Search

検索したいワードを入力してください

結婚の決め手は?結婚相手にすべき人・選んではいけない人の特徴
2018年10月23日

結婚の決め手は?結婚相手にすべき人・選んではいけない人の特徴

結婚はゴールではなく、スタートです。人生の大きなポイントとなる結婚をテーマにまとめています、結婚するなら、相手はどんな人がふさわしいのか、逆にふさわしくないのはどんな人かについてもまとめてみました。結婚相手を見定める決め手とは何か、ぜひ参考にしてください。

結婚相手の選び方で人生が大きく変わる

結婚相手の選び方で人生が大きく変わる
現在、婚活しているあなた。もしくはこれから婚活しようとしているあなた。あなたの理想の結婚相手はどういう方ですか。そして、何を結婚の決め手として考えていますか。

または、彼女・彼氏がいるあなた。あなたは今のパートナーと結婚する予定ですか。どんなところに惹かれ、何が決め手となりましたか。

結婚はゴールではなく、スタートです。これから何十年も一緒に寄り添うパートナーになります。そのため、結婚相手によっては、あなたの人生が幸福にも不幸にもなりえる重要なポイントです。

この記事では結婚の決め手はもちろん、結婚相手として選ぶべき人、逆に選んではいけない人についてまとめてみました。

結婚相手にふさわしい男性・結婚すべき男性の特徴

結婚相手にふさわしい男性・結婚すべき男性の特徴
それでは早速、結婚相手としてふさわしい特徴をポイントに分けて説明していきます。もし、当てはまる男性・女性ならば、結婚相手の決め手にしてもいいのではないでしょうか。

それではまず、男性側の特徴についてまとめていきます。

決め手①正社員として働いている

決め手①正社員として働いている
生活することにおいて、お金は大事です。お金がなくても幸せという話もありますが、お金があったほうがもちろん幸せです。

そのため、仕事をしていること、特に正社員として働いている男性は結婚相手としての決め手となります。給料面でもそうですが、保険や手当、安定的要素を考えると、派遣やアルバイトではなく、正社員の方が結婚相手としてオススメです。

最低限な決め手でもありますが、重要なところでもありますので、ちゃんと見極めてください。

決め手②趣味嗜好に問題がない

決め手②趣味嗜好に問題がない
先ほども触れたように、生活していく上でお金は大事です。

男性の趣味はいろいろありますが、問題だと感じるところはありませんか。例えば、パチンコや競馬などギャンブルにお金を費やしていませんか。もしくは株やビットコインのような、外見はカッコよくとも、借金を背負う可能性がある趣味をしていませんか。

他にも車やバイクなどにお金をつぎ込んでしまう人、休日は家庭よりも趣味をメインとしてしまう人などさまざまです。そこであなたが不快と感じてしまうことがあれば、結婚相手としては慎重になりましょう。趣味の範囲が適正で、問題がないものであれば、結婚の決め手としていいでしょう。

決め手③性格が穏やかで優しい

決め手として、最初に考えられがちなのが、男性の性格が挙げられます。

結婚生活の中ではいろいろな場面に遭遇します。親の介護や子供の進学、マイホームの購入など、良いニュースもあれば悪いニュースもあります。時には夫婦間でも意見の食い違いが発生し、言い争いになる可能性があります。

そんな中、言い争いは避けたくとも、場面場面での話は大切。にもかかわらず、相手の話を聞かず、自分の意見のみを主張してくるような男性と一緒にいたいですか。自分の主張が通らないと怒鳴るような人と結婚したいですか。

猫を被っている可能性もあるので、一概には言えませんが、お付き合いしている男性の性格については把握しておいたほうがいいでしょう。その上で、結婚の決め手として考えてみてください。

決め手④一緒にいて楽

結婚相手の決め手として、一番大事なポイントの可能性もあります。

今まで他人同士だった男性と共同で生活するのは大変なことです。もしかしたら、長時間一緒にいるのが苦痛に感じてしまう可能性もあります。そうなってしまうと、些細なことでもケンカに発展してしまうかも。

そんなとき大切なのが、一緒にいて楽に過ごせる男性を結婚相手に選ぶのがオススメです。雰囲気や態度があっていること、生活スタイルがほぼ変わらず、気を張らずに生活できれば、あなたの結婚生活はすごく幸せなものになるでしょう。そのような男性とお付き合いしている方、ぜび結婚の決め手として、前向きに捉えましょう。

結婚相手にふさわしい女性・結婚すべき女性の特徴

結婚相手にふさわしい女性・結婚すべき女性の特徴
次は女性バージョンです。男性の皆さんは、結婚相手の決め手として、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

決め手①散財しない

決め手①散財しない
男性編でも少し触れましたが、生活することにおいて、お金は凄く重要です。そしてお金の管理というのは、基本的に女性の方が多いです。金銭感覚がどうかを、結婚の決め手にしてはいかがでしょう。

今お付き合いしている女性は、金遣いは荒くないですか。もちろん常に質素な生活を強いられ、節約志向が強ければいいという訳ではありません。適度に旅行や外食にお金をかけることも大切ですよ。

借金を背負いながらも旅行やバッグにお金をかける、というような散在しない女性ならば、結婚の決め手として選んでみてはいかがでしょうか。

決め手②家事が得意

決め手②家事が得意
家事というのも、基本的には女性が中心となります。そして、家事の得意不得意も結婚の決め手になりやすいです。もちろん、男性もできる範囲内でお手伝いはしましょう。

「片付けられた綺麗な部屋で、あなたの好きなものを食卓に並べてくれて、ゆっくりお風呂に浸かることができる」こんな理想を、男性は一度は抱いたことがあるのでないでしょうか。そんな生活がしたいから、仕事も頑張れるし、結婚相手にも優しくなるのが男性の性です。

結婚相手を選ぶ際、女性の家事の得意不得意は決め手の1つにしてください。ただし、共働きならば、ちゃんと家事を折半しないとダメですよ。

決め手③趣味嗜好が合う

結婚をして同じ家に住むことになれば、一緒にいることが増えます。その際、一緒にその趣味を楽しむというのを決め手にしてはいかがでしょうか。

テレビや映画を観るのもよし、外で身体を動かすのもよし、昼までダラダラベッドで過ごすのもいいです。一緒にいるのが苦痛に感じず、同じ時間を無理なく共有できる女性であれば、結婚の決め手にしてもいいのではないでしょうか。

決め手④一緒にいて楽

男性編でも触れましたが、女性も同じです。

特に女性の場合は、マイルールが決まっている場合が多いです。部屋の配置はもちろん、片付け方法や掃除の仕方など、こだわりがあります。

そんなルールに対して、違和感や疑問は感じていませんか。もしくは、せっかくの共同生活なのに家の中が窮屈だと感じていませんか。もし感じているならば、整理した上で話し合いをオススメします。逆になんの違和感や疑問を感じさせない女性とお付き合いしているならば、その方を結婚相手として選んでみてはいかがでしょう。結婚の決め手としては、凄く大切ですよ。

結婚相手に選んではいけない男性の特徴

結婚相手に選んではいけない男性の特徴
先ほどまでは結婚相手として選ぶべき男性について触れてきましたが、逆に選んではいけない男性もいます。もしこのような男性とお付き合いしているならば、逆に結婚を考え直す決め手にすべきことをポイント別に紹介していきます。

フリーターもしくは無職

フリーターもしくは無職
いくら女性のあなたが高給取りの仕事をしていたとしても、やめましょう。結婚相手として、フリーターや無職は厳しいです。

もしあなたは病気や怪我で仕事ができなくなった時、どうやって生計をたてますか。あなたの彼氏もしくは旦那がフリーターや無職ならば、急に2人が生きていく分のお金を稼いでくることは、不可能に近いです。下手をすると、病気や怪我で寝ているあなたを置いて、逃げる可能性があります。

もし今お付き合いしている男性がフリーターや無職の方ならば、直接確認しておいたほうがいいです。そこであいまいな答えならば、結婚相手としてはおろか、お付き合いを考えなおすべきでしょう。

思いやりがない

もしも、共働きの状態であるにも関わらず、男性が風呂やトイレを掃除するような家事もせず、ダラダラしている男性ならば結婚相手としては微妙です。

昨今は女性も働いている方が増えました。それに伴い、家事を折半している夫婦も増えてきましたが、いまだに家事を全て女性に押し付けている男性もいます。あなたが体調を崩して寝込んでいるのにも関わらず、心配しないどころが、自分のご飯はどうしたらいいと怒り出す男性もいるのです。

今お付き合いしている人が思いやりのない男性ならば、結婚相手として今後も一緒にいれるか、見直すきっかけにしてください。

趣味嗜好にお金を散在する

もし、今お付き合いしている人と金銭感覚があわないならば、結婚相手として見直すべきです。特に趣味嗜好に散在し過ぎているような人ならば、早急に話し合いましょう。

なぜならば、その人の趣味嗜好はなかなか止められるものではありません。仕事のストレスをバイクや車を改造することで発散している人がいれば、その趣味を完全に止めさせることが難しいからです。結果、月〇円以内でなら改造しても良いと話し合ったとしても、男性のストレスはこれまで通り発散できるでしょうか。

同じ趣味嗜好ならば、結婚の決め手に捉えることが可能ですが、趣味嗜好への投資金額が高い人ならば、気をつけてください。

結婚相手に選んではいけない女性の特徴

結婚相手に選んではいけない女性の特徴
同じように逆パターンです。このような女性を結婚相手に選んではいけない、むしろ別れるべき決め手について触れていきます。

こちらの意思を確認する前に専業主婦宣言

こちらの意思を確認する前に専業主婦宣言
あなたが希望するなら別ですが、結婚をする前から専業主婦を宣言する女性は、結婚相手として考えるべきです。

もしあなたの会社が倒産したらどうしますか。または、病気やケガによって働くことが難しくなったらどうしますか。

専業主婦を希望する女性は、働きたくないという思いが強いです。もちろん家事が楽という訳ではありませんが、仕事をしてお金を稼ぐというのは、生活する上で大切なことです。もし、その辺を甘く考えている女性ならば、結婚について一度話し合ったほうがいいでしょう。

束縛が激しい

もし、お付き合いしている女性が束縛気味であれば、結婚相手として一度見直してみることをオススメします。

結婚相手ももちろん大事ですが、会社の付き合いや友人との付き合いも同じくらい大事です。にも関わらず、付き合いを制限されたり、浮気を常に疑われると、せっかくの結婚生活もゲンナリしてします。程よい束縛は愛情の裏返しですが、度が過ぎる束縛は破綻を招きます。

結婚の決め手として、女性の性格を把握しておいたほうが無難です。

趣味嗜好に散在する

男性編でもふれましたが、女性も同じです。

あなたの彼女は男性からしたら違いが分からないような、ブランド物のバッグを大量に持っていませんか。自分へのご褒美の割合が限度を超えていませんか。

女性にとって、お洒落をすることは大切です。ただし、何事も程よいレベルが重要ですよ。趣味嗜好に散在しないのを決め手にしてみてはどうでしょう。

結婚相手を顔だけで決めないで

結婚相手を顔だけで決めないで
これまで結婚相手として選ぶべきポイントや決め手などについて触れてきました。結婚は終わりではなく、スタートです。決して顔が可愛いから、イケメンだからというような、安直な決め方をすると間違いなく後悔することになります。散々触れてきたように、結婚の決め手は非常に重要なのですから。

今あなたがお付き合いしている方はどんな方ですか。その方とは、結婚を前提にお付き合いしていますか。あなたの人生は1度きりであり、あなたのものです。誰のものではありません。あなたのことを大切にしてくれる方をいつまでも大切にしてください。

大切にし合えているあなたとあなたのパートナーが、最高に美男と美女ですよ。

Related