多いものです。この違いは一体なんなのでしょう。

実は、正常に脳が機能している人であれば1日に平均で数回は夢を見るとされています。夢をあまり見ないと言う人は、自分が夢を見たことを覚えていないだけなのです。

ですが、覚えていなくても仕方ありません。人は夢を見ている時には、起きている時と比較して記憶を固定する神経を伝達する物質がよく出ないのです。そのため、寝ている時に見た夢を覚えておくのは難しいのです。

今回は、夢をよく見る人の中でも嫌な夢をよく見る人のためにも、嫌な夢を見ないための方法について詳しくご紹介していきたいと思います。

夢をよく見る理由《生活編》

「毎日嫌な夢を見る人へ」夢をよく見る理由と内容別の意味を解説!
毎日嫌な夢をよく見る人の多くに、日常生活の中での問題が伺えます。

あなたは仕事や人間関係において、ストレスがたまってしまってはいませんか?または、肥満になっていたり病気にかかっている可能性はありませんか?

まずは、それらの生活環境から伺える夢をよく見る理由についてお話ししていきたいと思います。あなたの夢と生活習慣と照らし合わせ、読んでいってくださいね。

夢をよく見る理由①ストレスが溜まっている

現代社会において、ストレスはつきものですよね。夢をよく見る人はストレスが溜まってしまっている可能性があり、日頃のストレスを感じた時に嫌な夢をよく見てしまうことがあります。

脳はあなたが寝ている間にも考えを止めることはなく、起きているときに感じていた悩み事もストレスとともに夢に反映されてしまうのです。

また、ストレスを感じているときはなかなか熟睡することができずに夢を見やすくなります。そして、そういった時に見る夢は嫌な夢になりやすいのです。

寝ている間にもそのストレス要因となっているものの夢を見てしまって、寝たのにもかかわらず脳も身体も休まらないことになってしまいかねません。そうなってしまうと、常にストレスを感じ続けてしまい最悪の場合にはうつ病にかかってしまうこともあります。

自分がリフレッシュできることを見つけてストレスを解消することに努めると良いでしょう。

夢をよく見る理由②肥満からくる寝苦しさ

健康管理には気を使っていますか?太っている人は夢をよく見ると言われています。なぜなら太っている人は寝返りをうちづらいため、熟睡できないという人が多いのです。寝返りを打ちづらさが嫌な夢をよく見る原因であると考えられます。

また、太っていることから睡眠時に無呼吸になってしまう酸素供給不足の場合には、その寝苦しさから嫌な夢をよく見る原因であることがよく知られています。

食生活の改善や運動を取り入れるなど、自分自身の健康管理が睡眠の質を上げることに繋がります。ぜひ、意識して変えていってみてください。

夢をよく見る理由③病気にかかっている可能性

夢をよく見る人の中には、うつ病などのメンタル的な疾患からくる不眠も考えられます。人よりも睡眠が浅いため、夢をよく見るようになってしまっているのでしょう。

その場合、脳が不安を感じていたりメンタルに影響がある病なので、より嫌な夢を見る原因となってしまっています。

病気にかかってしまっている疑いがある方は、早めの受診をオススメします。お医者さんから導眠剤などをもらい、なるべく深く眠るなどの対策をとるようにしましょう。

ただし、精神を楽にする抗うつ剤の中に、嫌な夢をよく見る全く逆の副作用をもたらすものもありますので、そういった場合はお医者さんに薬の変更をお願いしてみると良いでしょう。

夢をよく見る理由《科学編》

「毎日嫌な夢を見る人へ」夢をよく見る理由と内容別の意味を解説!
他にも、科学的な根拠から見る夢をよく見る理由もいくつか存在します。あなたは毎日、熟睡できていますか?眠くなってから寝ていますか?睡眠の質は夢と深い関係があります。

毎日夢を見たり嫌な夢をよく見る理由として、熟睡出来ているかどうかがポイントとなっています。科学的な観点から、あなたがなぜ夢をよく見てしまうのかその理由を探っていきましょう。

夢をよく見る理由①夢を見るのは主にレム睡眠中

ストレスを抱えているときやアルコールを飲んでから寝るときなどは、熟睡出来ずにノンレム睡眠になかなか入らないことが原因で嫌な夢をよく見る場合があります。

たとえよい夢であったとしても、脳が寝ていないという事実は変わりません。ですので、精神疲労は続いてしまいます。そういった嫌な夢をよく見る連鎖に陥った時は、脱出することが難しいですよね。

そんな睡眠から脱出するためのキーワードが、ノンレム睡眠です。このノンレム睡眠を増やすためには、睡眠前にリラックスすることが大切です。

リラックス神経ともいわれている副交感神経を活性化することでより質の高い睡眠に変えることができます。ぜひ、試してみてくださいね。

夢をよく見る理由②眠くなってから寝てない

毎日決まった時間に寝ようとしたり、寝る前に激しい行動をしてしまってはいませんか?脳が活性化しているような状態で眠ろうとしても、睡眠の質は上がりません。

熟睡するためには、眠くなったと感じてから寝ることが大切なポイントとなってきます。ですので、寝る前に良い環境を整えてあげることが必要ですよ。

眠くなってから寝るというのは実はとっても大切で、アルコールなどで眠くさせても同じ眠たさであってもその睡眠の質は全くの別物になります。また、夜更かしが多い人や眠くなるのが遅い時間になってしまっている方注意が必要です。

夜遅くまで起きている人は嫌な夢をよく見ることが多いので、その場合には寝る前にリラックスできるような環境作りを心がけてみてください。

夢をよく見る理由《飲食編》

「毎日嫌な夢を見る人へ」夢をよく見る理由と内容別の意味を解説!
睡眠と寝る前の飲食には深い繋がりがあり、嫌な夢をよく見る人は寝る直前にふさわしくないものを身体に摂取している傾向にあります。

あなたは寝る前に、アルコールを摂取しますか?または、夜食を食べることはありますか?これらの食生活があなたの睡眠の質を左右します。それでは、食生活の観点からあなたが夢をよく見る理由を調べていきましょう。

夢をよく見る理由①寝る直前の夜食

「太るから寝る2時間前は食べ物を食べない方が良い」などと聞いたことはありませんか?寝る前の飲食は太ってしまうこと以外にも、睡眠にも悪影響を及ぼします。

睡眠直前に夜食を食べてから寝ると、嫌な夢をよく見るとされています。その原因としては、睡眠中に胃が食べたものを消化しようとして胃に血液が集中します。

そうすると、脳に血液がまわりにくくなってしまい、起きている間には眠くなる程度にしか感じませんが、寝ているときの血流量も減少してしまいます。

その限られた血流が胃だけにとられてしまうことで、脳が虚血のような状態になってしまうのです。そのため、脳が限られた活動しかできないことでストレスが発生してしまいます。そのストレスから嫌な夢を見てしまうと言われています。

ただでさえ、寝ているときは胃の消化が悪く胃がむかむかするとされています。ですのでこれらのストレスを避けるためにも、寝る前は夜食を控えましょう

夢をよく見る理由②睡眠前のアルコール摂取

仕事の付き合いや晩酌などで、夜にアルコールを飲む場面は少なくありませんよね。しかし、アルコールは嫌な夢をよく見る原因とされています。

アルコールを朝から摂取する人は少ないですよね。睡眠前に摂取することが多いアルコールですが、体内では睡眠中に、毒性の強いとされるアルデヒドに代謝されていってしまいます。

このアルデヒドは、悪酔いや二日酔いの原因になる物質です。そのため、睡眠の質は非常に悪くなってしまい、嫌な夢をよく見ることに繋がります。

ですので、眠れないからアルコールを摂取するという人はなるべく控えた方が良いでしょう。より自分の睡眠の質を下げてしまいかねません。

嫌な夢を見ないようにする方法

「毎日嫌な夢を見る人へ」夢をよく見る理由と内容別の意味を解説!
いかがでしたか。あなたが毎日夢を見る理由や、嫌な夢をよく見る理由が分かりましたか?これらの原因を改善することで睡眠の質が高まり熟睡することができます。嫌な夢をよく見ると悩んでいる人はぜひお試しください。

続いてはより的確に、嫌な夢をよく見る人が嫌な夢を見ない方法についてご紹介していきたいと思います。朝の目覚めがその日1日の気分を左右しますからとても重要です。

これらの方法を参考にし、嫌な夢をよく見る人はきちんと眠れるように環境の改善に努めてみてください。

嫌な夢を見ないようにする方法①睡眠環境をよくする

「毎日嫌な夢を見る人へ」夢をよく見る理由と内容別の意味を解説!
嫌な夢をよく見る場合には、あなたの睡眠中の環境が良くないことが考えられます。寝ているときもそうですが、寝る前の準備段階もとても大切です。

寝る前にリラックスした環境を作り、副交感神経を活性化すると良いでしょう。寝る前にお風呂でぬるめの湯にゆっくりと浸かったり、マイナスイオンを増やした環境にするのもとても効果的です。

または、寝る前にはカフェインを含むコーヒーや紅茶などの覚醒させる効果があるものは避けましょう。ホットミルクなどを飲むなど胃に負担を掛けることなく、心身ともに和らぐ温かい飲み物を飲むと良いです。

嫌な夢を見ないようにする方法②熱くしすぎない

「毎日嫌な夢を見る人へ」夢をよく見る理由と内容別の意味を解説!
寒い季節はヒーターやストーブをつけたまま寝ることもありますよね。しかし、部屋が暑すぎるのも睡眠の質を下げてしまう原因となります。

また、寒いからといってたくさん毛布や布団をかけて寝てしまうと、寝返りがうてずに寝苦しくなってしまいます。身動きが取れない寝苦しさから、嫌な夢をよく見る人も多くいます。

ですので、寝る時の部屋の環境にも十分に注意しましょう。暑すぎず寒すぎず、寝返りがうてるような快適な状態で寝るように心がけてくださいね。

嫌な夢を見ないようにする方法③狭くしすぎない

「毎日嫌な夢を見る人へ」夢をよく見る理由と内容別の意味を解説!
太っている訳でもなく、睡眠時無呼吸症候群などの酸素供給不足でもないのに息苦しくて熟睡できないという人もいます。そういった方に多くみられるのが、睡眠中に肺が充分に膨らまず寝苦しくなってしまっているというもの。

うつ伏せで寝ていたり、狭いところで寝ていて寝返りを打てないと肺や横隔膜の動きが制限されてしまうため、酸素を十分に供給できず、寝苦しさを覚えてしまいます。

寝苦しいまま寝てしまうと、非常に眠りが浅くなってしまい、結果的に嫌な夢を頻繁に見るようになってしまうのです。

うつ伏せで寝ていたり、誰かと一緒に寝るなど十分な広さを確保できていない人はこれが原因かもしれません。

嫌な夢を見ないようにする方法④直前は携帯を控える

「毎日嫌な夢を見る人へ」夢をよく見る理由と内容別の意味を解説!
今の時代、1人1台スマートフォンを持っているのが当たり前の時代となりました。肌身離さずどこにでもスマートフォンを持ち歩く時代ですが、寝る前にはスマートフォンの使用は控えましょう。

スマートフォンから放たれるブルーライトによって、脳が逆に活性化してしまうことがあります。

その脳が興奮状態のまま寝てしまっても、熟睡することができずに嫌な夢をよく見る原因となってしまいます。

これはスマートフォンだけではなく、パソコンやテレビにおいても同じことが言えます。ですので、なるべく寝る直前にはそういった電子機器類の使用を控えるように心がけてくださいね。

夢と睡眠の関係

「毎日嫌な夢を見る人へ」夢をよく見る理由と内容別の意味を解説!
夢と睡眠には、深い繋がりがあり睡眠の質や環境が夢に大きな影響を与えます。また、夢と記憶にも強い関係性があるとされています。

お次は、そんな夢と睡眠の関係を記憶という観点から解説していきたいと思います。

夢と睡眠の関係①夢は記憶の定着に役立っている

夢にはあなたが見聞きしたことや体験したことがパーツ毎に出てくると言われています。そのため、基本的にあなたが体験したもの以外のことは夢に出てこないものなのです。

あなたの睡眠環境から取り込まれたもの以外は、基本的に体験したことや見聞きしたものがパーツ毎に表れて、脳の中で映像が作られていったものが夢となります。

ですので、子どもの頃は自分の実体験以外から刺激を受けることが多いです。漫画やアニメなどの外部からの影響に夢の内容が左右されやすいとされています。

実際にあなたが体験していないことでも映像で観ていたり、想像したことなどをを組み合わせたものがあなたの夢になります。

そのような夢を見ることで、自分が体験していないことや現実では起こりえないことが夢に出てくるようになるのです。

ですので、夢は記憶の定着にとても役立っていて年齢を重ねて大人になると、よりリアリスティックな夢を見るようになると言われています。

夢と睡眠の関係②夢は記憶を整理している

夢は記憶の定着に役立つ以外にも、あなたのこれまでの記憶を整理するお手伝いをしてくれています。

寝ている間の脳は、あなたが今まで見聞きした経験や情報を整理してくれています。人それぞれ脳の中には、メモリーがあるとされています。

あなたの記憶を人物別に分けたり、時代別に分けたりと細かくジャンル別に整理しているのです。

そのジャンル別に分けられたメモリーには、貯蔵された記憶を引っ張り出したりまとめたりする機能があります。

あなたの記憶を出したりまとめたりするその過程こそが夢であり、脳の中で記憶を再生していることになります。

夢を意図的に見る方法

「毎日嫌な夢を見る人へ」夢をよく見る理由と内容別の意味を解説!
あなたには今現在好きな人はいますか?または、好きなアイドルや俳優さんでも構いません。そんな彼らの夢をよく見ることができたら幸せですよね?

夢を意図的に見る方法があれば、ぜひ試してみたい!」と思ったそこのあなた、その方法は意外にも簡単なんです。

起きなければならない時間の1時間〜30分前にアラームをセットして、1度起きてください。起きた時に夢を見たい、その相手の写真などを見てください。長時間見ることはありません、あくまで脳に記憶させる程度ですので数分で構いませんよ。

そしてもう1度、眠りについてください。そうすることで、その写真の相手の夢を見ることができます。残念ながら夢の内容まで操作することはできません。しかし、高い確率でその相手の夢をよく見ることができます。

これは人だけではなく、見たいものの夢を意図的によく見る方法ですので、ぜひ試してみてくださいね。

みんなが見た不思議な夢の体験談

「毎日嫌な夢を見る人へ」夢をよく見る理由と内容別の意味を解説!
記憶の整理にともなって見る夢ですが、中には嫌な夢や不思議な夢を見る人もいます。やけに印象的な夢や嫌な夢をよく見るという人は、それは夢からあなたへのメッセージかも知れませんよ。

それでは、そんな不思議な夢の体験談についてお話ししていきましょう。

不思議な夢の体験談①予知夢

ある日なかなか会えていない友人の夢を見ました。その友人と友人の彼氏には過去に会ったことがあり、夢の中でその2人がケンカをして別れていたのです。

そして数日後、その友人から連絡が来て久しぶりに会うことになりました。実際に会って話してみると、本当にその2人は別れていてその別れた原因まで夢と同じでした。

いわゆる「予知夢」を見たのはその1回だけですが、それ以降、知り合いの変な夢を見たときには本人に確認するようにしています。(20代女性・OL)

不思議な夢の体験談②吉夢

夢の中でトイレに行きたくなりトイレに行くと、誰かの排泄物がそのままにされていたんです。夢とはいえ最悪な気分で目覚めました。

あまりにも嫌な印象を受けたので夢占いをしてみたところラッキーな夢だったらしく、(いつもなら絶対に買わないんですが)運試し程度の気持ちで宝くじを買ってみました。

数日後、「どうせ迷信だろう」と思いながらも一応当選を確認してみると、本当に宝くじが当たっていたんです!こんなことって本当にあるんですね。(40代女性・主婦)

何度も嫌な夢を見る場合には

「毎日嫌な夢を見る人へ」夢をよく見る理由と内容別の意味を解説!
いかがでしたでしょうか。毎日夢を見る人や嫌な夢をよく見る人は、なぜ自分が夢を見てしまうのか理由が分かりましたか?もし当てはまる項目が1つでもあった場合にはなるべく熟睡できるように、それらの行動は控えるようにしましょう。

たくさん寝ても疲れが取れない人や寝ても寝ても疲労を感じる人にも、同じことが言えます。質の高い睡眠が取れるように生活改善を心がけてくださいね。

まずは、良い睡眠環境作りから。そして、あなたの健康管理や食生活にも気をつけてみましょう。また何度も何度も同じ嫌な夢をよく見るという人は、もしかしたらそれは何らかの夢からのメッセージかも知れません。

起きてすぐの覚えているうちに、夢占いでその夢の意味やメッセージについて詳しく調べてみることをオススメします。

無意識のうちに、脳があなたに直接何かしらのSOSを送っているかも知れませんよ。気になる方は他の夢占いもチェックしてみてくださいね。

Related