Search

検索したいワードを入力してください

運命の人と出会う前兆って?!将来パートナーになる男性の特徴とは?
2018年11月18日

運命の人と出会う前兆って?!将来パートナーになる男性の特徴とは?

運命の人っていると思いますか?実は運命の人に会うときに前兆があるんです。そして、運命の人かも?とわかる特徴もあります。そんな、運命の人の特徴や出会う前兆、運命の人と出会った体験談などを聞いてみました。これから出会う予定の方の参考になればと思います。

運命の人に出会うときには「前兆」があるって本当?

運命の人に出会うときには「前兆」があるって本当?
出会いにおいて、「運命の人だ」というのはよく聞かれる言葉ですが、その運命の人と出会うのに前兆がある、って知ってましたか?

そこで、ここではそんな「運命の人」の特徴や、出会う前兆、運命の人と結婚するためにすべきことなどを調べてみました。

「このサインを見逃さないで」運命の人と出会う前兆

「このサインを見逃さないで」運命の人と出会う前兆
運命の人と出会う前兆、というのはあるのでしょうか。あるとしたらそれはどんな特徴のものなのでしょう。ここでは、そんな運命の人と出会う前兆を見ていきます。

出会う前兆①たくさん寝ているはずなのに眠い

運命の人と出会う前兆に「眠い」という特徴があります。これはスピリチュアル関連でよく見かける特徴です。前兆の眠気の理由には大きく2つあります。

魂が大きな変化を察知しているとき

前兆に眠気があるのは、魂が大きな変化を察知して、事前に休ませている、という理由があります。これから起こることに備えるために、眠ることによってエネルギーを貯めています。

出会いであれ、仕事であれ、「何か大事なことが起こる前兆」によって起こる眠気です。

縁を感じる相手との出会い

運命の人は、縁がある人とも言い換えられます。これから、自分にとって大切な存在になる人との出会いの前兆として眠気が生じる場合もあります。

前兆に眠気があるのは、自分の中に、高次の自分(ハイヤーセルフ)というのが存在し、眠っている間にその存在とコンタクトをとっているからだ、とも言われています。

また、すでに出会っていて、一緒にいると眠くなる相手はいませんか?傍にいると安心するのは、居心地が良いからです。あなたの中の何かが反応して、前兆として眠気が出る可能性もあります。

出会う前兆②やる気が起きずパワーダウンする

出会う前兆②やる気が起きずパワーダウンする
運命の人と出会う前兆に「パワーダウンする」という特徴があります。これは眠気と同じで、これから起こる変化を予感して、精神や体が休みを要求しているということです。

前兆には、実際に体調を崩したり、失恋や失業などの出来事によりパワーダウンせざるを得ない状況になることもあります。前兆のパワーダウンを「リセットさせられた」と表現する人もいます。

あの失恋や失業がなかったら、今の彼と出会えなかった、ということが前兆にあります。一見、悪くなったように見えることでも、こらからの出来事にとって必要な前兆だったと気づくでしょう。

出会う前兆③出会いに積極的になる

パワーダウンの逆に、積極的に行動するようになる、という前兆があります。結婚している人の中に、「あの時、ああいう行動をしていなければ出会わなかった」という人がいます。

それまでは全然、恋愛に興味がなかったのに、ある時期、急に出会いに積極的になり、それによって結婚相手と巡り会えた人です。

自分から動いてはいるのですが、この前兆は何か運命に導かれたように感じるのが特徴です。その特別さゆえに「運命の人との出会い」の前兆だったと感じます。

出会う前兆④手相の結婚線がくっきりと出る

前兆は手相に表われるときもあります。手相というのは変わってきます。前はあまりはっきりしなかった結婚線(小指の下に現れる横向きの線、感情線より上にあります)が太くなったり、ピンク色を帯びてきたり、というような特徴が表れてきたら運命の人と出会う前兆、と言われています。

結婚線においては左右どちらの手も見ておいてください。左手は先天的、右手は後天的な運命、と言われていますが、占い師の人は必ず両手を見て前兆を判断しています。

出会う前兆⑤夢に気になる男性が出てくる

出会う前兆⑤夢に気になる男性が出てくる
運命の人と会う前兆に、今まで見たことのないシチュエーションの夢を見ることがあります。正夢と呼ばれるものですが、特徴はリアルであること、細部まではっきり覚えていること、自分でもこの夢は他の夢とは違う、と感じることなどです。

後々、「あれは正夢だったのかな」と思うくらい、夢の中のシチュエーションや相手の特徴的な印象が似ている、ということがあります。あなたの夢にも、運命の人との出会いの前兆を示す男性が表われていませんか。

出会う前兆⑥わくわくする予感がある

なにか意味はわからないけれど、わくわくする予感も運命の人と出会う前兆だということがあります。それは実際に、不思議で神秘的な特徴ある出来事によってもたらされます。

たとえば、春の桜並木を歩いていて、風が巻き起こり、一瞬にして花吹雪と甘い香りに包まれたとか、どこからか美しい鈴の音が聞こえたような気がした、とかいった経験です。嗅いだことのない良い香りに包まれた経験(芳香現象)が前兆だったのかも、という人もいます。

外を歩いていてふと目をあげたときに見たことのない美しい鳥が木にとまっていたりとか、そんなハッとするような空間と時間の体験が運命の人と出会う前兆であったりします。どこか異世界に迷い込んだかのような錯覚を覚えます。

出会う前兆⑦偶然の一致が多い

出会う前兆⑦偶然の一致が多い
運命の出会いの前兆には偶然の一致、いわゆるシンクロニシティがある、ともいわれています。スイスの精神分析家のユングが提唱したもので、「意味のある偶然の一致」「共時性」と訳され、何かの前兆とされています。

世界には目に見えないつながりがあって、ただの偶然に見えることにも意味がある、ということです。これが、運命の人との出会いにおいて起こる、と言われています。

また、ふと見た時計やレシート、車のナンバーなどの特徴的な数字にも意味があり、なぜだかわからないけれど気になる数字はエンジェルナンバーと呼ばれ、運命の人と出会う前兆とされています。

エンジェルナンバーについては、他の記事にも詳細がありますので、良かったら参考にしてみてください。

出会う前兆⑧運命の人という単語をよく見る

出会う前兆⑧運命の人という単語をよく見る
運命の人と出会う前兆に、そのものズバリ「運命の人」という言葉をよく見聞きする、というのがあります。また、後述する「ツインソウル」という運命の人を意味する言葉を何かのキッカケで知ることになる場合も前兆と言えます。

後に現れる、運命の人との出会いのときに、「この人は運命の人なのかも」と気づきやすくするための前兆と言えるのではないでしょうか。そう考えると不思議ですよね。

ツインソウルとは

ソウルメイトという言葉を知っている人は多いでしょうが、「ツインソウル」という言葉があるのをご存知ですか。

ソウルメイトは前世などからの縁ある人のことを指し、親子や友人、恋人など多岐に渡る、その人の人生において縁あるすべての人々のことです。同じ魂のグループ、とも言います。

そのソウルメイトの中で、生まれる前において一つの魂だったものが、生まれるときに二つに分かれてしまった片割れの相手のことを「ツインソウル」と呼んでいます。たいていは片割れは異性であり、性格や立場が正反対、身体に似ている部分がある、などの特徴を持っています。

ツインソウルの人と出会う前兆にも「眠気」が現れ、相手が困難な局面の時に現れる、という特徴があります。夢に現れることも多いでしょう。

一種のテレパシー的なものも感じやすい二人です。もともとが一つの魂だったので、性格が正反対でも惹かれ合う磁力というものが半端ないという特徴もあります。

出会う前兆⑨懐かしい人から連絡がくる

運命の人と出会う前兆に、懐かしい人から便りがくるというのがあります。

今まで音信不通だったのに急に懐かしい人から連絡がくると不思議に思いませんか。何十年ぶりだろう、懐かしいねという話からいっきに気持ちはその時代にタイムスリップします。それは運命の人との出会いの前兆の可能性もあります。

運命の人と出会う前兆は、一見して不思議なものが多いですね。まるで何かに導かれるような特徴的な流れを感じます。

運命の人と出会う前兆については、以下の記事でも詳しく説明していますので、参考にしてみてくださいね。

「もしかするとこの男性かも」運命の人の特徴

「もしかするとこの男性かも」運命の人の特徴
運命の人と出会う前兆を感じたあなたに、いよいよ運命の人が現れるとします。しかし、その運命の人は見てすぐわかるのでしょうか。運命の人を見逃さないために、運命の人の特徴を見ていきましょう。

運命の人の特徴①そばにいると心が安らぐ

運命の人の特徴でもっとも顕著なのは一緒にいて、とても安らぐ、というものです。人と一緒にいると、「何かしゃべらなくちゃ」と思うことがありますが、運命の人と一緒にいるとそんな気をつかわずにすみます。

黙っていても安心する相手です。「沈黙を共有できるのが親友の特徴」という言葉がありますが、運命の人とは、たくさんの言葉を必要としない親友のような存在でもあります。

運命の人と出会う前兆に眠気がある、と書きましたが、まさに一緒にいて眠くなるような心安らげる特徴のある相手が運命の人です。

運命の人の特徴②価値観がとても似ている

価値観が似ているのも運命の人の特徴です。デートをしてみて、合う合わないがわかるときってありますよね。たとえば相手の車の運転の仕方、買い物のときの様子、食事のときのマナー、店員さんに対する態度などからです。会話からも相手の人となりが見えるときがあります。

そんなちょっとしたことでも、付き合っていく上では重要な要素になります。お互い、譲れない部分が似ているのが運命の人の特徴です。

価値観が何から何までそっくり、という人はいませんが、「ここだけは」という部分において、とても似ている特徴があれば、運命の人の確率が高いです。

運命の人の特徴③懐かしさを感じる

運命の人には、どこかで会ったことがあるように感じるのが特徴です。初めて会ったのに、なんだか懐かしさを感じる相手っていませんか。

どこかで会ったっけ、と思うほど、一緒にいて違和感も緊張感もない相手です。女友だちだけでなく、そんな懐かしさを感じる特徴のある男性は運命の人の可能性があります。

運命の人と出会う前兆に「懐かしい人から連絡がくる」というのがありましたが、運命の人その人も「懐かしい」と感じる特徴があります。

運命の人の特徴④なんでも話せる

運命の人の特徴④なんでも話せる
お互いに、血のつながった家族には話せないようなことも話せる相手だと思う特徴があります。

「身内にもちょっと遠慮してしまう自分なのに、なんで彼にはこんなに喜怒哀楽を素直に見せられるんだろう」「不思議だな」と感じるのではないでしょうか。感情を素直に表現しても嫌われない、とどこかで感じているのが特徴です。

運命の人の特徴⑤他にはいないと感じる

この人以外にいない、と感じるのが運命の人の特徴です。理由はよくわからないのですが、そう感じます。

だから、「失ってはいけない」と強く感じます。今までの恋愛なら、相手の幸せを願って別れを決意したこともあったけれど、運命の人の場合は、「私でないと、この人は幸せになれない」という責任を感じる、という特徴があります。

運命の人の特徴⑥ケンカをしてもダメにならない

運命の人の特徴⑥ケンカをしてもダメにならない
今までの人なら終わりかな、というような事態になっても、それを乗り越えられる相手が運命の人の特徴です。最終的な相手、という安心感を感じます。

意見の食い違いがあっても、一方的に自分の意見を押し通す、ということに躊躇します。相手の言い分にもなるほどな、と思うところを感じてそれを受け入れることさえあるでしょう。お互いに、相手の意見を尊重する姿勢が見られるのが特徴的です。

自分を貫きながらも、相手の良いところ、見習うべきところを取り入れようとするポジティブな関係が見られるのが運命の人との特徴です。

運命の人の特徴⑦縁としかいいようのない出会い

あの時、お互い失恋していなかったら、あの時、あそこにいなかったら、そんな不思議な巡り合わせを感じさせるのも運命の人の特徴です。少しズレていたら一生出会うはずのない相手だと思うと「縁」としかいいようのない出来事が特徴です。

誰かが脚本を書いているかのような不思議な出会いが特徴的で、振り返るとドラマティックな出会い方をしているのではないでしょうか。

運命の人の特徴⑧占いに表れているかも

運命の人の特徴⑧占いに表れているかも
運命の人との出会いを占いによって当てられた、という人がいます。占いにもいろいろありますが、ここでは西洋占星術において、ホロスコープから相手が運命の人かどうか見る、という方法を紹介します。

この場合、いろいろ注目する星があるのですが、運命の人の特徴がよく表われるのは、相手の太陽星座と、自分の月星座の関係性です。

太陽は男性(父親)、月は女性(母親)を象徴しているので、結婚の相性を見るときに、この二つの星の相性が重要になってくる、ということです。具体的には、相手の男性の太陽星座と、女性の月星座が同じ星座であれば相性が良い、とされています。

運命の人の特徴⑧苦労を分かち合える

たとえ辛いことがあったとしても、二人で乗り越えられる相手が運命の人の特徴です。その相手とはどんなことからでも学びになりますし、意見が対立しても相手のことを理解しようと努めます。自分に必要な人だと感じるからです。

自分の成長にはこの人が必要だし、この人と一緒なら辛いことも乗り越えられる自信があります。自分も相手のために頑張れるので、励まし合える関係なのが特徴です。

運命の人の特徴については、以下の記事にも詳細がありますので参考にしてみてくださいね。

偽物の運命の人の特徴

偽物の運命の人の特徴
外見やステータスで相手を選んでいませんか?その人は本当にあなたの運命の人ですか?甘えや依存から相手を選んでいませんか?偽物の運命の人の特徴に、相手に依存する、というのがあります。相手に好かれたい、と無理に合わせていませんか?

相手の自由よりも自分を愛して欲しい気持ちの方が勝り、嫉妬に狂うのも偽物の運命の人の特徴になります。お互いを束縛し合う恋愛の相手も、本当の運命の人とは言えません。

ただ、この「偽物の運命の人」というのは語弊があって、最終的に結ばれる人ではないけれども、その運命の人と出会うために必要な経験をくれた人、とも言えます。

その人との経験が自分の糧になって、運命の人と生きていくための知恵を授かったと気づけば、その「偽物の運命の人」も一つの役割であり、自分の人生には必要な人、縁のある人だったと言えるのです。ですから、感謝すべき相手だとも言えます。

運命の人に出会い・結婚するために今すべきこと

運命の人に出会い・結婚するために今すべきこと
運命の人と出会う前兆があって、めでたくその人と出会えて結婚できたら素敵ですよね。どうしたら、運命の人と出会い、結婚できるのか、その方法を少しだけ紹介しますね。

今すべきこと①ポジティブに考える

運命の人に会う前兆として、何もうまくいかない、やる気が起きない、ということがあります。それは休息を意味するのですが、その後に前向きな気持ちが生まれます。気持ちがリセットされたとき、そのまま後退するか前進するかは本人が決めます。

たいていの人は、休息をとったことで元気や前向きな気持ちを取り戻し、とにかく前に進んでみようと思うのではないでしょうか。そのポジティブな気持ちが、運命の人との出会いに導いてくれます。

運命の人に出会えた人の中には、ポジティブになった、という特徴があります。つまり、ネガティブなままだと運命の人に会うのは難しいということです。

今すべきこと②動いてみる

運命の人と出会いたい、と思うならば動いてみるのが一番です。出会いの機会が多ければ多いほどチャンスはあります。せっかく運命の人がいても、動かなければ出会うことが難しくなるからです。

気になる人がいるなら、思い切って声をかけてみるのもいいでしょう。話をしてみて、あれ違うな?ということもあります。好きなタイプではないけれど、話をしていて楽しい、一緒にいると落ち着く、という相手もいます。

運命の人に出会えた人の特徴に「積極的なる」というのがあります。また、占い師の中には、「女性は勘がいいので、自分でわかる人もいます」と言う人がいます。でも、相手に会わなければその勘も活かせません。勇気を出して動いてみましょう。

今すべきこと③イメチェンしてみる

今すべきこと③イメチェンしてみる
運命の人と出会う前兆には、切り替わりを意味する特徴的な出来事が起こります。それを自分から起こす、というものです。思い切って今までのイメージを変えてみるのも一つの手です。

髪型や、服装、化粧の仕方、いつも選んでいる色を変えるなどちょっとしたことでもイメージが変わり、わくわくしてきます。気持ちを出会いに向けて、前向きに切り替えるためにやってみてはいかがでしょうか。

出会いを引き寄せる行動を起こすことは「引き寄せの法則」にも則っています。運命の相手を引き寄せるためにすべきことは、以下の記事にも詳細がありますので、良かったら見てみてください。

今すべきこと④パワースポットで運気をもらう

今すべきこと④パワースポットで運気をもらう
運命の人との出会いを神様にお願いする、という方法もあります。これは、引き寄せの法則でもありますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

また、運命の人と出会う前兆に、「パワースポットに行きたくなった」という特徴もありますので、縁結びをお願いして運気も上げてみませんか。

以下に主な縁結びのパワースポットを紹介します。

島根県「出雲大社」

「神無月(かんなづき)」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは日本において旧暦の10月のことを指します。

俗説ではありますが、その由来は出雲大社にあります。毎年、旧暦の10月に日本全国の神様が出雲大社に集まり、会議が行われます。そのため、神様が集まる旧暦の10月は、島根県では逆に「神在月(かみありづき)」と言われています。

その際に、男女の結びつき(結婚)も決められると言われています。このために、出雲大社は「縁結びのパワースポット」と呼ばれています。神様に男女の縁を結んでもらうというのもロマンチックですよね。

岡山県「木華佐久耶比咩命神社」

難しい言葉ですが、「このはなさくやひめじんじゃ」と読みます。日本神話に登場する美しい女神で、一般的には「木花咲耶姫」と表記されています。愛と美と恋愛の女神で、西洋の女神ヴィーナスが司るものと似ています。

岡山県のほか、富士山を守る姫神として「木花咲耶姫」を祀っていたり、全国に「木花咲耶姫」を祀る神社があります。

東京「東京大神宮」

伊勢神宮と同じ神様を祀っています。天地を創造した造化三神も祀られており、結びの働きを司ることから「縁結び」の神社としても知られています。縁結びのお守りや、おみくじ、願い文が特徴的です。神前結婚発祥の地でもあります。

宮城県「二柱神社」

国生み神話に登場する、伊耶那岐命(イザナギノミコト)男神と、伊耶那美命(イザナミノミコト)女神の二柱の神様を祭神として祀っています。夫婦神ということで縁結びのパワースポットとなっています。

全国にある縁結びパワースポット

北は北海道から南は沖縄まで、日本にはさまざまな縁結びパワースポットがあります。神社だけでなく、美しい自然の中にある出会い橋や女性が行くと運気が上がる山など、大自然そのものがパワースポットだという所もあります。

自分が住んでいる地域、もしくは旅行がてらに縁結びパワースポット巡りをするのはいかがですか?

「こうして運命の人に出会えた」リアルな体験談

「こうして運命の人に出会えた」リアルな体験談
さて、ここで実際に、運命の人との出会いをされた方、その運命の人と結婚された方々の話を伺ってみましょう。出会う前兆や、相手の男性の特徴も聞いてみました。

離れてみて気づいた

もともと他に好きな人がいたんだけど、他の人とくっついちゃった。そんな時に、私によく話しかけてくれる後輩の男子がいて。仕事してても、よくちょっかい出してきて、笑わせてくれた。全然、好きなタイプじゃなかったんだけど。

でも、あるとき、彼が長期の出張に行くことになって、あれ、なんか寂しい、って思ってしまった。そしたら、その夜に彼から電話があって、「寂しくて電話した」って言われて、思わず泣いてしまった。いつの間にか好きになってたみたい。

一緒にいて落ち着くし、価値観も似てるって、付き合ってくうちにわかってきた。今までは話してても緊張する相手ばっかり好きになってたけど、こんな風に穏やかに人を好きになることもあるんだなぁって思った。

彼の特徴は一緒にいてすごく気が楽ってことかな。前兆って何かあるかな。あるとすれば、失恋かな。じゃなかったら今の人と付き合ってなかったし、結婚してなかったと思うから。

満月の夜に

満月の夜に
聞いた話だけど、海外で旅行してた日本人男性が、毎回、満月の夜に会う女性がいたんだって。相手も旅行者の外国人で、初めは単なる偶然だと思ってたけど、でも、2回目で、あれ?って思ったって。

もしまた今度、満月の夜に会ったら運命かもしれない、って。そしたら本当に満月の晩にその女性と再会したから、これは運命だと思ってその人と結婚したんだって。素敵な話だよね。

満月の夜、ってのがなんかロマンチックで特徴的な出会いだよね。この「何回も偶然に会う」、ってのが前兆なのかな。

たまたまゲームをして

たまたまゲームをしたくなったのが前兆かも。仕事のストレスを解消するために、ネットでゲームをしてたんだけど、そこで色んな人と仲良くなった。

オフ会が開かれることになって、ちょっとカッコいいな、と思ってた人が「えっ、女性だったんだ」ってのがあったけど、逆に、「あれ、女の子だったの?」って驚かれたりもした。ネットの中での印象と違う人もいた。

いつも優しいなぁと思ってた人は男性で、話してみてもすごく優しかった。会ってから気になって、だんだん意識してゲーム中に会話するようになった。そっから遠距離恋愛が始まって、いろいろあって結婚まで至りました。

彼の特徴は、ふだんは大人しい人なのに、いざというときは積極的なとこ。「会いたい」って言ったら、「じゃあ今から新幹線乗って会いに行く」って言う人。

ネットでの出会い

ネットでの出会い
独身の友だちと一緒に出雲大社に縁結びのお願いに行った数か月後に今の旦那と知り合いました。キッカケはネットの出会い系なんだけどね。神様って意外と現代的なアイテムを使うんだなぁと思った。

不思議なのは、お互いのご先祖様をたどっていったら、どっちも父方のルーツが同じ出身地だったこと。もしかしたら、それもご縁なのかな、って。

思い出の写真の中に

思い出の写真の中に
テレビでやってた実話なんだけど。結婚相手が自分の小さい頃の家族写真に写ってた、っての。よくよく見たら、後ろに小さく彼が写ってたんだって。もちろん小さい頃の彼が。

出会うずっと前にすでに会ってた、って運命的だよね。前兆って後から気づく場合もあるのかな。あと、どこかでつながってる、ってのが運命の人の特徴?

占い通りに?

当時付き合ってた人との占いをしてもらったときに、あんまり良いこと言われなくて(くそー!)って思ってたんだけど、そのときに、「4年後に出会いがあります」って言われたの。4年後ってずっと先じゃん、と思って気にしてなかったんだけど。相手の特徴は言われなかったと思う。

結婚してから、実家の荷物整理してたときに、たまたま開いた手帳にそのときのことが書いてあって。4年後って、計算したら、結婚相手と出会った年だったの。偶然かもしれないけど、ちょっとフワッてなった。占いに前兆が見えてたのかな。

電車の中でナンパ

電車の中でナンパ
イトコのお姉ちゃんがアメリカ人と結婚して海外で暮らしてるんだけど、出会いが電車の中でのナンパだったんだって。外国の人って平気で話しかけてくるって。

彼の特徴は、初めての日本なのに「懐かしい感じがする」って言って、お箸の使い方も上手だったんだって。「前世は日本人だったのかも」って。電車のナンパがキッカケで海外で暮らすってスゴイよね。

触れたときに感じた

変に思われるかもしれないけど、前兆って言われたら、今の結婚相手の彼と手をつないだときに(この人と結婚するかもしれない)って思ったことかな。

特徴っていうのか、触れられて嫌な感じがしない人、かな。でも、好きな人に抱きしめてもらったときも、(あっ、この人とはずっと一緒にいられないんだ)ってわかったときがあった。あれって何なんだろうね。

「運命の人」を感じさせるエンタメや伝説

「運命の人」を感じさせるエンタメや伝説

アニメ映画「君の名は」

2016年、新海誠監督作品です。時空を超えた少年と少女の出会いの物語です。運命の人と出会う前兆として、流れ星が描かれています。独特なカメラアングルと色彩が特徴的です。また、「結ぶ」という言葉がキーワードになっています。

映画「時をかける少女」

筒井康隆氏のタイムリープもののSF小説が原作です。ドラマや映画、アニメ、コミック化されています。初代は原田知世さん主演です。好きになった人が未来人で、本当はまだ生まれていない、というのが切なくて、映画「ターミネーター」を彷彿とさせます。

マンガ「ぼくの地球を守って」

1986年から1994年にかけて連載された日渡早紀のSFマンガです。共通の前世の記憶を持つ7人の男女の物語です。前世と思われる「共通の夢」が運命の人と出会う前兆になっています。前世で何があったのか解き明かされるうちに、一人一人の人物の葛藤も見えてきます。

本「魂の伴侶」

精神科医のワイス博士の不思議な体験を元に書かれています。自身が受け持つ患者の退行睡眠療法を行っているうちに、前世と思われる同じ時代と場所の記憶を、別々の二人が持っていることに気づきます。それを面識のない二人に告げるかどうか迷う博士の葛藤と決断も描かれています。

音楽「ダンデライオン」

松任谷由実さんの「ダンデライオン、遅咲きのたんぽぽ」という曲です。今までの恋愛は運命の人に出会うためのレッスンだよ、という心優しい歌です。

世界の「運命の人」を表す伝説や言葉

世界の「運命の人」を表す伝説や言葉
昔から、男女の縁はまことに不思議で、どこでどう縁が結ばれるかわからない、だからこそ神秘的で素晴らしいものだとされています。神様が縁を結んでいるのかも、と思われる由縁です。

中国から来たものに「赤い糸」伝説があります。「月下老」という縁結びの神様が、将来結ばれる予定の男女の足首に赤い糸を結んでいる、というものです。赤い糸は世界中でお守りとしての意味合いが強いのですが、そのお守りの赤い糸を運命の人同士に結ぶ、というのが素敵ですね。

他にも、西洋では運命の人と出会うと炎を感じる「ツインフレイム」という運命の人を表す言葉があります。

「縁は異なもの味なもの」という言葉は、男女の縁は思いもよらない出会いや結びをするから面白い、という意味です。男女の縁に関するものは、不思議で魔術がかったものが多いですね。

あなたに素敵なご縁が訪れますように

あなたに素敵なご縁が訪れますように
運命の人と出会う前兆や、特徴があることがわかりましたが、そのためにすべきこともありましたね。運命の人との縁は初めから結ばれているように見えますが、自分も動かなければ叶えられません。

素敵な縁を呼び込むために、自分から動いてみるということが大事です。願いを持って動き出したあなたに、運命的な出会いが訪れますように。

Related