Search

検索したいワードを入力してください

「好きな人とのLINEはこれを注意して!」脈ありサインやNGな話題
2019年02月12日

「好きな人とのLINEはこれを注意して!」脈ありサインやNGな話題

あなたは好きな人とLINEをしていますか?面と向かって言えないことも言いやすいLINEですが、そんなLINEが好きな人との距離を縮めることに役立つことをご存知ですか?今回は好きな人とのLINEに注意したい点について、脈ありサインを含めてご紹介していきます!

好きな人とうまくいくかはLINEにかかっている?

好きな人とうまくいくかはLINEにかかっている?
みなさんは好きな人とLINEのやりとりをしていますか?今やLINEはコミュニケーションツールとして普及し、メールよりもやりとりをすることが多いことでしょう。

そんな好きな人とするLINEは、ただ単に気軽にコミュニケーションを図るだけではありません。面と向かっては難しいことも言いやすいLINEだからこそ、相手に脈ありだと分かってもらえると知っていましたか?

脈ありだと気づかせて「相手に自分を意識してもらう」ということが恋愛関係へと発展していきやすくなるコツであり、「好きな人とうまくいくかはLINEにかかっている」とも言えるのではないでしょうか。

気になる人にしか送らない脈ありLINEとは?

気になる人にしか送らない脈ありLINEとは?
好きな人とLINEをしている場合、相手からどう思われているんだろう?自分に送ってくれているLINEは脈ありなのかな?と気になることがありますよね。

そこで、どのようなLINEが来たら脈ありLINEの可能性が高いのか、見本例を踏まえて見ていきましょう!

もしかしたら、そんな脈ありLINEをあなた自身が好きな人に送っていることもあるのではないでしょうか?

最近あったことの報告

例1:「聞いてよー!今日さぁ、~~~なことがあったんだよ!」

例2:「俺、今日は○○(映画)見てきた」
上記の例のように、今日あった出来事のような、他愛のない話をわざわざ送ってくるということは、家族や仲の良い友達以外ではなかなかしないことです。

そのため、相手からこのようなLINEが送られてくるということは、今日何をしたという話題を出して好きな人とLINEをしたい意思の表れであり、脈ありと捉えることができます。

少なくとも、あなたが相手にとって何かしら特別な存在であることに違いありません。

「最近暇」アピール

「最近暇」アピール
例1:「最近、私、めちゃくちゃ暇なんだよね~」

例2:「最近暇なんだけど、何か面白いことない?」
上記のような「最近暇アピールをしてくるLINE」には、構って欲しい気持ちや、相手が遊びに誘って欲しいというアピール、話題を振ってくれることを待っているという気持ちが隠れています。

いわゆる、好きな人への脈ありLINEであり、異性にわざわざ暇ということを伝えるのは、「一緒にどこか遊びに行こう」といったアピールの裏返しとも捉えられることができます。

このようなLINEが送られてきたら、デートに誘うタイミングにもってこいです!

トークが終わったのに翌日「おはよう」

例1:「おはよう~!+スタンプ」

例2:「おはよ!今日も1日頑張ろう!」
トークが終わっているということは、重要なことはすでに話した状態です。ですが、好きな人とはたくさんLINEをしたい人も多いもので、上記のように再びLINEをするということは、好きな人と話がしたいという脈ありアピールの1つです。

また、朝に限らず、夜におやすみLINEが来ることもまた、好きな人とLINEがしたいサインであり、脈ありの可能性が十分にありますよ。

返事をしてなくても連投して送られてくる

例:「今、○○の番組やってるよー!」
  「見てる?」
  「私この番組好きなんだ~」
  「そういえば…」
あなたがLINEの返事をしていないにも関わらず、上記のように連投してLINEが送られてきていることはありませんか?

連投LINEがクセという人もいますが、そこが脈ありポイントというのではなく「LINEの返事をしていないのに送り続けてくること」が脈ありの可能性を高めるんです。

このようなLINEには、好きな人に構って欲しい、連絡が欲しいといった意思が含まれているので、脈ありLINEと捉えることができるんです。

脈ありと思いそうな際どい恋愛質問がある

脈ありと思いそうな際どい恋愛質問がある
例1:「そういえば、○○くんの好きなタイプってどんな子?」

例2:「ところで、○○さんは彼氏いるの…?」
これは脈あり?と送られてきたら勘違いしてしまいそうなLINEを送ってくるということは、脈ありLINEの可能性が高くなってきます。

特に例にあげたようなストレートな質問は、好きな人に面と向かっては言えないことを気楽に送れるLINEだからこそ。

ただし、中には友達の代わりに聞いてくる人がいることも否めません。相手からの脈ありLINEを明確にするなら、次にあげる項目を照らし合わせて、判断していきましょう!

脈ありな感じの褒め方をしてくる

例1:「○○くんみたいな人が彼氏だったら、幸せだろうな~」

例2:「○○さんみたいな子が奥さんだったら、毎日おいしい料理食べれるんだろうな」
好きな人以外に思わせぶりな態度をとる遊び人タイプ出ない限り、こんなに褒めてくれる?と感じるような褒め方をしてくる人は、好きアピールをしているような脈ありLINEの可能性が高いです。

特に、先ほどあげた際どい恋愛質問をしてきたことがあったり、例にあげたような「幸せだろうな」という意味が含まれたLINEが送られてきたら、積極的に距離を縮めていってみましょう!

好きな人にLINEする前のチェックポイント

好きな人にLINEする前のチェックポイント
脈ありLINEのことをお話しましたが、いかがでしたか?あなた自身も好きな人に対して、脈ありだと気が付いて欲しいときにも使えるLINEでもありますよね。

さて、続いては好きな人にLINEをする前のポイントについて確認しましょう!以下に10項目ありますので、yesかnoでぜひチェックしてみてください!

あなたはいくつ当てはまる?

  1. LINEが返ってこないうちに、次のLINEを送ってしまう
  2. 長文LINEを送ってしまう
  3. 自分からいつもLINEを送ってしまう
  4. LINEの中で異性の話をしてしまう
  5. LINEでは自分の話ばかりしてしまう
  6. あれこれ質問攻めしてしまう
  7. Twitterのように今日あったことをついLINEしてしまう
  8. LINEをなかなか終わらせることができない
  9. 好きな人とは四六時中LINEをしていたい
  10. 既読無視されても気にせず送る
さて、みなさんは上記の項目にいくつ当てはまりましたか?実は、この項目に2個以上当てはまってしまう人は、LINEを送るのをちょっと待っていただきたいところ。

こちらにあげた項目は、LINEを送ることで相手と距離を縮めるというより、心の距離を開いてしまいがちなことばかりなんです。

これから好きな人とのLINEのテクニックを紹介していきますので、そちらを参考にして、今一度、自分のLINEの送り方を見直していきましょう!

好きな人とのLINEテク《話題編》

好きな人とのLINEテク《話題編》
みなさんが気になるのは、好きな人とのLINEの話題についてではありませんか?LINEは話題1つで好きな人と楽しい時間を送ることができますが、時に相手を不快にもさせてしまうものでもあります。

ここでは、脈ありをほんのり匂わせて好きな人に自分を意識させる、LINEの話題テクニックについてご紹介していきましょう!

とにかく褒める

とにかく褒める
好きな人に脈ありになってもらうためには、自分を意識してもらうということが重要です。そのため、相手を褒める内容を送って、適度に脈ありアピールをしていきましょう!

褒められることに対して、嫌な気持ちを抱く人は少なく、むしろ嬉しい気持ちを抱きやすいもの。そして人は、自分に好意を抱いてくれる人に対して、気持ちを許しやすい生き物でもあります。

LINEのやりとりで感じたことに対して褒めてみたり、普段の生活で好きな人に対して好感をもっていることなど、具体的な点をあげて、中身のある褒め方をしていきましょう。

相手の趣味の話をする

人は自分の話を聞いてもらいたいと思うと、話が続いていくもの。そのため、少しでも長くLINEを続けたいときは、好きな人の趣味の話といった、相手の好きなことの話をしてみましょう。

また、好きな人が好きなものは、自分も詳しくなったり好きになりたいものです。たとえ自分が興味ないことでも、相手のことを良く知れるという点がありますし、熱心に話を聞いてくれることで、この人は自分に脈ありなのかな?と意識をされることも。

さらには、相手の趣味の話に焦点をおくことで、話をよく聞いてくれる人アピールをすることもできますよ。

脈あり?と思われる程度の感情を表現する

脈あり?と思われる程度の感情を表現する
例:「○○さんの真面目に人の話を聞いてアドバイスをくれるところ、素敵だな~。こんな人と付き合えたら幸せなんだろうなぁ」
好きな人には時々、脈ありと気づかれそうな感情表現を用いることで、自分のことを意識してもらえるようになります。

その際は、上記にあげた例のように、相手のことを褒めつつ自分の気持ちを伝えていくようにしましょう。

ただ、あまりにも伝えすぎると、他の人にもこんな感じなのかな?と思われてしまうことも。この人のこういうところが好きだなと感じたときに、時々控えめに伝えるくらいが丁度よいでしょう。

LINE以外に繋がる話をする

好きな人とLINEをするときは、相手が脈ありになってくれるように、他の人より一歩踏み込んでいくことも必要となります。

そのため、LINEだけでのやりとりで終わらせるのではなく、普段の生活で話ができるような会話に持ち込んでいくことか大事です!
例:「○○さんはそういう小説が好きなんだね。それじゃ、今度、□□っていう小説を貸してあげようか?」
脈ありにしたいのであれば、上にあげた例のように物の貸し借りに発展させて実生活で会話にたどり着くような工夫をしてみてはいかがでしょうか。

以前話していたことを話題にあげる

以前話していたことを話題にあげる
好きな人に脈ありになってもらうためには、相手に好印象を与えることも大切なこと。そのため、近いうちに話していたことを話題にあげるということもテクニックの1つとなります。
例:「この前話をしていた○○の件、どうなった?大丈夫だった?」
上記のように、相手のことを気にかけながら近いうちにしていた会話をあげてみましょう。

そうすることで、この人は前に話したこともちゃんと覚えてくれていて、話をしっかり聞いてくれる人なんだな、といった良い印象を抱かれるだけではなく、人のことを気がけることができる優しい人なのだなと感じ取ってもらえることでしょう。

返信しやすい質問を入れる

みなさんはLINEをするときに、相手が返信しやすいかどうかを考えてLINEをしていますか?

LINEの送り方を間違えてしまうと、好きな人から既読無視が起こることもあれば、スタンプで返されて会話終了…さらには未読無視、ということになりかねません。

「はい」「いいえ」で答えられるような質問ではなく、そこから話が膨らむような返信しやすい質問をすることが、この人とLINEをするの楽しいなと感じ、脈ありになってもらうためには必要不可欠なことです。

好きな人の脈ありの存在になるためにも、適度に質問をして返信しやすいLINEを目指していきましょうね!

好きな人とのLINEテク《タイミング編》

好きな人とのLINEテク《タイミング編》
LINEの話題におけるテクニックについてお話しましたが、話題だけではなく、他にもLINEをするにあたって気をつけないといけないことは何かわかりますか?

この大見出しにもあるように、好きな人のLINEでは、LINEを送るタイミングも大事なテクニックの1つなんです。

それでは、好きな人の脈ありな存在になるためにしていきたい、LINEを送るタイミングについてお話していきましょう!

相手の返信速度に合わせる

好きな人とLINEをするのなら、自分だけが楽しいLINEではなく、お互いに楽しいLINEをしたいものですよね。そのためには、LINEの返信速度に気をつけることも重要なポイントです。

好きな人がサクサク返信する人であれば、あなたもそれに合わせてサクサク返してあげる方がテンポよくやりとりできますが、のんびりな人であれば、急かすようにすぐにLINEを入れることは負担になるもの。

好きな人がのんびり屋さんなら、何かをしてひと段落してから返したりと、相手の送り方に合わせることで、この人とのLINEのやりとりは楽だなと思ってもらいやすくなりますよ!

意図的に返信スピードを変える

意図的に返信スピードを変える
上記では好きな人の返信速度に合わせてLINEをしていくことを述べましたが、時々、意図的に返信スピードを変えてみるということもテクニックの1つです。

このテクニックの場合は、いつもと違ったLINEをすることで、好きな人にあれ?どうしたんだろう?と気にかけさせることに重きをおいています。

普段のLINEは相手の速度に合わせた返事をして、何回かのやりとりで、返信を何時間もあけて返してみるとか、少し早めに返信してみるなどスピードを変えてみましょう!

少しでも相手の気を引くことが、脈ありになっていくための近道です。

自分からLINEを終わらせる

脈ありであっても、そうでなくても、LINEをダラダラと続けることを苦に感じてしまう人も少なくはありません。

そのため、好きな人とたくさんLINEしたいからといって、LINEのやりとりを長引かせることはせず、タイミングを見て自分からLINEを終わらせましょう

LINEを終わらせる際は相手を労わるようなやりとりをしておくことも重要。この人はちゃんと相手のことを考えてくれる人なんだなという印象を抱くことでしょう!

脈ありになってもらうためにも、好きな人には好印象なアピールをさりげなくしていってくださいね!

イベントごとの前後に送ってみる

イベントごとの前後に送ってみる
好きな人にどんなときにLINEをしたらいいんだろう…と送るタイミングがわからない人もいるのではないでしょうか。そういう方は、イベントごとの前後でLINEを送ってみることをおすすめします。
例1:「明日のテスト頑張ろうね~!健闘を祈ります!」

例2:「昨日の飲み会楽しかったね。お酒残ってたりしない?大丈夫?」
上記のように、学生であればテスト前といったイベントを機にLINEを入れてみたり、社会人であれば、飲み会が終わったあとにLINEを入れてみるなど、イベントに便乗することで送りやすくなりますよ。

普段LINEをしない場合、この人もしかして…?と脈ありがバレてしまう可能性も秘めています。しかし、好きな人に意識をしてもらうことは恋を進展させやすくなるものなので、脈ありがバレるということに関しては、怖がらずにいってみましょう!

好きな人とのLINEテク《デートのお誘い編》

好きな人とのLINEテク《デートのお誘い編》
好きな人に送るLINEのタイミングについてお話しましたが、いかがでしたか?自分の送っていたタイミングと比較して、改善できるところは改善していきましょう!

それでは続いては、恋をさらに発展させるために重要なデートのお誘いについてお話していきます。

デートに誘うということは、脈ありということが伝わってしまうもの。しかし、それをチャンスに変えて、距離を縮めていきましょう!

好きな食べ物をLINEで聞き出す

好きな人をLINEでデートに誘いたいというときは、まず、好きな食べ物をLINEで聞き出してみましょう。

好きな人がどういう食べ物が好きなのかを知ることで、もしデートに行くならどのお店にしようかを考えられるだけではなく、その食べ物をきっかけに、2人で出かける口実ができるんです!
例:「○○が好きなら、今度○○の美味しいお店に行かない?」
好きな食べ物をLINEで聞き出したら、上記のように相手をデートにさそってみましょう。

話の流れで誘うことで、突然、どこに行こうと提案をされるよりも、相手もデートに行きやすくなるものです。

気軽に行けるお店を指定

気軽に行けるお店を指定
LINEでデートに誘うときは、かしこまった場所ではなく、気軽に行けるお店を指定して誘うようにしましょう。そのときはどのようなお店なのか、特徴を簡単に説明しておくこと。
例:「この前言ってた○○の件なんだけどね、△△っていうカジュアルなお店があるんだけど、一緒に行かない?」
例文のようにお店の特徴をあげて指定することで、お店の様子を想像できるだけでなく、気軽に遊びに行けるところであれば、好きな人もあまり身構えることもありませんから、遊びに行きやすくなります。

また、場所を指定するときは地図やURLなども添付してあると良いですね!

理由をつけて映画に誘う

付き合っていない間柄であると、デートに行くのも場所を選ばないといけません。しかし、映画館であれば、付き合っていない好きな人とも比較的、気兼ねなく遊びに行ける場所です。
例:「□□っていう映画知ってる?男一人じゃ見るの恥ずかしいから、よかったら、○○さん一緒に見に行ってくれないかな…?」
映画に行く際は、上記のように理由をつけて誘ってみましょう。その際は、相手の名前を入れて送ること。人は自分の名前を呼んでもらうことで、自分に向けて言ってくれているということをより意識するものです。

相手を脈ありにするには、小さなアピールも忘れてはいけません!

好きな人とのLINEテク《デート後編》

好きな人とのLINEテク《デート後編》
LINEでのデートの誘い方を確認しましたが、みなさん、好きな人をデートに誘えそうでしょうか?

脈ありだと気がつかれそうで怖い…と思う人もいるでしょうが、何度も言いましたが、むしろ脈ありを気がつかせていくことがLINEで距離を縮めるには大事なところです。

ただし、ガツガツ行くと引くこともあるので、時々、脈ありアピールをしながら、頑張っていきましょう!続いては、そんなデート後に送るLINEについてお話です。

デート後にどんなLINEを送るまでがデートです。そのLINEが、その日のデートの満足度に直結してくるといっても過言ではありませんから、気合いを入れていきたいところですね!

ありがとうのLINEは好印象

ありがとうのLINEは好印象
好きな人とのデートのあとは、自分からありがとうLINEを入れていきましょう!ありがとうといった感謝の気持ちを表すLINEは、男女問わず誠実さが伝わってくるため、好印象を抱くものです。
例:「今日はありがとう。○○さんの優しい一面が見れて、嬉しかったし、落ち着いて話せて本当に楽しかったよ!」
お礼のLINEを送る際は、ただの感謝の気持ちだけではなく、こういうところが楽しかった、嬉しかったといった感想も入れておくことで、デートの満足度の高さを伝えることができます。

好きな人も自分と出かけて楽しんでもらえてよかったな!と思えることでしょう。

デートの写真を送ってみる

デート中に記念写真を撮ることがあれば、ありがとうといったLINEと共にデートの写真もつけて送ってみましょう。

写真を共有することで、デートの思い出が残るだけではなく、そのデートが楽しかったということが相手により伝わりやすくなるものなんです。

デートをする前に、相手と脈あり…?と既に感じている人は、積極的にデート中に写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

次のデートの約束をしてみる

次のデートの約束をしてみる
デート後こそ、次のデートに繋げていく絶好のチャンスであることを知っていましたか?デートの感想やありがとうといったLINE送った際は、次のデートの約束をしてみましょう。また次も一緒に遊びに行こうね!というワンクッション入れるだけでもOK。

あらかじめ、次の予定を提案することで、次回のデートでは「そういえばこの前言っていたデートの話だけど~」といった話題を出しやすくなりますよ。デートのあとは、次のデートに繋げやすくしていきましょう!

ただし、脈ありの人でないと、次のデートに繋がらないこともあります。相手の反応を見て、同じように喜んでくれていることが分かってから、送るようにしましょうね。

好きな人とのLINEテク《NG編》

好きな人とのLINEテク《NG編》
好きな人とのLINEで用いていきたいLINEテクニックについてお話をしてきましたが、テクニックを使っていけそうでしょうか。

なかなか難しいよ…という方は、せめて次に紹介するLINEをする上でNGなことだけは押さえて欲しいところです。これは控えたいということばかりなので、注意してみてくださいね。

異性の話をしない

異性の話をしない
好きな人とのLINEで注意しておきたいNGなことは、異性の話をしないということです。

LINEで好きな人との距離を縮めたいのに、他の人の話をしてしまうと、相手に脈ありということが伝わらないだけではなく、他の異性のことが好きなのかと勘違いされてしまう原因になります。

好きな人と恋愛に発展したいのであれば、好きな人にだけ脈ありアピールをしていきましょうね。

悪口やネガティブなことは話題にあげない

悪口やネガティブなことは話題にあげない
悪口やネガティブなことは、付き合っていない好きな人にLINEで聞かせるものではありません。

人の悪口を言うと、平気でそんなことを言う人なんだなといった悪い印象がつくだけではなく、自分のことも他の人に悪口としてあげられるのではないかといった不信感を抱かれることもあるんです。

また、ネガティブな発言も面倒臭がられることも少なくありません。そのため、脈ありになるどころか、恋愛対象外になるということも多いにあること。

好きな人とのLINEは明るい話題をあげていきたいところですね。

ふざけた話題ばかりしない

ふざけた会話をするのは楽しいものですが、好きな人とLINEをするときは、いつもふざけた話題は少し考えもの。

ふざけてばかりの会話は単調になりすぎてしまうだけではなく、いくら脈ありアピールをしていても、それすらもふざけている捉えられ、異性としてみてもらえなくなる可能性も潜んでいるからです。

真面目な話をしたり、時々ジョークをいれてみたりと、LINEもありきたりにならないように工夫していく必要があります。

脈ありかも?と調子に乗ってLINEを連投しない

相手とのやりとりの中で、脈ありかも?と思うこともあるでしょう。しかし、脈ありのようなLINEがきたからといって、調子に乗ったLINEは控えたいことです。特に、LINEを連投して送ることはNG。

返事をしようと思ったら次々にやってくるLINEは、送られてくる側からすると、返信がしにくいもの。この人とLINEをするの疲れるな…という印象を抱かせてしまうこともあります。

また、返事がきていないのにLINEを送ってしまうと、返すのが億劫になりかねませんから、脈ありアピールをするにしても、ほどほどにしましょうね。

質問攻めをしない

質問攻めをしない
質問を入れて返すということは、好きな人からの返信がきやすくなるテクニックではありますが、質問攻めはやめましょう。何度も繰り返し質問をされると、また質問か…と、相手も疲れてしまうもの。

好きな人のことを知りたいという気持ちや、脈ありアピールをする点で、質問をするということは良いことでもありますが、話が続くときはしっかり続きますから、毎回最後に質問をいれるという方法は、やめておきましょう。

長文LINEはやめておこう

長文LINEを送るのは絶対やめましょう。特に、1つのLINEの中にいくつものやりとりを入れると、要点がわからなくなるだけではなく、どれがどの話題を指しているのかわからなくなるからです。

相手とLINEをするからには、わかりやすく、読みやすいLINEを意識していきたいところです。いくつもの話題を繰り広げたいのであれば、1つの話題が終わってから、次のLINEをおくるようにしましょう。

いくら好きな人に脈ありアピールをするにせよ、開いたとたんに長文LINEだと返すのが億劫になってしまいますよ。

こんなLINEは脈なしかも?

こんなLINEは脈なしかも?
ここまで好きな人とのLINEテクニックについてお話してきましたが、自分のしてきたLINEの送り方と比較して、どうでしたか?このようなLINEを送っても、好きな人に脈ありになってもらいたいはずが、脈なし…?ということもあるでしょう。

こういうLINEは脈なしかも…といったものを厳選しましたので、一緒に見ていきましょう。

「予定がわかったら連絡するね」

デートに誘ったときに、「予定がわかったら連絡するね」というLINEがやってきたら、脈なしの可能性が高い言葉でもあります。

「こういう理由で予定が分からない」といった予定がわからない理由を話してくれた場合は、脈ありの可能性はまだ否定できませんが、本当にデートに行きたいと思えば、自分の予定をすぐに調べるものです。

曖昧な返事をして、やんわりとデートを断っている可能性は高いため、もし、気になるようでしたら「いつ頃予定が分かりますか?」といった連絡を入れてみてくださいね。

「そっか」「うん」といった淡泊な返事のみ

文章のやりとりが苦手という人は一定数存在しています。しかし、明らかに話題を終わらせようとしているのが伝わる淡泊な文章で返信してくる人の場合、脈なしなLINEでしょう。

脈ありな相手であれば、いくら文章のやりとりが苦手とは言っても、会話のキャッチボールはできるものです。

淡泊な文章でも、相手とのやりとりを続けるような要素は含まれているもの。それがないということは、あなたと話すことを面倒くさがっていると判断した方がよさそうです。

質問が全くない

好きな人から全く質問がないというのも、脈なしLINEの可能性が高いものです。好きな人であれば、いろんな話を聞きたいものですし、もし、あなたが好きな人に質問をしたら、会話のキャッチボールとして、相手も質問を返してくることでしょう。

しかし、それすらないということは、脈ありとは違い、あなたに興味がないということと捉えられます。

スタンプでしか返さない

LINEを送る際、スタンプを用いることは多いと思いますが、スタンプでしか返さないという場合は、脈なしLINEの可能性が高いです。

スタンプで適当に返してくるとき、なんて返せばよいのかわからないという意味が含まれていたり、これ以上話題を膨らませられないということ、面倒くさいといったマイナスな面を持ち合わせています。

脈ありであれば、他の話題をあげてみることで会話が成り立つことでしょうが、話題を出しても、スタンプでしか返さないような場合は、脈なしであると判断した方がよさそうです。

好きな人からLINEを既読スルーされた!という人は以下の記事にも目を通してみてくださいね。

好きな人とのLINEを有意義なものにしていこう!

好きな人とのLINEを有意義なものにしていこう!
LINEでの脈あり・脈なしサインやテクニック、NGなことについてお話してきましたが、あなたのLINEのあり方を振り返ることができましたか?

LINEの送り方次第で、相手との仲が深まることもあれば、遠のくこともあるため、注意していきたいことはたくさんあります。

相手とお互いに心地よりLINEのやりとりができるように、やってはいけないことに注意しつつ、LINEのテクニックを用いていきましょう!そして、好きな人と楽しいLINEのやりとりをして、有意義な時間を過ごしてくださいね。

以下はLINEでのやりとりに関する記事です。こちらもぜひ参考にしてみてください。

Related