Search

検索したいワードを入力してください

感受性が強い人の特徴|感受性が強すぎるHSPって?診断テストつき
2019年02月12日

感受性が強い人の特徴|感受性が強すぎるHSPって?診断テストつき

感受性が強すぎると非常に敏感なため、様々なことで苦労している人は多いです。感受性が強い人の悩みや長所などについてまとめてみました。感受性が強すぎるHSPの診断テストや感受性が強い人にはどんなことが向いているのかもご紹介します。

感受性が強いってどういうこと?

感受性が強いってどういうこと?
感受性が強いというのはどういうことなのでしょうか?

感受性が強いというのは、他の人に比べて感覚などが敏感で刺激を受けやすいことです。刺激に敏感で苦労する人が多いですが、その分普通の人は気づかないようなことにも気づくことができます。

感受性が強い人の特徴や、感受性が強すぎるHSPとは何なのか、HSPの診断テストなどについてご紹介します。

「感受性豊か」は素晴らしいこと

「感受性豊か」は素晴らしいこと
感受性が豊かな人は相手の気持ちを察する能力が高いと言われています。わずかな表情の変化や仕草、声のトーンなどからも細かな情報を受け取っているため、人が何を考えているのか読み取るのが得意です。

その分、相手の気持ちを考える人が多く、愛情も深いです。また、人が感じ取れないような色や音、匂いなどを感じることができます。感受性が強い人は単純に敏感なだけでなく、これらの変化を楽しむ感情豊かな人が多いです。

また、感受性が豊かな人は色々なことからインスピレーションを受けるでしょう。そのため、芸術的なセンスにも恵まれることが多いです。神経質と言われるなどネガティブな評価もされますが、感受性が豊かなことは素晴らしいことなのです。

でも「感受性」が強すぎて困ることも…

でも「感受性」が強すぎて困ることも…
このように、感受性が豊かな人には魅力があると言えますね。しかし、感受性が強すぎると様々な問題も起こります。様々な変化に敏感であるため、ちょっとした音などに過敏に反応したり、ストレスを受けやすくなってしまうのです。

感受性が強い人は相手の気持ちがよく分かり、人のことを考えて行動します。その分人のことを考えすぎて悩んでしまうことも珍しくありません。人の感情を読み取るのが得意ですが、近くにいる人の感情に自分自身が左右されやすいという問題もあります。

「HSP」とは

「HSP」とは
感受性が強い人の中には、感受性が強すぎるHSPと呼ばれる人たちもいます。HSPは遺伝子特性でもあり、非常に刺激に敏感に反応する人たちです。HSPはほんのわずかな変化にも感情を左右されてしまうため、日常生活に困難を感じることもあるでしょう。

HSPに関しては診断テストを交えて、後で詳しく解説していきます。

感受性が強い人の特徴《あるある編》

感受性が強い人の特徴《あるある編》
感受性が豊かな人たちは、普通は気づかないようなわずかなことに気づきます。その分、非常に敏感で、思いもよらぬ反応をすることも珍しくありません。そんな感受性が強いあるあるについてご紹介します。

感受性が豊かだとちょっとしたことで驚く

感受性が豊かだとちょっとしたことで驚く

感受性の強い人の特徴として、ちょっとしたことですぐにびっくりすることが挙げられます。些細な物音で驚いたり、声をかけただけでびっくりしたりするのはよくあることです。傍からすると反応がオーバーに見えたり、気が小さいように感じるかもしれません。

しかし、感受性が強い人は普通よりも情報を強く受け取っており、過剰に感じているのでしょう。普通の人にとっては小さな音でも、感受性が強い人にとってかなり大きな音に聞こえていると考えれば驚くのは無理もありません。

人の気持ちに同調して泣いてしまう


「人の気持ちに同調して泣いてしまうことが多いので、困っています。テレビで悲しい話や人が怒られている場面を見るとどうしても涙が出てしまいます。もちろん、目の前で人が怒られているのを見ても、泣いてしまいます。

別に本人が泣いているわけではないので、相手の気持ちに同調しているというよりも勝手に悲しんでいるだけなのかもしれませんが。いい年なのに、小さな子供みたいですよね。」(20歳/女性)
感受性が豊かだと人の気持ちがよくわかると言われます。ただ、感受性が強すぎる場合はその人と一緒になって泣いてしまったり、本人以上に過敏に反応してしまう人もいるようです。本人にはどうしようもない問題ですが、あまり敏感だと生活にも影響が出てしまいます。

テレビで感動する話が見られない

テレビで感動する話が見られない
「テレビで感動する話を見るのが苦手です。別に感動する話が苦手なわけではありません。ただ、泣ける話を見るとすぐに感動して泣いてしまうため、どうしても避けてしまいます。家族は見たがるのですが、一緒にテレビを見ることができません。

生き別れになった家族を探す話などは、登場人物に感情移入して辛すぎるため見ていることができません。フィクションでも実話でも関係なく、悲しくなってしまうため耐えられないんです。」(30代/男性)
感動的なテレビは、見て泣くために放送されているものも珍しくありません。感動的な話を見て泣きたい人は、結構多いのではないでしょうか?しかし、感受性が強すぎると、耐えられない人もいます。家族と一緒にテレビが見られないのは大変でしょうね。

感受性が豊かだと物にも感情移入してしまう

感受性が豊かだと物にも感情移入してしまう

感受性が強い人は、人間だけでなく物にも感情移入してしまいます。長年愛用した物を大切にするのは、普通の人でもよくあることです。しかし感受性が強い人の場合は、物に対して人間に感じるような情を持っていることも珍しくありません。

愛用してきた服がボロボロになっていても、家族のように感じて捨てられない場合もあるようです。理解しがたいかもしれませんが、見方を変えると子供のようにピュアな心を持っているとも言えるでしょう。

人の意見に共感しすぎてわけが分からなくなる

人の意見に共感しすぎてわけが分からなくなる

感受性が豊かな人は相手の気持ちがよく理解できるため、人から相談事を受けることが多くなりやすいです。そうなってくると人の話を聞くことが多くなり、様々な意見があることが分かります。感受性が豊かな人は、その意見のほとんどに共感してしまうのです。

そのため、あまりに人の話を聞きすぎると、何が正しいのか分からなくなってしまいます。正しさは人の数だけあるとも言いますが、割り切らないと自分を見失うことにもなりかねません。

感受性が強い人の特徴《悩み編》

感受性が強い人の特徴《悩み編》
感受性が豊かだと人の考えがよく理解出来たり、非常に多くのことに気づくことができます。しかし、敏感すぎるためちょっとしたことで強いストレスを感じたり、人間関係で苦しみを抱えることが多いです。

感受性が強い人の悩みについて見ていきましょう。繊細で傷つきやすいですが、周囲のことを考える優しい人達だということが分かるのではないでしょうか?

感受性が強いと気分の浮き沈みが激しい


感受性が強い人は気分の浮き沈みが激しいのも悩みの一つでしょう。感受性が豊かな人は周りからの刺激を受け、その影響で感情を左右されやすいです。周りが喜んでいる時は楽しい気分になりますが、怒ったり悲しんでいる時も同調して同じ気分になってしまいます。

周囲からの情報や刺激を多く受けても、感受性が強い人は混乱し感情的になりやすいです。その時の周りの雰囲気に影響を受けやすいため、感受性が強い人は非常に気分の浮き沈みが激しくなってしまいます。

大勢人がいるところに行くとストレスを感じる


感受性が豊かだと、人が大勢いるところではストレスを感じやすいです。感受性が豊かな人は五感が鋭く様々なことから刺激を受けています。また、人の気持ちを感じ取る能力が高く、自分の気持ちにも影響を受けやすいです。

人が大勢いる場所にいけば、五感で様々な刺激を受けることになりますし、大勢の人間の感情の変化に晒されることになります。そのため、感受性が強いと人混みなどでは混乱しやすくストレスを感じやすいのです。

感受性が豊かだと言葉で気持ちを説明するのが苦手

感受性が豊かだと言葉で気持ちを説明するのが苦手
感受性が強い人は、自分の気持ちを言葉で説明するのが苦手な人が多いです。感受性が強い人は細かな刺激で影響を受けやすく、その分感情の起伏が激しいと言えます。しかし、ちょっとしたことでも気分が変わるわけですから、本人もなぜそんな気分になったのか把握するのも難しいでしょう。

感情というのはそもそも感覚的なものなので、言葉にするのは難しいです。感情の起伏が激しい感受性が強い人が、自分の気持ちを言葉にするのが苦手なのは当然でしょう。中には語彙を増やすことで、この問題を克服した人もいます。

自分の主張を通すことができない

自分の主張を通すことができない
誰でも自分の意見が人と違うことはありますよね?人と意見が違った時、自分の意見を通そうとする人は多いでしょう。しかし、感受性が豊かな人は自分の主張を通すことができません。感受性が豊かな人は、相手の気持ちに共感します。

相手と意見が違う場合でも相手の気持ちに同調してしまい、自分の意見を言うことができない場合が多いです。感受性が豊かな人も不満がないわけではないでしょう。しかし、相手が喜んでいるのを見ると自分も嬉しくなるので、自分の気持ちが分からなくなってしまうのです。

感受性が強いとストレスを溜めやすい


感受性が豊かな人は、ストレスを溜め込みやすくなります。感受性が豊かな人は、感情の起伏も激しいです。そのため、感情を爆発させてもおかしくありません。

しかし、相手の気持ちを考えてしまうことが多いため、負の感情は押さえ込んでしまいます。あまり激しい感情ではないとしても、周りのことを考えて無意識に自分の気持ちを抑え込んでいるケースが多いです。

積もり積もってかなりストレスを溜め込んでいることも、珍しくありません。

気を回し過ぎて疲れてしまう

気を回し過ぎて疲れてしまう
感受性が豊かな人は、ちょっとした変化に敏感で様々なことに気づきます。それは別に悪いことではないのですが、気づいてしまう分余計なことに気を回して疲れてしまうことも多いです。

例えば人間関係の問題などが起きたとします。当人同士が揉めていることを隠していても、感受性が豊かな人は察してしまうことは珍しくありません。自分自身が関わっていないなら、気づかない振りをした方がいいと判断する場合もあるでしょう。

後になって罪悪感が出てきて、自分を責める人もいます。感受性が強いと、余計なことにまで気を使ってしまうのです。

ルールが多いと実力を発揮できない

ルールが多いと実力を発揮できない
感受性が豊かな人は想像力も豊かです。新しいことを考えて、自分から率先して行動しようとします。しかし、ルールが多い環境では十分に実力を発揮することができません。

感受性が豊かな人はちょっとした変化にも敏感なせいか、ルールが多いとそのことが気になって、やる気が無くなってしまうという人が多いのです。

感受性が強い人の特徴《長所編》

感受性が強い人の特徴《長所編》
感受性が強すぎると、人にはわからない悩みや苦しみが多くなります。しかし、敏感な分だけ多くの発見があることもわかるでしょう。

欠点は長所の裏返しと言いますか、感受性が豊かな人はたくさんの長所を持っているとも言えます。そんな感受性が強い人の長所についてご紹介していきます。

人の感情の変化にすぐ気づく

人の感情の変化にすぐ気づく
感受性が強い人は、人の気持ちの変化に敏感ですぐに気づきます。自分の感情をそのまま口にする人は少ないですが、感受性が強い人に嘘は通用しません。

感情を隠すことがうまい人でも、何を思っているか読み取られてしまうことは多いです。怒っているのに作り笑いをしたりしても、感受性が強い人にはすぐに本心を読み取られてしまいます。

感受性が豊かなだと感動が多い


感受性が豊かな人は様々な変化に気づくため、非常に敏感で傷つきやすい人が多いです。しかし、変化に敏感なことにはポジティブな面もあるでしょう。

たとえば、ちょっとした日差しの変化や草木の芽吹きに四季を感じ取り、それらに感激するなど、普通の人よりも、感動できることが多くなります。感受性が豊かな人にとって退屈な人生はあり得ません。苦労することが多い分、喜びも多いのです。

感受性が豊かな人は愛情深い

感受性が豊かな人は愛情深い
感受性の豊かな人は人の感情の変化に敏感で、気持ちを読み取る能力が高いです。その分、人には色々な気持ちがあることを理解しやすいため、他人に対して優しく愛情深い接する人が多くなります。

感情移入することが多いのは、人の気持ちを読み取る力が高すぎるからでもあります。困っている人を見過ごすことができずに、自分を犠牲にしても人を助けようとするタイプも多いです。

感受性が豊かな人は気遣いができる


感受性が強い人は気遣いができることが多いです。人の気持ちを読み取ることがうまいため、人が口にしなくても何を考えているのか分かってしまいます。理解するだけでなく、相手のことを考えて行動する人が多いです。

そのため、誰にも相談できずに困っている人に対して、向こうから助け船を出してくれることもあります。

人と信頼関係を築くのが得意

人と信頼関係を築くのが得意
感受性が豊かな人は相手の気持ちを理解する能力が高いうえ、謙虚で礼儀正しい性格の人が多いです。どんな人に対しても謙虚な姿勢で接し、相手の気持ちを汲み取ったうえでの発言もできるので、自然と相手に好かれ信頼されます。そのため、営業職で優秀な人も多いです。

感受性が豊かな人は若々しい人

感受性が豊かな人は若々しい人
感受性豊かな人は気苦労も多いですが、若々しい人が多いです。好奇心の強い人は老化が遅いと言われています。感受性豊かな人は様々なものの変化に敏感な分、好奇心が強いです。

色々なものに変化に気づくということは、脳が刺激を受けやすいことになります。そのため、感受性が豊かな人は若々しくいられるのでしょう。興味の幅が広い分型にはまらず、交友範囲でも幅広い年齢層の友人を持つことが多いと言われています。

感受性が豊かな人は興味を持つ対象が多い

感受性が豊かな人は興味を持つ対象が多い
感受性が強い人は興味を持つ対象が非常に豊富なのも特徴です。些細な変化にすぐに気づくため、他の人は気づかない部分に魅力を感じることは珍しくありません。次々に興味の対象が移っていくこともあるので、周囲からは飽きっぽく見えることもあります。

他の人からは理解できないことも多いですが、次々に興味を持つことができるので退屈することはないでしょう。趣味のバリエーションも非常に多いです。

感受性が豊かだと芸術的センスに優れている


感受性豊かだと、人が普通感じ取れない変化に気づきます。その分、ユニークなものの見方をする人は多いです。感じたことを表現する方法も、型に縛られません。そのため、感受性豊かな人は芸術的なセンスに恵まれることが多いと言われています。

もちろん、感受性の強い人がみんな芸術面で、優れているわけではありません。ただ、ユニークな感性を持っている分、芸術面で優れた才能を見せる人の割合は多くなります。

感受性が強すぎる人は「HSP」かも

感受性が強すぎる人は「HSP」かも
「HSP」という言葉を聞いたことはありませんか?感受性が非常に強い人に対して使われる言葉です。HSPの言葉の意味やHSPかどうかを判定するリストなどをご紹介します。

感受性が強すぎる「HSP」とは

感受性が強すぎる「HSP」とは
HSPはアメリカで提唱された考え方で「Highly Sensitive Person」を略した言葉です。直訳すると高度に敏感な人になります。つまり、感受性が強すぎる人のことを表します。HSPは年齢や性別、環境、人種に関係なく一定の割合でいるようです。

育った環境など後天的になるわけではなく、HSPは生まれつき持った気質とされています。5人に1人の割合でいるらしいので、結構多いことが分かりますね。

HSP診断チェック

HSP診断チェック
下にあるのが、HSPかどうかを判断する項目をまとめたチェックリストです。いくつ当てはまるかでHSPかどうかを判断します。少しでも当てはまると思うものは、チェックしてください。

HSP診断リスト

  1. ちょっとした変化にもすぐに気づく
  2. 近くにいる人の気分にすぐに影響を受ける
  3. 痛みが苦手で過敏に反応する
  4. 疲れがたまると1人になりたくなる
  5. 人といるとストレスを感じやすい
  6. 工事などのうるさい音に不快感が強い
  7. まぶしい光や臭いに弱く人よりも敏感に反応する
  8. 考え事をする時間が長い
  9. 作業は人よりも時間をかけて丁寧に行う
  10. ドラマなどのフィクションや芸術に感動しやすく影響を受けやすい
  11. 小さなことにも反応しすぐに驚く
  12. 複数のことをこなすのは苦手でパニックになりやすい
  13. 色々な出来事が重なると影響を受けて機嫌が悪くなる
  14. 同時にいくつも頼みごとをされると不快感が強い
  15. 失敗しないように準備は欠かさない
  16. 暴力的なシーンを見るのが苦手でショックを受けやすい
  17. 環境の変化に敏感で影響されやすい
  18. 大音量や味の濃い料理は苦手である
  19. 空腹に影響されやすく心を乱されがち
  20. 自分が動揺する状況に敏感で事前に避けるようにしている
  21. 人に見られていると思うと集中できないことが多い
  22. 幼少期に身近な大人から敏感に反応すると思われていた
HSP診断リストにいくつ当てはまったでしょうか?リストに半分以上当てはまると、感受性が強すぎるHSPの可能性がかなり高いとされています。ただし、少ししか当てはまらない場合でも、該当する項目で異常に敏感な場合はHSPの可能性は十分に考えられます。

HSPは病気ではない

HSPは病気ではない
感受性が強すぎるHSPは、人の感情や周囲の環境に影響を受けやすく敏感なため、生きづらさを感じる人は非常に多いです。

また、HSPという名前がつけられているため病気と勘違いしている人もいるかもしれませんが、決して病気ではありません。HSPは人間の気質の問題で、全体の2割ほどがHSPだと考えてもおかしくないのです。

HSPには感受性の強い人の長所がそのまま当てはまります。いいところがたくさんあるのですから、難しく考えずに気を楽にして生きるようにしましょう。

感受性が強い人に向いていること

感受性が強い人に向いていること
感受性が強い人はどんなことが向いているのでしょうか?HSPのように感受性が強い人は、環境の変化や刺激の強すぎる仕事には向いているとは言えません。特にスピードが求められる現代社会でHSPの人が働いていくのは大変でしょう。

感受性の強い人に向いていることや職業などについてご紹介します。

時間や規則に縛られない仕事

時間や規則に縛られない仕事
感受性が豊かな人は刺激や環境の変化に敏感ですから、ルーチンワークを繰り返す仕事が向いています。ノルマや競争が激しいような仕事は刺激が強いので向いているとは言えません。時間や規則に厳しい仕事も避けた方がいいでしょう。

公務員などは異動が少なくノルマに厳しくないことが多いため、感受性が強い人にはオススメの職業と言えます。自宅で勤務できる仕事だと人間関係の摩擦が少なく、自分のペースで働きやすいため、感受性が豊かな人に向いているでしょう。

最近はネットの発達により、自宅にいながら働ける仕事は大幅に増えています。感受性が強くて現在の仕事に苦痛を感じているのなら、自宅で働くことも検討してみましょう。

カウンセラー

カウンセラー
感受性が強い人が向いている仕事の1つにカウンセラーがあります。カウンセラーは、端的に言えば人の相談に乗って悩みを解決する仕事です。

感受性が強い人は相手の気持ちを理解し、信頼関係を築くことを得意としています。この点だけ考えると、感受性が強い人にとってカウンセラーは天職のようでもありますね。

しかし、感受性が強い人は共感する力強いため、相手と一緒に泣いてしまうような人も多いです。感受性が豊かなだけでなく、相手の気持ちを理解した上でその気持ちに流されない強い精神力を持つ人が、カウンセラーに向いていると言えるでしょう。

クリエイティブな仕事

クリエイティブな仕事
感受性が豊かだと、人が気づかないようなことに気づくことが非常に多いです。そのため、感受性が豊かな人には想像力が求められるクリエイティブな仕事に適性があります。

特に人が困っていることを察するのは得意なので、そういった問題を解決するサービスなどを考えることに向いているでしょう。

感受性が強い人のストレス発散方法

感受性が強い人のストレス発散方法
感受性が強い人は敏感すぎたり、人に気を使いすぎたりするため、どうしてもストレスを溜め込みやすいです。感受性が強い人のために、ストレスを発散する方法について見ていきましょう。

好きな音楽に没頭する

好きな音楽に没頭する
感受性が強い人のストレス発散法におすすめなのは、好きな音楽を聞くことです。好きな音楽に没頭することはストレス発散になります。1人になって音楽を聞くことで、より深く音楽の世界に入ることができるでしょう。

カラオケボックスに行って大声で歌を歌うのもいいでしょう。感受性の強い人は上手く歌おうとする人が多いですが、1人なら気にすることはありません。自分の好きなように思い切り歌ってストレスを解消しましょう。

スポーツをする

スポーツをする
スポーツをするのも、感受性が強い人のストレス発散方法としてオススメです。ストレス解消法としては非常に一般的ですが、感受性豊かな人にも効果があります。

感受性が強い人は色々なことに神経を使いやすいですが、その分考え事をしすぎて、意識が自分の内側に向きがちです。スポーツをすることで意識が自然に外側に向きますし、体を動かすことで気持ちをリフレッシュすることができます。

普段、考え事をすることが多い感受性豊かな人だからこそ、スポーツをして気分転換をする効果が高いでしょう。

1人になる

1人になる
感受性が強い人はちょっとしたことにも感情移入してしまったりと、エネルギーを使いがちです。そのため、一人でゆったりした時間を過ごすこともストレス解消になります。

感受性が強いと人と一緒に過ごすだけでも、どうしても疲れやすくなってしまいます。定期的に一人で過ごす時間を作るようにしましょう。その際は、できるだけ情報を遮断することが大切です。携帯の電源は切っておき、ニュースなどにも触れないようにしましょう。

できるだけ静かな環境で過ごすことも、感受性が豊かな人のストレス解消になります。せっかく1人になるのですから、煩わされないようにしましょう。

紙に書き出す

紙に書き出す
感情を紙に書き出すのも、感受性豊かな人のストレス解消法として効果的でしょう。自分の感情を外に出すことができるので、それだけでもストレス解消になります。

紙に書き出すと内容を客観的に見ることもできるため、かなり効果的です。何より人に話すとなると感受性豊かな人は相手に気を使って、そのことがストレスになる場合もあります。紙に書き出すのなら、気を使う必要はありませんよね。

悩み事の対策を紙に書き出すのもいいでしょう。理性的に考えたことを書き出す場合は、感情を書き出す紙とは別にします。感情を書き出した紙は捨ててしまってもいいので、読み返す内容を書く紙とは別にしましょう。

感受性の強いことを深刻に考えないことが大切

感受性の強いことを深刻に考えないことが大切
感受性の強い人についての情報をご紹介しました。感受性が強く敏感すぎる人は、悩みも多く生きることが大変な人が少なくありません。感受性の強いと人の長所を見つけるのは得意なのに、自分の長所を見つけるのは苦手な人が多いです。

感受性が豊かな人は長所も多く、悩み事を解決するなど周りの役になっている人は大勢います。自分の長所を見つけてポジティブに生きることを心がけましょう。

下の記事は変わった性格の人について書かれていますが、偉人には非常に変わった性格の人が多いことが分かります。意外と人は他人の欠点に興味はないのかもしれませんよ!

Related