Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】言われて嬉しい告白の言葉・セリフ|成功させるコツを紹介
2019年01月09日

【男女別】言われて嬉しい告白の言葉・セリフ|成功させるコツを紹介

「一生心に残るような告白」を目指して、そのお手伝いになればと、様々な告白のセリフやシチュエーションやタイミング等、実体験を交えてバリエーション豊かに記事にしました。素敵な告白に繋がり、読者の方が幸せになる第一歩となればとっても嬉しいです。

告白のセリフはとても大切

告白のセリフはとても大切
結婚するまでの期間に告白する・される回数は、モテモテの人は多いのでしょうが、大抵の人は10回もないのではないでしょうか。

そうなると告白のセリフってとても大切ですよね。中には当時のその告白の言葉を一生覚えているという人もいるのではないでしょうか。誰にでもきっも心に残っている言葉があるのだしたら、もしそれが自分が一生懸命考えたセリフだとしたら、とても嬉しいですよね。

勇気を出してする告白!好きな相手の記憶にずっと残るような素敵な告白のセリフを考えていきましょう。

言われて嬉しい告白の言葉《男性編》

言われて嬉しい告白の言葉《男性編》
告白の言葉は男性から。なんて今の時代古いですよね。女性だって勇気出して告白したい。女性が告白されて嬉しいように、男性だって嬉しいものです。

でも男性ってどんな告白の言葉に胸を打たれるのでしょうか。告白の言葉によっては、その言葉をきっかけに好きになってもらえる可能性も大きいですから、心に残る告白のセリフを考えていきましょう。

ストレートに「好きです」のみのセリフ

ストレートに「好きです」のみのセリフ
「好きです」このストレートすぎる言葉。この王道とも言える言葉ですが、これを言われて嫌な気がする人なんていないのではないでしょうか。

相手が自分のことを好きな場合はもちろん、ダメかも、、という場合でもこの言葉は一発逆転の可能性を秘めています。もし振られても、この言葉をきっかけに、相手はあなたのことを意識してしまうでしょうから、そこから好きになってもらえるように頑張りましょう。

「ずっと好きでしたと言われ、正直意識してなかったけど、めちゃくちゃ嬉しかった。」21歳男性

「○○君のことが好きですと言われ、直球な言葉ですごく嬉しかった。」23歳男性

「好きですと言われたことがきっかけで好きになったことがある。」28歳男性

「ずっと一緒にいたい」

「ずっと一緒にいたい」
女性にこんなセリフを言われたら、たまらなく愛しくなってしまいそうです。破壊力抜群のこのセリフ。好きな人にこんな言葉を言われたら、思わず抱きしめたくなるほど可愛いセリフです。

できれば、恥ずかしそうに、はにかみながら言ってほしい言葉です。告白を考えている女性の皆さん、このセリフで好きな男性をキュンキュンさせてしまいましょう。きっと付き合った後もあなたのことを大事に扱ってくれるでしょう。

「泣きそうになりながら言われて、すぐに抱きしめたくなった。」28歳男性

「仕事仲間だった子からこの言葉を言われ、めちゃくちゃ嬉しくなった。」24歳男性

「○○○なところが好き」

「○○○なところが好き」
具体的に好きなところを言うパターンです。優しいところ、よく気が使えるところ友達や親を大事にする姿、仕事を頑張っている姿など、自分のことを分かってくれてたんだ、見てくれてたんだ、とこのような言葉を言われるとたまらなく嬉しいですよ。

たくさん好きなところを見つけてそれを言葉にし伝えてみましょう。

「○○さんの優しいところが好き。と言われ嬉しかった。」29歳男性

「いつも○○頑張ってるの知ってるよ。そういうところが好き。と言われ自分のことを見てくれてたんだと嬉しくなった。」30歳男性

「○○さんのこと好きになっちゃった」

「○○さんのこと好きになっちゃった」
ちょっとはにかんだような笑顔で「好きになっちゃった・・・」なんて言葉を言われたら男性は皆喜んじゃいます。好きになっちゃったどうしよう・・・というニュアンスを含んだようなセリフ。これは言われた男性の方が逆に付き合おうと言いやすいシチュエーションです。

告白したのに、逆に告白される可能性もありますね。可愛さは女性の特権ですから、しおらしく可愛らしいセリフを使って告白してしまいましょう。

「困ったような表情で好きになっちゃった。と言われドキドキした。」19歳男性

「上目使いでこのセリフはナシでしょ。」21歳男性

「こんな気持ち初めて」

「こんな気持ち初めて」女性にこんな言葉を言ってもらえるなんて、男性冥利につきます。

言われた男性は天にも昇るくらいの気持ちになってしまうでしょう。女性のどうにもならない気持ちがよく伝わってくるセリフです。このセリフで、男性をドキドキさせてしまいましょう。

「こんな気持ち初めてでどうしよう。と泣きそうになりながら言われ、キュンキュンした。」24歳男性

「こんな気持ちにさせたの○○君だけ。と言われ、どこかのセリフっぽかったけど俺が一番なんだと変な自信がでてきたと同時に大事にしたいと思った。」27歳男性

言われて嬉しい告白の言葉《女性編》

言われて嬉しい告白の言葉《女性編》
やっぱり女性は、願わくば男性の方から告白してほしいと思っている人の方が圧倒的に多いでしょう。中には告白したくても勇気が出ず、男性の方からの告白のセリフを今か今かと待っているという女性もたくさんいます。

ここは男性が勇気を出して、女性が喜ぶ告白をして二人の幸せをつかみとりましょう。そのためには言葉のチョイスはとっても大切です。どのような告白の言葉を女性が喜ぶのか考えていきましょう。

ストレートに「好きです」のみのセリフ

ストレートに「好きです」のみのセリフ
「好きです」いつの時代もこの言葉にまさるセリフはないです。男ならストレートにこの言葉が、一番想いを伝えることができるのではないでしょうか。

細かいセリフは不要だ、直球勝負したいと思っているならば、この言葉で一直線に突っ走ってください。まっすぐに想いを伝えられた女性は、貴方にしっかりとした返答をくれるでしょう。

「好きと言われたのが直球で嬉しかった。」21歳女性

「前から好きだったと言われ、ずっと見ててくれたんだと嬉しくなった。」25歳女性

「結婚前提で付き合ってください」

「結婚前提で付き合ってください」
「結婚前提」結婚適齢期前後の女性であれば、この言葉は誰もがグッとくる言葉ではないでしょうか。将来のことも真剣に考えてくれているのだなと、その真剣な想いがしっかりと伝るでしょう。

もし貴方のことをまだ好きではなくても、真剣なその言葉に、今後のことについてじっくりと考えて答えを出してくれるでしょう。ぜひ貴方の真剣な想いを素敵なセリフで語ってみてください。

一方若い女性や、結婚を全く考えていない女性だと、いきなり結婚前提という言葉を言ってしまうと、引いてしまう可能性も十分ありますので、見極めが大切です。今の状態をよく考えて使うセリフといえるでしょう。

「将来のことも考えてます。と言われ次付き合う人と結婚したいと思っていたので、心が揺れ動いた。」29歳女性

「結婚前提という言葉で、まだ付き合うには早いと思っていた相手と付き合い結婚した。」30代女性

「ずっと一緒にいたい」

ずっと一緒にいたいだなんて、プロポーズの言葉みたいで、男性からこんなセリフを言われたらキュンキュンしてしまいますね。とてもストレートで想いが伝わるセリフです。両想いだったとして、このセリフの後に抱きしめられでもしたら、女性はドキドキしてとっても喜ぶでしょう。

「○○とずっと一緒にいたいと思う。と言われキュン死しそうだった。」19歳女性

「これからも隣に○○にいてほしい。と言われ、嬉しくてたまらなかった。」25歳女性

「○○のこともっと知りたい」

「○○のこともっと知りたい」
知り合って間もない場合は、好きという言葉を伝えてもまだ出会ったばかりなのに?と思われてしまうこともありますよね。そんなまだ関係が浅いという場合、このセリフ「もっと知りたい」は、とっても有効です。

付き合ってから、お互いのことをどんどん知っていくのもとっても新鮮でいいものですよね。

少し前は、森山中の大島さん、最近では小林麻耶さんの「交際ゼロ日婚」が話題になっています。結婚してからお互いのことを深くしっていくのでしょう。もちろん最初のフィーリングが合ってこその決断なのでしょうが、とっても魅力的です。

「○○さんのこともっと教えてください。と言われ、知り合ったばかりだったけど嬉しかった。」29歳女性

「もっと知りたいと言われ、興味を持ってもらえたことが嬉しくて私も彼のことをもっと知りたいと思ってOKした。」21歳女性

ショックだった告白の言葉《男性編》

女性に告白されたら大抵の男性は、天にも昇るような嬉しい気持ちになるものですが、そのセリフによっては、微妙な気持ちになることもしばしばあります。

女性側も考えて言ったセリフのはずなのに、なぜ男性にショックを与えてしまうセリフになってしまったのでしょうか。しっかりチェックしてみましょう。

「メールやLineで告白された」

SNSが普及している現代では、メールやラインで告白する人も多いようです。でも中にはその形の告白にがっかりする男性も多いのが実情です。メールやラインが連絡ツールである今だからこそ、勇気を振り絞って、会って目を見て告白する方が、想いが伝わるのではないでしょうか。

「ラインで告白文が送られてきたけど、長文がきて引いた。会って聞いたら違ったと思う。」18歳男性

「ラインは低リスクの方を選んでるようで、告白には不利になると思う。」25歳男性

「せっかく俺のこと好きって言ってくれるなら、会って直接言ってほしい!!」28歳男性

「好きかも」という言葉

「好きかも」という言葉
「好きかも」の、この「かもしれない」という曖昧な言葉は、告白のセリフとしては残念ながら少し不向きのようです。

もしかしたら恥ずかしさをごまかすための、いじらしい言葉なのだとしても、鈍感な男性側はそこまでは気がつかないようです。「好きかも」と言われても、じゃあそれでどうしたらいいんだろうという気持ちになってしまいます。

一方、男性側もその女性に好意がある場合は、とても嬉しい言葉として聞こえます。「好きかも」と言われた後に、男性側に告白のセリフを言うチャンスも生まれます。告白の前に、相手にどう思われているかの見極めが必要な言葉です。

少し保険をかけたようなセリフなため、これを言った後の言葉や態度が大切です。

「○○君のこと好きかも。と言われて、で?どうしたいのかなと思った。」18歳男性

「好きになったかもしれない。と言われて、自分もその子が好きだったので、逆告白した」27歳男性

「これって付き合ってるんだよね」

「これって付き合ってるんだよね」
よく二人で遊びに行ったり、毎日のように連絡を取っているなど、もう付き合ってるような状態の場合、こんな言葉を女性から言われることもあるでしょう。

女性は男性からのはっきりした告白の言葉をいつも待っているのす。ここは男性らしく、はっきりとした言葉で意思表示をしましょう。

しかし注意が必要です。男性側からすると、まだ付き合っているという意識がないまま過ごしていることもあります。そんな時にこの言葉を女性から言われると、なぜか一気に気分が重くなってしまいます。

このような状態にいながら、男性から告白がない場合、残念ながら友達としか思われていない可能性が大きいです。モヤモヤするでしょうが、ここは男性からの言葉を待つ方が賢明といえるでしょう。

「私たちって付き合ってるの?と言われ、気分が重くなった。」21歳男性

「そろそろちゃんと言わなきゃと思ってたのに、これを言われた。自分に言わせてほしかった。」19歳男性

「付き合ってあげる」

「付き合ってあげる」
完全に自分の方が上だと思っているかのような発言です。たとえ自分には手の届かないタイプの女性だったとしても、こんな言い方をされたら、むしろ嫌いになってしまいそうです。

女性は小悪魔っぽく可愛く言ったセリフだとしても、言われた方は格が違うような気がして嫌な気分になってしまいます。いくら相手男性が自分のことを好きなのが確実であったとしても、この言葉はNGです。

せっかくの幸せになれるチャンスを自ら逃してしまう可能性があります。過信は危険ですので、十分気をつけましょう。

「何さまなのかと思った。好きだったけど一気に冷めてしまった。」20歳男性

「付き合ってあげようかと上から目線で言われ、確かに彼女は美人だしモテる子だけど、いやいいです。と思わず言ってしまい、好きだったので少し後悔してる。」27歳男性

ショックだった告白の言葉《女性編》

「メールやLineで告白された」

告白の嫌なシチュエーションとして、男女ともに上位にあがるのがSNSでの告白です。やはり傷つくことを恐れずに、会って面と向かって告白してほしいと願う女性の方が圧倒的に多いです。

男性の皆さん、例え告白成功の可能性が低そうであっても、低リスクのSNSでの告白は避けて、ここはぜひ勇気を出して、実際に会って目を見ながら告白しましょう。

告白の雰囲気やセリフによっては、良い返事がもらえるかもしれませんよ。

また大事な告白をラインやメールで済ませてしまう人は、もし別れることになった場合も同じように、ラインやメールであっけなく終わらせてしまいそうという不安も与えてしまいます。

「ラインで告白するなんて10代まででしょ。男なら真正面からぶつかってきてほしい」23歳女性

「好きな人にラインで告白されてガッカリした。やっぱり会って目を見て言ってほしかった。」25歳女性

「俺のことどう思ってる?」

「俺のことどう思ってる?」
男性の皆さん、このセリフには注意が必要ですよ。これを聞かれたら、なぜか女性の方が告白しないといけないような流れになってしまいます。

自分に自信がない男性が言いがちな言葉です。まずは自信を持って、自分の気持ちを先に伝えるのが告白のマナーだといえるでしょう。そのあとに○○さんはどう思ってる?と聞くのはアリです。

せっかくの告白なのですから、女性を戸惑わせることがないように気をつけましょう。そして女性の心に響くようなセリフを準備して、告白に挑みましょう。

「俺のことどう思ってる?と聞かれ、友達としか思ってなかったから返答に困った。」29歳女性

「好きな男性からこのセリフを言われ、好きと答えたけど何かちがーう!!」24歳女性

告白の成功率を上げるコツ《場所編》

告白の成功率を上げるコツ《場所編》

綺麗な夜景が見える場所

告白するなら非日常の素敵な空間を使わない手はないでしょう。ムードがある場所の中で代表格は、なんといっても素敵な夜景です。綺麗な夜景をゆったり眺めてると心が落ち着いてきます。

これから告白する方は緊張のピークに達しているでしょうが、この夜景が作り出すムードある雰囲気の力を借りて、素敵な告白をしましょう。

また非日常である夜景を目の前にすると、暗闇も手伝って、なぜか相手のことがいつもよりカッコよく見えたりもしますから、プラスポイントばかりです。素敵な夜景をバックに素敵な言葉で告白しましょう。

遊園地やライブの帰り

遊園地やライブの帰り
遊園地で一日おもいっきりはしゃいで楽しんだあと、あるいは好きなアーティストのライブの帰り道など、二人で楽しい一日を過ごした場所は、告白にはもってこいの場所です。この楽しい充実した高揚した気分のまま、一気に告白してしまいましょう。

告白された相手の方は、あの時○○の時、告白されたな等、イベントの思い出とともに、一生忘れられないような思い出になるのではないでしょうか。ぜひ素敵なセリフとともに思い出に残る告白をしてください。

車の中

車の中
二人だけの空間、車の中。まだ付き合ってない二人には少し距離が近くて特別な空間です。

お気に入りの音楽をかけたり、コーヒーをテイクアウトして飲んだり、二人でいると心が落ち着くと思ってもらえるような空間を作り出しましょう。またパーソナルスペースとも言える自分の車であれば自分のペースを作りやすいというメリットもあります。

外から遮断された二人だけの空間は、告白の場所として最適です。心臓の音が聞こえてしまいそうな程の緊張に見舞われるかもしれませんが、がんばって素敵な言葉で思い出に残る告白をしてくださいね。

部屋の中

部屋の中
部屋に相手を招くということは、もう近い関係まできているということでしょう。一緒に勉強したり、ご飯を作って食べたり、友達として関係が出来上がっているのでしょう。

そのような関係まで来ているのであればあともう一歩です。相手も貴方からの告白を待っている状態であるかもしれません。ここは勇気を出して素敵な言葉で告白して、一歩先の関係になれるように頑張ってみましょう。

公園のベンチ

公園のベンチ
デートのあとや学校の帰り道など、どの世代でも使えるシチュエーションである公園のベンチ。二人でベンチに腰かけて、自販機のコーヒーでも飲みながらゆっくりお喋りする。

そして落ち着いた空気になったところで、じっくり考えた理想のセリフで自分らしく告白しましょう。日常の延長から、二人の今後への話しへ、ゆっくとシフトチェンジしていくといいでしょう。

告白の成功率を上げるコツ《タイミング編》

告白の成功率を上げるコツ《タイミング編》

デートの帰り際

デートの帰り道、別れ際に告白する人は多いのではないでしょうか。万が一、気まずい結果になってしまってももう帰るだけですし、リスクを少しだけ回避できます。

お互いに告白待ちのような状態の時は、帰り際に今日言われるかもと、少し会話の間が空いただけで、ドキドキしてしまいますよね。

また別れ際に告白されると、家に帰っても余韻が続いてずっと相手のことを考えてしまいます。素敵なセリフで勇気を出して告白しましょう。

食事のあと

食事のあと
美味しい食事のあと、最後にコーヒーでも飲みながらゆったりしている時、そんな時こそ告白のチャンスです。よくプロポーズのシーンなんかで、レストランで食事のときにプロポーズしている姿などをよく見ますよね。

レストランでの美味しい食事のあとの告白は効果絶大です。素敵なセリフで食事の最後を締めてください。きっと素敵な思い出となって相手の心に残ること間違いなしです。

お酒を飲みながら

お酒を飲みながら
大人になると少々お酒が入らないと、照れくさくて本音なんか言えない!なんて人も多いのではないでしょうか。そんな人はお酒の力を借りてしまいましょう。ただ飲みすぎて、その時の記憶がないなんてことは絶対ないように気をつけてくださいね。

そして後日、きちんとフォローすることを忘れないでください。あの時酔って告白したのかな、などと不安にさせないようにしましょう。

せっかくですから、いつも行く居酒屋ではなく、少しお洒落なバーのカウンターに並んで、素敵なセリフで愛の言葉を語ってみてください。

借りたものを返す時手紙を入れる

借りたものを返す時手紙を入れる
少し奥手な方は、本や漫画やDVDなど借りたものを返す時に、ちょっとした手紙やメモを入れるのはどうでしょうか。

その前に好きな人と気楽に物の貸し借りをできるくらいの中になっていなくてはいけませんので、ある意味ハードルが高い方法ともいえます。

中に入れるメモの例としては例えば、「○○おもしろかったです。今度一緒に○○見に行きませんか」など、気まずくなりたくない職場の仲間やクラスメイトなど、面と向かっては言いにくい時などこういうやり方で伝えるのも手軽な一つの手です。

まずは仲良くなることから始めましょう。

イベントを利用する

イベントを利用する
たくさんのイベントがある今日です。それを利用しないなんてもったいない話しです。誕生日、クリスマス、女性であればバレンタインデーなど、この記念日をきっかけに告白してしまいましょう。

誕生日やクリスマスを利用して、ちょっとしプレゼントやケーキなどを片手に告白されたなら、相手はきっと喜ぶでしょう。また女性の特権バレンタインデーは、これはもう告白するにはもってこいの日です。

告白の成功率を上げるコツ《切り出し方編》

告白の成功率を上げるコツ《切り出し方編》
告白の切り出し方って難しいものです。タイミングをうかがいすぎて、ずっとソワソワ心ここにあらず状態。

そんな挙動不審な姿に、しまいには今日なんか変だよ?なんて言われてしまうことも。そうならないようにしっかりとシュミレーションしておきましょう。

大切な話があるんだけど

大切な話があるんだけど
「大切な話しがあるんだけど」なんて言われたら、大抵の人は告白されるかもしれないって気づくと思います。ですがこの場合それでいいのです。

今まで他愛もない話しをしていたのに、この一言で一気に緊張感が漂う空気になるでしょう。

そしてこの時、相手も必ずその緊張感を読み取って、告白されると悟っています。ここまできたら潔く考えぬいたセリフを並べて、告白するしかありません。相手は告白を待っています。さあ勇気を出して告白しましょう。

目が合って少しの沈黙があった時

目が合って少しの沈黙があった時
少し難易度が高いかもしれませんが、会話していてじっと目が合う瞬間ってありますよね。そしてそういう時って少しドキッとしてしまうことあると思います。

それを利用するのです。今まで空気と少し違う空気が流れた瞬間を逃さないでくださいね。

これまでに考えぬいた告白のセリフを伝えるチャンスです。思い切って伝えてしまいましょう。

一生の思い出になるセリフで告白を!

一生の思い出になるセリフで告白を!
恋愛を始めるには、どちらからかの告白がないかぎり、スタートラインに立てません。たくさんいる人々の中から、好きだと思える人に出会えたことは奇跡です。

告白することはとても勇気がいることですし、そのセリフにはとても迷うものですが、もしかしたらそのセリフを相手は一生涯覚えていることもあるのです。

ぜひ素敵なセリフで告白をして、幸せをつかんでください。告白を成功させるために、以下の記事も参考にしてみてくださいね!

Related