Search

検索したいワードを入力してください

「彼女とディズニーデートに行くと別れる」ジンクスの理由や対策とは
2019年02月01日

「彼女とディズニーデートに行くと別れる」ジンクスの理由や対策とは

女性に人気である「ディズニーランド」。しかし、デートで行くと別れる!?なんてジンクスも。そんなジンクスの原因を探り、楽しいデートに変える秘訣をお教えします!これを期に、彼女と楽しいディズニーデートを楽しんでみては、いかがでしょうか?

彼女とディズニーは別れるというジンクスがある

彼女とディズニーは別れるというジンクスがある
皆さんは、「ディズニーランドにカップルでに行くと別れてしまう」という、ジンクスをご存知ですか?

ジンクスとなっているからには、それなりの理由があるものです。今回は、このジンクスが広まった理由を考えていきましょう。

彼女とディズニーに行くと喧嘩になる?

彼女とディズニーに行くと喧嘩になる?
それではさっそく「彼女とディズニーデートに行くと別れる」ジンクスが生まれた理由を見ていきましょう。原因が分かれば、対策もできますからね!

理由①待ち時間が長い

「1つのアトラクションにかかる待ち時間が長い。1時間も2時間も待ってると、なんのためにデートしにきたのか分からなくなる。」(20代男性)

「アトラクション乗るのもご飯食べるのも、絶対30分以上待つのがつらい。タイミング見て行けばいいって彼女は言うけど、そもそも待ちたくない。」(10代男性)
人気テーマパークのディズニーランドは、その分待ち時間が長くなってしまいます。待つのが嫌いな方や予定が狂ってしまって思いとおりにいかないのが嫌だという方が、彼女と喧嘩になってしまうことが多いようです。

理由②彼女任せなことが多い

理由②彼女任せなことが多い
「分からないからデートプラン全部作って、と丸投げされたことがあります。せめて協力する姿勢を見せてほしい……。」(20代女性)

「一緒に行こうと提案したのは彼氏なのに、園内ではずっと私任せだった。何で行こうっていったの?ってなりました。」(10代女性)
ディズニーに興味のない男性が彼女に全て任せてしまう、ということがあります。プラン作成は任されてもいいけど、せめて一緒に考えたり意見を言ったりして、二人で楽しみたいデートなのだということを分かってほしい女性が多いようです。

理由③夢を壊す発言

理由③夢を壊す発言
「ただの着ぐるみに盛り上がるのがよく分からないって、前の彼女に言ったらガチギレされた(苦笑)。」(20代男性)

「現実にあるんだから夢の国じゃないじゃんって言われて、そういうことじゃない!ってキレたことがあります。」(10代女性)
アミューズメントパークやテーマパークに遊びに行って、一番言ってはいけない言葉ですね。

せっかく仕事や勉強を忘れて「夢のようなひととき」に浸っているときに、現実に引き戻すような言葉を言ってはいけません。これは他のデートのときも共通事項ですので、肝に銘じておきましょう。

理由④ディズニーが男性の趣味に合わない

理由④ディズニーが男性の趣味に合わない
「ディズニーは少女趣味というか、男の俺には理解しにくい世界。可愛いのはわかるんだけど、共感はできないかなぁ(苦笑)。」(20代男性)

「彼女が好きだからディズニーランドデートには行くけど、正直趣味じゃないから面白くない。でも興味なさそうにしてたら怒るし、楽しんでるフリはする。」(20代男性)
王子様とお姫様の恋物語や少女が主人公のストーリーが多いディズニーは、男性よりも女性に人気があります。

そのため男性にはあまりなじみのない世界観で、彼女が行きたいと言うから仕方なくという理由でのデートが多くなり、結果喧嘩の理由のひとつとなってしまうようです。

理由⑤人ごみに疲れる

「いつ行っても、だいたい混んでて疲れる……。でもディズニーは好きだから行きたいっていうジレンマ(笑)。」(10代女性)

「人ごみの中はぐれないように彼女と移動したり、ひたすら何かを待ったりというのが苦痛。」(10代男性)
誰しも人ごみは苦手なものですが、やはりアミューズメントパークの人ごみには入りたくないという人が多いです。

思い通りに進まずイライラしてしまい、その苛立ちを彼氏や彼女にぶつけてしまって険悪なムードになってしまうことがあります。

理由⑥はぐれたときが大変

理由⑥はぐれたときが大変
「一度、彼女とディズニーランド内ではぐれてしまったことがある。連絡を取り合いながら何とか合流できたけど、大変だった。」(10代男性)

「周りが全部似た景色に見えるから、どこで彼女が待っているか分からなくなった。何で女性は分かるんだろう……。」(20代男性)
広いディズニーランド内で一度はぐれてしまうと、スマートフォンでやりとりをしながらでも、合流するまでに時間がかかってしまいます。

はぐれたことによる時間ロスと一人きりになってしまった不安と焦燥感から、言い合いに発展してしまうことがあるようです。

ディズニーデートで彼氏に求めること

ディズニーデートで彼氏に求めること
ディズニーランドで喧嘩になってしまう理由についてお伝えしました。続いては、彼女が彼氏に希望することは何か、見ていきましょう。

同じくらい楽しんでほしい

「せっかくのデートでディズニーランドに一緒に行くことを決めたのだから、楽しんでほしい。行きたくないなら、ディズニーデート決める前に言ってほしい。」(10代女性)

「一緒に楽しんで園内を回ってくれるのが、何より嬉しい。童心に返って、まではいかなくても一緒にはしゃぎたい。」(20代女性)
やはり、せっかくのデートで彼氏が楽しくなさそうにしているのは、彼女にとっていい気持ちではありません。

ディズニーデートが決まったのであれば、多少なりとも自分の趣味に興味を持ってくれたと女性は思います。ですので、つまらなさそうにしていると来たくなかったのに無理に連れてきてしまったのでは、と不安な気持ちになってしまいます。

待ち時間暇そうにしないでほしい

待ち時間暇そうにしないでほしい
「長い待ち時間になるのは事前に分かってるのに、あからさまにイライラされるとムカつく。イライラしないでって言ったら逆ギレされたこともあります。」(20代女性)

「列が動かないからってスマホばっかいじって、彼女の相手をしなくなるのはどうかと思う。次はどこにいくか話すとか、隠れミッキー探すとかいろいろ暇つぶしあるじゃん!」(20代女性)
ディズニーデートで待ち時間をどうすごすのか、というのは必ず直面する問題です。

確かに手持ち無沙汰になってしまいますが、待ち時間が長いのは人気テーマパークに行くという時点で分かりきっていることです。彼女を放って一人スマートフォンに熱中してしまうのは、よろしくありませんね。

ペアルックしてほしい

「一緒にカチューシャとかリストバンドとか、つけてほしい。アミューズメントパークなんだし、恥ずかしがってやらないのはもったいないと思う。」(10代女性)

「普段着としても使えるシャツやトレーナーが売ってるから、お揃いで買いたい。園内でしか買えないものもあるし。」(20代女性)
ディズニーランドといえば、キャラクターをモチーフとしたカチューシャや帽子、パスケースなどの小物類など、いろいろなグッズが売っています。

思い出として一緒に来た記念として、ペアルックをしたいと希望する女性が多いです。

たくさんツーショット写真を撮ってほしい

たくさんツーショット写真を撮ってほしい
「写真を撮ってくれるのは嬉しいけど、デートで来てるから彼氏とのツーショがほしい。シンデレラ城前でのツーショとか憧れる。」(10代女性)

「ディズニーはキャストの人が写真を撮ろうか聞いてくれるから、彼氏と二人での写真をもっと増やしたい。」(10代女性)
思い出の定番として、写真は外せませんね。彼氏に撮ってもらうのはもちろん嬉しいのですが、それ以上に一緒に写っているというのが彼女達にとって重要なのです。

ディズニーランドの色々な場所やディズニーコーデをしたファッションで一緒に写真を撮りましょう!

一緒にパレードやショーを見てほしい

「アトラクションばっかじゃなくて、パレードを見たい。あの豪華さはディズニーならではだし。」(20代女性)

「昼はショーを見て夜はパレードが綺麗だから、彼氏と一緒に見たい。」(20代女性)
ディズニーランドの名物として、パレードやショーがあります。大好きなキャラクター達が、歌って踊る姿を見るのが好きだという女性は多いです。

観客参加型のショーもありますから、彼氏と一緒に見て参加して楽しんでほしいのです。

てきぱきと仕切ってほしい

てきぱきと仕切ってほしい
「行く順番は待ち時間の間に決めてあるんだし、次はどこに行くかくらいはちゃんと把握しておいてほしい。」(20代女性)

「ディズニーでデートするときは、事前に回る場所を決めているので、マップを見て迷わないようにしてほしい。」(20代女性)
限られた時間の中でいかにスムーズに見て回り、デートを楽しめるかというのは重要です。一緒にプランを考えたとしても、彼女は彼氏にリードしてもらいたいのです。次に行くアトラクションへ、迷うことなく彼女の手を引いて歩く彼氏の姿を見たい女性が多いようです。

ディズニーデートを成功させる方法

ディズニーデートを成功させる方法
ここまで、ディズニーランドのデートで喧嘩になってしまう理由と、彼女が彼氏に希望することがらを紹介してきました。それを踏まえた上で、ディズニーデートを成功させるコツを見ていきましょう。

「ランド」か「シー」、行きたい方を確認しておく

「ディズニーランド」と「ディズニーシー」の二つがありますが、コンセプトが違いますので、彼女とデートに行く前に、どちらに行きたいのかを確認しておきましょう。

「ランド」はどちらかというと家族や子供向けで、映画のワンシーンを切り取ったような可愛い景観が多く、いろいろなアトラクションがあります。比較的平坦な造りになっていますので、歩きやすいでしょう。

「シー」は大人の友人グループやカップル向けで、異国情緒溢れる園内になっており、絶叫系のアトラクションが多く配置されています。湖を囲むように造られており、坂が多いので移動に疲れがちです。ただ、キャラクターと一緒に写真を多く撮りたい場合は、「シー」の方が良いでしょう。

チケットは前もって買っておく

チケットは前もって買っておく
アミューズメントパークですので、当日チケット売り場で購入することは可能です。ただ、当然長蛇の列ができていますので、入園前から数十分以上待つことになります。いきなりのタイムロスは、避けたいですよね。

チケットの購入方法としてインターネットはもちろん、東京ディズニーリゾートや全国のディズニーストア、主なコンビニエンスストア、旅行代理店、JR窓口での購入が可能です。

またチケットにもいくつか種類があり、そのデートに合わせたチケットを事前購入をすると良いでしょう。

すいている日に行く

喧嘩の理由として上げられた「人ごみ」ですが、避けるためにはすいている日に行くのがよいでしょう。

では、いつ頃すいているのかですが、梅雨の時期は比較的空いています。雨が降る中わざわざ外に遊びに行くのが大変であるから、というのが一番の理由でしょう。

また平日もすいていることが多く、長期休暇期間以外の火曜日~木曜日は、休日と離れていることと学生は学校に行っている時間ということで、比較的すいています。

初デートでディズニーは避ける

初デートに向いていない理由として、お互いの好みがよく分かっていない時期に、待ち時間の長いアミューズメントパークは向いていないからです。

アトラクションやパレード、ショーの話題はすぐに終わってしまいます。結果、何を話せばよいのか分からず無言の時間が続いてしまい、お互いに気まずい空気になってしまいます。

一度別の場所でデートをして、お互いのことをある程度知ってから、ディズニーデートに行きましょう。

彼女の好みのキャラクターを知っておく

彼女の好みのキャラクターを知っておく
ディズニーには、たくさんのキャラクターがいて、エリアごとに会えるキャラクターが違います。彼女がどのキャラクターが好きだったのか、把握しておくとよいでしょう。

また、どのキャラクターが好きだったのかを覚えておくだけでなく、そのキャラクターが出てくるアニメや映画を見ておくとデート中の話題にもなります。誰しも自分の好きなものに、興味を持ってくれるというのは嬉しいものです。

キャラクターを見かけたら彼女に声をかける

園内を歩いていると、ディズニーキャラクターを見かけることがあります。素通りしてしまうのではなく、彼女に一声かけましょう。

好きなキャラクターでなくても、広い園内で出会い触れ合いができることに幸せを感じるのです。一緒に写真を撮れたら、さらに嬉しい、幸せな思い出にできるでしょう。

また、通りかかったキャラクターが彼女の好きなキャラクターであれば、名前をちゃんと言ってあげると覚えてくれていたと喜ばれるでしょう。

待ち時間対策を考えておく

待ち時間対策を考えておく
ディズニーデートで直面する問題として、待ち時間が長いことです。ただぼんやり待つのではなく、何かしらの対策を考えておきましょう。

まず、絶対乗りたいアトラクションに関しては、ファストパスを購入するように動きましょう。大幅に待ち時間を短縮することができます。

ファストパスを入手できなかった場合や飲食店の待ち時間は、入園時にもらえるリーフレット「TODAY(トゥデイ)」を見たり、アプリを見たりして次の計画を立てるのがいいでしょう。

彼女の体調を気遣う

彼女の体調を気遣う
ディズニーランドは園内が広く、ディズニーシーは起伏があるため、男性に比べると女性は体力が低いので先にバテてしまうことが多いです。また、季節によっては気温や湿度で体力が持っていかれてしまいます。

こまめな水分補給を促したりベンチがあいていれば休むか聞いてみたりして、彼女の体調を気遣ってあげましょう。無言になりがちになってきたら、疲れている合図です。

もし彼女が疲れてきているようであれば、飲食店でゆっくりしながら、これからどうするかを決めるのがよいでしょう。

ディズニーでできる彼女へのサプライズ

ディズニーでできる彼女へのサプライズ
大好きな彼女になにかサプライズをして驚かせて喜ばせたい、と考える男性は少なくないでしょう。ここではサプライズをして彼女に喜ばれたエピソードを、いくつかご紹介したいと思います。

レストランの予約をしておく

「ディズニーデートをしたとき、彼氏に晩御飯はどこで食べるか聞いたところ、もう予約してあると言われてびっくり!待つことなくスムーズに席に案内されて、ゆったりと食事をすることができたので、彼の気遣いがとても嬉しかったです。」(20代 女性 事務職)

「彼女がランド内で行きたいと言っていたレストランに、事前に予約を入れておきました。ディナーで混雑することは分かってましたから。ただ彼女には当日まで黙っておき、サプライズでディナーをごちそうしました。とっても喜んでくれてよかったです。」(20代 男性 会社員)
ディズニーランドのレストランを予約するだなんて、かなり段取りの良い彼氏ですよね。大切にされていることが伝わってきます。

ロマンチックなスポットを確認しておく

「彼女がディズニー好きで、何度かディズニーデートには行ったことがあるけど、基本アトラクションを楽しむって感じだった。

この間、彼女が読んでた雑誌に園内のオススメの夜景スポットが載ってて、ちゃっかりメモ(笑)。さりげなく連れてったら、すごい喜んでくれてよかった。」(10代 男性 学生)

「その日は夕方からの入園で、少し早めの夕食をとって、パレードを見ようということになりました。

彼がオススメの場所があるからということで、そこでパレードを見ることになったのですが、背の低い私でも見やすい場所で、事前に調べておいてくれたんだと嬉しくなりました!」(20代 女性 医療関係)
ロマンチックなスポットを事前に調べてくれていたら、それだけで嬉しくなりますね。パレードが見やすい場所ならなお嬉しいものです。

彼女の誕生日にディズニーへ行く

「私の誕生日の日に、ディズニーランドにデートに行く約束は以前からしてたんですけど、誕生日の特典を彼氏が覚えてくれてたみたいで、限定のケーキをレストランで出してもらえました!サプライズプレゼントな感じで、とっても嬉しかったです。」(10代 女性 学生)

「付き合ってる彼女の誕生日に、ディズニーランドデートをプレゼントしました。事前にいろいろ調べて、彼女が好きそうな特典を選んで、園内を回りました。彼女は喜んでくれたみたいで、またディズニーランドデートしたいと言ってくれました。」(20代 男性 会社員)
誕生日にディズニーランドデートをプレゼント。ベタなようですが、一生の思い出になりますね。

ホテルを予約しておく

ホテルを予約しておく
「泊まりでディズニーに行くことは決まってて、ホテルの手配は全部俺に任せてと彼氏に言われたので、当日の楽しみにしてました。

そして、いざ部屋に入るとキャラクターイメージの客室だったんです!好きなキャラクターに囲まれてすごす、夢のような時間でした。」(20代 女性 会社員)

「彼女とお泊りデートで、ディズニーに行こうとなったとき、ディズニーランドホテルの映画モチーフの部屋を予約しました。彼女が好きだと言ってた映画のモチーフがあったので、サプライズで(笑)。

喜んでもらえて、直前までナイショにしててよかったです。」(20代 男性 医療関係)
ディズニーランドに行ったらホテルも楽しみの1つですね。直前までナイショにする彼氏は素晴らしいです。

彼女に宛てた手紙を用意しておく

「ディズニーデートを楽しんで数日後、彼氏から手紙が届いて何かな?と思ったら、ディズニーランドから届いたものでびっくり!これからもよろしくねという、彼の言葉が書かれていました。ただの手紙よりも何倍も嬉しくて、今も大切にしまってあります。」(20代 女性 医療関係)

「付き合って1年記念ということで、彼女のところに手紙がつく日が記念日になるように、ディズニーランドデートをしたんです。届いた手紙は、彼女に喜んでもらえました!

こっちはこっちで、彼女に気づかれないように、ディズニーランド内のポストに手紙を投函するっていうのが、ちょっとスリルあって楽しかったです(笑)。」(20代 男性 会社員)
ディズニーランドで彼女のために手紙をポスト投函をするなんて、かなりロマンチックな彼氏です。こんな演出されたら一生の思い出になりますね。ディズニーランドの内容の記事は下記ページもぜひご覧ください。

彼女と楽しいディズニーデートを!

彼女と楽しいディズニーデートを!
いかがだったでしょうか?彼女とディズニーデートに行くと別れるという噂が流れているのは、ディズニーランドは大人気テーマパークなので、つい喧嘩に発展してしまう要素がいくつかあることがわかりました。でも、そこさえ解決できれば別れることはありません!

ディズニーランドは夢の国。大切な彼氏・彼女と、一番の思い出を作れるよう、楽しんでくださいね。デート中の写真の撮り方を知りたいという方は、以下の記事もチェックしてみてください!

Related