Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】職場で好き避けしてしまう心理とされた時の心情を解説!
2018年10月25日

【男女別】職場で好き避けしてしまう心理とされた時の心情を解説!

社会における好き避けは、男性と女性によっても心理が異なってきます。職場内での人間関係を円滑にするためにも、男性と女性がどのような心理で相手を避けるようになってしまうのかを把握しておくとよいです。それが恋愛成就に繋がることもあるでしょう。

好き避けとは

好き避けとは
好き避けというのは、言葉のとおり、好きな人を意識的に避けてしまうことを指します。

好きな人に好意と反対の態度を取ってしまうのは、決して小学生や中学生だけではなく、大人になってもその傾向は見受けられます。相手に避けられていると感じたら、それは嫌われているのではなく、実は好かれていたということもよくあります。

好き避けは職場に多い

好き避けは職場に多い
好き避けしてしまうような状況は、世間においてはよくあることです。しかし、この状況は、特定の状況において多いことがわかっていて、それが職場なのです。

職場における好き避けは予想以上に多いのです。なぜそうなってしまうのかを把握しておくことで、嫌われているかもと思っていた相手が実はあなたをどのように思っているのかわかるかもしれません。

禁断の関係に発展しやすい

なぜ職場で好き避けという状況が多いのかを考えてみると、それの1つには禁断の関係に発展する可能性が高いというものがあるでしょう。

お互いに独身同士ならば全く問題ありません。しかし、片方が既婚であるという状況で恋愛感情を抱いてしまうこともあります。こうなると、禁断の恋愛に繫がることもあり、大きなトラブルを巻き起こすこともあるでしょう。

これは、とてもリスクの大きな事柄なので、好きな気持ちはあっても意識的に避けてしまうという状況に陥ってしまいます。

噂にならないために

出世欲が強いタイプの男性は、職場での好き避けをすることもあります。

出世において、恋愛問題はご法度になってしまう可能性があり、社内でそういった噂がたってしまうと、それがきっかけとなって上層部からの査定に響く可能性があります。そのため、そのような噂が一切たたないように日頃から意識的に女性社員を避けるような対応をする上司も存在します。

また、一歩間違えればセクハラやパワハラに繋がってしまうのが上司の部下の女性に対しての恋愛感情です。男性の上司は、そういった状況に日頃から悩んでいるともいえるでしょう。

評価に私情を挟んでしまう

評価に私情を挟んでしまう
職場での好き避けは、社員を評価する立場の人にも多いです。

特定の人に特別な感情を抱くようになってしまうと、どうしても評価に私情を挟んでしまいます。そのため、社員を評価する立場になる上司などは、特別な感情で評価が歪んでしまわないために、日頃から意識して社員を避けていることもあります。

このように自分の立場的にどうしても避けてしまうという可能性もあるので、なかなか難しい問題だともいえるでしょう。

職場で好き避けしてしまう男女の心理

職場で好き避けしてしまう男女の心理
職場で好き避けしてしまう理由には色々な理由がありますが、女性と男性では、そうなってしまう時の心理が違ってきます。

それぞれの性別によって、全く理由が異なってくることもありますので、なぜ避けられてしまうのかを知るためにも、その心理を把握しておくことは重要です。

職場で好き避けしてしまう男性の心理

セクハラだと思われるのが怖い

職場で好き避けしてしまう男性の心理を考えてみると、セクハラが関係している可能性があります。セクハラには会社員にとって非常に微妙な問題です。さらに、男性になると、そのリスクが高まってしまいますので、避けてしまう可能性が高いです。

女性を好きになってしまうと、その女性を特別な目で見てしまいます。そして、その目が女性にとっては嫌悪感に繋がる可能性もあります。男性は、そのようなことまでを考えてしまい、自分を守るためにも、ついついよそよそしい態度をとってしまいます。

一昔前に比べると、セクハラ問題に対する意識はかなり高くなっています。ですので、以前と比べると、より職場で好き避けされてしまう可能性は高くなっているといえるでしょう。

居場所を失いたくない

男性が職場で好き避けしてしまう理由には、人間関係も関係しています。

仕事の場で恋愛関係に発展してしまうと、色々な弊害が発生してしまう可能性があります。同僚や先輩、後輩とのチームワークが乱れてしまうこともあるでしょう。上司との関係が崩れてしまう可能性もあります。

また、告白までしたとしても、必ずしも成就するというわけではありません。断られた結果、お互いに気まずい関係になってしまうということも十分にあります。プライベートと仕事は別という考え方もありますが、考えている以上に簡単な事柄ではなく、ついつい公私混同してしまうもの。

このようなことを考えてみると、好きな人に対してその想いを素直に表現してしまうと、仕事において自分の居場所がなくなってしまう可能性があります。その結果、好きな人を避けるという事態に陥ってしまいます。

職場で好き避けしてしまう女性の心理

職場で好き避けしてしまう女性の心理

職場の人間関係を壊したくない

職場で好き避けしてしまう心理の中には、男性と全く同じこともあります。それが、人間関係が崩れてしまうのを避けるために相手とコミュニケーションを避けるというもの。

相手と恋愛関係になったとしても、告白してふられたとしても、これまでの人間関係に何らかの亀裂が走る可能性があります。そのようなことを考えてしまうと、女性が職場で好き避けをしてしまうのもしかたがないといえるでしょう。

状況によっては、会社にいられなくなってしまうほどのトラブルに発展することもあるので、必要以上に神経質になってしまいます。

また、女性の就職難という状況も会社での居場所を必要以上に守ろうとしてしまうきっかけのひとつだといえるでしょう。そのような意味では、社会情勢的なものも関係しているといえます。

自分に自信がない

職場で好き避けしてしまう女性の心理
職場で好き避けをしてしまう女性の心理を考えてみると、対象となっている相手にも注目する必要があります。

女性の場合は、その対象となるのが、会社で有名なモテる男性社員であることも珍しくありません。そうなってくると、自分自身に釣り合っていないとブレーキをかけてしまいます。

自信がなければ、好きな相手に対してよそよそしい態度を取ってしまうこともあり、このようなケースで避けてしまうこともあるといえるでしょう。こんな女性心理を考えてみると、男性側からアプローチすることも会社での恋愛においては重要になってきます。

仕事が疎かになる

職場で好き避けしてしまう理由には、男女共通の理由として、仕事が疎かになってしまうというものもあります。これは、もしかすると仕事に支障をきたしてしまうという気持ちも含まれます。また、実際に相手のことを意識しすぎてしまい、仕事が手につかなくなるということもあります。

実際に、相手のことを気にしてミスを連発してしまうという状況に悩む社員も多く、仕事とプライベートをキッチリと切り分けられないタイプは注意が必要だといえるでしょう。

職場で好き避けされた男女の心情

職場で好き避けされた男女の心情
職場の好き避けは、会社での関係を崩したくないからこそ行うこともあります。しかし、結果的には、意識的に避けられることによって、関係が崩れてしまうこともあります。

無駄に会社内での関係を崩さないためにも、なぜ相手に避けられているかを考えることも重要になってくるでしょう。そうすれば、余計なトラブルを未然に防ぐことができます。

職場で好き避けされた男性の心理

職場で好き避けされた男性の心理を考えてみると、真っ先に嫌われているかも、と感じるのではないでしょうか。これは当然のことで、男性だけではなく、女性にもよくあることです。

また、避けられている理由に特に思い当たるものがない場合には、必要以上に悩んでしまうこともあります。その結果、社内でのチームワークが乱れてしまうということもあるので、注意が必要です。

全く心当たりがないのに、避けられてしまったという時は、もしかして、自分のことを嫌いなのではなく好きなのかもと、逆転の発想をしてみることも大切です。

コンプレックスを抱く

男性が会社の女性から特に理由もなく避けられてしまったと感じる場合には、それがコンプレックスに繋がっていくこともあります。

例えば、自分の臭いや見た目に問題があるのではないかとコンプレックスを抱くこともあるでしょう。時にそれが大きなトラウマに繋がってしまうこともあります。状況次第では、うつになって出社できなくなってしまうこともありますので、十分に注意が必要です。

男性が女性から避けられてしまうというのは、予想以上にショックが大きい事柄なので、女性側は、職場で好き避けする場合にも限度があるということを把握しておくことも大切です。

職場で好き避けされた女性の心理

職場で好き避けされた女性の心理
女性の場合も、職場で男性に好き避けされてしまうと、真っ先に嫌われてしまったと考えるでしょう。そして、その嫌われてしまう理由を考えていくことで、いずれ大きく悩んでしまう場合もあります。

また、女性によっては、上司である男性から避けられてしまうと、自分の能力が低いと勘違いしてしまうこともあります。さらに、間近の自分の仕事に何か問題があったのかと深読みしてしまうことがありますので、上司という立場である男性や女性が、部下を避けてしまうのは、予想以上に深刻な状態に繋がる可能性があります。

部下の退職に繋がる可能性も

男性の上司が部下の女性を好き避けしてしまうと、その女性が悩んでしまったあげく退社となってしまう可能性もあります。

能力を評価されなかったり、自分の仕事が評価されなかったりすることで、必要以上に悩んでしまうもの。そして、その結果、この会社は自分の居場所ではないと考えてしまい退社を決意する可能性があります。

職場においての安易な好き避けは、プライベートな問題だけではありません。仕事上の大きなトラブルにならぬよう、職場内で何か不穏な空気が漂っていないか、常に気にしておきましょう。

たった一つの「職場内好き避け」が、予想以上の被害に繋がることもありますので、十分に注意する必要があります。

社内恋愛は難しい

社内恋愛は難しい
職場における好き避けには色々なパターンがあることがわかりました。そして、その結果わかるのは、社内恋愛は想像以上に難しいということです。お互いに好きな気持ちがあっても、成就することなく、平行線をたどることもあります。その理由のひとつが、職場における好き避けといえるでしょう。

また、「好き避け」という、職場内で好きな人を避けるという何気ない行動が、職場の問題に発展することも忘れてはいけません。その結果、会社にとって大事な人材を失うこともあります。

Related