Search

検索したいワードを入力してください

恋の駆け引きには欠かせない【押して引く】の効果的な使い方とは?
2018年10月15日

恋の駆け引きには欠かせない【押して引く】の効果的な使い方とは?

恋の駆け引きの中で「押して引く」は効果抜群と言われています。では、どのような行動を取ればよいのでしょうか。この記事では具体例を挙げながら「押して引く」のタイミングや注意点、高度な駆け引きを紹介します。切ない片想いから抜け出したい人は、ぜひ読んでみてください。

恋愛における「押して引く」の効果

恋愛における「押して引く」の効果
恋愛の駆け引きで、特に片想いの人が実行するテクニックの中で「押して引く」というのは有名です。しかし、やり方を間違えると即ジ・エンドになってしまいますので、効果的な「押して引く」方法を紹介しましょう。

「押して引く」という恋の駆け引きは高度なテクニックです。押して押して押しまくれで成功する場合もありますが、押して相手に「私に気があるのかしら」と思わせておいて、今度は引くと「あれ、勘違いだったの」と戸惑います。意中の人を戸惑わせたら、かなり効果的といえるでしょう。

一番大事なことは「押して引く」の駆け引きはあくまでも手段で、目的は大好きな人を恋人にすることです。テクニックに走り過ぎないようにしましょう。根底には愛情がないと思いは通じません。

押して引くを使うべき関係性

押して引くを使うべき関係性
「押して引く」といっても、大して親しくない関係では効果は出ません。ある程度親しい仲になってからではないと危険です。一度ストーカーと誤解されたら、その後何をしても通用しません。好きな人と親しくなるのは難しいことですが、恋の駆け引きは親しくなってからです。

恋愛感情を全面に出してしまうと、相手が引いてしまう場合があるので、自然に会話を増やし「楽しい」「面白い」と思われたら第一関門突破です。理想は、電話やメール、あるいはLINEで会話できる間柄になることです。

もちろん、そこまで辿り着くのが困難なのが男と女の関係ですが、同じ職場の同僚など毎日のように会える環境ならば、電話番号やメルアドを知らなくても「押して引く」の駆け引きは始められます。

駆け引きをしていいのは親しくなってから

1ヵ月に1度くらいしか会えない関係だと、押して引くの駆け引きは使えません。なぜなら変化が見えないからです。同僚か友人のようにある程度親しい関係ではないと難しいでしょう。

最初は押す前に好感を持たれる程度に面白い会話をすることです。次に徐々に押して行き「グイグイ来るね」「私のこともしかして好きなの」と相手が意識するまで押します。押しの一手にも色々ありますが、一つにはプライベートに関する質問です。

興味があれば、何でも知りたくなるのが自然です。「寝る時はパジャマ、それともTシャツに短パン」という質問をして「セクハラ」と思われない親しい関係であることが重要です。「寝る時は全裸」と聞いて相手がドキッとしてくれたら成功ですが、上司にセクハラ相談されたらアウトです。

友達関係を演じて恋の駆け引きを

友達関係を演じて恋の駆け引きを
職場の同僚や同じ大学、あるいは近所に住んでいる中学や高校の同級生のように、素性を知っていると相手も安心できます。例えば、喫茶店の店員と客の関係では、なかなか厳しいものがあるでしょう。顔見知りでも素性を知らないと、不安が先に立ってしまいます。

二人きりで食事に行く仲になるまでが大変ですが、グループで飲みに行ける関係ならば、かなりベストです。押して引くという恋の駆け引きは、一発勝負ではなく時間をかけるテクニックなので、毎日ではなくても頻繁に会える関係ではないと効果は出ません。

相手に「私に気があるのかな」程度で止めておくことが大切で、ゾッコンLOVEでもその気持ちを隠すのが恋の駆け引きです。溺れ過ぎないように「親しい友達関係」を演じることが大事です。

押すべきタイミング・引くべきタイミング

押すべきタイミング・引くべきタイミング
「押して引く」恋の駆け引きで大切なのはタイミングです。タイミングを間違えると効果がないどころか失敗します。リズムとしては「押して押して引く」という割合を覚えておきましょう。

押して押して、もし相手が好感を持ってくれて意気投合し、親友のような絆が生まれた場合は、引くのはもったいないです。好きな人と二人きりで食事に行ける関係まで行けば、わざわざ引く必要はありません。友情をベースにした愛情は強固なので、そのままの良い関係を続けるべきです。

押して押して、相手が悪い安心感を抱き「この人に何を言っても平気」とモテる人特有の慢心が見え始めたら、その時こそ引くタイミングです。好かれているという気持ちから優位に立つ相手を惑わせるチャンスです。

「押して引く」の押す行為の具体例

「押して引く」という恋の駆け引きで、最初の押すとは、どういう行動かを具体例を挙げて説明しましょう。好きな人のプライベートな質問以外に、内面外見両方を褒めるのも「押す」ということです。

特に女性はルックスを褒められて悪い気はしません。安全な褒め方は「センスがいい」「お洒落」などソフトな褒め方で、男女ともに言われて嬉しいのは「魅力的」という言葉です。「素敵」「可愛い」「綺麗」も効果抜群です。

さらに親しくなれば「いい脚してる」「見事な美脚」「スリムでセクシー」など体を褒めるのも強烈な押しの一手です。女性は褒めちぎり作戦に弱いです。

恋の駆け引きで難しいのは「引く」タイミング

恋の駆け引きで難しいのは「引く」タイミング
恋の駆け引きで難しいのは、押すよりも引く時のタイミングです。引くのは勇気が必要です。しかし、ルックスを褒めたり、内面を褒めたりしても恋が進展しない場合は、引く一手が妙手です。将棋同様、恋の駆け引きも次の一手を間違えてはいけません。

人は追われると逃げる習性があります。どれだけ押しても逃げるなら、次は引くことです。例えば好きな女性が「今日も褒められる」と期待しているところへ、朝の挨拶はするものの、1日中待っても話しかけて来なかったら「あれ」と不安になります。

翌日も、次の日も朝のそっけない「おはよう」と帰りの「お疲れ」だけで、余計な会話は一切しないと「何か気に障ること言ったかな」と気になります。そして、嫌われたくない一心で相手から積極的に来た時は、引くのをやめて捕まえます。これが「押して引く」の恋の駆け引きです。

恋愛観を探ることが駆け引き成功の秘訣

「押して引く」という恋の駆け引きに固執するあまり、好きな人の心を奪うという目的を忘れて失敗しない秘訣が、相手の恋愛観を探ることです。男女ともにそれぞれ恋愛観が異なります。マニュアルどおりに行けば誰も恋愛で苦労していません。

好きな人の恋愛観を探る方法は、一般論としての恋愛トークを重ね、さりげなく傾向性を知ることです。例えば「どこからが浮気」という興味を持ちそうな話題を振ります。異性同士の恋愛トークは刺激的で盛り上がるし、恋愛モードになるというプラス面もあります。

押して引くの成功実例

「押して引く」を実際に実行して成功した実例を挙げましょう。しかし、これは駆け引きではなく自然に「押して引く」になったパターンです。二人は同じ職場の同僚で、男性が女性を好きになった場合の成功実例です。

男性は彼女のことが大好きで、休憩時間のたびに会っては親しく会話をしてルックスを褒めちぎりました。彼女も悪い気はしないので親しく会話します。ところがある日、彼女は別の男性と休憩時間にお喋りをしたため、彼女に片想いしている男性は嫉妬で胸を焦がします。男性は激怒し、その後は彼女と一切会話せず、挨拶もしない徹底ぶりです。

彼女は恋人でもない男性に激怒される理由がないので慌てます。急いで男性に電話をかけて怒りの原因を聞き、わだかまりが解けただけでなく、毎日電話する間柄になり、二人は付き合うことになりました。駆け引きではなく本気だったから成功したともいえますが「押して引く」の効果は絶大です。

「押して引く」ときの注意点

「押して引く」ときの注意点
「押して引く」という恋の駆け引きを成功するためにも、注意点を挙げましょう。駆け引きをする以上は、多少の余裕が必要です。好き過ぎて緊張して、好きな人の前で上がってしまい、右足と左足が同時に出てカンガルーのような歩き方になったら駆け引き以前の問題です。特に女性は自信に満ち溢れた男性を好みます。大人の余裕が大事です。

これも実際の話ですが「私下ネタ全然平気だから」と女性が言ったので、鵜呑みにしてきわどい話をしたら、みるみる彼女の顔色が変わり「最低」「軽蔑します」と言われ、男性は慌てました。自分で平気と言ったのに納得がいきません。

下ネタは要注意です。女性が「全然平気」と言っても鵜呑みにせず、露骨な表現は避け、オブラートに包んで話すことが大事です。異性同士でエッチな会話ができる間柄になれば、急速に親しくなるので、エッチな話は高度な駆け引きです。

名前の呼び方と褒め方にも注意

呼び方も重要です。男性は女性に親しい呼び方をされるのは嬉しい場合が多いですが、女性は違います。呼び方も最初は苗字にさん付けから始まり、徐々に名前にさん付けから名前にちゃん付けやニックネームで呼ぶなど、慎重に押すことが大事です。いきなり名前にちゃん付けで嫌われる場合もあるので呼び方は注意が必要です。

押す時の褒め方も、特に女性のルックスを褒める時にセンスがないと、相手は不快に思うだけです。嫌らしくない褒め方が大事です。

彼女が髪を短くしたり、違う色に染めた時にさりげなく「似合う」と褒めるのはポイントが高いです。このタイミングは逃がしたくありません。

ドキドキ・わくわくさせる恋の駆け引き

ドキドキ・わくわくさせる恋の駆け引き
「押して引く」という恋の駆け引きについて具体例を挙げながら詳しく紹介しました。「押して引く」のタイミングが良ければ、好きな人を振り向かせる効果があります。大事なことは親しい関係になってから駆け引きを始めることです。

男女ともにドキドキ・わくわくさせてくれる刺激的な人は、得難い存在です。この記事では、主に男性が片想いの場合の例を挙げましたが、女性が「押して引く」を使えば強力な技になるでしょう。よほどタイプではない場合以外は、男性もイチコロです。

女性に積極的に話しかけられて「もしかして」と期待したところで引くと「何で」と焦って追いかけます。その時胸に飛び込んだら堕ちます。「押して引く」は高度な駆け引きなので、意中の人がいたら実行してみましょう。

ネットで素敵な出会いを見つけてみませんか?

時にはパートナーにうんざりすることも、街ですれちがった素敵な人に惹かれることもあるでしょう。そんな時はネットで素敵な出会いを見つけて刺激的な日々をすごしてみてはいかがでしょうか。

出会い系サイトと聞くと怪しい気がしたり、変な人しかいないのでは?と思う方も多いかも知れませんが、年々SNSやインターネットでの出会いの数が急増し、現代の定番の男女の出会いの場として定着してきつつあります。

しかし当然ながら、運営がしっかりしていないサイトや、ほぼ詐欺のようなサイトが存在するので注意が必要です。
筆者が自信を持っておすすめするワクワクメールは10年以上続く健全な会社が運営していて、素敵な女性や男性がたくさん登録しているので、ぜひ一度つかってみてください。

女性は基本的に無料ですし、男性も無料ポイントだけでも試してみてはいかがでしょうか♪


Related