Search

検索したいワードを入力してください

彼氏にお金を貸すのは絶対NGの理由「破局率80%以上!?」
2019年01月25日

彼氏にお金を貸すのは絶対NGの理由「破局率80%以上!?」

彼氏にお金を貸してと言われたら、あなたは貸しますか?貸しませんか?実は、どんな理由でも彼氏にお金を貸すことはおすすめできません。この記事ではなぜ彼氏にお金を貸してはいけないのか、その理由を、彼にお金を貸して後悔した人の体験談なども交えてご紹介します。

彼氏にお金を貸すのは絶対ダメ?!

彼氏にお金を貸すのは絶対ダメ?!
もしも彼氏に「ごめん!お金貸して!」と言われたら、あなたはどうしますか?

大好きな彼氏にそうお願いされて、貸してしまう女子は意外と少なくないかも知れません。でももし、お金を彼氏に貸すということがお別れの原因となってしまったら…?

ここでは彼氏にお金を貸すことを絶対にしてはいけない理由を、体験談も交えてお伝えします。

彼氏にお金を貸してはいけない理由とは?

彼氏にお金を貸してはいけない理由とは?
彼氏にお金を貸すと破局する確率が上がってしまうのは何故でしょうか。少しの金額なら、貸すと言っても大げさではないし、いいんじゃないの?と思われるかもしれません。

それでもお金を貸すことはおススメしません。ではなぜ、彼氏にお金を貸してはいけないのか、お金を貸すことで、どういった悪い出来事があるのか、その理由5つを具体的にご説明します。

対等な関係でいられなくなる

対等な関係でいられなくなる
お金を貸すということはとてもデリケートな問題です。お金を貸すと「貸した側」「借りた側」という関係が発生してしまいます。

そうすると、どうしても「貸す側」が「貸してあげた」ことにより「借りた側」より上の立場になってしまいます。となると、無意識のうちに「貸してあげた。」という気持ちから上からの態度をとってしまったりします。

例え少額だとしても、お金を貸すということで今まで平等だったはずの恋愛関係のバランスが崩れて対等な関係でいられなくなってしまうのです。

貸すのが当たり前になってくる

一度お金を貸すということをしてしまうと、人というのは段々慣れてくるものなので、最初は借りる側にあった遠慮が段々と無くなってきてしまい、いつしかちょっとのお金でも「貸して!」ということになってきてしまいます。

貸す方も、慣れてきてついつい「はいはい。」と貸していると、貸す方も借りる方もなあなあになってきてしまい、「いつ」、「どこで」、「いくら借りて」、「いつ返すのか(返してもらったのか)」が分からなくなってしまうのです。

そうすると、お金を返してもらったかそうでないかでトラブルに発展してしまいます。

貸すことを断りづらくなる

貸すことが当たり前になってきてしまうと、ふと「このままではいけない、次は断ろう!」と決心しても、相手は借りることに慣れていて、貸してもらえることを前提にしているので、「え?どうして?この前は貸してくれたじゃん!」と相手に逆ギレされてしまうことも。

もしくは逆ギレまではいかずとも、不機嫌になってムスッと黙り込んでしまうということもあり得ます。そうすると、その逆ギレと分かっていても男の人の怒り声は低く圧力があるので、怯えてしまう女性も多いはず。

不機嫌な彼の横にいると居心地が悪い、という理由から貸さないより貸す方が平穏を保てる…と、貸すことを断りづらくなってしまいます。

返済の請求をしづらい

返済の請求をしづらい
かれにお金を貸す時、相手から「いついつまでに返す。」と言ってくれないと、こちらから細かい期限を定めたりすることは難しいですよね。

「まあ、数日も経てば返してくれるでしょう。」と自分は思っていても、彼も同じように数日以内に返すと思っているとは限りません。そうして思った以上に返してくれないと、モヤモヤしてしまいます。

しかし彼氏だからいつかは返してくれるだろう、請求してギクシャクしても嫌だし・・・と返済の請求をしたくても躊躇してしまい、ストレスだけが溜まっていく・・・という悪循環に陥ってしまいます。

お金が返って来なかったときにトラブルに発展する

お金が返って来なかったときにトラブルに発展する
彼に悪気は無くても、「あてにしていた収入が入らなくなってしまった」等の理由で、貸したお金が返って来ない状況になってしまう場合もあります。そうすると、このまま返って来ないのか、返すにしろ期限が伸びるのか、等の金銭トラブルが起きてしまいます。

トラブルになると、彼との信頼関係が崩れ、最悪別れるというパターンになってしまいます。

しかも、自分もお金が必要だからお金を返してもらうまでは別れられない…とずるずる関係を続けた場合、自分の貴重な時間を無駄に費やすことにもなってしまいます。

実際に彼氏にお金を貸してしまった体験談

実際に彼氏にお金を貸してしまった体験談

一回の貸しから甘えられて…


人のことを「彼女」ではなく「都合のいい女」としてしか見ていないパターンですね…。
このような人は今後もずるずると都合よく甘えてきそうなので、お別れした方がよいでしょう。

返してくれずにモヤモヤ…


返してくれないと、貸したことを後悔してモヤモヤしてしまいますよね…。

大好きな彼氏のピンチを救いたい一心で…

彼氏が沢山今月の生活費が入った財布を落としてしまったとのことで、とりあえず持って
いた1万を貸しました。
私としては好きな人のピンチを救いたい気持ちで迷わず出してしまいましたが(中略)いい大人ですし、私に頼らず自身でひと月くらいの蓄えを切り崩してやり過ごす程度の余裕はあるんじゃないかと思っています。特に優雅な暮らしをしたり贅沢するタイプではないですし毎月末は苦しい等はないはずです。
給与が出たら返すと言っていますが、正直不安です。

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |
彼を信用したい気持ちも分かりますが、怪しいところはつも以上に冷静に見てこれからのお付き合いを判断して欲しいですね。

女性が彼氏にお金を貸してしまう理由

女性が彼氏にお金を貸してしまう理由
良くないことと分かってはいても、お金をつい貸してしまう女性は少なくありません。では、なぜ分かっていて貸してしまうのか、その理由をご紹介します。

断れない性格

頼まれごとをされると「嫌。」と断れない性格の場合、お金を貸して。と言われてあまり良くないことだと分かってはいても、断れない性格の為につい貸してしまいます。

気が弱いという人は、仕事などにおいても嫌な仕事や面倒な仕事を押し付けれられても、断った時の相手の反論が怖い(例え相手の勝手な言い分であっても。)、相手からマイナスの印象を持たれたくないという理由できっぱり断れずに引き受けがちです。

しかし、そのままだと相手につけ入れられるばかりですので、断る勇気を持つことも大切です。

特に、彼氏にお金を貸す場合など、相手のためにもならない場合は愛する彼だからこそ、厳しく断った方がお互いのためにもなります。

頼られるのが好き

頼られるのが好き
彼氏にお金を貸してしまう女性の特徴に、相手に頼られるのが好きな性格があります。彼氏から頼られることによって、自分の自尊心が満たされることを喜びに思ってしまっているのです。

確かに、気前よくお金を貸してあげれば彼氏は喜び度々あなたに頼ることになるでしょう。そしてその度に貸している女性の自尊心は満たされます。

しかし、それでは彼氏を甘やかすばかりで、彼氏のためには全くなりません。むしろ逆に、頼ることに慣れてしまって、人に頼るばかりのダメンズになってしまいます。

頼られて悪い気がしないことは分かりますが、頼られてひたすらそれに答えることが正しいかどうか、もう一度考えてみることも大切です。

お前しか頼れるのがいない!と言われて信じてしまう

彼氏から、「こんなことを頼めるのはお前しかいないんだ!」と必死な表情で訴えられたら、「彼を救えるのは私しかいないんだ!」と使命感に燃えてしまうかもしれません。

でも、冷静になって考えてみましょう。「お金を貸す」ということは少なからずあなたに一時的とはいえ、金銭的な負担をかけるということです。普通なら、愛する恋人に迷惑をかけるということは避けたいですよね。

お金を誰かから借りたいのなら、迷惑のかからない消費者金融から借りれば済むことです。それなのに恋人に借金を申し込むということは、実はあなたのことをそう大切には思っていないということです。

彼女にお金を要求する男の特徴

彼女にお金を要求する男の特徴
それでは、彼女にお金を要求する男の特徴にはどんなものがあるのでしょうか。
もしも、彼氏や気になる人が以下の特徴に当てはまっていた場合には少し注意が必要かもしれません。

対人関係や仕事面でだらしがない

彼女にお金を要求する男の特徴として、対人関係や仕事にだらしがないという点が挙げられます。

なぜなら、お金を人に借りる、ということは基本的に良くは思われない行為です。また、借りた相手が金欠になってしまう可能性もあり、迷惑をかけてしまいます。それを平気でするということは、周りへの迷惑を考えられないルーズな性格であることが考えられます。

また、お金を借りる必要があるということは、お金が足りないということですが、お金の使い方にきちんと計画性があれば借金を避けられます。

それが出来ていないので借金をせざるおえなくなるわけですが、つまり仕事面でも計画性がなくだらしがない可能性があります。

他力本願な性格

他力本願な性格
また、特徴のひとつに他力本願な性格もあります。ピンチになっても他人がなんとかしてくれる、他人に頼ればいい。という考え方で生きているので、人に頼りきりでいざというときに自分では何も出来ません。またそもそも自分で努力してなんとかしようとしません。

お金が無くなったら借りればいい。と思っているので、そんなことを繰り返して、いつしか気が付いたら周りから人がいなくなっています。

そのような人は出世や成功は見込めませんし、結婚しても一事が万事一事が万事甘え、頼られてばかりでうんざりしてしまいます。お付き合いを考え直した方が良いでしょう。

人からの信頼がない

人からの信頼がない
「お金を貸して欲しい。」と、言われたら、あなたはどう思いますか?

借金を申し込んできた相手が、友達、家族、恋人…自分とどういった関係であれ、またどれほど仲が良くても良い気持ちにはなりませんよね。まして、それが仕事の同僚や先輩、後輩などあまり近しくない関係ならなおさらです。

借金をして、ちゃんと返したとしても借金を申し込まれて良い気分がしなかった分、信用はされないでしょう。なので、恋人にすらお金を借りようとする男性は周りの人から信頼がない場合があります。

計画性に乏しい

お金を人から借りる人は、いつ、どこで、いくら使うかを計算するということをしっかりとしません。

通常ならお金を使う場面で、(この先あそこでお金を使うから、ここは我慢しよう。)とか、(ここで使う分、あそこでは出費を抑えよう。)と考えて出費を調整します。

計画性がない人は先を見通してしっかり計画を立てて行動する、ということが出来ない性格のため、使う場面ごとに無計画にお金を使ってしまい、結果、お金が足りなくなって周りに頼って工面するしか方法がなくなってしまうのです。

こんなダメンズ達は、計画性に乏しい以外にも、様々なダメ特徴があります。

そんなダメンズを避けるにはダメンズの特徴をあらかじめ知っておくのが有効です。以下の記事でダメンズの特徴を解説しているので、是非ご覧ください!

彼氏との金銭トラブルを防ぐ方法

彼氏との金銭トラブルを防ぐ方法
彼氏とはずっと喧嘩などせず、ラブラブでいたいのは誰しも思うことです。

単なる喧嘩でも出来る限り避けたいですが、それにも増してお金のトラブルは聞いてる分にもあまり綺麗な話では無いですし、こじれればお別れの原因になってしまいます。

お金を貸したままお別れして泣き寝入りをしなければいけないのも悔しく悲しいですし、取り戻したいと裁判を起こしても無駄な時間、労力とお金もかかってしまいます。そんな事態は避けたいですよね。

それでは、彼氏とお金をめぐってのトラブルを避けるにはどうしたらよいのでしょうか?

基本的に全て断る

基本的に全て断る
当たり前のことですが、トラブルを防ぐには、基本的に彼氏からの借金の申し込みはすべて断りましょう。でも、彼氏の関係を壊したくない…等の理由から、当たり前とは分かっていて、お金を貸すことを断るには勇気が要りますよね。

しかし、もしも借金の申し出を断ったとして、彼氏の機嫌が悪くなってしまったりしても、そもそも彼氏が悪いのであなたが気に病む必要はありません。

そんな冷たい奴だとは思わなかった。と別れを切り出されたら、それは彼氏の単なる身勝手なわがままです。逆にその程度の人だったんだ…と冷静に考えて真剣に別れを考えてももよいでしょう。

うっかり財布を家や車に忘れてきた、すぐに返せるという程度なら貸しても構わないかもしれせんが、あまりにうっかりが多い場合も一度注意が必要かもしれません。

必ず返済期限を決める

彼氏にお金を貸す場合、必ず返済期限を決めましょう。返済期限を決めずになんとなく軽い気持ちで貸すことをしてしまうと、いつまでも返って来なかったり、自分のお金の予定も立てづらくなってしまいます。

「貸すけれど、いついつまでに返して欲しい。」と決めておけば、返ってきたお金をどうするか、この日に返ってくるから、お金をあとどのくらい使ってもいいか、とお金の使い道の予定をスムーズに立てることが出来ます。

逆に、返済期限を決めずに貸した場合、彼氏もこちらが何も言わなければ「まあいいか。」といつまでも返してくれなかったりと、なあなあになってしまいます。

返済の目途を聞いておく

返済の目途を聞いておく
返済の期限を定めることも勿論大切ですが、どのようにして返済しようとしているのかも確認しておきましょう。

「数日後の次の給料が入ったら。」等、明らかに近々お金が手に入る目途が立っているのならまだしも、「半年後のボーナスが入ったら」等の大分先の予定は当てになりません。

彼氏はそのつもりでも、ボーナスがカットされて思ったより貰えなかったため返せないと言われてしまうかも知れません。

また、人間いつどこでなにがあるか分からないので、病気やケガであなたに借金を返すどころではなくなってしまうかもしれません。

「ギャンブルに勝って返す。」は論外です。「絶対勝つ方法があるから!」などと言っても、必ず当たるギャンブルは存在しません。ギャンブルをあてにする人は、負けた場合むしろまた次の借金を申し込んでくる危険もあります。

ギャンブルをしているかつ、借金を申し込んでくる人からはお金を貸す貸さない以前に早急に離れてください。

借用書を書いておく

彼氏に口約束でお金を貸すと、後で返して欲しい時に返す期間で「言った。」「言わない。」とトラブルの原因になります。

なので、お金を貸す際には少々の金額でも面倒がったり、そんな大げさな…と考えずに「借用書」を書いて、彼氏の同意のサインをもらいましょう。

借用書があれば、もしも彼氏が返済を渋ったりとぼけたとしても借用書を元に返済を迫ることが出来ますし、万が一、裁判沙汰に発展してしまって裁判を起こす際には有力な証拠になります。

彼氏が借用書に同意を渋る場合は返す気が最初からあまりないと疑って良いでしょう。その場合、きっぱり貸すことを止めた方がトラブルを防ぐことが出来ます。

貸す場合は諦めのつく金額までにする

貸す場合は諦めのつく金額までにする
それでも彼氏にお金を貸す場合は、もしも返って来なかった場合、きっぱり諦めて納得出来る金額かどうかを貸す前に考えてみましょう。

お金を返してもらう前に彼氏と別れてしまった場合、返しては欲しいけどもう会いたくない、もう一度トラブルになるのは嫌だ…。とモヤモヤと悩んでしまうこともあるでしょう。

しかし、悩むよりは、貸したお金は今までの楽しかった付き合いをしてくれた彼氏へのお礼だ。と割り切って忘れてしまいましょう。その方が彼氏に裏切られたダメージは少しは減ります。

なので、貸す前に最悪の事態も想定して、貸して返って来なかった場合でも割り切れるかどうかをよく考えましょう。

彼氏にお金を貸す前にしっかり考えてみて!

彼氏にお金を貸す前にしっかり考えてみて!
いかがでしたか。彼氏にお金を貸しても、リスクやデメリットはあってもメリットはありません。関係がギクシャクしてしまったり、お別れしてしまったり、金銭トラブルで疲弊してしまったり…。

そうならないためにも、彼氏にお金を貸して欲しいと言われた場合、貸す前に貸して欲しい理由、返済の期限、方法をしっかりと考えましょう。

きちんと返してくれると分かっている場合やうっかり財布を忘れてしまった場合には貸すとしても、返済が怪しい場合や常習化しそうな場合にはきっぱりと貸すことを断ることも大切です。

もし、仮に金銭トラブルで彼氏と別れてしまった場合、それは彼氏の行いが良くなかったので、きっぱり忘れて次の出会いを探しましょう。

以下の記事では安心、安全の出会いが期待できるアプリについて紹介しています。是非、ご覧ください。

Related