Search

検索したいワードを入力してください

「疲れた」「つまらない」…|結婚生活のリアルすぎる本音
2018年10月05日

「疲れた」「つまらない」…|結婚生活のリアルすぎる本音

結婚は人生の中で大きな決断の一つです。その大きな決断をした人たちは、果たして幸せな、充実した結婚生活を送れているのでしょうか。結婚生活がつまらない、楽しくないと感じている人はそんな状況を打破する方法、これから結婚という大きな決断をする人にもオススメの記事です。

結婚生活をつまらないと感じる人の割合

結婚生活をつまらないと感じる人の割合
結婚生活に『つまらない』『楽しくない』と感じる人はいったいどのくらいいるのでしょうか。「想像していた結婚生活と違った。」「結婚してから旦那が変わった。」「もっと楽しいと思っていた。」など様々な意見が出てくることでしょう。

日本の婚姻率は、2017年の時点で60万7000件となり0.49%という結果でした。(平成29年人口動態統計び年間推計)年々、婚姻率は下がっている結果が出ています。

日本の婚姻率は、2017年の時点で60万7000件となり0.49%という結果でした。(平成29年人口動態統計び年間推計)

出典: http://www.garbagenews.net/archives/2013777.html |

理想の結婚生活は?

なぜ結婚生活がつまらない、楽しくないと感じてしまうのでしょうか。それは理想の結婚生活を描いているからです。女性なら一度は理想の結婚生活を想像したことがあるでしょう。

しかし、理想と現実は違います。なぜなら、自分一人で結婚するのではなくパートナーが居ての結婚生活ですから、全て自分が思い描いているような結婚生活にはなりません。

理想の結婚生活を追い求めすぎるとパートナーとすれ違いが生じてしまったり、溝が出来てしまったりして、楽しい、幸せな結婚生活なはずがつまらない、楽しくない結婚生活になってしまいます。

結婚生活の本音...

結婚生活の本音...
それぞれの家庭によって結婚生活は違ってくるでしょう。しかし、女性なら一度は誰もが感じた事があるのではないでしょうか。「私は家政婦じゃない!」家の掃除、洗濯、洗い物、料理、お弁当作り。なぜ家事全般は女性がしなければならないのでしょうか。一体誰がそんなルールを決めたのでしょうか。

一昔前は、共働きが主流ではなかったので家の事は女性がするのが当たり前だ。そんな時代があったでしょう。しかし、このご時世ほとんどの家庭が共働きではないでしょうか。女性もフルタイムでなくてもパートで生活費の足しを得ていたりします。働きながら家事全般をこなす女性たち。ふと我にかえったとき「私は家政婦じゃない...」と思った事はないでしょうか。

家事はどっちがするべき?

どのご家庭でも家事を分担する話し合いがされては、実行されず結局女性が全てする。なんてことになっていないでしょうか。家事は全て女性がこなさなければならないのでしょうか。決してそんなことはありません。

女性もフルタイムで働いている場合は尚更、家事を分担するべきです。職場でのストレスを抱えながら、家庭でもストレスを抱えてしまったら、そのストレスは一体どこで発散すれば良いのでしょうか。

一人の時間を作ればいい、買い物に行けばいい、趣味でストレス発散したらいい、など考えているパートナーがいるかも知れませんが、家事を分担しなければ、その時間を作る事も出来ず、家事→仕事→家事→睡眠のルーティーンが出来てしまい最終的に結婚生活に対して「つまらない」「楽しくない」と感じてしまいます。楽しい、充実した結婚生活を送るにはパートナーの協力が必要不可欠です。

一つでも負担を減らそう

家事を分担する上で大切なことは何でしょうか。それは、パートナーの負担を減らす事です。

例えば女性が、料理、掃除、洗濯をしているのなら、男性は全ての掃除が出来なくても自分がお風呂に入ったときにお風呂掃除をする。自分が使ったあとにトイレ掃除をする。など、全ての箇所じゃなくても1、2箇所掃除をしてくれるだけで助かります。

また、女性も「なんで何もしてくれないの?」と怒るだけではダメです。男性は基本的に言われないと何をしていいのか分かっていません。手伝いたいけど、何を手伝ったらいいのか分からない。そう感じている男性がほとんどではないでしょうか。

女性は「お風呂そうじお願いしていい?」や「明日は燃えるゴミの日だからゴミ捨てお願い。」など的確にお願いしましょう。そして、やってもらったら必ずお礼を言いましょう。

結婚相手にうんざりしたら新しい出会いもあり?

たまにはパートナーににうんざりすることもあるでしょう。そんな時はネットで素敵な出会いを見つけて刺激的な日々をすごしてみてはいかがでしょうか。

出会い系サイトと聞くと怪しい気がしたり、変な人しかいないのでは?と思う方も多いと思いますが、年々SNSやインターネットでの出会いの数が急増し、現代の定番の男女の出会いの場として定着してきつつあります。

しかい当然運営がしっかりしていないサイトや、ほぼ詐欺のようなサイトが存在するので注意が必要です。
筆者が自信を持っておすすめするワクワクメールは10年以上続く健全な会社が運営していて、素敵な女性や男性がたくさん登録しているので、よかったら試してみてください♪


幸せに感じる瞬間はない?

幸せに感じる瞬間はない?
これまでの内容を見ると「じゃあ、結婚生活って幸せじゃないの?」と感じるかもしれません。しかし、結婚生活は全てが「つまらない」「楽しくない」訳ではありません。そもそもなぜ結婚をしたのでしょう。この人となら生涯を共にしてもいいと感じたから結婚をしたのでしょう。

大好きな人と過ごす毎日、些細な事で起こるケンカ、小さいことだけど幸せを共有できる関係、辛いとき•悲しいときそばにいて支えてくれる存在、付き合っていた時代は帰り際は寂しかったけどずっと一緒にいられる。些細な事だけど、幸せだと感じる瞬間はあります。

幸せを感じる瞬間

ではどんなときに「幸せだ」と感じるのでしょうか。

一人暮らしの時は、家に帰っても「ただいま」を言う相手がいなければ「おかえり」を言ってくれる相手も居ないので寂しいと感じたことがあるでしょう。しかし、結婚をし家に帰ると「ただいま」「おかえり」を言う相手が居ます。これは幸せなことではないでしょうか。

また、仕事で失敗をしてしまった。こんなことがあった。話しを聞いて欲しいときパートナーは少なくとも話しを聞いてくれるでしょう。悲しいとき、辛いとき、嬉しいとき、楽しいとき、その瞬間を一緒に共有できる。これも幸せなことです。小さな些細な事でも幸せを感じる瞬間はあります。

楽しい結婚生活を送るための6ポイント

楽しい結婚生活を送るための6ポイント
楽しい結婚生活を送るためには一体何をしたらいいのでしょうか。毎日どこかへ出かける?外食?サプライズ?

ここでは楽しい結婚生活を続けるための6ポイントを紹介します。

①あいさつ

①あいさつ
結婚してから旦那さんと挨拶を交わしていますか?「おはよう」「おやすみ」「ありがとう」「ごめんね」「いってきます」「おかえり」「大好きだよ」「愛してる」

挨拶はコミュニケーションの一つとして大切なことです。毎日挨拶を交わしているとお互いの体調や気分や調子に気づく事があります。鼻声なら「風邪かな?」や声のトーンが低いと「何か嫌な事でもあったのかな?」など。結婚生活においてお互いの状態を把握することは大切です。

恥ずかしいと感じる方もいるかもしれませんが、まずは「おはよう」「おやすみ」から始めてみてはいかかでしょう。

②お互いの呼び方

②お互いの呼び方
お付き合いをしている時、お互いのことをどのように呼んでいたでしょうか。〇〇ちゃん、〇〇くん、〇〇さん、もしくは呼び捨てだったでしょうか。では、結婚してからお互いのことをどう呼んでいますか?

こんなご夫婦が多いのではないでしょうか。「おい」「お前」「あなた」「ねぇ」「パパ」「ママ」など。確かにどんな呼び方をしても自由です。しかし、私たちには名前があります。

大好きな人、大切な人からは名前で呼ばれたいのではないでしょうか。最近、パートナーから名前で呼ばれたのはいつでしょうか。もし、思い出せないのなら今日、まずあなたから名前で呼んでみてはいかかでしょうか。きっと昔のトキメキを思い出せます。

③記念日を大切にする

③記念日を大切にする
どのカップルにも記念日があります。付き合い始めた日、プロポーズされた日、誕生日、結婚記念日、たまに100日記念日を作るカップルも見ます。記念日はとても大切です。記念日を思い返すと初心に戻る事ができます。

結婚1年目、2年目は新鮮な気持ちで記念日を祝える夫婦が多いでしょう。しかし、結婚年数が増えていけば増えていく程、祝うのを忘れてしまったり記念日が適当になってしまうことがあるでしょう。

楽しい結婚生活を送るために記念日を祝う事は大切です。記念日を祝う度に、結婚した当初の気持ちを思い出せますし、今までの思い出を振り返ることもできます。記念日を適当にしていた方、ぜひ記念日を大切にしましょう。

④スキンシップ

④スキンシップ
普段からスキンシップをとっていますか?ここで言うスキンシップは、夜の営みのことだけではありません。もちろん、スキンシップの中で夜の営みは一番大事なことです。しかし、お出かけをする時、手は繋いでいますか?もしくは腕を組んだりしていますか?

パートナーを送り出すとき、いってらっしゃいのキスをしていますか?一緒にテレビを観ている時の距離は近いですか?遠いですか?嫌がられるかも知れませんが、普段から小さなスキンシップを行ってみましょう。スキンシップは愛情表現の一つです。

⑤時間を共有する

⑤時間を共有する
時間を共有するとはどういうことでしょうか。そのままの通り時間を共に過ごすことです。よく目にする光景は、ショッピングモールで男性が荷物と共に一人で座って携帯をいじっている姿です。一緒に買い物に行っているのになぜ別々に行動するのでしょうか。

疲れるのは分かりますが、一緒に買い物に行き、パートナーがどんな物に興味を持っているのか、どういう物が好きなのか知る絶好のチャンスです。普段から一緒に買い物に行っている夫婦はきっと誕生日や記念日に何をあげたらいいのか迷う事がないでしょう。

女性も男性の買い物にはきちんと付き合いましょう。たとえ自分が興味のないことでも相手を知る上で一緒に時間を過ごす事が重要です。

⑥パートナーを否定しない

⑥パートナーを否定しない
あなたは自分の意見や発言が否定された時、どう感じますか?嬉しいと感じる人はいないでしょう。会社などで経験することが多いと思いますが、家庭の中でパートナーの意見、発言を否定してしまっていないでしょうか。

パートナーが失敗をしてしまった時、「だからお前は...」や「しっかりしろよ」など、パートナーを否定してしまうような発言をしていませんか?パートナーも人間です。失敗だってします。自分自身もそうでしょう。パートナーに対して寛大な心で接しましょう。

結婚はゴールではない

結婚はゴールではない
多くの女性が「結婚がゴール」と考えているでしょう。結婚はゴールではなくスタートです。結婚は赤の他人が一緒になり生涯を共にすることだからです。今まで一人で出来ていたことが二人になったことで出来なくなったり、生活の仕方が違ったり、価値観が違ったり、趣味が違ったり、赤の他人だからこそ生じることです。

だからと言って、「私は私の生き方をする」なんて生きてしまったら相手から呆れられてしまいます。時には、一人になる時間を作ったり、妥協することも必要です。

幸せな結婚生活をスタートしよう

つまらない、楽しくない結婚生活よりも、充実した、楽しい結婚生活を送りたいですよね?少なくともこの記事を読んでいるあなたには充実した、楽しい結婚生活を送ってほしいと願っています。結婚はゴールではなく、スタートです。
幸せな結婚生活を送れるように祈っています。

エッチでかわいい女の子と出会うには

初めて会う女の子とエッチなことができるって夢みたいですよね♫ですが日常でそんなに都合よく美人でセックスができる女性と会う方法はなかなかありません。

そんな中で筆者が一押ししている方法はワクワクメールです。出会い系はほとんどがお金をつぎ込んでも全くマッチングしなかったり、マッチングしてもサクラや業者ばかりであったりと、悪質なサービスが多いのですが、ワクワクメールは自信を持っておすすめできる、かわいい女性会員がきちんといる数少ないマッチングサービスですのでもしよければ一度使ってみてください。

キチンとターゲットを絞れば初期ポイントだけでもいい女性に巡り会えるものですよ♪


Related