Search

検索したいワードを入力してください

恋人と付き合う意味って何?男性・女性が考える彼氏・彼女の定義!
2018年10月25日

恋人と付き合う意味って何?男性・女性が考える彼氏・彼女の定義!

恋人と付き合う意味はどういうものなのでしょうか。男性・女性それぞれの視点からの彼氏・彼女の定義や、今付き合っている意味がわからないと感じている人にぜひ読んでほしい対処法をまとめました。付き合うということがわからない人はぜひ読んでみてください。

恋人とはどんなもの?

恋人とはどんなもの?
付き合う意味を考える前に、そもそも恋人とはどんな人のことを指す言葉なのでしょうか。デジタル大辞泉を引いてみると、恋しく思う相手のことで普通は相思相愛の間柄に用いられる言葉と載っています。二人が親密な関係になり、恋人同士になることを私たちは付き合う、という言葉で表現しています。

では実際に付き合っている人たちは、恋人に何を求めているのでしょうか。恋人とはどのような定義の上に成り立つものなのか考えてみましょう。

彼氏・彼女が恋人に求めるもの

彼氏・彼女が恋人に求めるもの
突然ですが、今恋人がいる人は自分が相手のどこを好きかきちんと言葉で説明できますか。すぐに思い浮かんだ人もいれば、そうでない人もいることでしょう。では、世の中の男女は恋人に何を求めているのでしょうか。

株式会社クロス・マーケティングが20歳〜39歳の男女に聞いた、恋人に求めるものランキングでは、20代の男性も30代の男性も1位が顔の好みで2位が優しさという結果になりました。

同じ調査における女性の回答は20代での1位が優しさ、2位が顔の好みに対し30代では1位が誠実さ、2位が優しさと意見が分かれる結果が出ていました。

どちらの世代でも外見の好みはあるものの優しさが重要視されていることがわかります。

恋人とは?男性が考える「彼女」の定義

恋人とは?男性が考える「彼女」の定義
彼女や恋人として認められるには、相手にとって必要とされる唯一の存在にならなくてはなりません。では具体的に、どのような彼女が男性に求められていて、理想の恋人とは相手にとってどんな彼女のことを指すのでしょうか。

守りたいと思える

古来から男性は自分よりか弱いものに対し「守りたい」という意識が働くことがわかっています。男性にとって恋人とは特別な存在であり、他の誰でもない自分が守りたい相手です。

付き合うとは一種の男女間の契約のようなもので、それを交わすことにより彼女は男性にとってかけがえのない意味を持つ存在になります。

男性は守りたいものがあれば強くなることができます。恋人とはそんな男性の力を増強させることができる栄養剤としての意味を持つ女性のことです。

いつも味方でいてくれる

自分が失敗したとき、物事がうまく進まないとき人は誰でも落ち込んだり、神経質になったりします。男性にとって恋人とは、自分の話を親身になって聞いてくれたり、一緒に悩んで解決策を考えてくれる存在です。

彼女にはいつもあなたの味方に立ち、すぐそばで応援して欲しいと考えています。彼にとって恋人とは、いつも一番の応援団長です。

笑顔を見るだけで癒される

疲れて帰って来て彼女の笑顔に癒された瞬間に、相手のことを他の人とは違う特別な存在だと改めて実感する男性も多くいます。

男性にとって恋人は癒しであり、かけがえのない安心感を与えてくれる唯一の存在です。恋人とは何かをしなくても、いるだけでプラスに働く存在といえます。

恋人とは?女性が考える「彼氏」の定義

恋人とは?女性が考える「彼氏」の定義
では逆に、女性にとってはどのような男性が彼氏と定義されているのでしょうか。友達同士ではなくそこから一歩進んだ関係になる、恋人とはどんなときに感じるものかについても考えていきましょう。

自分を支えてくれる

女性にとって彼氏は他の男性と違い、いつでも自分のことを考え支えてくれる誰よりも頼りになる存在です。

すぐに手を差し伸べるのではなく、まずは自分がやりたいようにやらせてくれて本当に困った時に颯爽と現れて助けてくれる、まるで王子様です。彼氏が応援してくれるなら誰よりも頼り甲斐があり、安心して目標に全力を傾けることができます。

恋人とは、相手に依存するのではなく、お互いのことを深く理解しているからこそ大事なときに支え合える、特別な間柄のふたりにぴったりの言葉です。

また恋人とは相手の得意、不得意なところをカバーしあえる存在でもあります。彼氏だけ、彼女だけではできないことがふたりならできてしまいます。

素を見せられる

女性にとって自分の素を見せられる相手はそう多くはいません。その数少ない中の一人が彼氏です。素を見せるという言葉は、飾らない自分を見せるという意味でもメイクをしていない無防備な自分を見せるという意味でも捉えることができますが、女性にとって全てを見せられる男性は彼氏だけだと考えて良いでしょう。

素を見せるのはありのままの自分を見せることでありどうしても抵抗がつきまといます。しかし心を許した彼氏になら受け入れてもらえるという信頼が成り立っているのでしょう。

普段隠している本心や弱い部分もさらけ出せる相手、恋人とは特別な意味を持つ人だということがよくわかります。

彼氏のために尽くすのが嬉しい

好きでもない人のためには頑張れないけれど、彼氏のためならなんでもできるという女性は多いのではないだろうか。実際、彼氏ができるとその人のために何かをするということが自分ひとりの時と比べて極端に増えるけれど、恋人とはその人のために尽くすことに喜びを感じられる相手です。

一人のときには苦痛だった家事や料理が、彼氏のためなら喜んでできたり、どんな小さなことでも頼られたいと感じるようになります。その人のためにいつもの自分以上の力が出せたとき、恋人の存在を改めて意識することでしょう。

付き合う意味がわからなくなったときの対処法

付き合う意味がわからなくなったときの対処法

付き合う意味をもう一度考え直す

付き合う意味がわからなくなってしまう原因はいくつかありますが、まず挙げられるのは恋愛を続ける意味を見失ってしまった場合です。

相手に尽くしたいという気持ちはもちろん大切ですが、恋愛はGive&Takeであるため、どちらかが与えすぎていればそのうちに疲れてしまうのも当然です。

そんなときは今の彼氏と付き合った意味をもう一度考え直してみる必要があるでしょう。何か理由があるはずです。初心に戻ってみることで付き合った意味を考えるきっかけを作ることができます。

彼氏と別れた未来を想像する

彼氏と別れた未来を想像する
恋人とは所詮口約束であり、婚約のように法的な拘束力はありません。そのため恋人関係を解消したいと思えばすぐにできますが、別れた後、彼氏が違う女性と付き合った姿を想像してみてください。どう感じるでしょうか。

ここで何も感じないのであれば、残念ながら彼氏との関係は修復が難しいところまできているといえます。しかしほんのわずかでも嫌だと感じるのであれば、まだ別れるには早すぎます。

なぜなら、今は彼氏との関係に慣れてしまい新しい刺激を求めているため、付き合うことに対して意味を見出せなくなっているだけだからです。

しかし恋人とは、必ずしも明確な意味があって付き合うものではありません。彼氏と一緒にいて居心地がいいという理由でも十分に付き合う意味になります。

意味はないことを理解する

矛盾しているようですが、そもそも恋人とは、何かを狙って付き合うものではなく、ただなんとなくそばにいたいからだったり、誰かに取られたくないといったごく自然な気持ちから生まれるものなのでそこに深い意味はありません。

しかし、付き合うことで趣味の幅が増えたり、一人でいるよりも楽しい時間が過ごせるようになったりと意味ができるようになります。つまり付き合うことに意味があるのではなく、付き合ってからの時間が意味を持つということです。

それを理解することで、意味がわからなくなったという理由で彼氏や彼女と別れてしまうのがいかに勿体無いことかがわかります。

恋人とはどういうもの?与えられた意味について

恋人とはどういうもの?与えられた意味について
結局恋人とはどういうものなのでしょうか。恋人という言葉の意味から彼氏・彼女に求める恋人像や定義について解説しましたが、ここまで読んで決まった意味があるわけではないことに気づいて頂けたでしょうか。

恋人とはお互いが相手をパートナーとして認識し付き合うことで、そのふたりを彼氏・彼女と呼び合いますが、相手が恋愛に対して求めるものや自分が相手に与えられるものは千差万別であり、言い換えれば彼氏や彼女がいればその数だけ定義があるということになります。

付き合う上で本当に大切なのは、恋人とはこういうものだという固定観念にとらわれず、目の前の相手に対して自分のできる形で愛情を伝えることです。深く考えず、この人のために何かしたいと感じたり、支えてあげたいという気持ちを大事にしてください。

目の前の彼氏・彼女に真摯に向き合うことによって自分たちにとって恋人とはどういうものか、二人なりの答えが見つかることでしょう。

Related