Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月05日

カップルや好きな人と「LINEの会話」を続けるコツとは!?

大好きな彼との楽しい時間の一つである「LINE会話」。でも緊張してしまって思うように続かない。逆にLINEをゲットした時はあんなに盛り上がった彼との会話も、今となっては途絶えてしまいがちに。そんなあなたにこそ読んでほしいLINE会話が盛り上がる秘訣教えます!

カップルや好きな人と「LINEの会話」を続けるコツとは!?

LINEでの会話はお互いを知るための大事な手段

カップルや好きな人と「LINEの会話」を続けるコツとは!?
彼や好きな人にLINEを送るとき、内容や送り方に悩んだ経験のある方も多いのではないでしょうか。スマホで連絡を取るのが当たり前となった今、LINEでスムーズにコミュニケーションを取れるかどうかはお互いにとって非常に重要なポイントとなります。

今回はLINEで円滑に楽しく会話するためにはどのようなポイントがあるかを見ていきます。LINEでの最初の1通目に送る内容に迷ったり、会話をうまく続けられず悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

LINEでの会話の始め方

カップルや好きな人と「LINEの会話」を続けるコツとは!?
どなたでも一度は、好きな人や付き合いたての彼とのLINEでの会話に悩んだことがあるのではないでしょうか。特に自分からLINEで会話を始める場合、その最初の一言は重要です。

LINEでの会話の始め方に悩んだ場合は、次のことに注意して送る文章を考えるとよいでしょう。
  • 1~3行程度の短さにする
  • 答えやすい質問を1つだけ入れる
  • 簡潔な内容で、自分の気持ちなどは入れない
LINEの始めの1通は、相手が返信しやすいことが何よりも大切です。できる限り「短く」「1つの質問を」「簡潔に」送るのが、相手にとって負担がなく気楽に返信できる内容になるでしょう。

たとえば、「今週末空いてる?」「この前言ってた〇〇っていつだっけ?」「明日は仕事何時に終わりそう?」など、特定の質問を1つだけ送ると、相手もパッと答えられるので、返信がなかなか来ないということを避けられます。

この1文だけではそっけなさすぎると感じる方は、後ろに、または続けて一言添えて送ってもよいでしょう。

「今週末空いてる?○○ってお店が気になってるんだけど行かない?」というように少し説明を加えてもよいですが、「○○ってお店がーーにあって△△ちゃんにお勧めされて、@@がおいしいらしくて~」と長々と説明しすぎるのはNGです。

LINEを続けるためには最初の一言を簡潔にし、それから徐々に話を広げていくのがベストだからです。

LINEで会話を続けるコツ

カップルや好きな人と「LINEの会話」を続けるコツとは!?
最初の1通目に質問に対して返事が返ってきたからと言って気を抜いてはいけません。そこからどうやってLINEでの会話を続けるか、を考えていきましょう。

長文を2~3通送り合うよりも、短いLINEを長時間にわたって続ける方が、相手の印象に残りやすく、会話しやすい相手と捉えられます。そのため2通目以降も、基本は同じです。「短く」「返信しやすく」「簡潔な」LINEを心がけて会話を続けるようにしましょう。

LINEを続けるコツ①質問を送る

LINE無精な男性は意外と多いものです。自分から会話を考えるのが苦手で、何と返信するか考えているうちに返信を忘れてしまうケースも少なくありません。そんな男性の特徴を理解したうえで、1通目以降も、関連する新たな質問を引き続き送ることができるとよいでしょう。

例えば、「週末空いてる?」と誘った場合、「空いている」と言われれば、行きたい場所について話を広げることができますし、たとえ「空いてない」と言われたとしても、「週末っていつも何してるの?」など「週末」というキーワードから新しい話題に誘い込むことも、会話を続けるための一つの手段です。

LINEを続けるコツ②写真を送る

カップルや好きな人と「LINEの会話」を続けるコツとは!?
少し会話を続けることができるようになってきて、LINEが途絶えにくくなってきたら、質問以外の気軽な会話をしてみてもよいでしょう。例えば、今日行った場所や食べたごはん、びっくりした場面などの写真を送るというのも新しい会話を引き出す秘訣です。

ごはんの写真を送り、「○○で食べた△△がおいしかった」というようなシンプルな内容から、「今度一緒に行こう」や「あっちのお店もおいしいよ」など、会う予定につなげることができれば成功と言っても過言ではないでしょう。

ただし、あまりLINEを長く続けたことがない相手に対して、急に写真や個人的な感想を送りつけるのは相手を困惑させるだけですので、状況をみて送るようにしてください。

LINEを続けるコツ③相手のことを聞き出す

LINEでの会話を続けるには、自分のことばかりをしゃべり過ぎないことも重要になります。自分の趣味や情報を一つ話した場合は、相手からの同じだけの情報を引き出すような会話づくりを心がけましょう。

自分のことをさらけ出し過ぎることは、相手に興味を失わせることにもつながりかねません。「私の好きなのは~」「私は週末は~」と自分の話をするよりも、相手の話を深く掘り下げて聞いたり、気になることを尋ねたりして、相手の情報を得ることに重点を置いてみてください。

自分のことを話し過ぎないことで、相手から「あの子のことをよく知らないから直接会って話してみよう」と思わせることができれば、相手積極的にあなたとのLINEを続けるモチベーションにもつながるでしょう。

LINEを続けるコツ④深く考えすぎない

LINEでの会話を続けるうちに、返信がなかったり、返信がそっけなかったりすると、不安になってしまいがちです。

しかし、LINEでの会話を続けるのが得意でない男性もたくさんいますので、そこで一喜一憂してしまうのはもったいありません。

あなたが不安な気持ちのままでは、LINEでの会話を続けるのも難しくなってしまいます。返信の内容ひとつで深く悩まず、「こういう返信の仕方をする男性なんだ」「LINEをあんまり使わない人なんだ」とポジティブに考えてみることで、自分の不安を解消しましょう。

LINEの会話で盛り上がる話題

カップルや好きな人と「LINEの会話」を続けるコツとは!?
LINEでの会話を続ける際に何よりも大事なのは、どんな話題を用意するかです。相手があまり興味のない話題や、発言しづらい話題を選んでしまうと、LINEでの会話を続けるのは難しくなってしまいます。

では、相手にとって話しやすい、盛り上がりやすい話題とはどのようなものがあるでしょうか。

相手の趣味や好きなこと

カップルや好きな人と「LINEの会話」を続けるコツとは!?
まだ彼のことをよく知らない場合は、彼の趣味や好きなことを探りましょう。そしてそれが判明したら、その趣味についていろんな角度から質問をしてみることで会話を続けるのが良いでしょう。

例えば彼の趣味が「映画鑑賞」だったとすると、好きな映画や、好きなジャンルを聞くことはもちろん、「映画館にはよく行くのか」「映画は1人で見る派なのか」など、相手のライフスタイルにも重ね合わせながら質問はいくらでも考えられます。

また、自分があまり知らない分野の趣味であった場合でも、「知らない=質問のチャンスが多い」と捉えて、その分野について知らないことをどんどん聞いてみましょう。彼も自分の好きなことについては喜んで答えてくれるはずです。

仕事やライフスタイルの話

カップルや好きな人と「LINEの会話」を続けるコツとは!?
最近では、仕事が忙しかったりして、趣味もあまりないという男性も少なくありません。そんな男性には仕事や普段の生活について聞いてみるのもよいでしょう。

仕事にプライドのある方や、仕事が好きな方は、その職種や仕事内容についても、話せる範囲で教えてくれるはずです。「なぜその職種を選んだのか」や、「小さい頃は何になりたかったのか」などを聞いてみることで、彼の本質が見えてくることもあります。

また、「自炊をするのか」や「家にいるのが好きか」など普段の生活についての質問も話題を広げやすいテーマのひとつでしょう。このように相手の情報を得られる会話を続けることはあなたにとっても相手を知るうえでとても有意義です。

共通の友人の話

仕事や趣味など、相手のことを知るための話題が少なくなってきて、会話を続けるのに困った場合は、最終手段として共通の友人の話をするのも悪くはありません。

共通の友人の話題を持ち出すことで、相手が普段、友人に対してどう接しているのかなど、友人間での彼のポジションなどを感じることができるというメリットもあります。

しかし、これはあくまでも時間稼ぎの話題に過ぎず、「会話を続ける」ことはできますが、有意義ではありません。話の内容によっては他人のうわさ話になってしまうこともあるため、注意が必要です。

噂話をする女性が苦手な男性は多いですので、友人の話になってもうわさや悪口などは決して口に出さないようにしてください。

LINEの会話を続けてもウザがられないためには

カップルや好きな人と「LINEの会話」を続けるコツとは!?

長文を避ける

LINEでの会話を続ける中で、一番面倒だと感じられてしまうのが、長文のLINEです。長々と自分の気持ちや中身のないことを送っても、相手は返信に困ってしまうだけです。そうした長い話は、細かく分けて少しずつ話すようにするか、直接会ったときのために取っておきましょう。

返信がなくても何度も続けて送らない

カップルや好きな人と「LINEの会話」を続けるコツとは!?
返信がなかったり既読がつかないことを心配して、自分から送り続けるのもよくありません。既読がつかなくても、返信がなくても相手は読んでいる可能性がありますし、何と返信するか考えている最中ということも考えられます。

LINE無精な男性によっては何と返信すればよいかを何日も考えてしまうケースも少なくありません。返信が来ないのに、送り続けることで、「面倒な女性」と認定されかねませんので要注意です。

すぐに返信をしすぎない

LINEでの会話がはずんでいる場合は、返信テンポの良さも重要です。しかし、彼からの連絡をいつ何時でも待ちすぎて、連絡が来たらいつでもすぐ返信してしまうというのは考えもの。

ご存知の方も多いでしょうが、恋の駆け引きに使われる有名な手段の一つに、「返信をすぐにしない」というのがあります。返信をすぐする女性は「扱いやすい」と思われがちです。扱いやすいというのは、「返事をしばらく怠っても自分のことを好きでいてくれる楽ちんな女」ということです。

会話を続けるためには、自分のターンが来たら、すぐに返したい気持ちを抑えて、相手と同じくらいの時間を空けて返してみるなどの作戦も有効に活用してみましょう。

スタンプは場面に合わせて

スタンプは会話の内容や状況に合ったものを1つ送る程度に留めましょう。適材適所なスタンプの使用は、迷惑になることはなくむしろ高評価です。

しかし意味のないLINEのスタンプをたくさん送ってこられると、通知画面もそれでいっぱいになってしまい、肝心の文章を読み飛ばしてしまいかねません。あくまでも重要なのは文章そのもの。LINEでの会話を続けるためにはスタンプに頼りすぎないことにも注意してみましょう。

LINEでの会話は最終目的ではない

カップルや好きな人と「LINEの会話」を続けるコツとは!?
LINEでの会話を続けるためのテクニックをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

もちろんLINEで会話を続けるのは大切なことですが、LINEはあくまでも相手と連絡を取る1つの手段であり、文章のみで会話しているにすぎません。相手の声も聞こえなければ、顔も見えない中で、相手の感情を読み取るのは至難の業です。

仲を深めたいと考えている相手とのLINEの会話の内容や返信の有無に一喜一憂せず、あくまでも「会う約束をするための手段」として捉えておくと気が楽になるはずです。

最終的には直接会って顔を見て話すことが大切であることを忘れず、LINEでの会話を楽しんで続けることができるようになるとよいでしょう。

Related