Search

検索したいワードを入力してください

【出会ってすぐのスピード婚】離婚率やきっかけ、成功例を解説
2019年01月11日

【出会ってすぐのスピード婚】離婚率やきっかけ、成功例を解説

恋の炎が燃え盛って、その最盛期に勢いで結婚に踏み切るイメージのある「スピード婚」ですが、はたして、その成功率はどの程度なのでしょう。適齢期といわれる人なら誰しもが気になるスピード婚の実態についてデータをまじえて考えてみることにしましょう。

スピード婚の定義「いつまでが出会ってすぐ?」

スピード婚の定義「いつまでが出会ってすぐ?」
芸能界では堺雅人と菅野美穂や、山本耕史と堀北真希といった人気芸能人が、あっという間に結婚して話題を集めた「スピード婚」ですが、「その定義は?」と聞かれると首をかしげてしまいます。

実際、スピード婚と認められるのは何ヶ月以内とか決まりがあるわけではありません。そこで、どの程度の短期間交際ならスピード婚かを調べたアンケート調査によると、半年以内が約7割、1年以内が約3割という結果となっています。

なので、ほぼ半年以内の交際期間であれば「スピード婚」と定義できそうです。

では、このスピード婚の成功率はどの程度なのでしょうか。今回は、女性がちょっと憧れるスピード婚の実態と成功する方法について紹介します。

スピード婚の離婚率

スピード婚の離婚率
さて、お互いに瞬間湯沸かし器のように盛り上がって、瞬く間に結婚したものの、どの程度が成功したといえるのでしょうか。とくに、スピード婚ほど離婚率が高いと指摘される傾向があるので気になるところです。

そこで、スピード婚の離婚率について調べてみましょう。

1年未満は、離婚率が高くなる?!

交際期間と離婚率の関係については、残念ながら公の機関からの報告はありません。

ただ、アメリカから面白いデータが届いています。それは、エモリ大学が発表した「The Divorce-Proof Marriage」という資料に掲載されています。

このデータは3年前に約3000人の既婚者を対象にアンケートした結果ですが、1~2年の交際期間を経て結婚した夫婦は1年未満よりも20%離婚率が低く、3年以上の交際期間だと39%も低下すると報告しています。

つまり、スピード婚ほど離婚率が高くなるという、あまりうれしくない結果となっていました。

男性はルックス、女性は収入重視で離婚率上昇?!

エモリ大学の資料でもうひとつ興味深いデータがあったので紹介しましょう。それは、離婚したカップルが結婚時に重視した内容に関することです。

それによると、ルックスと収入を結婚の条件に上げなかったグループに比べて、男性ではルックス重視だと50%離婚率が上昇し、女性では収入重視と答えた場合に60%も離婚率がUPするという、なかなかシビアな現実が指摘されていました。

世帯年収が上がるほど離婚率は低下?!

この資料では、世帯年収と離婚率についても触れています。

ここでは、年収が25000ドル以下と比較して、25000~50000ドルの年収なら離婚率は33%低くなり、100000ドル以上になると42%も低くなるという結果を報告しています。

どうやら、離婚率も金次第という厳しい現実がありそうです。

スピード婚で離婚する原因《生活編》

スピード婚で離婚する原因《生活編》
スピード婚の特徴といえば、半年以内という短期間のうちに一気に盛り上がり、お互いについての情報が少ないままにゴールインしてしまう弊害があります。

そんなお互いの理解不足がいろいろな摩擦を生み出して、離婚の原因を作ってしまうとされますが、ここでは実際の生活という外的な要因と精神面という内的な要因と、2つに分けて考察してみましょう。

まずは、生活編で起こる離婚です。

時間が合わない

一般の離婚原因ともなる「すれ違い生活」はスピード婚でも、やはり成功への足かせとなる問題です。

交際期間が短いだけに、お互いの生活リズムや仕事への関わり方などをじっくり吟味する時間がありません。実際に、結婚生活をスタートした後に、2人の時間が作れずコミュニケーションが不足して、どんどんお互いの溝が深まってしまう例はよく見かけます。

まさかの癖や趣味の発覚

恋人の蜜月時は、いろいろな場面で執行猶予のような期間です。少し気になることがあったとしても、それほど大事に考えず流してしまいますが、それが日常生活となればそうもいきません。

本当にささいな癖、たとえば就寝時のいびきや歯ぎしり、食事のときのマナーなどがどうしても気になったり、許せなくなることが離婚につながるケースがあります。

同じように交際時には隠していた趣味や特性が発覚したときもそうです。たとえばオタクだったりロリコン、あるいはマザコンやファザコンなどは、離婚の危機を招きやすいファクターです。

2大欲求の不満

人間の3大欲求といえば食欲、性欲そして睡眠ですが、この中で食とSEXは離婚ともっとも縁の深い欲求です。

食の場合では、男性の求める家庭の味と女性の味覚との差が表面化することで問題となってきます。男性はやはり家庭の味=母の味で親しんでいるため、それぞれ独特の好みがあります。

寛容な男性なら問題ないのですが、食や味へのこだわりが強い場合は、大きなトラブルになってしまいます。

一方で性への嗜好性の違いも見過ごせないポイントです。性格の不一致とは性の不一致といわれるほどで、ここで不満が溜まれば浮気や不倫の引き金となってしまいます。

スピード婚で離婚する原因《精神編》

スピード婚で離婚する原因《精神編》
スピード婚で離婚原因となる二つ目は精神的な問題です。生活面では、案外早くその兆候が現れるのに比べて、精神面での問題はボディブローのようにじわじわと心を蝕んでいく傾向があります。

そこで、精神面で離婚に追い込まれる典型的な例をいくつか見ていくことにしましょう。

性格の違い

精神面が理由で離間にいたる最初の問題は、性格の違いでしょう。

夫婦の性格はかなり長い期間一緒に暮らしていても、なかなか理解しにくいことが指摘されるほどですから、半年といった極めて短期間な交際期間では、相手の実際の性格を正確に把握することは、まず不可能に近いでしょう。

恋愛期間はあばたもえくぼで、悪い面もマスキングされがちです。結婚して、いざ生活を共にし始めて「あっ、しまった」と気づいても、もう後の祭りです。

当初はなんとか我慢できたとしても、精神的に耐え切れなくなるのは時間の問題で、やがて破局への道をたどることになってしまいます。

理想とする家族構成の違い

理想とする家族構成の違い
結婚の先には、当然のように家族計画があります。

何年後にマイホームを持つとか、子供は何人欲しいとか、子供の育て方など、こうした具体的なイメージは、交際を深めていく中で育っていくことですから、燃え上がるような恋愛期間では、なかなかそこまで思い当たらないのが普通です。

生活を共にしてみて、貸家と持ち家に対する考え方の相違、子供を作る作らないの違い、教育方針に対する根本的な違いなどが明らかとなっていきます。

いわゆる「価値観の違い」が主な離婚原因として語られますが、その多くがスピード婚のためにお互いの性格を理解しないまま結婚にいたった結果といえるでしょう。

スピード婚で離婚する原因《金銭編》

スピード婚で離婚する原因《金銭編》
スピード婚が失敗に終わってしまう第三の原因として上げられるのが、金銭感覚や金銭トラブルです。

それでなくとも恋愛中の男性は、デートやプレゼントなどで見栄を張りたがる生き物ですから、なかなか実際の生活水準はわかりません。

たとえ有名企業に就職していたとしても、その金銭感覚やお金遣いについてまでわかるわけではないので、結婚後に驚かされるケースはけっして珍しくはありません。

収入への不満

「この人のためなら貧乏もいとわない」とか「愛があればお金なんかどうでもいい」とか、恋愛中なら誰しもが一度は考えることです。

損得抜きの恋愛や愛情は、それは美しくもあり、多くの人が恋愛に憧れる特性でもあるのですが、また同時に「恋愛と結婚は別物」という格言も、真実を語っています。

前のコーナーで紹介したアメリカの資料にもあるとうり、年収と離婚率には、どうやら明かな相関関係がありそうです。生活するのがやっとな状態が長く続けば、やはりそこから抜け出す方法として離婚を選択する人が増えてもやむをえないでしょう。

借金が発覚

豪華なマンションに外車で一見して優雅な生活に見えても、それが実態とかけ離れた虚像である場合も少なくないので要注意です。

とくにカード生活に依存している場合は、借金持ちが多く存在します。むろん経済観念があって、長期的なビジョンに基づいた借金なら問題ないのですが、これが買い物依存症だったり、無計画な浪費癖の場合は、大問題です。

スピード婚の場合、相手の派手な部分にばかり気をとられて、その実態に気づかないケースも少なくありません。結婚したら、督促状の嵐だったでは、離婚を考えてもしょうがありません。

スピード婚のきっかけや成功例

スピード婚のきっかけや成功例
ここからは>スピード婚の成功事例とその対策です。

まずは、スピード婚を成功させた人たちの、そのきっかけや具体例を2つほど紹介しましょう。

成功例①スピード婚だからこそ、毎日が新しい発見

交際3ヶ月で結婚した山口洋子さん(25歳/家事手伝い)は、友人の紹介で彼と出会って一目惚れした例です。

「紹介してくれた子は、中学校からの遊び仲間で、私の性格をよく知ってるの。で、彼ならあなたにピッタリと言われて、紹介してもらいました。まさにジャストタイプでこっちから押しまくり」

結婚後に関しては「お互いにそれほどよく知らないで結婚しちゃったけど、それだけに新鮮で発見がいっぱいです。長い付き合いだとマンネリになるらしいけど、スピード婚だからこそ、毎日が楽しいって感じです」とのことです。

成功例②アラサーの危機感からスピード婚

高田奈緒さん(29歳/OL)の場合は、アラサーが結婚のきっかけで結婚相談所が決め手になったといいます。

「お友達や会社の同僚が次々に結婚していく中で、30が近づくとやっぱり焦るんです。30過ぎたら売れ残り感がハンパないって。で、結婚相談所の相性診断から選んだのが彼氏でした」

交際期間半年のスピード婚だが「確かにスピード婚の不安がないといえば嘘になるかも。でも一回り年の離れた彼はもちろん。私もいろいろ経験した大人なんで。まぁ、いろいろありますけど、そこは話し合いで解決するし、いまでは最高の関係かな」

パートナー的な信頼関係が、成功のポイントとなっている例もあります。

スピード婚を成功させる方法

スピード婚を成功させる方法
ここまでは離婚の原因などネガティブな点に、より焦点を当ててきましたが、成功例が物語るようにスピード婚が成功しないということではありません。

むしろ純粋な恋愛、損得抜きの美しい恋愛という観点から見れば、スピード婚ほど理想的な結婚もほかにないともいえます。

そこで、純粋な愛を壊さないために、スピード婚をより成功に導くための手段を考えてみましょう。

一緒に旅行して相手を知る

相手をよく知るために、少しでも日常生活の模擬テストをしてみる方法があります。それが婚前旅行です。

ふだんのデートでは、長くても数時間ですが、一緒に旅行に出かければ数日単位で行動を共にすることになります。その間に、お互いの癖や特徴をより知る機会になるでしょう。また、結婚後の生活設計など、突っ込んだ話をするチャンスでもあります。

冷静になる冷却時間を設ける

恋愛が最高に盛り上がっているときほど「恋は盲目」状態になりがちです。相手の短所がみえずに長所ばかりを持ち上げてしまうのも、恋愛に酔ってしまっているからです。

自分で恋愛に夢中と感じたら、少しの冷却期間を設けましょう。毎日連絡を取っていたり、会っていたりなら、なんらかの口実を作って一週間程度の冷却期間をつくります。

そこで一度、冷静に相手のことを分析してみます。分析することで、それまで気づかなかった相手の実態がみえてくるようになるでしょう。

第三者の客観的な意見を聞く

昔からの友人や親友と呼べる人に、彼や彼女を紹介して一緒に食事に出かけたり、Wデートをするのもいいアイディアです。

あなたをよく知る友人であれば、相手があなたに向いている人なのか、あるいは恋愛相手によくても結婚には適さない人物なのかを判定してくれるでしょう。

第三者の客観的な視点を参考にすることは、スピード婚を成功させるための上手な方策です。

家族に面会させる

家族や親を見れば、その人となりを判断できるといいます。そこで、スピード婚をする前に、お互いの家族に会う機会をつくります。

それも一回ではなく、複数回にわたって面談のチャンスを作るのがいいでしょう。彼や彼女の家族との接し方で、生まれ育ちがわかるだけでなく、お互いの相性も判断する機会となります。

結婚とは当人だけの問題ではなく、家同士も巻き込むということを忘れないようにしましょう。

前向きなポジティブ思考

スピード婚を成功させる方法のひとつに「考え方」があります。結婚生活では、スピード婚であろうとなかろうと、さまざまな問題や障害が立ちはだかります。育った環境や考え方が異なる2人が共に生活するのですから、問題が起きないほうが不思議です。

スピード婚の成功の秘訣は、そんな問題が浮上してきたときの対応です。暗い気持ちでネガティブ思考になれば事態はどんどん悪化していきます。

たとえ問題が起きても明るくポジティブに考えられる、心の柔軟性や寛容性を持てれば、愛し合った2人ならほとんどのことは乗り越えられるはずです。

さらに男女関係を深める「告白」についても以下の記事でチェックしてみてください!

スピード婚で幸せを掴もう

スピード婚で幸せを掴もう
データ的には、確かにスピード婚は離婚率が高いという結果が出ていますが、だからといって成功する確率が低いとはいえません。

交際期間が長くても短くても、成功するか失敗するかは2人の愛情の深さと理解する努力次第ではないでしょうか。

スピード婚では、損得勘定よりも「この人こそ運命の人」といった、ひらめきによるところが大きいので、ある意味より純粋な恋愛といえそうです。

スピード婚を成功させたいデート術なら、この記事を参考にどうぞ。

Related