Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月06日

「既婚者なのに片思い」不倫に陥るきっかけや体験談、対処法を解説

今も昔も不倫は流行っています。人はなぜ不倫に走るのでしょうか。この記事では、既婚者が片思いする理由と体験談や不倫の対処法など、既婚者の片思いと不倫について詳しく紹介します。理性では抑えきれない感情をどうコントロールするのか、一緒に答えを探しましょう。

「既婚者なのに片思い」不倫に陥るきっかけや体験談、対処法を解説

「既婚者なのに片思い」不倫に走ってしまう理由

「既婚者なのに片思い」不倫に陥るきっかけや体験談、対処法を解説
少し昔「不倫は文化」という言葉が流行ったように、禁断の恋をテーマにした文学作品が多く生まれ、たくさんの人々に影響を与えたことは事実でしょう。確かに仲良し夫婦を描いたところで物語にはなりません。

不倫という禁断の恋は、頭では絶対に悪いこととわかっていながらも、その背徳感が時に皆の関心を高め、なかには憧れてしまう人も出てきます。

既婚者男性は独身男性と比べて大人の余裕があり、魅力的に映る場合があります。若い主婦というだけでドキッとする独身男性もいて、隣の芝生が青く見えるように、人の奥さんは美味しく見えるのです。

それでは、人がなぜ不倫に走ってしまうのか、その理由を見ていきましょう。

不倫理由①貞操観念がゆるくなってきた

独身の女性は警戒心が強いです。好みではない人に片思いされてしまうのを嫌い、バリアを張っています。ところが結婚すると警戒心は薄れ、異性とも親しげに接するようになるので、そういう言動が恋に発展することもあります。

既婚者は当然セックス経験が豊富なので、独身と比べて貞操観念がゆるくなる人もいます。なかにはスポーツをするような感覚でセックスする人もいるので、好みの異性と怪しい関係になるとホテルへ直行もあり得ます。

不倫理由②夫が忙しくて寂しい女性が多い

「既婚者なのに片思い」不倫に陥るきっかけや体験談、対処法を解説
夫が忙しくて寂しい思いをしている女性は多いです。毎日仕事で帰りが遅く、せっかくの休日も接待と言ってはゴルフに出かける始末。夫と一緒にいる時間が少なくストレスも溜まるでしょう。

近所では「奥さん」と呼ばれ、保育園では「お母さん」と呼ばれる既婚者女性は、名前を呼ばれる機会が減っていきます。そんな時、名前を呼び、自分を女の子扱いしてくれる男性に出会うと、気持ちが揺らいでしまうのも無理はありません。

不倫はいけないという罪悪感よりも女として見てくれる嬉しさが勝ってしまうのです。

不倫理由③浮気しやすい環境にいる

既婚者で不倫に走る人は、浮気しやすい環境にいる人が多いです。友達との宿泊旅行を簡単に承諾する家庭なら、不倫しやすい環境といえるでしょう。

結婚しても安心してはいけないのに、パートナーが不倫するなど夢にも疑っていない既婚者がいます。妻の外出や宿泊に無頓着な夫は不倫に走りやすい環境をつくっているのです。

「不倫したら即離婚」とお互いに約束しているような夫婦は、不倫しにくい環境といえます。

未婚者から既婚者への片思い

「既婚者なのに片思い」不倫に陥るきっかけや体験談、対処法を解説
不倫にも種類がありますが、未婚者が既婚者へ片思いをする場合は結構多いです。片方が独身だとグイグイ積極的に来るので、既婚者が気をつけないと家族にバレる可能性が高まります。

では、未婚者から既婚者へ片思いをしてしまった2つのエピソードを紹介しましょう。

13歳年上の上司に片思い

13歳年上の上司に片思いしてしまった女性社員のYさんは27歳。彼女は可憐で皆から人気があり、チヤホヤされるタイプですが、13歳年上で既婚者の上司Wさんは、Yさんを特別扱いしません。

多くの男性からチヤホヤされるタイプの女性は、自分に見向きもしない男性のほうに興味が向いてしまうのです。長身でダンディなWさんは、一見厳しそうな印象でしたが接してみると凄く優しかったので、そのギャップにハートを射抜かれてしまいました。

Wさんは難攻不落の城という感じで色仕掛けが全く通じない相手です。その男らしさにますます惹かれてしまい、切ない片思いに溜息が出る日々のYさんは、今さらながら既婚者に片思いする辛さを噛み締めています。

若い主婦に片思い

同じ職場で働くパートさんに片思いしてしまった独身男性のSさんは31歳。彼女は32歳の主婦で幼稚園に通う娘がいる既婚者です。お洒落で綺麗なAさんとは、休憩時間のたびに会話してますます好きになっていきます。

Sさんは彼女のルックスを褒めちぎり、女心をくすぐります。Aさんも「よく言うよ」と照れながらも嬉しさは隠せません。胸が焦げるような本気の片思いです。毎日会える幸福と不幸に、Sさんは答えが出せずにいます。

既婚者から未婚者への片思い

「既婚者なのに片思い」不倫に陥るきっかけや体験談、対処法を解説
既婚者から未婚者への片思いも決して珍しくありません。新婚当初はラブラブでも、熱い思いが落ち着いてしまうと、ときめきやドキドキが薄れていきます。そんな時素敵な独身の異性が目の前に現れると「結婚を早まったか」と後悔し心の浮気が始まります。

では、既婚者が未婚者へ片思いしたエピソードを紹介しましょう。

看護師に片思いしてしまった医師

医師と看護師という恋愛はよくあるケースでしょう。男性医師から見て女医や女性看護師は身近で魅力的な存在です。

45歳の医師Jは既婚者ですが、34歳独身の美人看護師Cさんに片思いしてしまいました。いつも快活で笑顔が素敵なCさんは「先生」と親しげに話しかけてくれるので、嬉しくて気分が高揚し、気づいてみたら本気の片思い。完全に心の浮気です。

短めな髪がよく似合うお洒落なCさんは、スタイルも良く、J医師は「ひと夜限りの恋でもいいから」と危ない願望が消えません。会話できるだけで幸せな気持ちになるのだから、重症な片思いといえるでしょう。

店長に片思いしてしまった主婦

「既婚者なのに片思い」不倫に陥るきっかけや体験談、対処法を解説
ファミレスで働くことになった38歳のR子さんは既婚者です。30歳で独身男性の店長Oさんは、初心者の彼女に懇切丁寧に仕事を教えるので、R子さんは好感を持ちました。長身でイケメンの店長に指導されるのは嬉しい毎日です。

ある日、R子さんはミスをしてしまい意気消沈していると、店長が励ましてくれたので、翌日、お礼に手料理弁当をプレゼントしました。店長の昼食はいつも店の洋食なので「手料理なんか久しぶり」と喜んでくれて、R子さんは浮かれてしまいました。

「今度家に作りに行ってあげましょうか」と冗談半分に言ってみると「え?」と戸惑う表情をしたので「こんなおばさんじゃあねえ」と誤魔化すと「おばさんなんて言っちゃダメですよ、R子さんは素敵ですよ」と嬉しい一言。

「もしかして片思いじゃなくて両思い?」と淡い期待に胸が熱くなります。

既婚者同士の片思い

「既婚者なのに片思い」不倫に陥るきっかけや体験談、対処法を解説
既婚者同士の不倫はお互いに家庭があるので、不倫がバレないためにもあまり無理をせず、肉体関係だけの割り切ったものと決めるケースが多いです、互いの家庭を壊す気も離婚する気もありませんが、本気になってしまった時が赤信号でしょう。

では、既婚者同士の不倫のエピソードを紹介しましょう。

保育園でまさかの再会

30歳の主婦Hさんは、息子を保育園まで送った時に元彼と再会しました。元彼のNさんも同じ年の30歳で、息子を保育園に送り迎えしていました。一瞬シングルファザーかと期待しましたが、妻と交代で子供を送り迎えするイクメンだったのです。

最初は気まずさもありましたが、今後も会うと思うとわだかまりを解きたくてHさんのほうから話しかけ、保育士も「知り合いだったんですか」と盛り上がります。

恋人だっただけにセックスを経験している相手です。もう一度抱かれてみたいという悪魔の囁きに抵抗するのが必死で、Hさんの心の中は波風が立っています。

出会い系サイトで知り合った既婚者

「既婚者なのに片思い」不倫に陥るきっかけや体験談、対処法を解説
夫とはセックスレスどころか、ほぼゼロの状態で悶々とした日々を過ごしていた32歳の主婦K子さん。まだ若い肉体は刺激を欲していたので、罪悪感はあったものの出会い系サイトで既婚者男性のTさんと知り合いました。

最初は割り切った関係にするつもりでしたが、良くないことにTさんはテクニシャンでした。セックスでこれほど気持ちいい目に遭わされたのは初めてで、完全に虜にされてしまい、心が乱れます。

やめるなら今のうちと思いながらも、あの快楽は捨て難く、良心と葛藤する日々が続くK子さんは、溺れてしまいそうな自分が怖いです。

既婚者が不倫に陥った時の対処法

「既婚者なのに片思い」不倫に陥るきっかけや体験談、対処法を解説
不倫は誰一人幸福にならないと考えるのが正しいでしょう。しかし、既婚者になっても心は揺れます。「不倫はやめなさい」と言われてやめられるなら、はじめから不倫には走っていません。

既婚者に片思いするという禁断の恋に陥った時、人は悲劇のヒロインになりやすく、相手のパートナーが悪役として描かれてしまうのはドラマも現実も一緒でしょう。

本当は片思いのうちに不倫を思いとどまるのが賢明です。それでは、不倫に陥った時の対処法を紹介しましょう。

既婚者不倫対処法①責任を負えるかを考える

既婚者へ片思いしている段階で、もしも不倫がバレたら何が起きるかを考えてみましょう。

例えば、既婚者男性と未婚女性の不倫がバレたとします。すると、既婚者男性の妻は女性に「精神的苦痛を味わった」として慰謝料を請求することができます。相場は50万円~300万円と幅広く、不倫が原因で円満だった家庭が崩壊した場合は高額な慰謝料が請求されます。

一家離散の責任を負えるわけがありません。片思いの段階で不倫のリスクを想像してブレーキを踏みましょう。

既婚者不倫対処法②修羅場を想像する

これはドラマのワンシーンですが、妻が実家に一泊すると言うので夫は愛人を家に呼び、キスした瞬間にクローゼットのドアが開いて妻が登場。二人とも顔面蒼白でとても言い逃れできません。

片思いの段階で修羅場を想像してみましょう。妻に延々罵倒されても何も言い返せないというのは辛過ぎます。味方のはずの既婚者男性が守ってくれないという最悪の事態も考えられるでしょう。

罵倒だけでなく暴力を振るわれる危険性もあるので、不倫は憧れるような甘美なものではありません。

既婚者不倫対処法③怖さを知る

片思いの段階で不倫の怖さを知ることは、一線を超えないためのブレーキになるでしょう。不倫のリスクは慰謝料請求だけではありません。激怒した妻が何をするかは計り知れません。完全に冷静さを失った妻がSNSで愛人のことをを公開というケースもあります。

「名誉棄損してやる」とまで腹を決められたらアウトです。既婚者同士の不倫の場合だと義理の両親に不倫を暴露されたり、会社に乗り込んで来て全部暴露されたりと、身の破滅に追い込まれる危険性もあります。

既婚者不倫対処法④独身に恋をする

「既婚者なのに片思い」不倫に陥るきっかけや体験談、対処法を解説
片思いでも両思いでも不倫にのめり込む人は「好きで好きでどうしようもない」「忘れるなんて絶対に無理」という熱い思いです。こればかりは理屈ではどうにもなりません。

しかし、既婚者に片思いする切なさを思う時、同じ片思いなら独身の異性のほうが成就する可能性が高く希望を持てます。冷静に周囲を見回し、独身の異性を見つめてみましょう。

独身同士なら、密会する必要もないし、職場や家の近くを避けて会う場所に苦労することもありません。堂々とお互いの部屋にも行けます。不倫を経験した分、その解放感を魅力に感じるでしょう。

既婚者不倫対処法⑤趣味に夢中になる

趣味や仕事など、恋愛以外に夢中になれるものを探すのも一つの方法です。不倫に走る人の特徴として無趣味の人が多いのも事実で、真っすぐに恋に没頭してしまうのです。

本気で好きになってしまったら、片思いでも両思いでもその人に夢中になってしまい、周りが見えなくなることもあるでしょう。「趣味で忘れられるなら苦労していない」という声が聞こえてきそうですが、不倫は既婚者のパートナーから見れば「犯罪」なのです。

どうしても既婚者が片思いを成就させたいとき

「既婚者なのに片思い」不倫に陥るきっかけや体験談、対処法を解説
人の不幸を土台にして自分の幸福を築くことは絶対にできません。実際に既婚者への片思いが成就した例も皆無ではありませんが、両方の夫婦関係が破綻している場合に限り、人生の再出発をするなら若いうちが良いといえるでしょう。

タイミング良く双方が離婚して即再婚すれば、いつから交際していたのかと疑わられます。離婚前からの交際がバレたら訴えられる可能性もあるので、すぐに再婚するのは避けたほうが良いでしょう。

相手の人が全てを捨てても悔いのない信頼できる人かを見極めることが重要な鍵となります。絶対に裏切らない人ではないと、共に生きていくことはできません。

奇跡が起きる可能性もゼロではない

「既婚者なのに片思い」不倫に陥るきっかけや体験談、対処法を解説
既婚者が不倫に走る理由や既婚者が片思いに陥る体験談、そして、不倫の対処法など既婚者の片思いと不倫について詳しく紹介しました。

信頼できる友人としていつも好きな人の身近にいれば、無理なく自然に奇跡が起きることも皆無ではありません。不倫も略奪もせずに結ばれるカップルは実際にいます。

理性では抑えきれないのが感情ですが、人を傷つけて得られる幸福は絶対にないことだけは忘れずに、見つからない答えを探していくしかないでしょう。結婚だけが愛の形ではないので、今は好きな人の最大の味方になるという生き方もあります。

Related