Search

検索したいワードを入力してください

【女子必見】彼氏が喜ぶ「上手な甘え方」と甘えられない女性の心理!
2018年11月02日

【女子必見】彼氏が喜ぶ「上手な甘え方」と甘えられない女性の心理!

彼氏に甘えられないことを悩んでいる女性におすすめしたい、彼氏が喜ぶ8つの上手な甘え方をご紹介します。甘えられない深層心理に迫り、自分の性格を知ることから始めましょう。甘え方次第では、彼氏との今後の付き合いを左右するかも知れません。

彼氏に甘えたいけど甘えられない

彼氏に甘えたいけど甘えられない
たまには可愛い女の子のように彼氏に甘えたい、こんな願望を持っていても上手く甘えられないのが甘え下手女子の現実。そもそも上手な甘え方がわからずにさまよっていませんか?

彼氏も強がっている彼女ばかり見ているよりも、ときどきでいいから甘えてほしいもの。そんな彼女を見せられたらもっと好きになるはずです。

この記事では、彼氏が喜ぶ上手な甘え方をたくさんお届けします。まずは、なぜ彼氏に甘えられないのか、その心理から探っていきましょう。

彼氏に甘えられない女性の心理5つ

彼氏に甘えられない女性の心理5つ
可愛く甘えたいのに、いざ彼氏を前にするとツンとした態度を取ってしまうのはなぜでしょうか。あなたが彼氏に甘えられない理由は次の5つの中に隠されているはずです。

甘えられない心理を知ることで、マイナス点を改善することができます。逆に、その部分を活かしてツンデレ効果を発揮させてもいいでしょう。

彼氏に甘えられない心理①プライドが邪魔する

彼氏に甘えられない心理1つ目は、プライドが邪魔してしまうということ。彼氏に甘えるということを、弱みを見せることだと思い込んではいないでしょうか。

甘えられない女性の多くは、キャリアウーマンタイプの何でもこなせる人。仕事や自分に厳しく責任感が強い性格を持っています。

兄弟がいる人なら、まさに長女タイプの女性です。しっかり者のお姉ちゃん気質が彼氏に甘えられない原因になっています。

彼氏に甘えられない心理②甘えられたい

彼氏に甘えられない心理2つ目は、甘えられたいということです。これは、自分が甘えるのは嫌だけど、彼氏に甘えられたい願望が強い女性のこと。

ただ、彼氏に喜んでもらいたい気持ちは強いので、甘えられると何でも言うことを聞いてしまう傾向があります。よって、甘えられないけど彼氏に尽くすタイプの女性も多くいます。

上手な甘え方を知らないために、いつの間にかお金を貸してしまい失敗をする可能性もあるので要注意。

彼氏に甘えられない心理③恥ずかしい

彼氏に甘えられない心理3つ目は、恥ずかしいということ。甘えたいけど、可愛い女の子のようなしぐさにハードルの高さを感じてしまっているのが原因です。

ただこれは、上手な甘え方を知ることで改善できます。甘えられないのは甘えた経験がないだけです。

何度か甘えることを頑張ってみれば少しずつスキルアップできます。

彼氏に甘えられない心理④今さら感がある

彼氏に甘えられない心理4つ目は、今さら感があるということ。彼氏との付き合いが長くなればなるほど、甘えられない空気ができてしまいます。

でも、上手な甘え方を覚えることで今後結婚にいたった場合でも夫婦生活に役立ちます。甘えられない付き合いを続けることは、どうしても辛くなってしまうでしょう。

たまには甘えてほしい、彼氏もそう感じているはずです。この機会に上手な甘え方を身に付けてみましょう。

彼氏に甘えられない心理⑤嫌われそう

彼氏に甘えられない心理5つ目は、嫌われそうだと感じていることです。彼氏がとても忙しい人だから甘えることで迷惑をかけてしまう、こう思い込んでいる女性も多いでしょう。

また、彼氏に会うとついつい喧嘩口調になってしまう癖がある女性も、突然甘えることで嫌われるんじゃないかと感じているはずです。

確かに下手な甘え方をすると彼氏は重く感じます。だからこそ、上手な甘え方を使うことで甘えられない自分から脱出できます。

彼氏が喜ぶ上手な8つの甘え方

彼氏が喜ぶ上手な8つの甘え方
ここからは、彼氏が喜ぶ上手な8つの甘え方をご紹介していきます。甘えられないことは女性として損です。上手な甘え方をうまく使うことで、今後の付き合いを大きく変える可能性もあります。

上手な甘え方ができる女性は、恋愛だけではなく今後の人生も肩を張らずに生きることができます。まずは自分ができそうな上手な甘え方から実践してみましょう。

彼氏が喜ぶ上手な甘え方①上目遣いをする

彼氏が喜ぶ上手な甘え方①上目遣いをする
彼氏が喜ぶ上手な甘え方1つ目は、上目遣いをすること。甘えられない女性でもチャレンジしやすい方法です。

上目遣いを成功させる秘訣は、彼氏の目の前に立つまたは座って行うということ。1番効果的なのが、両手でほおづえをついて彼氏を上目遣いでじっと見つめるというもの。

見つめられた彼氏はドキッとするはずです。2人きり以外のときでもぜひ試してみてください。

彼氏が喜ぶ上手な甘え方②くっつく

彼氏が喜ぶ上手な甘え方2つ目は、くっつくことです。彼氏側としては、好きな彼女にくっつかれただけで嬉しいもの。

甘えられない自分を打ち破りたいのなら、彼氏との距離をどんどん縮めましょう。隣に座ったときにさりげなく手を絡めてみたり、彼氏と部屋で2人きりのときはペタっと横にくっついて座るだけでOK。

上手な甘え方に対して難しいイメージを持つことはありません。ただくっつくだけで彼氏は十分喜びます。

彼氏が喜ぶ上手な甘え方③裾を引っ張る

彼氏が喜ぶ上手な甘え方3つ目は、裾を引っ張るというもの。恋愛ドラマでもよく使われる行動パターンですが、デートのときに彼氏の袖を指先だけで引っ張るだけ。恥ずかしい人は「迷子にならないために」といういいわけを言ってみてはいかがでしょうか。

そんな子供のようなしぐさに彼氏はキュンとするはず。上手な甘え方がわからない女性にぜひやってほしい行動です。

彼氏が喜ぶ上手な甘え方④「ねえねえ」と言う

彼氏が喜ぶ上手な甘え方④「ねえねえ」と言う
彼氏が喜ぶ上手な甘え方4つ目は、「ねえねえ」と言うことです。これは、彼氏の耳元で「ねえねえ」とささやくことでドキッとさせるもの。

彼氏と2人きりのときに「ねえねえ」とささやけば、甘えるしぐさだと感じるはず。外では甘えられない女性でも、2人きりのときだけは頑張って行動しましょう。

上手な甘え方ができれば、もっと2人の関係が深まるはずです。

彼氏が喜ぶ上手な甘え方⑤寂しいと言う

彼氏が喜ぶ上手な甘え方5つ目は、寂しいと言うことです。甘えられない女性の多くが「寂しい」のひと言が言えないもの。彼氏に重いと思われるのではないか、迷惑なんじゃないかと思い込んでしまうからでしょう。

でも、彼女に甘えらることは男として嬉しいもの。仕事が忙しそうだから遠慮ばかりしていると、いつの間にかすれ違ってしまいます。

甘えられないままでは大切な彼氏を失ってしまうので、勇気を出して伝えてみましょう。

彼氏が喜ぶ上手な甘え方⑥キスをおねだりする

彼氏が喜ぶ上手な甘え方⑥キスをおねだりする
彼氏が喜ぶ上手な甘え方6つ目は、キスをおねだりすること。いつも強がっている甘えられない女性にとってはハードルが高い行動ですが、これを喜ばない彼氏はいないはず。

2人きりの部屋や車内でキスをおねだりしましょう。彼氏のハートをわしづかみできます。そのままラブラブモードに突入できるチャンスにもなるでしょう。

上手な甘え方ができる女性は、おねだり上手でもあります。少しでもいい雰囲気になったら、彼氏にキスのおねだりをしちゃいましょう。

彼氏が喜ぶ上手な甘え方⑦腕をぎゅっとつかむ

彼氏が喜ぶ上手な甘え方7つ目は、腕をぎゅっとつかむこと。マンネリカップルほどデートをしても腕を絡めるタイミングを失っています。

彼女から腕をぎゅっとつかまれると彼氏はドキッとするだけではなく、甘えてくる彼女を可愛く感じます。甘えられない女性にとって勇気がいる行動かも知れません。最初は彼氏の腕に触れるところからはじめてみましょう。そこから徐々に腕を絡ませていきます。

自分の胸を彼氏の腕に押し付けることができたときは、上手な甘え方をマスターした証拠です。

彼氏が喜ぶ上手な甘え方⑧にっこり笑顔

彼氏が喜ぶ上手な甘え方⑧にっこり笑顔
彼氏が喜ぶ上手な甘え方8つ目は、にっこり笑顔を作ること。最近彼氏の前で笑っていないと感じている場合は、にこっと笑顔を作る努力からはじめましょう。

2人でおしゃべりをしているとき、彼氏に話しかけられたときににっこり笑顔を返すだけ。とても簡単ですが、そんな彼女を愛おしく感じることでしょう。

すぐに口喧嘩をしてしまうあなたなら、笑顔を意識するだけで2人の空気が変わるはず。彼氏の前だけではなく、いつも笑顔でいられる女性を目指しましょう。

彼氏が嫌がる4つの甘え方

彼氏が嫌がる4つの甘え方
気をつけたいのが、甘え方の中には男が嫌がる行動があるということ。先ほどは彼氏が喜ぶ上手な甘え方をお伝えしましたが、ここからは彼氏が嫌がる4つの甘え方です。

甘え下手な女性が失敗しがちな行動パターンを覚えておくことで、彼氏との今後の付き合いが変わります。頭の中でイメージを描きながら参考にしてください。

彼氏が嫌がる甘え方①ぶりっ子

彼氏が嫌がる甘え方1つ目は、ぶりっ子です。ぶりっ子は彼氏だけではなく、女性にも嫌われる存在ナンバーワン。外見の可愛さを利用して、男に媚を売るような女性はやはり嫌われます。

ぶりっ子の具体的な行動パターンは、男の前になるとしぐさや態度を変えるということ。中には、急に甘えた声を出す人もいます。

自分の彼女が自分の前でぶりっ子を演じている、これが発覚したときは幻滅するでしょう。

彼氏が嫌がる甘え方②わざとらしい

彼氏が嫌がる甘え方②わざとらしい
彼氏が嫌がる甘え方2つ目は、わざとらしいということ。甘えられない女性にとって、自然に甘えることは少し難しいでしょう。必死に甘えようとすると、どうしてもギクシャクしてしまいます。

精いっぱい頑張って甘えているならともかく、いかにも猫のように甘える彼女なら彼氏は嫌がります。上手な甘え方を実践しようとすると緊張してしまいますが、自然体を心がけて少しづつ彼氏に歩み寄ってみましょう。

彼氏が嫌がる甘え方③泣いたふり

彼氏が嫌がる甘え方3つ目は、泣いたふりです。小さな子供でもズル賢い子が使うパターンで、泣いて許してもらおうと甘える人はいつだって嫌がられます。

泣いたふりをして注目を集めることは、自分も相手も疲れる行動なのでやめましょう。泣いたふりをしないと甘えられない女性になってしまう前に、別の方法で甘えるべきです。

彼氏が嫌がる甘え方④わがまま

彼氏が嫌がる甘え方4つ目は、わがままです。甘えることとわがままを言うことは少し違います。わかりやすく言えば、自分の願望ばかりを彼氏に言うことはわがままになります。

ただ、いつも自分の欲求を示さない甘えられない彼女から「こうしたいな」と言われることは、彼氏にとって嬉しいこと。その場合はわがままにはなりません。

彼氏の都合を無視して「会いたい」と言ってばかりいるのもわがままに入ります。でも、我慢ばかりしている人なら「寂しい」と彼氏に伝えるべきです。

上手な甘え方を実行しよう

上手な甘え方を実行しよう
甘えられない女性は、上手な甘え方を知らないだけです。彼氏のことを考えすぎるあまり、自分の感情を抑えてしまう人も2人の付き合いのためになりません。

いつも強がっている彼女から突然甘えられたときには、彼氏はデレデレになるはずです。2人きりでいるときくらいは彼氏に甘えましょう。まずは、彼氏との距離を縮めるところからはじめてください。

Related