Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】LINEが既読にならない「未読スルー」をする心理とは?
2018年10月25日

【男女別】LINEが既読にならない「未読スルー」をする心理とは?

LINEで既読にならない「未読スルー」が原因で不安や心配になる人がいます。なぜ未読スルーをするのか気になる人も多いのではないでしょうか。この記事では未読スルーをする心理や対処法について紹介しています。現在未読スルーで悩んでいる人はぜひ読んでみてください。

LINEを既読にならないように見れる!

LINEを既読にならないように見れる!
LINEの既読機能は便利ですが「既読状態にならずに見たい」と思う人は多いでしょう。

iPhoneユーザーであれば「3D Touch」機能が利用でき、強めに画面を押すことでトークルームに既読をつけることなくメッセージを読むことができます。また、通知センターを利用することで端末に届いたメッセージを通知上で確認することが可能です。

Androidユーザーであれば、通知ポップアップ上で左右にフリックすることでメッセージを読むことができ、メッセージが長い時でも上下にフリックして確認ができます。他に、iPhoneとAndroid共通として、「機内モード」を利用することで既読をつけずに読むことが可能です。

未読スルーと既読スルーの違い

未読スルーと既読スルーの違い
どちらもLINEで返事をしないという点では違いはありませんが、既読スルーはメッセージを読んだことをこちらに伝えてきてくれます。一方で、未読スルーは読んですらいない状態なので送った側はモヤモヤしてしまいます。

現代社会では携帯は必需品で一日中触らないことは考えられないことから、既読をつけると「読んだなら返信してくれと求められる気がする」ため、既読にならない未読スルーを選ぶ人は少なくないでしょう。

「返信するのが面倒くさいから気付かなかったことにしよう」と既読にならない状態をずるずると続けてしまう人も多いのではないでしょうか。

既読にならない「未読スルー」となる期間は?

既読にならない「未読スルー」となる期間は?
既読にならない状態がどのくらいの期間続けば「未読スルー」されていると判断するのでしょうか。

結論から言うと明確な定義はありません。なぜなら人によってスマホを使っている時間は異なるからです。仕事中でも器用に返信する人もいれば、一日中スマホを見れない人もいます。

仕事や学校で疲れて次の日に連絡するというパターンもありますし、出張や研究室にこもっているため一週間以上既読にならないこともあります。

つまり、何時間あるいは何日間既読にならないと未読スルーされている、と明確に定義できる期間はありません。

LINEで未読スルーをする心理

LINEで未読スルーをする心理
「LINEを送ったのに返事が返ってこない」、こんな時は既読になっているか確認してしまいます。既読になっていれば一応読んでくれたと思えますが、未読スルーの場合は「なんで読んでくれないのだろう」と不安になってしまいます。

そこで未読スルーする心理はどのようなものなのか、男女別に紹介していきます。

LINEで未読スルーをする心理【男性編】

LINEで未読スルーをする心理【男性編】
LINEで未読スルーをする男性は一体どのような心理状態なのでしょうか。既読をつけるなり簡単な返信をしてほしいと思ってしまいます。では、未読スルーをする男性の心理を紹介していきます。

返信する余裕がないくらい忙しい

LINEを送っても既読にならない理由の一番は「忙しいから」です。学生であれば勉強やサークル活動、社会人であれば仕事や資格の勉強で時間がなく返信できない可能性があります。また、趣味や食事などの合間にも既読をつけて返信をしているので、いつでも既読をつけて返信ができる男性はまずいません。

「いくら忙しくても携帯を触る時間くらいあるよね?」と思いがちですが、男性の場合は物事の優先順位としては自分の時間のほうが高い傾向があります。

内容がめんどくさい

送られてきた内容が面倒くさいので既読をつけないことも挙げられます。長文で送られてきたり重い話をされたら、どう返信したら良いのか分からず面倒くさくなってしまいます。

また、男性はLINEを「連絡手段」と捉えていることが多く、日記のように一日の報告をする内容などであれば「特にコメントがない」と未読スルーに繋がってしまいます。

興味がない

「メッセージの送り主に興味がない」という心理もあります。嫌っていないが興味を持ってもいない、という立ち位置であると言えます。LINEなどのツールを使って連絡をするのが面倒くさいと感じる男性であればなおさらでしょう。

駆け引きをしている

未読スルーを利用して恋の駆け引きをしようとする男性もいます。既読にならないことで女性に「どうしたのかな?」「嫌われたのかな?」と気にしてくれたり心配してもらうことを望む場合もあります。

これは好意をチラつかせたいがための行動と言えます。また、「暇と思われたくない」心理から未読スルーをする男性もいます。

LINEで未読スルーする心理【女性編】

LINEで未読スルーする心理【女性編】
メッセージを送ったのに未読スルーする女性の心理はどのようなものなのでしょうか。そんな女性心理を解説していきます。

返信の優先順位が低い

女性は男女問わず多くの人と連絡を取り合っている傾向があります。そのためLINEの送り主の優先順位が低ければ後回しにすることがあります。

ただ、優先順位が低いと言っても嫌っている意味ではありません。未読スルーする時間は長くなく、そのうち返信しようとしている女性も多いです。

返信する時間がない

女性も男性と同様で常に返信できる状況にいることはありません。いくら男性よりLINEのやり取りが好きな女性でも、学校だったり仕事だったりと忙しい時には未読スルーをする傾向があります。

忙しい時はLINEすら見る余裕がないことは珍しくないので、この心理は男性と共通していると言えるでしょう。

迷惑であることを察してほしい

原因は人それぞれですが、「嫌い」「ウザい」など悪い印象を持っている人には未読スルーをする可能性が多いです。LINEが既読にならない、返事を返さないということでこちらが迷惑がっている、拒否していることを察してほしいと考えている女性は少なくありません。

また、どうでもいい人からの「おはよう」「今日は〇〇食べたよ」などの報告も女性の場合は迷惑に感じることが多いでしょう。

気に掛けてほしい

女心と秋の空という言葉があるように、女性も男性と同様に恋の駆け引きとして未読スルーをすることがあります。

LINEが盛り上がっているのに急に既読にならない状態になると男性は不安になり気になってしまいます。その心理を利用し、気に掛けてもらうために未読スルーをすることがあります。

未読スルーは別れのサイン?

未読スルーは別れのサイン?
カップル間でLINEを送ったのに一週間以上既読にならないと、特別な事情がないと残念ながら別れが近い可能性があります。もし既読にならない状態が続くほど忙しければ、付き合っている相手には忙しい旨を伝えておくのが一般的です。

しかし、それすらなく電話にも応答しない場合は、相手はあなたをそのように扱っても良いと考えていることがあります。それでも大丈夫だと言う人はバランスがとれているので良いのですが、未読スルーに不満を持っているのであれば別れのサインである可能性があるでしょう。

彼氏彼女に未読スルーされたら

彼氏彼女に未読スルーされたら
大好きな彼氏あるいは彼女から未読スルーされたら辛いでしょう。「嫌われたのかな?」「忙しいのかな?」と色々心配になってしまいます。そこで、彼氏彼女から未読スルーされた時の対処方法を紹介します。

既読にならない彼氏への対処法

既読にならない彼氏への対処法
彼氏にLINEを送ったのに一週間近く既読にならない、あるいはそれ以上未読スルーされたら不安になってしまいます。ここでは、既読にならない彼氏への対処法を紹介していきます。

彼氏への対処法①気長に待つ

既読にならない時はついつい何回もLINEを何回も送ってしまいがちですが、一番の有効な手段は気長に待つことです。

仕事や学校の授業で忙しく返信できない可能性もあります。待っている側からすると不安で苦しくなりますが、その場合は待つこと以外何もできることはありません。とにかく返信してくれるまで辛抱強く待つことが一番です。

彼氏への対処法②電話をしてみる

LINEでのやり取りが苦手な男性は意外と多いです。意味のない会話が続くのであればなおさら返信したくないと思うでしょう。なので直接電話してみるのも一つの手段です。

LINEでは文字のやり取りになってしまい感情を上手く伝えられないこともあるので、電話をすることで既読にならない理由や彼氏の今の気持ちを直接声で聞ける可能性があります。

彼氏への対処法③LINE以外の方法で連絡する

もし彼氏がTwitterやFacebookをやっていて更新が確認できたら、そのアプリ内でメッセージを送ってみましょう。

「今はLINEを見たくない」という気持ちがあると、いくら彼女からとはいえ、嫌悪感を与えてしまうことに繋がりかねません。LINEでの連絡に嫌気がさしている可能性もあるので、SMSでメールを送ってみるのも良いでしょう。

彼氏への対処法④生活リズムに合わせて連絡する

あなたと彼氏の生活リズムが違うため既読にならない可能性があるので、仕事のお昼休みや帰宅したであろう時間帯にLINEを送ってみましょう。

忙しい時間帯に送ってしまうと「今はそれどころじゃない」と面倒がられる可能性があり未読スルーされてしまうことがあります。

既読にならない彼女への対処法

既読にならない彼女への対処法
彼女から未読スルーされている時に、何とかLINEで連絡を取りたいと思っている男性は多いでしょう。では、既読にならない彼女の場合はどのような対処をすればいいのか紹介していきます。

彼女への対処法①ひたすら待つ

彼女にLINEを送っても既読にならない時は、彼氏への対処法と同様にひたすら待つのが一番です。

連絡が来ない間は彼女の状況が分かりませんし、忙しかったり体調を崩している可能性もあります。彼女の今の状況が落ち着けば返事が返ってくることが多いのでまずは気長に待ちましょう。

彼女への対処法②直接電話する

彼氏への対処法として述べたことと共通しますが、既読にならない時は直接電話してみましょう。もしかするとLINEに気付いていない場合もあります。

電話をすると彼女も重要な事だと思ってくれますが、注意すべきなのはどうでもいい内容で電話しないことです。次のデートの予定などの内容を決めてから電話をかけることが大切です。

彼女への対処法③返しやすい内容を送る

あなが返信しづらい内容を送ってしまい、返事に困って既読にならない場合もあります。もう一度自分が送った内容を見直して返信しやすい内容を送ってあげましょう。「美味しいイタリアンの店を見つけんだけど今度行く?」など質問系で送るのが大切です。

ただ、「なんで未読スルーするの?」など問い詰める内容はNGです。

彼女への対処法④駆け引きとして連絡を控える

彼女にとってあなたからLINEがくるのは当たり前になっている場合があります。なので彼女に「未読スルーしてからLINEがこなくなった」と思わせるくらい連絡を絶ってみましょう。

簡単に言えば、彼女にも同じ気持ちを味わってもらうことです。少し勇気が必要ですが、試してみる価値は十分にあります。

好きな人に未読スルーされたらどう考える

好きな人に未読スルーされたらどう考える
好きな人と楽しく会話していたのに急に既読にならない、あるいは勇気を振り絞ってLINEを送ったのに未読スルーされている、などの場合どう考えたらいいのでしょうか。そこで既読にならない未読スルーされた時に考えるべきことを解説していきます。

返信する余裕がないと考える

返信する余裕がないと考える
前にも述べたように常にスマホを触れる環境にいる人はまずいません。なので数日から一週間以上既読にならない状態が続いても、「忙しいんだろうな」と気長に待つことを考えましょう。

また、既読になっているかどうかLINEを確認する人もいますが、逆にストレスになるのでなるべく控えたほうがいいです。

脈なしのサインと捉える

脈なしのサインと捉える
好きな人にLINEを送っても一週間以上既読にならない状態が頻繁にあるようだと、残念ながらあなたに脈なしと考えた方が良いでしょう。

もしあなたに好意を抱いてあるのであれば、何とか時間を見つけて「今無理だから後で連絡する」などの一言があります。その人に対して未読スルーの原因になる失礼な発言をしたか、内容の薄いLINEを送ってないか振り返ってみましょう。

ブロックされていないか疑う

ブロックされていないか疑う
数日ならまだしも一週間以上既読にならないと「ブロックされているのではないか」と疑うのは当然のことでしょう。

ブロックされていればこちらのメッセージは永遠に読まれることはないですし、あなたからのメッセージを受け取りたくないという意思表示です。既読にならないことに対して、思い当たる節があれば早めに確認したほうがいいでしょう。

ブロックされていないか確認する方法

ブロックされていないか確認する方法
既読にならない期間が長いほど「ブロックされているのでは?」と心配になる人はいるでしょう。

相手からブロックされているかどうか確認する方法としてLINEのスタンプを送ることが挙げられます。自分がiPhoneユーザーであれば無料スタンプ、Androidユーザーであれば有料スタンプを送ってみます。

ブロックされていなければ正常にスタンプをプレゼントすることができます。ブロックされていれば「すでにこのスタンプは持っています」の旨のメッセージが表示されますが、本当に相手がスタンプを持っている可能性もあるので、持っていないであろうスタンプを選ぶのが大切になってきます。

「既読にならない=無視」とは限らない

「既読にならない=無視」とは限らない
いかがでしたか?既読にならない未読スルーをされることでイライラしたり不安に思う人がいるのは確かですが、それは常に連絡を取れる状態にいる人と言えるでしょう。自分が連絡してほしいタイミングで返事が返ってこず既読にならないので、「無視されている」と錯覚するのも頷けます。

しかし、本記事で述べたように「既読にならない=無視」と思い込む必要はありません。どんな人でも事情があって、些細なことで連絡を取らなくなるのは良くあることです。

また、「連絡がこないことから察してほしい」と信頼してくれている場合もあります。未読スルーから相手の気持ちを想うことができれば、既読機能に翻弄されることはないでしょう。

Related