Search

検索したいワードを入力してください

「喪女」の意味とは?喪女のファッションあるある・恋愛の特徴
2018年10月30日

「喪女」の意味とは?喪女のファッションあるある・恋愛の特徴

近年ひろく使われ始めた喪女という言葉をご存知でしょうか。不名誉であると共に女性失格ともいえるのが喪女です。この記事では喪女とはどんな人なのか、喪女あるあるや喪女ファッションの特徴を紹介しています。かげで喪女だと呼ばれないためにもぜひご覧ください。

喪女(もじょ)とは?

喪女(もじょ)とは?
自分自身の評価と他人からの評価というのは違うものです。他者からの評価からがプラスなものなら良いのですが、マイナスのものなら時として大きな恥を書くことになります。

近年、急激にその数を増やしているのが喪女と呼ばれる女性、これも他人からの評価と言えます。喪女とはモテない女性から転じた言葉で、元々は2ちゃんねるで発祥した言葉です。

当初は2ちゃんねるを始めとした一部のインターネット、一部の人の間で使われていた喪女という言葉ですが、今ではインターネットを飛び出し多くの人に使われ認知される言葉になっています。

喪女の特徴・あるある

喪女の特徴・あるある
喪女には喪女あるあると呼ばれる特徴があります。もし、このあるあるに当てはまるのならば要注意、喪女になりかけているかすでに喪女と呼ばれている可能性もあります。

逆に言えば喪女あるあるを知り、回避することができれば喪女と呼ばれることを避けることができます。さらにモテない女からモテ女への第一歩を踏み出せる手がかりにもなり得ます。

喪女あるある①自虐バリア

喪女あるある①自虐バリア
喪女あるあるの一つに自虐バリアという特徴があります。自虐というのは自分で自分を責めることですが、この自虐をバリアとして使うのが喪女あるあるです。

例えばBBA(ババア)だからという自虐がありますが、これは本当にそう思っているわけではなく傷付くから年齢のことには触れないでという意味です。自分で前もって口にすることで、バリアにするのが自虐です。

またバリアを張ったことについてイジられると気分を悪くするというのも喪女あるある、自虐どころか本当はそうは思っていないためです。

喪女あるある②ファッショニスタは敵

喪女あるある②ファッショニスタは敵
喪女の中でかなり高い確率で当てはまる喪女あるあるにファッショニスタを敵視する特徴があります。もしファッショニスタを敵視する女性がいたら要注意です。

ファッショニスタというのはファッションが大好き、ファッションの流行に敏感、ファッションの先端を行く人々や業界人のことです。ファッションというのは移り変わるもので、ファッションの流行に乗るのは楽しいものです。

喪女にはファッションの移り変わる流行に乗ることが流されていると感じることが多く、芯がない、自分を持たないと感じる人が多くいます。そのためファッションに多額のお金を使う人も無駄使いのように感じるのが喪女あるあるです。

喪女あるある③異性を意識しない

喪女あるある③異性を意識しない
異性を意識しないというのも喪女あるあるです。この異性を意識しないという喪女あるあるには二種類のパターンがあります。

一つ目は、文字どうりそのままに異性からの視線を意識しないパターンです。異性からどう見えるかという考え自体を持たないため、異性から魅力的に見えないモテない原因となる残念な喪女が多くいます。

2つ目は異性を意識して立ち振る舞うのはかっこ悪い、気持ち悪いと考えるパターンです。このパターンの喪女は異性を意識していませんよアピールすることが多く、むしろ意識し過ぎではと周りに嘲笑されていることが多々あります。

喪女あるある④画面の向こうに恋しがち

喪女あるある④画面の向こうに恋しがち
現実の恋愛より、アニメやアイドルなど画面の向こうの対象に恋をするのも喪女あるあるです。相手が実在しないや相手からは認識されない一方通行の恋にハマりがち、かなり寂しい喪女あるあるの一つです。

この画面の向こうへの恋には、ファンであることと恋愛感情が曖昧になるという特徴があります。本来なら現実の恋愛で使うエネルギーをファンだから応援しているという行動で使い満足している喪女も多くいます。

また画面の向こうへの恋は一般から見ると度を越して依存化することが多いのですが、それを棚に上げ一般女子の恋愛依存を侮蔑するのも喪女あるあるです。

喪女あるある⑤運命的な出会いを期待しがち

喪女あるある⑤運命的な出会いを期待しがち
合コンやナンパなどの出会いを侮蔑しがちなのも喪女あるあるの特徴です。彼氏を作るために行動することをガツガツしている、卑しいと感じる喪女は多いです。

喪女あるあるでは恋愛というのは特別なもので、恋愛相手も特別な存在という考えを拗らせてしまいます。結果、特別な相手なのだから運命的な出会いを期待することになります。

そして合コンやナンパなど、恋をするための行動を馬鹿にするのですが、きっかけがなければ何事も始まらないものですから恋愛から遠ざかり、ますます喪女の道を進むことになります。

喪女のあるあるファッション

喪女のあるあるファッション
人は見た目が100%というわけではありませんが、見た目は人を印象づける重要な要素です。そして見た目を決めると言っても過言ではないのがファッションです。

喪女あるあるは行動や考え方だけでなく、ファッションにもあらわれます。なかにはひと目見ただけで喪女とわかるファッションもありますから女性は要注意です。モテない原因である可能性もあります。

それではファッションでのも喪女あるあるを見ていきましょう。

喪女ファッションあるある①ハイブランドを嫌う

喪女ファッションあるある①ハイブランドを嫌う
喪女ファッションの特徴としてファッションでのハイブランドを嫌うというものがあります。シャネルやヴィトンからカルティエやエルメスなど、ハイブランドは高価な価格に見合う価値が無いと思っている喪女は多くいます。

ファッションは機能や価格重視になるためにノンブランド、ファストファッションで全身をコーディネートすることも多く、そのため一見して喪女だとわかりやすいこともあります。また、独特のこだわりを持つ喪女も多く、一般的には価値を認められないブランドにこだわる喪女もいます。

喪女ファッションあるある②年齢不詳

喪女ファッションあるある②年齢不詳
喪女ファッションの特徴として多いのが年齢不詳であることです。年齢不詳であると同時に時代不詳、いつの時代の服ですかとでも聞いてしまいたくなるファッションに身を包んでいることもあります。

その理由としてそもそもファッションに無頓着であること、独自のこだわりがあることなどが挙げられます。また流行にも疎いですから学生時代からのファッションを何年も着ていることがあるのも年齢不詳の一因となります。当然モテない原因でもあります。

喪女ファッションあるある③頑張り方を間違える

喪女ファッションあるある③頑張り方を間違える
喪女ファッションの特徴で頑張り方を間違えるのもよくあるパターンです。普段からファッションに気を使うことを放棄しているため、ドレスアップが苦手なためです。

例えば好きなアーティストのコンサートや、アニメなどのイベントに行く際にその様子は見られます。本人が頑張っているつもりでも、周りからすればひと目で喪女と分かってしまうというのはよくあります。

また、たまのデートや異性と会う時に気合いを入れてもその調子ですので、やはりモテない原因となります。

喪女あるあるを反面教師に

喪女あるあるを反面教師に
この記事では喪女とはどういう人なのか、喪女あるあるや喪女ファッションの特徴を紹介してきましたがいかがでしたか。いくつも心当たりがあった女性は要注意です。

喪女というのはモテない烙印を押されるわけで、気持ちのいいものではありません。さらにモテないという事実も素晴らしい人生を送るうえで大きな問題となります。

しかし喪女あるあるや喪女ファッションが分かるなら、脱喪女もできるということです。ぜひこの記事を反面教師の参考に脱喪女、モテ女への一歩を踏み出す役に立ててください。

Related