Search

検索したいワードを入力してください

【必見】好きな人を絶対に惚れさせる秘伝のLINEテクニック!
2018年10月15日

【必見】好きな人を絶対に惚れさせる秘伝のLINEテクニック!

「好きな人」「気になる人」ができたらもちろん、振り向いてもらえることが1番ですよね。でも学校と違い、同じ空間にいたら勝手に仲良くなれるわけではない環境ならば自らアプローチをしなければなりません。少しでもきっかけを作って上手く彼をトリコにしてしまいましょう。

LINEで好きな人に連絡をとろう

スマートフォンが普及した今、電話やメールでなく「LINE」を皆さん使用して連絡を取っていることでしょう。気になる人・好きな人ができたらもちろん連絡を取りたいですよね。

人を振り向かせるためには出会ってから3か月が勝負といわれています。既に面識があるならば、アプローチをかけ始めてから3か月。なぜなら長びかせてしまうと自分に気があるのではないか…という相手の気持ちを冷めさせてしまうためです。

ならば、直接会っていなくても連絡を取れるせっかくの機会、無駄にせず上手く使い、彼を振り向かせましょう。

今回は、LINEにフォーカスしてテクニックを紹介していきます。

好きな人にLINEを送るきっかけを作る

好きな人にLINEを送るきっかけを作る

LINEを知っている場合

既にLINEを持っているけれど、仕事の同僚だから、知っているだけで1度も連絡を取ったことが無いから、などと弱気になっていませんか?せっかく連絡を取れるチャンスがあるのに何もしないのでは、何も始まりません。連絡を取り始めるきっかけは何でもいいんです。

同僚ならお仕事の相談・社内ルールなどの確認、連絡を取ったことが無い相手なら久しぶりだね、覚えてる?などでも大丈夫です。まずはきっかけを作りましょう。そこから日常会話へ持っていき、やり取りを重ねて好きな人に自分のことをどんどん知ってもらいましょう。

毎日LINEをするだけでも、相手の中であなたと毎日やり取りをすることが日常となり、親近感がわくのです。

LINEを知らない場合

LINEを知らない場合
まずは連絡先を手に入れることが大切です。もし共通の知り合いがいるならば、恥ずかしがらずに正直に連絡先を教えてほしいと頼みましょう。

好きな人の連絡先を誰かに聞いて、その旨がほかの人たちに広まるのが怖い場合は何か言い訳を作ってしまい、連絡先を聞くことを正当化しましょう。わざと知らないふりをしてもいいんです。この案件について〇〇さんに直接聞きたいから教えてほしい、〇〇君に連絡取りたいから教えてほしい、と誰かに頼みましょう。

気になるから教えてほしいと正直に言う必要はありません。そして、周りの誰もそこまで気にしていません。張本人の自分は、他の人にこの気持ちを気付かれないかと気を張ることでしょう。しかし、意外と周りのみんなはそこまで気にしていないものです。

自分の未来のために1歩踏み出しましょう。

同じ環境にいない場合

社内や共通の友人がいるならまだしも、駅で見かけるだけ・店員さんだから何もわからない、という方もいらっしゃると思います。その場合、誰かにLINEを教えてもらうこともできません。そうなったらもう、自分で直接聞くしかありません。

しかし、いきなり話しかけても相手は驚いてしまい不信感が生まれてしまいます。そのために、いきなり話しかけるのではなく、

・駅で見かける人ならば同じ車両の近いところにいつも乗るようにする
・店員さんならこまめに通うようにする

など、ゆっくり近づきましょう。少なからずあなたのことを「いつも見かける人だな」という認識になるはずです。そこから話しかければ不信感は少しでも拭えるはずです。

好きな人とLINEをする際の注意点

いざ、LINEを送ろう。

ちょっと待ってください。自分は好きな人にLINEを送るから気分は高まり、伝えたいこと・アピールしたいことがたくさんあるし、とにかく相手とやり取りをしたい、となることでしょう。好きな人がいる女の子あるあるです。

しかし男性は女性と違い、マメではありません。むしろ、LINEなどの文字媒体でわざわざ連絡を取ることは煩わしいと思っている男性が多いことも事実です。日常会話なんてわざわざLINEでしなくてもいいし、相談とかなら電話でいい、と思うわけです。

そこで、いかに好きな人に連絡を取りたいと思わせられるかが勝負のカギです。

嬉しいからってすぐに返事をしない

嬉しいからってすぐに返事をしない
好きな人から返事が来ないかそわそわ。なんども既読がついたか確認してしまい、通知が鳴り好きな人からの返事なら飛び跳ねるほど嬉しいですね。

しかし、そこですぐに返事をしてはいけません。あなたがLINEを送ってから返事が来るまでの時間と同じくらいの間をあけてから送りましょう。そうすることで、好きな人のLINEのペースに合わせることとなり、彼にとっても連絡が邪魔にならず煩わしいから連絡を終わらしたいと思わせないようにします。

自分はもっとたくさんLINEをして好きな人を身近に感じたいと思います。しかし、自分だけが突っ走って彼に煩わしがられては意味がありません。ここはひとつ、ぐっと我慢をしましょう。

好きな人を惚れさせるLINEのテクニック

好きな人を惚れさせるLINEのテクニック
せっかくLINEをしているのに、何もなくだらだらとただやり取りをするだけではもったいないです。ならば、少しでも好きな人の意識をこちらに向けられるように工夫をしましょう。

男性は脳の構造上、とても単純です。女性ならば、下心かな、冗談かな、本気かな、と疑うようなことでも、男性は素直に「この子俺に気があるのかな。」とすぐに思ってしまいます。これを上手く使い、どんどんアピールしてしまいましょう。

自分の殻に閉じこもらない

よく言われているように、日本人は内向的で自分を出したりアピールすることは全然ありません。ましてや、好きな人相手なら、嫌われたくない・引かれたくないという感情が生まれ、さらに内向的になってしまいます。

恋愛において、内向的になっているようでは何も進みません。あなた自身、別に好きでもない男性でもアプローチをされたら少なからず嬉しくないですか?それと同じで男性も女性からアプローチされれば嬉しいものです。ましてや、本能や脳の構造からして女性よりも男性のほうが異性からアプローチされた時の嬉しさは大きいものです。なので、自信をもって自分をアピールしていきましょう。

自分の何かに自信を持つ

自分に自信を持っている女性はとても美しいです。自信といっても、ナルシストとは違います。もちろん容姿に自信を持っているならばとても素晴らしいことですが、女性の美しさは用紙だけではありません。

しぐさ・雰囲気・所作・話し方・言葉遣い・教養・笑顔・色気など、女性特有の長所を伸ばし、そこに自信を持ちましょう。何か1つでも自信があればとても素晴らしいことです。その1点に自信を持ちましょう。

何かに自信を持っていると、おのずと雰囲気や表情などにも表れてきます。もちろん、それは相手にも伝わることです。あなたなら、自信のない暗い人と自信のある明るい人、どちらに惹かれますか?

もちろん後者ですよね。人間は明るく美しいもの・人に引き寄せられます。自信を持つことで、他の行動にも自信を持てます。自分でネガティブにならずに自分を褒めて自分を認めてあげましょう。

やりすぎくらいがちょうどいい

やりすぎくらいがちょうどいい
日本人の感覚を持っている私たちのやりすぎたかな、は世界で見れば当たり前のレベルです。海外ドラマを想像してください。何度も何度もアプローチをしてふられても、さらにアプローチをしています。1度反応が悪かったくらいでひるんでいてはいけません。めげずに何度もアピールをしていきましょう。

遠慮せずに自分の好きなもの・ことを相手に知ってもらいましょう。相手を知るためにはまず自分のことを知ってもらわないといけません。しかし、自分のことを話してばかりで好きな人の中の自分の印象が「自分大好き」になってしまっては意味がありません。自分のことを伝えつつ、相手のことも引き出すのです。

そもそも好きな人へ何をアピールしたらいいのか

まずは相手の好きなこと・ものを聞き出しましょう。そして、自分も同じものに興味があるということで、相手に共通意識を持たせます。このとき、本当に好きでなくてもいいんです。とにかく好きな人に対して、私も同じだよ、という感覚を与えるのです。

しかし、何も知らないことや本当に興味のないことに対して興味があるといってしまえばその後のLINEや会話でぼろが出てしまい、相手からしたらただの口だけ合わせてきただけか、というマイナスのイメージを与えかねません。ネットなどで調べただけの付け焼刃でも同じです。

せっかくのチャンスを無駄にはしない

やりすぎくらいがちょうどいい
知らないことや興味がないことなら、好きな人から直接教えてもらっちゃえばいいのです。自分の好きなことに興味を持ってもらえるということはもちろんうれしいことです。好きな人との共通点も増えるし、LINEのネタにもなります。発展していけば、一緒にでかけて一緒にライブに行ったり買い物に行ったりする機会が生まれる可能性だってあります。

LINEや会話の中の何気ない情報もすべてチャンスに変えていきましょう。好きな人の話し方やLINEの文体を合わせてみたり、よく使う言葉を使ってみたり、同じLINEのスタンプを使ってみたり、チャンスに変えられるものはたくさんあふれています。見落とさずにすべてをキャッチし、どんどん使っていき共通点を増やしていくのです。

攻めるようで攻めない

上記では自分をアピールすることについて述べました。しかし、大切にしていただきたいことは「攻めるようで攻めない」ことです。

たとえば、どこかへ行く約束をするとします。自分から〇〇へ行こうと言うのではなく、相手に「行こう」と言わせることです。そうすることで相手の意識の中に、誘われたからついていくという感覚ではなく、「一緒に行く」意識を与えるのです。

自分から行こうと言って相手が「いいよ」と言っただけなら、好きな人の中での意識は「誘われたから」という受け身のものです。そうではなく、「一緒に行く」意識を持たせることで2人で同じことをする意識を持たせます。

そのため、〇〇行こうではなく、「〇〇行きたいな」という提案をしましょう。

好きな人に安心させない

攻めるようで攻めない
自分からアピールをしたり、LINEでも自分ばかり質問をしていては、相手も追われていることにあぐらをかきます。あぐらをかかせてしまえば、好きな人からのモーションはないに等しいです。だって、自分が努力をしなくてもあなたが必死になってくれているから。

ここでも我慢をしましょう。自分から約束を作ったり、話題を作ったりせず、好きな人に作らせるようにするのです。どうやって相手に作らせるのか。
・〇〇に行きたいと思っていることを伝える
・自分の空いている予定を伝える
上記において大切なのは「さりげなく」伝えることです。普通の会話の中にさらっと混ぜ込むのです。さらっと混ぜ込みますが、スルーされるほどさらっとはいけません。少し含ませた言い方をして、相手の意識をそこにもっていかせるのです。

たまにはLINEの返事を遅くする

好きな人へのLINEの返事はすぐにでもしたくなるもの。上記で、好きな人のLINEの返事の時間に合わせると述べましたが、たまにはあえて何時間も空けてから返事をしてみましょう。

とても我慢が必要です。なんなら、半日ほど空けてもいいかもしれません。これを1週間ほど行ってみてください。毎日・毎回決まった感覚で返事が来ていたのに、突然返事が遅くなり始めたら相手の心の中では「なんで」という感情が生まれます。

なぜなら、すでに彼の中であなたから決まったスパンで返事が来ることが当たり前に、日常になっているからです。すぐにLINEが返ってきていたのに来なくなったということは、少し自分から気持ちが離れてしまったのかもしれない。という気持ちになることでしょう。
1週間ほどしたら、また元のスパンに戻します。彼のなかには、また気持ちが戻ってきた、という気持ちが生まれます。

これを繰り返すことによって、彼の中にあなたに対する独占欲が生まれ、あなたのことを好きなのかもしれないという錯覚が起こります。

そうなればもうあなたの勝ちです。あとは気持ちを伝えるタイミングを見計らいましょう。

好きな人が脈ありかどうかの確認方法

好きな人が脈ありかどうかの確認方法
好きな人に対して、もちろん自分のことをどう思ってくれているか気になりますよね。確認をすることによって今後のアプローチの仕方も変わってきます。そのためにも定期的に確認して計画を練って攻めていきましょう。

また、確認するといっても直接なのか、間接的になのか。自分が聞くのか他の誰かに聞いてもらうのか、いろいろな方法があります。それぞれのパターンを上手く使っていきましょう。

自分で直接聞いてしまう

「私のことどう思ってる?」

直球ストレートに、自分で好きな人に対して直接聞くパターン。結構な勇気がいりますよね。でもその分好きな人への影響力も大きいです。なぜなら、好きじゃない人・興味のない人に対してこんな質問はしません。「俺のこと好きなんだな。」という意識も相手に対して与えることができる一石二鳥の魔法の言葉です。


ポイントなのは、一瞬静かになった間にポツリと聞くことです。普通の会話の流れやテンションで聞いてしまうと効果は半減です。ポツリと聞くことによって相手にドキドキを与えましょう
また、可能ならば直接会って聞きましょう。あなたの恥ずかしそうに聞いている姿をみて、本気なんだということを伝えるのです。表情はいくら演技できても雰囲気まで作ることは難しいです。直接伝えるほうが雰囲気も表情も相手に伝わるため、LINEで伝えるよりも何倍も効果があります。

そして、いい答えだった場合、ここで必ず丸め込んでしまいましょう。上記で述べたように、直接私のことをどう思っているかを聞いたことによって相手の心理的には「俺のこと好きなのか。」という感情が生まれています。「実は私あなたのことが好きです。」と伝えれば彼のテンションはさらに上がり、OKが出る可能性が高まります。

必ずLINEを送りましょう

直接会って聞いたのなら、別れた後に必ずLINEを送りましょう。内容は、その質問について必ず触れます。いい答えだったとしても悪い答えだったとしてもです。

いい内容ならば、「あなたと同じ気持ちでとてもうれしい」という内容を送りましょう。ここでも共通意識をアピールすることで、彼のテンションをさらに上げます。

もし悪い内容(友達としか見ていないなど)だったならば、いつか私のことを好きになってもらえるように頑張るね、と攻めましょう。はっきりとアピールされて気にならないわけがありません。今後、少なからず彼はあなたのことを意識するでしょう。
また、LINEで送ることにより文章のデータが残ります。あとから何度でも見返すことができるため、もし彼の気持ちに動きがあった場合そのあなたの気持ちを記した文章を読むことでさらに動きやすくなることでしょう。

目に見える形であなたの気持ちを残しておくことも重要です。

テクニックに気持ちを乗せることが大切

テクニックに気持ちを乗せることが大切
ここまで様々なテクニックをご紹介してきましたが、すべてに共通することは「気持ち」です。テクニックだけで攻めても相手に本気度は伝わりません。テクニックに気持ちを乗せることで相手の心に響くようになるのです。

もしまだ好きという気持ちが無くて気になっているレベルでも、「私はあなたのことを気になっていますよ。」という雰囲気を出して気持ちを乗せてテクニックを使用することで相手に伝わりやすくなります。

また、アピールをされても「この人本気かな。」「遊びじゃないかな。」と不安になることはありませんか?男性も同じです。その不安を払い自分の本気度を伝えるためにも、気持ちを乗せることはとても重要なのです。

好きな人・気になる人には振り向いてほしいですよね。テクニックも大切ですが、恥ずかしがらず・プライドにこだわらす・怖がらず、自分の気持ちを正直にぶつけましょう。伝えましょう。

それが、1番のテクニックです。

ネットで素敵な出会いを見つけてみませんか?

時にはパートナーにうんざりすることも、街ですれちがった素敵な人に惹かれることもあるでしょう。そんな時はネットで素敵な出会いを見つけて刺激的な日々をすごしてみてはいかがでしょうか。

出会い系サイトと聞くと怪しい気がしたり、変な人しかいないのでは?と思う方も多いかも知れませんが、年々SNSやインターネットでの出会いの数が急増し、現代の定番の男女の出会いの場として定着してきつつあります。

しかし当然ながら、運営がしっかりしていないサイトや、ほぼ詐欺のようなサイトが存在するので注意が必要です。
筆者が自信を持っておすすめするワクワクメールは10年以上続く健全な会社が運営していて、素敵な女性や男性がたくさん登録しているので、ぜひ一度つかってみてください。

女性は基本的に無料ですし、男性も無料ポイントだけでも試してみてはいかがでしょうか♪


Related