Search

検索したいワードを入力してください

「本当は彼氏に甘えたい!」甘え下手な彼女が遠慮していることとは
2019年02月01日

「本当は彼氏に甘えたい!」甘え下手な彼女が遠慮していることとは

「彼氏に甘えたいけど甘えられない」という女性が増えているって知っていましたか?恋人に甘えるって簡単なようで難しいものですよね。そんな彼氏に甘えられない女性も、彼女が甘えてくれない男性も、この記事を通して、遠慮せずに甘えられるカップルになるコツを学びませんか?

本当はみんな彼氏に甘えたいもの…

本当はみんな彼氏に甘えたいもの…
どんな女性でも、可愛らしい一面を持っているものです。そして、ふとしたときに彼氏に甘えたいな…と思う女性も案外多いもの。しかし、いくら彼氏に甘えたいと思っていても、なかなか素直に甘えることができないという甘え下手な女性も多いですよね。

そんな甘え下手な彼女の遠慮していることや、男性側がどのようにしたら彼女が甘えやすくなるのかといった点について、これから徹底解説していきます。早速、一緒に見ていきましょう!

彼氏に本当は甘えたいこと

彼氏に本当は甘えたいこと
甘え下手な女性も、いろんなことに対して甘えたいなと感じているものです。そんな甘え下手な女性は一体、どんなことを甘えたいと思っているのか、みなさんは見当がついていますか?

彼女たちは、どんなことについて彼氏に本当は甘えたいのか、一緒に見ていきましょう。

彼氏に悩み事を聞いて欲しい

彼氏に悩み事を聞いて欲しい
彼氏に本当は甘えたいことの1つとして「彼氏に悩み事を聞いて欲しい」ということがあげられます。

甘え下手な女性は、彼氏にいろんな話を聞いてもらいたいけれど、ネガティブな話題は嫌がられるだろうと、彼氏に悩みを話せないという人も多いもの。しかし、深層では彼氏に頼りたいという気持ちを持っており、彼氏に悩みを聞いて欲しいと感じているんです。

重い荷物は持って欲しい

重い荷物を持つとき、女性は男性に「手伝ってほしいな」と思うことも少なくありません。特に女性は男性に比べると力がないため、力仕事には不向き。そのため、彼氏に甘えたいこととして「重い荷物を持って欲しい」と思う女性も多いのです。

構って欲しい

彼氏が暇なときに「構って欲しいな~」と思う女性は多いですよね。甘え上手な女性であれば素直に甘えられますが、甘え下手な女性の場合、それができません。

甘え下手な性格上、自分の気持ちを抑え込んでしまう女性も多いですが、本心では「彼氏に甘えたい」と思っているんです。

もっと一緒にいて欲しい

もっと一緒にいて欲しい
好きな人と一緒にいたいという気持ちは、女性だけではなく、男性も持ち合わせているもの。甘えられない女性でも、彼氏とのデートが終わりそうなとき、「彼氏には伝えられないけれど、もっと一緒にいて欲しい」と思うものです。

しかし、引き留めてしまうのは相手に申し訳ないと相手の都合を考えて、素直に「一緒にいたい」と甘えることができない女性も多いです。

ただ純粋にスキンシップをして甘えたい

ただ純粋に「彼氏にスキンシップをして甘えたい」と思うことも、本当は彼氏に甘えたいことの1つです。

キスをしたい、ハグをしたいといった気持ちは、好きな人と一緒にいると生じてしまうのは当たり前のこと。けれど甘え下手な女性の場合、これを自分から素直に求めることが難しいのも現実です。

彼氏に甘えたいのに甘えないのはなぜ?

彼氏に甘えたいのに甘えないのはなぜ?
彼氏に本当は甘えたいと思っていることについてご紹介してきましたが、どうして彼氏に素直に甘えることができない女性が多いのでしょうか?

続いては彼女たちがなぜ彼氏に甘えないのか?という点について、体験談を踏まえてお話していきましょう。

彼氏に迷惑をかけたくなくて遠慮している

「彼氏にこれを言ったら迷惑になるかな?と思うと、甘えたいけど、甘えられないです」(20代 女性)

「私は悩みを話したらネガティブになるし、疲れてる彼には迷惑かなって…顔色伺っちゃって、甘えたい気持ちは隠してます」(26歳 女性)
甘えることが苦手という女性は、遠慮がちな性格の持ち主が多いもの。そのため、自分が甘えることで彼氏に迷惑をかけてしまうのではないかと、甘えたい気持ちを押し殺している人も少なくはありません。

彼氏が忙しかったり疲れていたりすると、尚更甘えられなくなってしまいます。そういった女性の優しさが、甘えられない状況を引き起こしているんですね。

甘えたいけど彼氏に嫌われそうで怖い

甘えたいけど彼氏に嫌われそうで怖い

彼氏に甘えたいけれど、うざがられたり嫌われたりしそうと感じている女性もいるもの。彼氏と腹を割って話せない女性に多く、彼氏の許容範囲を知らないからこそでもあります。

また、こういう女性は甘え=わがままという印象を抱いており、彼氏に甘えられないという状況に陥っていることでしょう。

甘えたいのに甘え方が分からない


甘えられない女性は、甘えたくないのではなく、甘えたいと思っていてもそもそも甘え方が分からないという悩みを持っていることが多いです。長女であるなど、昔から何かと我慢を強いられてきた女性に多いです。

甘え方はもちろんですが、頑張って甘えても甘え方の加減がわからないこともあります。

甘えたい気持ちよりも恥ずかしいが勝つ

甘えたい気持ちよりも恥ずかしいが勝つ
「彼氏に甘えたいんだけど、キャラじゃないから恥ずかしくて無理」(27歳 女性)

「甘えるとなると、自分のプライドが許さないというか、客観的に自分を見たら、恥ずかしすぎる」(20代 女性)
普段から甘えるようなタイプではない自立した女性の場合、甘える自分を客観的に見て、どうしても恥ずかしくなってしまうことがあります。

恋人とラブラブな時間を過ごすこと自体が苦手であったり、弱みを見せるのが嫌だと自分にブレーキをかけてしまったりすることも多いでしょう。

彼氏に甘えるよりも、尽くしてしまう

「甘えたい気持ちはあるけど、自分に自信がなくて。尽くしていないと彼が離れていってしまうのではないかと不安になります」(10代 女性)

「甘え下手な私に対し、彼氏が甘え上手。そんな彼が甘えてくるから、余計に私は彼に甘えられない…」(20代 女性)
甘えたがりな彼氏を持つ女性の場合、甘えたい気持ちをもっていても「自分がしっかりしないと」と思ってしまい、彼氏に尽くしてしまいます。

「尽くさないと彼氏の心が離れてしまうのではないか」といった自分に自信がない女性も、彼氏への甘えたい気持ちを堪えがちで、甘えることができません。

女性が出す"甘えたいサイン"

女性が出す"甘えたいサイン"
甘えたいと思っていても彼氏に甘えられない理由についてご紹介しました。相手のことを考えすぎる人や、甘え方自体が分からない人など、いろんな人がいることがわかりましたね。

続いては、そんな女性たちの"甘えたいサイン"についてお話します。女性たちの出す"甘えたいサイン"を見抜くことができれば、彼女に甘えて欲しい男性も、アプローチをしやすくなることでしょう。

用事がなくてもメールや電話が来る

「素直に甘えるのが苦手なので、甘えたいとは彼に言うことができず…。でも、彼氏に構ってもらいたいから、用事がなくてもLINEをしてしまいます」(20代 女性)
用事がなくてもLINEや電話がくるのは、彼女からの甘えたいサインの1つ。彼氏に構って欲しい、何か話をしたいといった甘えから、他愛のない話をしたりするのです。

男性側は彼女からのこういったサインを邪険に扱うのではなく、「何かあった?」と話を聞いてあげて欲しいものです。ときに、彼女からのSOSが隠れている場合も。

小さな悩みを打ち明けられる

「彼氏に共感してほしくて、甘えたくて…ちっさい悩みを打ち明けたりしてます。でも、うちの彼氏は甘えさせてくれると言うより、解決策を提示されるのでそうじゃない感が」(26歳 女性)
彼女から大小問わず、悩みを打ち明けられるということも女性の甘えたいサインです。ただただ共感してほしいという女性が多いので、男性に対して話を聞いてほしい、といった様子を示すことも甘えることなんです。

甘えることが下手な女性の場合、「他にも困ったことはない?」と男性側から聞いてもらえると、もっと甘えやすくなることでしょう。

すぐ近くに寄り添ったり、軽く触れたりする

すぐ近くに寄り添ったり、軽く触れたりする
「キスしたいけど自分からキスしたいとか言えないから、彼から来てくれないかなって…近くに行ったり、手触ったり…目見たりしてます」(20代 女性)
キスやハグといったスキンシップをしたいけど、できない女性の彼氏への甘えたいサインとして、近くに行ったり軽く触れたりといったアクションを起こすことがあります。

自分からガツガツ行くことができない女性は多いもの。女性側も頑張ってほしいところですが、男性も小さなサインを見逃さないようにしてほしいですね。

少し大げさにリアクションをする

「彼にどうしたの?って話を聞いてもらいたいけど、自分から言えないから、彼の前で大げさにため息こぼしたことあります(笑)」(10代 女性)
少し大げさなリアクションをして彼氏の気を引くことも、彼女からの甘えたいサインです。

大きなため息をこぼされるのは、男性としては一緒にいるのが「楽しくないのかな?」と嫌な気持ちを抱くでしょう。しかし、女性としては彼氏から「どうしたの?」と声をかけてほしくて、あからさまにため息をこぼしていることがあるんです。

急に黙ったり、元気がない

急に黙ったり、元気がない
「彼から甘えて欲しいと言われたけど、甘えるってどうしたらいいかわからなくて…いざ甘えようとしたら、難しくて無言になったりしてしまいます」(10代 女性)
彼氏に甘えたいけれど甘えられないという葛藤から、話をしている最中に無言になってしまったり、元気がないように見えてしまうことも、彼女の甘えたいサインとしてとらえることができます。

本当に体調が悪いということもありますが、彼女からのSOSのサインである場合もあります。彼氏はこういった彼女のサインを、見逃さないようにしたいですね。

上手に彼氏に甘える方法やシチュエーション

上手に彼氏に甘える方法やシチュエーション
女性が彼氏に甘えたいサインを述べてきましたが、女性のみなさんは自分に当てはまりましたか?また、男性のみなさんは彼女からのサインを見逃してしまってはいませんか?今一度、自分たちのことを振り返ってみましょう。

続いては「彼氏に甘える方法やシチュエーション」についてお話します!甘えたくても甘えられない女性は、ぜひ参考にしてくださいね。

お部屋デートをしてみる

お部屋デートをしてみる
彼氏に甘えられない女性はまず、周りの目を気にしないおうちデートをしてみましょう。周りの目を気にする必要がないので、いつもよりも大胆な自分を演出することができますよ。

また、彼とゆっくり話ができるというメリットもあります。2人きりの空間であるからこそできる深い話をしてみましょう。そうすることで、この人はどこまで甘えても大丈夫なのかということが見えてくるはずです。

恋人と長く付き合っていきたい、いつかは結婚をと考えている女性であれば、甘えられないと悩んでいるだけではなく、腹を割って話せる関係を築いていく必要があります。

LINEやメールで甘えたいことを伝える

甘えたいという気持ちを伝えることも、上手に彼に甘える方法の1つです。直接甘えたいと伝えることは難しくても、LINEやメールのようなツールを使うことで、甘えやすくなります。

彼氏に甘えたいという気持ちを伝えることにより、彼氏も彼女の甘えたい気持ちを尊重して、甘えのリードをしてくれるはず。うまく甘えることができなくても、彼氏も「恥ずかしいんだな」と優しく受け止めてくれますよ。

甘えることができず無言になって彼を困らせるよりも、甘えるのが苦手と伝えておくだけで、お互いの心に余裕が生まれます。

くっつきに行く

くっつきに行く
甘えられないと悩んでいる女性は、思い切って彼にくっついてみましょう。一度思い切った行動をとってみることで、彼との距離は縮まるだけではなく、「あれ?意外といける?」と自分に自信をつけることができますよ。

彼に自ら触れるということで、彼氏のあなたに触れたいというスイッチを押すこともできます。「スキンシップをして彼に甘えたい!」という女性は、積極的に彼に近づいてみてはいかがでしょうか。

お酒を使って本音を伝える

お酒を使って本音を伝える
成人に限りますが、お酒の力を使って彼氏に甘えたいということを伝えることも、上手く甘えるための1つの方法になります。

お酒が入ると、男性も女性も気持ちが昂ることでしょう。普段は素直になれない女性も、お酒の力を借りることで気持ちを伝えやすくなります。あくまでお酒が入っていたから…と恥ずかしさを誤魔化すことも可能です。

お酒が入った勢いで、積極的に甘えてみてはいがですか?普段とは違うギャップに男性もドキッとしますよ。

彼氏の助けは素直に受け入れる

「○○してあげようか?」といった彼からの提案は、素直に受け入れましょう。自分から「~して!」とお願いしているわけではありませんから、甘えるときの罪悪感も少ないですね。

男性は頼られると嬉しい生き物です。そのため、彼女に提案した助けを素直に受け止めて貰えると、内心とても嬉しく感じます。

自分のためというよりも彼が喜ぶからと考え、彼からの助け舟には素直に甘えておきましょう。そうすることで、彼に甘えることも少しずつ慣れていくはずですよ。

甘えない彼女を甘えさせるには?

甘えない彼女を甘えさせるには?
甘えられない女性が上手く甘えるための方法をお伝えしてきました。少しずつ自分にもできそうだなと思うことはありましたか?

続いては、甘えない彼女を甘えさせる方法についてご紹介します。ぜひ実践し、彼女に甘えやすい環境を作ってあげてくださいね。

包容力があるところを見せる

「彼氏に余裕があるかどうか」を気にしている女性は多いです。彼氏に甘えたい気持ちがあっても、彼氏が仕事で忙しいときは、彼の邪魔をしてはいけないなと自分の気持ちを抑えていることでしょう。

そんな彼女たちには、包容力があるところを見せるのが効果的です。

包容力がある男性かどうかがわからないと、これをしたら怒られるのではないか?嫌われるのではないか?と不安になります。包容力があるとわかれば、「彼なら受け止めてくれる」と信じることができるので、甘えやすくなるんです。

彼女が甘えられるかどうかは、彼氏の包容力にもかかってくると覚えておきましょう。

女の子扱いしてあげる

女の子扱いしてあげる
甘えない彼女を甘えさせたいなら、「女の子扱いをしてあげる」こともおすすめです。女の子扱いをすることでラブラブな雰囲気作りにもなりますし、彼女としても彼がこんなに甘やかしてくれるのなら、「甘えてもいいのかな?」と思えることでしょう。

プライドが高い女性でも自分に自信がない女性でも、彼氏に女の子扱いをしてもらえたらそれだけで嬉しいものです。男性から甘やかしていくことも、甘えやすい環境をつくることになるんですよ。

手助けをしてあげる

彼女に甘えてもらうためには、彼女が甘えやすいような手助けをしてあげることも1つの方法です。

彼女が重い荷物を持とうとしたときには「荷物を持ってあげるよ」と手助けをする、電球を変えようとしていたら代わりに変えてあげるなど、男性だからこそしやすいことから始めてみましょう。

彼女としても男性から提案して貰えれば、素直に甘えやすいです。

甘えられたいことを伝える

甘えられたいことを伝える
女性の中には、彼氏の許容範囲が分からないために甘えていいかわからないという人も多くいます。そのため、「彼女に甘えられたい」という本音を明かすことも大事なことなんです。

彼氏に甘えていいのかわからない女性からすると、男性に「甘えて欲しい」と言われることで、甘えやすくなることは間違いありません。「こんなことをされてみたいな~」といった例も挙げてあげると、甘えてもいい上限ラインがより明確になり、彼女としても助かるでしょう。

甘えるを罰ゲームにしてみる

罰ゲームとして、彼女に「甘えてほしい」と提案してみるのも、彼女を甘えさせるための方法となります。なかなか甘えてもらえない、2人の関係が先に進まない…と悩んでいる場合でも、ゲーム感覚で楽しめるので、距離を縮めやすくなりますよ。

ただし、行き過ぎると彼女がトラウマになってしまう可能性があるので、彼女の性格を考えたうえで、できる範囲内のことに留めておきましょう。

遠慮せず甘えられるカップルになろう!

遠慮せず甘えられるカップルになろう!
ここまで甘え下手を克服するための話をしてきましたが、彼氏に甘えられない女性も彼女に甘えてもらえない男性も、参考になりましたか?

大好きな人に甘えるのは、簡単なようでなかなか難しいことですよね。しかし思い切って甘えてみることで、恥ずかしさが吹っ切れて、「甘えてもいいんだ」という自信をつけられます。

お互いに好きだからこそ、お2人は恋人としてお付き合いをしています。そのことを忘れずに、お互いに歩み寄って、遠慮せず甘えられるカップルになっていきましょう!

他にも関連記事をご用意していますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

Related