Search

検索したいワードを入力してください

クールな男とクールな女の特徴30選|クールな性格の人はモテる?
2019年02月12日

クールな男とクールな女の特徴30選|クールな性格の人はモテる?

クールな男・クールな女はなぜモテる?!モテる事は分かっていても、その心理までは謎です。本記事では、どうしてクールな人がモテるのか、またクールな人になるにはどうしたら良いのかなど解説しています。今よりもっとモテる自分になりたいあなたは必見です!

クールな男、クールな女とは?

クールな男、クールな女とは?
クールな男・クールな女で皆さんがイメージするもの…それはズバリ!”カッコイイ”や”モテる”ではないでしょうか。果たしてそのイメージは当たっている、または本当だと思いますか?

本記事ではそんなクールな男・クールな女を色んな角度から検証していきたいと思います。この”クール”ですが、言葉とは反対に良いイメージを持ってしまいがちです。

ですが、ひょっとしたらあなたの思い違いの部分もあるかも?間違った”クール”の解釈や、クールな男・クールな女になるための方法なども順にレクチャーしていきましょう。

クールの意味とは?

(1)冷淡な、さめた、無愛想な、無関心な人
(2)素晴らしい、すごい、渋い、格好いい、いけてる人
の両方で使います。
(英語を使い慣れている人は(2)の意味でよく使います)

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |
(1)の意味は皆さんのイメージ通りのクールの意味になるでしょう。特にあげるとするなら、”冷淡な”というワードが当てはまるのではないでしょうか。

(2)に関しては、いわれればなんとなく分かりますよね。確かに”格好いい”や”いけてる人”に対しても「クールだね!」という表現をするかと思われます。

クールの語源は?

クールの語源は?

もとはアフリカ系アメリカ人のブルーカラー層が「イケてる」「カッコいい」といった意味で使っていた俗語だったものが、20世紀末になって広がり、日本などを初めとする英語圏以外の文化圏でも広く使われるようになったといわれている

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB |
上の文章で注目したいのは”ブルーカラー層”という部分です。ブルーカラーとはそのまま青い襟の事を指します。その青い襟には”作業服”の意味があり、主に雇われる現場作業をする人の事をいうんですね。

自分の肉体を使って働く労働者がカッコイイという所から、そんな人たちが来ている青い襟の作業服を”ブルー=クール”という風によぶ様になったといわれています。

クールの使い方は?

皆さんがよく使うのは、リアクションが薄い人(男女に関わらず)を見た時に「あの人っていつもクールだよね。」ではないでしょうか。

実際に冷たい反応をされた時は、「クールだね。」とはあまり使わず、そのまま「冷たい人だね。」という言い方になるかと思われます。

その他には、カッコイイ・イケてる服装などをしている友達に「クールじゃん!」という風に使う場合もあるでしょう。

クールな男の特徴《外見編》

クールな男の特徴《外見編》
ここでは、クールな男・クールな女の特徴を〇〇編と分けて解析していきましょう。まず最初は”外見”です。見た目や服装などにどんな特徴があるのでしょうか。

クールな男は寒色で清潔感のある服装

クールな男は、暖色系のものよりは寒色系の服装を好むのが特徴です。画像のようなグレー・黒などをチョイスする事が多いですね。

たくさんの色を取り入れず、2~3色ぐらいでまとめ、ゴチャゴチャした印象はありません。この着こなしがさっぱりとした清潔感につながります。

クールな男は黒髪できりっとした顔

クールな男の髪色は黒が基本です。黒髪ですと、自然に顔もキリっと引き締まって見えます。茶髪にしている男性は眉なども同色に染めたりしますが、クールな男はそのような事はまずしないでしょう。

クールな女の特徴《外見編》

クールな女の特徴《外見編》
クールビューティーという言葉がありますが、その言葉通りのクールな女の外見を検証してみましょう。皆さんが思うイメージに当てはまるでしょうか?

クールな女は単色を好みトレンドは取り入れない

この画像を見て頂ければ分かる通り、クールな女もクールな男同様、寒色系を好むのが特徴です。

トレンドにとらわれず、定番のファッションが好きです。画像はトップス・ボトムス・靴までが黒ですね。ここに女性らしさを加えるために大判のスカーフを羽織っています。

クールな女は線でいえば「直線」

クールな女は全体を見た時に、ラインは”直線”です。画像の女性は髪もストレートで、服装もエアリーではありません。可愛い系の女性は髪型もふんわりヘアで、フレアスカートなどを好みますが、クールな女はその真逆が好みといえます。

本サイトでは、モテる外見や性格を解説している記事もあるので、ぜひ一読してみてくださいね。

クールな男の特徴《性格編》

クールな男の特徴《性格編》
次にクールな男の中身である、性格を解析していきましょう。外見から見た通りの性格なのでしょうか?

口数が少ない

クールな男はおしゃべりなタイプではありません。どちらかといえば口数が少ないでしょう。かといって無口な訳でもありません。

会話は要点を簡単にまとめてさっぱりと、声は小さくどちらかといえばゆっくりめな口調で話をするでしょう。

クールな男は笑わない

クールな男は笑わない
クールな男は無駄に笑顔を見せません。あまり笑わない所がクールといわれる要因となっています。お笑い番組などを見ても「ガハハハッ!」と大きな声で笑う事はあまりないでしょう。せいぜいクスッと微笑む程度です。

クールな男はノーリアクション

何か事が起きてもクールな男はリアクションが激しくありません。どちらかといえばノーリアクションな方です。多少の事では驚いたりせず、周りから見ると感情が分かりにくいのが特徴といえます。

クールな女の特徴《性格編》

クールな女の特徴《性格編》
ではお次に、クールな女はどんな性格なのでしょうか。なんとなくイメージしてしまうのは、Sの要素が強い女性ではないですか?早速みていきましょう。

クールな女は感情を表に出さない

人間ですから、クールな女といっても喜怒哀楽はあります。ですが、どの時もあまり感情を表に出しません。そのため他人から見ても分かりずらい場合が多いです。特に嬉しい時などの反応が薄く、相手に伝わらない事がほとんどです。

他人を鋭く分析する

クールな女は、他人を鋭く冷静に分析する事が得意です。自分がいつも冷静でいられるので、他人の分析も冷静にできるのです。普通の人はなんとなくのイメージで他人を決めつけてしまいがちですが、クールな女は自分視点から冷静に判断します。

クールな女は甘えない

クールな女は甘えない
クールな女は、他人にも自分にも甘えません。何か事が起きても誰かを頼るという事はせず、自分の力だけで問題を解決していくでしょう。

彼氏などから見たら、この部分はちょっと寂しく感じてしまうかもしれません。クールな女でも甘えたいという時はもちろんありますが、そんな時でもグッとこらえて我慢してしまう事が多いようです。

クールな男の特徴《口癖編》

クールな男の特徴《口癖編》
ここで、クールな男がよく使う口癖を分析してみましょう。あなたの周りのクールな男はこんな口癖をよく使っていませんか?

「別に…。」

クールな男がよく使う口癖がコレです。「別に〇〇だけど…。」と、会話の頭に「別に」と付ける事が多いです。クールな男は自分の感情を他人に察知される事を嫌うところがあるので、そんな自分の感情をガードするために「別に」を多用するでしょう。

「そうなんだ…。」

クールな男は、他人にあまり興味がありません。したがって会話をしていても、うなずきながら「へぇ~、そうなんだ。」という言葉をよく使います。

「そうなんだ。」という言葉はクールな男にとって、言い換えると「あなたはそう思っているのね?」という意味で使っている場合が多いです。

クールな女の特徴《口癖編》

クールな女の特徴《口癖編》
クールな男と同様にクールな女にも口癖があります。男と女の違いを検証してみましょう。

「興味ないけど…。」

クールな人は男女に関わらず他人に興味がありません。そしてクールな女は、それをよく言葉に出すでしょう。「興味ないけど。」の言葉には二つの意味があって、全くの他人に使う場合は本当に興味がありません。

ですが、ちょっとでも好意を持っている異性に使う場合は、逆に少し気になっている感情の裏返しの時があります。

「いいんじゃない?」

クールな女にとって、相手への最大の思いやりを出す時に使う言葉が「いいんじゃない?」です。

この言葉は一見相手に同意している感じに思えますがそうではなく、実は自分は「どうでもいい。」と思っていることもあるので、そういう風に言われたときは表情をよくみて判断してくださいね。

「これは痛い…」クールを勘違いした人エピソード

「これは痛い…」クールを勘違いした人エピソード

クールをドSと勘違い!


Twitterにあった男女の会話です。この男性は女性に好意を持っているようです。女性は強気でクールに振る舞って好意がないことを告げていますが、男性は「これは照れ隠し」と、とんだ勘違いをしています。クールな女性からすると迷惑な話ですよね。

嫌よ嫌よも好きのうちを勘違い…


よくある少女漫画のように、クールにデコピンしてみたんでしょうけれど的外れでしたね。”嫌よ嫌よも好きのうち”なんて言いますが、これはとても難しいです。はっきり言って、これが通用するのはカップル同士だけのような気がします。

クールなエッチは上手と勘違い…


表現がストレートなこのTwitterですが、実際に世の中の女性はぶっちゃけこんな風に思っている人も多いという事です。自信たっぷりなベッドテクニックを持ってしても、彼女にこんな風に思われていたら、とんだ勘違いになってしまいますね。

無口でクールを装った結末…


無口をクールと勘違いしている男性の痛いエピソードですね。おそらくこのTwitterは接客業の女性の投稿かと思われますが、鋭い観察力としか言いようがありません…子泣き爺とはなんともいえない表現ですね。

クールを勘違いした彼氏を持つと…


クールぶっている彼氏を持つと、彼女の友達はこんな風に見ています!不愛想とクールを完全にはき違えていますね。このTwitterの彼女は自分が当事者だったら、絶対にこんな彼氏は嫌だと思ってしまったのでしょう。

クールな男、クールな女はなぜモテる?

クールな男、クールな女はなぜモテる?
モテる代表といえば、クールな男・クールな女です。さっぱりとしていてミステリアス、ちょっと近寄りがたい雰囲気も持っているクールな人がなぜモテてるのでしょうか?気になる理由を覗き見ていきましょう。

人の好き嫌いが分かりずらいから

クールな人は男女ともに、人と接する時はいつも平常心です。クールな人といえども関わる人間に好き・嫌いはありますが、それが他人から見て分からないというのが好印象につながるといえます。相手がどんな人でも公平に接しているので、より魅力的なんですね。

大人の雰囲気に惹かれる

大人の雰囲気に惹かれる
おしゃべりじゃなく、動作も落ち着いているクールな男・クールな女は大人の雰囲気に満ち溢れています。感情が大きく動く事がなくいつも一定なので、接しているこちらが疲れる事はありません。そんな落ち着いた大人な雰囲気につい惹かれてしまうでしょう。

子供っぽい人はNG!

明るくて話し好き、天真爛漫な人もとても人気があります。ですが、人気があるのとモテるというのはちょっと違います。

大人っぽくクールな人は彼氏・彼女にしたいという風に見られますが、愉快な子供っぽい人は彼氏・彼女というよりは友達として人気があるのです。

たまに見るギャップ

クールな男・クールな女は普段表情もあまり変えません。滅多に自分の感情を表に出さないのです。そんな人が自分に向かって微笑んだりしてくれると、一気に惹かれてしまいます。いわゆる”ギャップ萌え”というやつですね。

おしとやかな印象

おしとやかな印象
これは特にクールな女にいえるモテる要素です。女はおしゃべり好きで、キャピキャピしてて…と捉えられがちですが、クールな女は真逆です。なので、しっとりとしたおしとやかな印象がモテる要因になります。

感情が伝わりにくい所も…

クールな女は口数も少なくおしとやかでモテますが、反面彼女になってしまうと感情が相手に伝わりずらい事があります。

クールな女は自分の気持ちをはっきりと表現しないので、そんな彼女を持った場合はこちらが察知してあげると、関係もうまくいくでしょう。

細かい事に干渉しない

クールな男・クールな女両方とも、他人の細かい事には興味がありません。なので口うるさく干渉する事がないでしょう。こんなクールな人なら気を使って疲れる事が少ないので、好かれる事が多いといえます。

一見とっつきにくそうだけど…

クールな人というのは、リアクションも薄いためか一見とっつきにくそうです。彼氏・彼女の対象としてモテるのは間違いありませんが、とっつきにくそうだけど友達としていい関係を築けるのがクールな人といえます。

細かい事には干渉しないけれど、ズバリとアドバイスもできるのがクールな人です。友達にそんな人がいれば心強いですよね。

見た目の清潔さ

見た目の清潔さ
見た目の清潔感はモテる第一条件といえます。クールな男・クールな女は自分の身なりにとてもきを使い、いつも清潔な見た目を意識します。真っすぐな性格から、それが見た目にも表れるのでしょう。もちろんそんな人はモテるに決っていますよね。

頼りがいがありそう

落ち着いた物腰のクールな男・クールな女はその大人っぽさから頼りがいがあるように見えます。頼りがいのあるクールな男は、女性にモテる事は間違いありませんよね。

一方のクールな女も頼りがいがあるように見られますが、この場合は年下男性や職場の後輩などに特にモテるといえます。カッコイイ女性は男性から見てもとても魅力的なのです。

反応が薄いから構いたくなる

反応が薄いから構いたくなる
クールな男・クールな女はリアクションが薄いのが特徴の一つです。なので、異性からするとそれが余計に気になってしまうのです。ちょっかいを出してつい構いたくなってしまうんですね。そんな事をしているうちに、知らず知らずにクールな人に惹かれていきます。

追いかけたくなる心理が働く

逃げられれば追いたくなるのが人間の深層心理というものです。クールな人は反応が薄いから気になって追いかけたくなるんですね。

ですが、クールな人自身に構って欲しい気持ちはまったくないので、構い過ぎには要注意!こちらが気になるからといってしつこくし過ぎると、嫌われてしまう可能性もあります。惹かれてしまうのも分かりますが、ほどほどにしましょう。

クールな男、クールな女になるには

クールな男、クールな女になるには
モテるのがクールな男・クールな女である事が分かった所で、そんなクールな人になるためにはどうしたら良いのか、ここでレクチャーしていきましょう。まずは簡単な所から実践してみてはいかがでしょうか。

かっこ悪い所を見せない

かっこ悪い所を見せないというのはざっくりしていますが、ご自分が他人を見て「これはないわ…。」と思ってしまう事をしないという事です。

「人の振り見て我が振り直せ」ではないですが、こちらが見てかっこ悪い事は誰が見てもかっこ悪いという事です。そんな事をしない様に心がければ良いでしょう。

無駄な情報は取り入れない

無駄な情報は取り入れない
クールな男・クールな女だけでなく、自分を変えたいと思ったら皆さん色んな情報を収集するかと思われます。ですが、あまり情報過多になり過ぎると、目指す所がブレる可能性が出てきます。なるべく情報は最小限に、良い所だけをピックアップして集中的に参考にしましょう。

まずは中身!

まずは中身!
クールな男・クールな女になるために不可欠なのは、まず中身から変える事です。前でも情報過多に注意と書きましたが、集中して参考にするのであれば、先に中身を変える事から挑戦してみてはいかがでしょうか。

人間の性格をコントロールするのは、とても時間がかかるし容易な事ではありません。外見・服装を変える事はすぐにでもできることなので、まずはご自分の中身とじっくり向き合っていきましょう。

ぽっちゃりはNG!

ぽっちゃりはNG!
クールな男・クールな女に見られる隠れた特徴として、太っている人がいないという事があげられます。見た目にもほっそりとスマートな人が、よりクールに見えるのです。

ぽっちゃりとしている人は、どちらかといえば温和で人間味を感じられるので、クールとは真逆のタイプといえますよね。これはこれで良い事だとは思いますが、”クール”を目指すのであればぽっちゃりはNGとなってしまうでしょう。

なるべく多くの人と接する

なるべく多くの人と接する
クールだと、人と関りを持つのを嫌うというイメージを持たれるかと思われますが、それは違います。クールだからといって、人間嫌いな訳ではありません。むしろ、どんな人間とでも当たり障りなく接する事ができるのがクールな男・クールな女といえるのです。

経験がものをいう

多くの人間と関りを持つという事は、自分の経験が増えるという事です。”知っている”という事はとても大事で、その時その時の対処の仕方は知っていると知らないとでは大きく違いが出ます。

色んな人間と関わっていれば、どんなパターンの相手と関わっても動じない強い心を持つ事ができますよね。なので、たくさんの経験を積む事はクールでいられるカギといえるでしょう。

ストイックな生活を心がける

ストイックな生活を心がける
満たされた生活も悪くはありませんが、クールを目指すのであれば、あえて自分をストイックに追い込んでみるのも良いと考えます。クールな自分でいるという事は、自分に厳しく他人には優しくが鉄則です。

自分に制限をかける

前の方でも、クールな人にぽっちゃりはNGと書きましたが、これを機会に肉体改造などに挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。ダイエットしたり、ウォーキング・ワークアウトなど、自分に軽く制限をかけていくと、達成できた時大きな自信につながります。

他人の目は気にしない

他人の目は気にしない
他人の目を気にしないという事は簡単ではありません。生きていく上で、どうしても他人の評価が気になってしまうのが人間というものです。

ですが、クールな人を目指すのであれば自分に自信を持ち、いちいち他人の目を気にしてはいけません。そのためには、ここの”クールな男、クールな女になるには”の項目の中の何か一つを極めてみてください。

冷たいとクールは違う!

冷たいとクールは違う!
訳せば”クール=冷たい”という意味になりますが、”冷たい人”と”クールな人”では意味が全く違います。ここではその違いを深掘りしていきましょう。

相手に対して思いやりがあるかどうか

相手に対して思いやりがあるかどうか
相手に思う心がある人がクールな男・クールな女といえます。一見するとさっぱりしていて、こちらの事は無関心に見えますが、それは見た目だけの事です。

冷たい人と大きく違う点が思いやりの部分といえます。冷たい人というのは、他人の気持ちは関係ないと考えていて、大事なのは自分の気持ちだけです。

物事の善悪を見極める

クールな人は男女に関わらず、物事の善と悪を見極める目を持っています。基本にそれがあるため自分に自信があり、クールに振る舞う事ができるのです。しかし、冷たい人は物事の善悪は関係ありません。自分さえ良いと思えばなんでもアリと考えます。

冷たい人は「自己中心的」

冷たい人は「自己中心的」
例えば、冷たい人というのは誰かとの約束が果たされなかった時、全て相手が悪いという考え方になります。自分を中心に物事を考えるため、悪い出来事は相手のせいだという事になるんですね。

人間関係とは、自分の考えが全てではありません。相手の気持ち・事情なども考えられるのがクールな人といえるでしょう。

クールな人は考えが一定

クールな人は男女に限らず考え方は一定していて、簡単には揺るぎません。この揺るがない考え方が元で、クールでいられるといっても過言ではありません。なので冷たい人と違って、悪い出来事にぶつかった時、自分を責める傾向もあります。

自分でも自分が分からないのが冷たい人

自分でも自分が分からないのが冷たい人
傍から見ると、冷たい人とクールな人の”リアクション”の部分には大差がありません。大きく違うのは、物の見方や考え方なのです。

考え方が一定しているのがクールな人と前述しましたが、冷たい人は気分屋で、その時その時でコロコロと感情も違います。自分の考えかたに信念を持っているクールな人とは違い、冷たい人は自分で自分が分からない人が多いのが特徴といえます。

クールな自分でいるために

クールな自分でいるために
ここまでクールな男・クールな女について検証してきましたが、中でも一番に注目していただきたいのは、クールと冷たいの違いです。

クールな人というのは男性でも女性でも人気がありモテますが、冷たい人となれば一転!人から敬遠されてしまうようになってしまうのです。

記事内でも何度か書きましたが、ここで大きく関係するのが”思いやり”になります。自分には他人に対する思いやりが足りないと自覚がある人は、今一度思いやりについて考えてみましょう。

ほんの少しの事を変えるだけで、「冷たい人」から「クールな人」に変身する事ができますよ!自分磨きなどのプラスアルファの考え方に役立つ次のような記事もありますので、ぜひ参考にされてください。

Related