Search

検索したいワードを入力してください

結婚相手の決断で迷ったら「彼氏・彼女の嫌なところが気になる…」
2019年02月23日

結婚相手の決断で迷ったら「彼氏・彼女の嫌なところが気になる…」

いざ結婚が決まったものの、急に彼氏・彼女の嫌な部分が目についたり「本当にこの人でいいの?」と迷ってしまう人も多いのでは?の記事では結婚をやめるべきかどうかの指標をご紹介しているので、結婚に迷ってしまった時はぜひご覧ください!

結婚相手を決断するのって迷いますよね…

結婚相手を決断するのって迷いますよね…
突然ですが、みなさんは日本人夫婦の3組に1組が離婚するということをご存知ですか?結婚は人生を大きく左右します。だからこそ、離婚をせずにいつまでも一緒に添い遂げられる人を選びたいものですよね。

でも、結婚相手を決断するのは意外と難しいもの。今の彼氏彼女とこのまま結婚してもいいのか、それともやめるべきか迷っているという方もけっこう多いのでは?

「婚約してから急に彼氏彼女の嫌な部分が気になるようになった」「結婚をやめようか迷っている」という方のために、この記事では失敗しない結婚相手選びの秘訣を徹底解説していくので、ぜひご覧ください!

結婚を迷っていた体験談

結婚を迷っていた体験談
プロポーズを受けて幸せの絶頂にいたはずなのに、具体的に結婚の話を進めていく中で「本当にこのまま結婚してもいいのかな」と不安や迷いを感じる女性も多いですよね。

ここではまず、婚約中の彼氏彼女との結婚に迷ってしまったという体験談をご紹介していきます。今マリッジブルーにかかっている方はきっと共感するはず!

実は他に気になる男性が…

結婚が決まり幸せだったのですが…。先日、友人の結婚式二次会の幹事をしたのですがその幹事仲間が気になってしまいました。

話を上手くまとめたり、笑いに変えて和ませたりと尊敬出来る所が多く、彼に興味が湧きもっと知りたいと思ってしまいました。元々、女子校育ちの女社会で働いている為普段は男性に接する事も少なく、婚約者以外の男性に興味を持ったのが初めてなので果たしてこれが恋愛感情なのかも分からないのです。

物凄い罪悪感ですが、気持ちはコントロール出来ないので困っています。

出典: https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/1116/364335.htm |
この体験談のように、婚約中に他の男性に目移りしてしまったという女性も意外と多いのでは?彼氏のことを愛しているはずなのに他の男性のことも好きになってしまうと、罪悪感にさいなまれてしまいますよね。

頭ではこのまま彼氏と結婚すべきだと分かっているけれど、自分の気持ちをコントロールできずに、ジレンマに陥ってしまいます。

初めて付き合った人で…

初めて付き合った人で…

彼氏がいるんですが、もっと他の男と遊びたいと思ってしまいます。

彼氏に不満はありません。この人と結婚したら平和な毎日が送れそうと考える事は何度もあります。
だから彼を手放す事はしたくないです。
しかし、まだ私は学生で恋愛経験が少なく、これから先色んな恋愛をしたいという気持ちがあります。

こんな気持ちがあればそのうち浮気や二股しちゃうんじゃないかと自分で自分が怖いです…

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |
「初めて付き合った人と結婚するなんて一途で純愛!」と思われがちですが、当の本人はその恋愛経験の少なさにコンプレックスを感じ、「もっと別の人とも経験してみたい」という願望を抱いていることも…。

この女性のように、彼が好きで結婚したいけれど、もっと他の人との恋愛もしてみたいという葛藤で、結婚を迷ってしまうというケースもよくあるんです。

相手との将来が見えなくて迷う…


結婚が決まると、新居や結婚式の準備などに追われて忙しくなりますよね。彼氏彼女が結婚の準備に協力的でなく、将来のことを真剣に考えてくれていないと感じると相手に嫌気がさしてしまいます。

また、「この人とこのまま結婚して大丈夫だろうか」と不安になって結婚を迷ってしまうでしょう。

借金が発覚して嫌気がさした

借金が発覚して嫌気がさした

結婚を迷った理由として多いのが、結婚目前で彼氏彼女の借金が発覚したということです。結婚の準備を進めていく中で、相手に多額の借金があることがわかれば、誰しも結婚を迷ってしまいますよね。

結婚するということは、生計をともにするということ。奨学金の支払いが残っているだけならばまだ許容範囲ですが、浪費が原因の借金ならば、結婚相手として受け入れられないという方も多いのではないでしょうか。

相手の過去を知って嫌になってしまった…

相手の過去を知って嫌になってしまった…

私は現在27歳男でサラリーマンをしています。現在付き合って8か月の女性(28歳)がいます。彼女とは仕事の取引先で出会い付き合うことになりました。まだ8か月ですが、年齢も年齢ですので結婚も考えて真剣に付き合っています。

先日、一緒にテレビを見ていて内容から不倫の話になり、私が「こんなの考えられないよね」って話を振ったところ、彼女が「お互いが真剣なら不倫でも間違いじゃない」との返答で驚いてしまいました。私が反論したところ、彼女も3,4年前既婚者と付き合っていたことを白状しました(既婚者とは知っていたようです)。期間や、相手のことなど詳しいことは聞きませんでしたが(驚いて聞けませんでした)、私があまりにも驚いて、言葉を失ってしまったところ気分を悪くして帰ってしまいました。

それ以来、会いはするものの何か自分の中で引っ掛かってしまい、微妙にぎくしゃくしていました。

出典: https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0325/650047.htm |
知りたくもなかった彼氏彼女の過去を知ってしまったことで、結婚をやめようかと迷ってしまったという人も少なくありません。婚約者の女性が昔不倫をしていたことや風俗店に勤めていたことを知り、嫌悪感をもってしまったという男性も多いんです。

大好きな婚約者が元風俗嬢だったと告白してきました。頭が真っ白になりました。美人で性格も、良く100年に一度の出会いだと思ってました。
自分は、受け入れようと一度は思いましたが、将来子どもが風俗嬢の子どもでは、いじめにあったりするんじゃないかと思ったりもします。どうしたらいいでしょう?

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |

「決断できない!」結婚に迷いがでる理由は?

「決断できない!」結婚に迷いがでる理由は?
長く付き合っているのに、彼氏彼女がなかなか結婚に踏み切ってくれないとお悩みの方も多いことでしょう。

そんな彼氏彼女に結婚をしてもらうためには、相手がどのような理由で結婚を嫌だと感じているのか、あるいは迷いを感じているのかをしっかりと理解し、その理由を解消してあげることが大切なんです。

ここからは結婚に迷いがでる主な理由をご紹介していくので、ぜひチェックしてみてくださいね!

結婚には費用がかかる

結婚には費用がかかる
結婚とは、単に結婚届を出して終わりというものではありません。結婚式を挙げて新婚旅行に出かけたり、二人で住む新居を探したりと、何かとお金がかかるのです。

だからこそ年収が低い男性は、愛する彼女がいたとしても「結婚をするためのお金がない」と結婚を迷ってしまうんですよね。

結婚相手の年収が低くて嫌だ

結婚相手の年収が低いからということも、結婚を迷ってしまう理由のひとつです。特に女性は、結婚相手の年収を気にする人が多いですよね。

いくら素敵な彼氏であっても、年収が低いと結婚しても自分が望むような生活ができないと感じ、結婚に迷ってしまうでしょう。

結婚相手の性格が合わない部分がある

結婚相手の性格が合わない部分がある
結婚するということは、一生をともにするということ。だからこそ、結婚相手の性格が合わない部分があると、「結婚して一緒に暮らすのは嫌だ」と感じてしまいますよね。

「彼氏彼女としてはよくても、結婚相手となるとちょっと違う」と、相手との性格の不一致に違和感を覚えて結婚を迷う人も多いんです。

結婚相手のことが好きかどうか分からなくなった

結婚を迷う理由として、相手のことが好きかどうか分からなくなってしまったということも挙げられます。これは、ずるずると同棲を続けて長い春を迎えたカップルによくありがちなパターンです。

このようなカップルは、なんとなく流れで婚約したものの、いざ入籍の日が近づくと「惰性で関係を続けてしまっているだけでは?」と急に不安を感じ、結婚を迷ってしまうでしょう。

離婚するのが大変で結婚が嫌だ

離婚するのが大変で結婚が嫌だ
今や、結婚した夫婦の3組に1組が離婚している時代です。果たして「絶対に離婚しない!」と断言できる人はどれほどいるのでしょうか?

特に親が離婚をしていたりバツイチの友人がいる人だと、結婚に夢を見ることができなくなりますよね。離婚経験者が身近にいる人ほど、「離婚するのが大変そうだから結婚は嫌だ」と考えがちです。

生活リズムが合わないから結婚は嫌

婚約をして同棲をスタートしたのはいいものの、相手と生活リズムが合わず、お互いの妥協点が見つからないことにストレスを感じているという人もいるのでは?心から愛する相手であっても、全く生活リズムが合わないと一緒に暮らすのを嫌だと感じてしまいますよね。

結婚相手の家事能力に不安がある

結婚相手の家事能力に不安がある
「結婚=同じ家で暮らす」ということですので、結婚相手が全く家事をしないと、結婚生活に不安を感じてしまいますよね。パートナーが料理も掃除も全くしないという場合には、彼氏彼女として付き合う分にはいいけれど、結婚となると迷ってしまうことでしょう。

まだ独身を謳歌したいから結婚は嫌

付き合っている彼氏彼女のことが本当に好きだったとしても、「もう少し遊んでたい」「まだ独身を謳歌したい」という理由で、結婚を迷う人も多いことでしょう。若ければ若いほど、このような理由で結婚をためらう人が増えます。

「もっといい人がいるのでは?」と思ってしまう

「もっといい人がいるのでは?」と思ってしまう
女性によくあるパターンですが、いざプロポーズを受けて念願の婚約にまで至ったものの、急に「もっと他にいい男性がいるのでは?」と感じてしまうことも結婚を迷う定番の理由です。

幸せだったのは婚約直後だけで、結婚のための具体的な準備を進めていくうちに彼の嫌なところが目につくようになり、他の異性に目移りしてしまうこともよくあります。

結婚相手の人生に責任をもてるか不安

結婚相手の人生に責任をもてるか不安
男性は少なからず、結婚相手の人生に責任をもてるか不安という理由で結婚に迷い、マリッジブルーになります。

真面目で責任感が強ければ強いほど、「今の自分に彼女を幸せにしてあげられるだけの力はない」と自己嫌悪に陥ってしまうのです。

「迷わずやめよう」結婚相手の嫌なところ

「迷わずやめよう」結婚相手の嫌なところ
結婚は幸せになるためのスタート地点であって、決してゴールではありません。彼氏彼女の嫌な部分に目をつぶって結婚したとしても、それに耐えられなくなって離婚を選択せざるを得なくなるケースもままあります。

ここからは迷わず結婚をやめるべき結婚相手の嫌なところを詳しくご紹介していくので、結婚で不幸にならないためにもぜひチェックしてみてくださいね!

結婚相手に借金がある

結婚相手に借金がある
迷わず結婚をやめるべき結婚相手の嫌な部分としてまず挙げられるのが、借金があるということ。

借金があるというのは、浪費癖があり将来設計ができていないことの印。健全な金銭感覚があり、自分の収入に見合った生活ができていれば、そもそも借金なんてできないのです。

借金癖はなかなか直りません。お金にだらしない彼氏彼女と結婚したら、金銭的に苦労させられること間違いなしです!

結婚相手の酒癖が悪い

結婚相手の酒癖が悪い
結婚相手の酒癖が悪い場合も、迷わずに結婚をやめましょう。借金癖と同様に、酒癖を直すのはほぼ不可能なんです。

今は酒癖の悪い彼氏彼女に耐えられたとしても、結婚生活を続けていく中で必ず限界を感じる時がくるはず。機嫌が悪い時にお酒を飲んでは、あなただけではなく将来生まれてくる子どもにまで手を出すかもしれません。

結婚相手の年収が低い

迷わず結婚をやめたい結婚相手の嫌な部分として、年収が低いということも挙げられるでしょう。特に女性の場合には、結婚相手の年収は大切です。

共働きを選択したとしても、妊娠中や出産後、育児中はどうしても女性側の収入が不安定になってしまうので、年収が低い男性と結婚すると生活が成り立たなくなってしまうでしょう。

「愛があればお金なんてなくても幸せになれる」というのは、夢物語です。生活がカツカツだと心にゆとりもなくなり、結婚相手に対する愛情も薄れて、むしろ嫌悪感を抱いてしまうはず。

結婚相手が異性関係にだらしない

結婚相手が異性関係にだらしない
彼氏彼女が異性関係にだらしない場合は、絶対に結婚をしてはいけません。浮気をする人間は、結婚しても必ずそれを繰り返します。異性にだらしないこと以外に嫌な部分がなかったとしても、そんな相手と結婚したところで幸せにはなれないのです。

結婚相手に転職癖がある

結婚相手に転職癖がある
相手に転職癖があるという場合も、迷わずに結婚をやめたほうがよいでしょう。コロコロ仕事を変える人は総じてだらしなく、社会でやっていくことのできない社会不適合者である可能性があるからです。

仕事をやめてもすぐに次の仕事が見つかるのは、せいぜい20代まで。30歳を超えると転職先も見つからなくなるでしょう。そんな相手と結婚したらお先真っ暗で苦労することが目に見えています。

結婚相手がモラハラである

結婚相手がモラハラである
迷わず結婚をやめるべき相手の嫌なところとして、モラハラであるということも挙げられるでしょう。機嫌が悪くなると途端に口が悪くなったり、あなたのことを否定ばかりする彼氏彼女は「地雷」です。

そんな彼氏彼女と結婚すれば、結婚相手としての甘えが出てくるので、余計に言葉の暴力がエスカレートしてしまうに違いありません。

「迷うなら妥協したい…」結婚相手の嫌なところ

「迷うなら妥協したい…」結婚相手の嫌なところ
絶対に結婚してはいけない結婚相手の嫌な部分についてご紹介してきました。このように目をつぶることのできないほどの嫌な部分ならば話は別ですが、人間誰しも欠点があるものですよね。

長く付き合えば付き合うほど、相手の良いところも嫌なところも見えてくるもの。ちょっと嫌なところがあったからと言って、それを理由に破談にしてしまってはいつまでたっても結婚できません。

ここからは、迷うならば妥協したい結婚相手の嫌なところを見ていきましょう!

結婚相手が転勤族

結婚相手が転勤族
結婚相手が転勤族であることが嫌で、結婚を迷っているという女性も少なくないことでしょう。

確かに定期的に引っ越しを余儀なくされる相手と結婚するのはストレスが溜まることかもしれませんが、それ以外に嫌な部分がないのならば十分に幸せな結婚生活を営めるはず。

結婚後の生活について相手とよく話し合い、納得できれば結婚してもよいのではないでしょうか?

結婚相手が家事が苦手

結婚相手が家事が苦手
家事が苦手なところが嫌という理由で、彼氏彼女との結婚をやめるのはもったいないことです。今は家事ができなかったとしても、頑張れば料理も洗濯も掃除も人並みにできるようになるんです!

家事を嫌がって家のことを全て放棄する相手ならば話は別ですが、本人に努力する気があるならば、妥協して結婚したほうがよいでしょう。そもそも、結婚相手は家政婦ではありません。相手が家事が苦手ならば、そこをあなたが補ってあげればいいだけですよ。

結婚相手が義両親との同居を望んでいる

結婚相手が義両親との同居を望んでいる
夫婦二人だけで新婚生活を送りたい、と考えている方がほとんどですよね。でも、義両親との同居を結婚相手に求められることもあるでしょう。姑との確執に悩む女性も少なくありませんが、よっぽど義両親が嫌な人でもない限り、そこは妥協してみてもよいのでは?

同居をすれば、義両親から金銭的に援助してもらうこともできるので、年収の低いパートナーに不安がある場合は受け入れたほうがいいでしょう。

一緒にいてドキドキしない

一緒にいてドキドキしない
長く付き合った彼氏彼女だと、異性としてのときめきを感じなくなってしまうものですよね。でも、一緒にいてドキドキしないことが嫌で結婚をやめてしまうのはとてももったいないこと。

たとえときめきが止まらない相手と結婚したとしても、一緒に生活をしていくうちに異性としてのドキドキ感は薄れ、自然と家族としての愛情や絆が強まっていくものなんです。

幸せな結婚生活には、刺激やときめきよりも、一緒にいて安心できることのほうが大切です!

体の相性がよくない

体の相性がよくない
体の相性がよくないと結婚に迷ってしまいますよね。ですが、お互い時間をかけてきちんとコミュニケーションをとっていけば、体の相性は改善可能なんです。

彼氏彼女にもっと自分の要望をリクエストしてみたり、いつもとは違ったシチュエーションにトライしてみるなど試行錯誤を繰り返していけば、しっくり感じる時がきっと来るはず。

もしも性生活以外で特に嫌なところがないのならば、そこは妥協して結婚してもいいのかもしれません。

「迷わず結婚決断!」結婚相手の嫌なところ

「迷わず結婚決断!」結婚相手の嫌なところ
誰しも結婚前になると、多少なりともマリッジブルーになるもの。ちょっとぐらい相手の嫌なところが目についたからと言って結婚をやめれば、後になって「あの時結婚しておけばよかった」と後悔するはずです。

そこでここからは、「これくらいならば迷わず結婚すべき!」という結婚相手の嫌なところをご紹介していきます。

彼氏がちょっとマザコン

度を越したマザコンはNGですが、男性は多かれ少なかれ母親が好きな生き物。彼氏がちょっとぐらいマザコンであっても、二人の結婚生活に特に支障がないのであれば目をつぶってあげたほうがよいでしょう。

ただし、何でもかんでも母親に決めてもらわないと自分では一つも決断ができないようなマザコン彼氏は、速攻で結婚をやめるべきです。

彼氏が大企業勤めじゃない

彼氏が大企業勤めじゃない
大企業に勤める夫をもつと鼻が高くなりますよね。でも、安定した収入があり、きちんと仕事をしている彼氏ならば、大企業勤めでなくても結婚すべきです。

結婚相手で大切なことは、人に自慢できる条件を相手が満たしているかどうかではなく、一緒にいて、幸せな安定した結婚生活が営めるかどうかということなんです。転職癖もなく、きちんと真面目に働いてくれる彼氏との結婚に迷う必要はありません。

結婚相手の親が若干苦手

結婚相手の親が若干苦手
結婚相手の親が若干苦手であっても、嫁いびりをするような意地悪な人でもない限り、迷わず結婚をしたほうがよいでしょう。

結婚するということは相手の親とも付き合っていかなければいけないということですが、同居でもしない限り、ほどよい距離感を保って接することは可能です。相手の親と当たり障りのない関係を築ければ、きっと幸せな結婚生活を送ることができるでしょう。

彼氏の身長が低い

彼氏の身長が低いのが嫌という理由で結婚を迷うのはもったいなさすぎます。身長が低い男性はそのコンプレックスを補おうと学業や仕事に打ち込み、出世しやすい傾向にあるんです。

また身長が高い男性と比べると、身長が低い男性は良くも悪くもモテにくいので、結婚後に浮気をされる確率がぐんと減るでしょう。たとえあなたよりも身長が低い彼氏だったとしても、真面目に働いて浮気もしない誠実な男性であるならば、結婚しないと損です。

確かに身長の高い男性は素敵ですが、身長が低いところ以外に嫌な部分がないのであれば、それくらいは妥協してもいいのでは?

彼氏がイケメンじゃない

彼氏がイケメンじゃない
マリッジブルーになると、彼氏がイケメンでないことに今さらながら嫌気がさして、つい他のイケメンに目移りしてしまいがちですよね。

でも、結婚相手は顔ではなく中身が大切なんです。それに、年を重ねれば誰でも容姿は衰えていくもの。顔がいいかどうかという表面的なものではなく、あなたのことを大切にしてくれるか、一緒にいて幸せを感じるかという内面的なものを重視しましょう。

結婚に迷いが出たときの対処法

結婚に迷いが出たときの対処法
結婚が決まった直後は幸福感に包まれていても、時間がたてばたつほど結婚に対して不安や迷いを感じてしまうという人も少なくないでしょう。そんな時、どうすればよいのでしょうか?

ここからは結婚に迷いが出た時の対処法をご紹介しているので、マリッジブルーになった時にぜひ参考にしてみてくださいね!

しっかり話し合う

しっかり話し合う
まずは二人でしっかりと話し合うということが大切。相手と向き合ってきちんと話し合うことで、不安や迷いも解消することができるはずです。

もしも相手の嫌なところがあるのであれば、それをやんわりと伝えるとよいでしょう。「気分を害するのでは?」と相手の嫌な部分を黙っていても、事態は改善しません。お互いに腹を割って話し合うことができれば、結婚してもきっとよい夫婦関係を築くことができるはずです!

第三者に意見を

第三者に意見を
どうしても結婚に迷ってしまった時は、第三者に意見を求めてみてはどうでしょうか?結婚生活の先輩である両親や既婚の友人に相談すれば、建設的なアドバイスをくれるはず。

また、既婚者に「私も結婚前に迷ったことがあったよ」と、あなたが抱えるモヤモヤ感や迷いに共感してもらえれば、きっと心が軽くなることでしょう。

カップルカウンセリングを受ける

カップルカウンセリングを受けるというのも、結婚に迷った時におすすめの対処法です。日本ではまだなじみのないものかもしれませんが、欧米ではお互いの関係を見直して改善するために、カップルカウンセリングを受けるのはごく一般的なことなんです。

最近では日本でもカップルカウンセリングが受けられる専門機関が増えてきているので、二人での話し合いが上手くいかない時には試してみてはどうでしょうか?

付き合いたての頃の気持ちを思い出す

付き合いたての頃の気持ちを思い出す
結婚が決まると、結婚式の準備や新居探しでバタバタと忙しくなりますよね。そうなると心の余裕がなくなり、相手の嫌な部分が目について結婚をやめたいと感じてしまうことも。

そんな時はぜひ、付き合いたての頃の気持ちを思い出すようにしてみてください。相手のどのようなところが好きになったのか、どうして自分は相手と結婚しようと思ったのかを思い出せば、結婚への迷いが晴れますよ。

一度距離を置いてみる

相手の嫌な部分ばかり目について結婚に迷ってしまった時は、思い切って彼氏彼女と距離を置いてみるというのも一つの手です。一度距離を置くことで冷静になって結婚について考える機会がもてますし、相手と離れることではじめてその大切さに気づくこともできるでしょう。

結婚に乗り気になれないのは、いつも自分の傍にいてくれる彼氏彼女のことを「当たり前」と感じ、相手との関係にあぐらをかいているからかもしれませんよ。

結婚に迷った時は冷静に時間をかけて考えよう!

結婚に迷った時は冷静に時間をかけて考えよう!
今回は結婚に迷った時をテーマに、妥協して結婚したほうがいい場合や、速攻結婚をやめるべきケースなどについてご紹介してきました。結婚は人生を大きく左右するとても大切なものです。だからこそ、結婚に迷った時は冷静になり、時間をかけてじっくりと考えてみましょう。

あなたの迷いを受けとめて、あなたと誠実にしっかりと向き合ってくれる彼氏彼女ならば、今は不安でも結婚すればきっと幸せになれるはずです!

なお、結婚相手選びを間違わずに幸せな結婚生活を手に入れる方法については、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

Related