Search

検索したいワードを入力してください

電車やプールなどの日常で勃起してしまった時の対処法|女性の気持ち
2018年10月06日

電車やプールなどの日常で勃起してしまった時の対処法|女性の気持ち

男性にとって、勃起は生理現象のひとつです。魅力的な女性がいたり、射精をしたいという欲求があるなど、本能が関係するいわば『股間の発作』であるため、時によってはコントロールできないこともあります。ここでは、そんな勃起が電車やプールで起こった時の対処法を解説します。

電車で勃起してしまった時の対処法

私たちの便利な足となってくれる、電車。仕事に行く時にはもちろん、遊びに行く時、買物へ出かける時、恋人に会いに行く時など、さまざまなシチュエーションで電車が利用されています。

しかし、そんな電車で男性ならではの思わぬ事件が起きてしまうことがあります。それが、「勃起」です。

セックスをしている最中やオナニー中、一人でエッチな妄想をしている時は問題ありませんが、あくまで電車は公共の場所。勃起しているところを見られてしまうと、最悪わいせつ目的と思われて通報される恐れすらあります。

しかし、目の前にセクシーな女性、体のラインを強調する巨乳や美尻がいたら、思わず勃起してしまうのは仕方ありません。仮に電車内で勃起してしまった場合の対象法をお教えいたします。

電車内で電話がかかってきたフリ

急に電車内で勃起をした時、いきなり股間を手で押さえて隠すのは明らかに不自然です。見ている方も、何だかいたたまれない気持ちになりますし、周囲の不信感を仰ぎます。

そこでおすすめなのが、電話がかかってきてしまったフリをする、というものです。もちろん、マナーモード状態でしょうが、急に大切な取引先から電話がかかってきたようにして、窓側に逃げます。上客に背を向け、「今電車です」と、小声でフェイクをかけて勃起を隠します。

多少、視線は集めますが、よくある光景ですので、その後不振がられることなく安心です。

電車内でバッグを使って勃起を隠す

バッグは、電車内で勃起を隠すための最強のツールです。座っている時、仮に勃起をしてしまっても膝の上におけばそれで隠すことが可能です。

また、電車内は立つこともありますが、立っている時に勃起しても、うまくバッグを引き上げて股間を隠せば問題ありません。

また、それができずとも、しゃがんでバッグ内の重要な資料を探しているフリをしていれば、気付かれずに勃起がおさまります。

満員電車はポケットから勃起チンコを触って隠す

バッグを持っていない、また満員電車だった場合、簡単に勃起を隠すことができません。ましてや、目の前の女性に勃起ちんこが当たってしまったら大騒ぎです。

そんな時は、ポケットに手を突っ込み、どちらかの手で勃起したちんこを太もも側によせて隠します。勃起しているからこそ、逆にリーチが長くなるため、先っちょに指が届き緊急事態を乗り越えられます。

また、揺れが激しく女性にぶつかりそうになったら、膝をやや前に出すなどして、絶対に勃起ちんこに当たらないようにしましょう。

プールで勃起してしまった時の対処法

プールで勃起してしまった時の対処法
プールは、水着の女性が多く、男性にとってある意味で楽園、ある意味で生き地獄のようなシチュエーションです。

当然、自分好みの女性の半裸が見られますし、おっぱいでも揺らされた日には勃起は不可避です。そんな危険な環境での勃起の対処法を紹介します。

勃起が収まるまでプールから出ない

基本ですが、勃起をしたらプールから上がってはいけません。どうにかその場を切り抜けようと焦ってしまい、プールサイドに出てしまう男性がいますが危険過ぎます。まず、水中で勃起したら出ないは前提です。

水着男性を凝視する

プール内は水着の女性の視覚刺激、または妄想によって勃起します。そのため、即座に水着男性を探して凝視してください。

イケメン探し、筋肉自慢探し、日焼け自慢探しなど、自分の中でテーマを決めて探していると、徐々にちんこが大人しくなっていきます。

泳いで勃起抑制

プールですので、泳ぐことができます。思わず勃起しても、クロールや平泳ぎなどを始めれば比較的勃起は収まります。

また、できるだけ競技レベルに近い、完璧な型で泳げるように意識すると勃起はすぐに収まるため、「俺は泳ぎにきている」と、その時ばかりは真面目モードに入れば勃起は収まっていくことでしょう。

サポーターで勃起防御する

競技用、さらにピチピチの水着の上から水着を穿くといったように、勃起しても目立たない状態をあらかじめ、つくっておくと安心です。

簡単に勃起しても目立たない強度で押さえておけば、プールサイドでもしものことがあっても冷静でいられます。

むしろ、勃起しても大丈夫と思うと勃起せず、勃起させてはいけないと思うと勃起してしまうのが男性です。

むしろ、勃起させてほしいと思いながら堂々としていると、目線が厳しくなり勃起しにくくなる効果も期待できます。

その他日常で勃起してしまった時の対処法

電車やプールだけでなく、いつ、どこで男性は勃起するかは誰にも予測できません。授業中、仕事中、買物中など、シチュエーション問わず急に勃起することは男性は多くいます。

まず、基本は上着が長ければそれで隠す、靴ひもを結ぶとかしてかがむ、脳内で興味の無い筋肉自慢の男性を想像する、手に持っている何かで隠すというのが一般的です。

また、周囲の人たちにそこまで見られていない状況であれば、思い切ってこっそり勃起チンコを太ももに挟んで隠す、というテクニックもあります。

あとは、他人からさほど見えない場所であれば動かない、背を向けるなどがあります。「収まれ、収まれ」と、思うほどにちんこは勃起をしていきます。焦るのは仕方ありませんが、すぐに「お、勃起してしまった。隠さなきゃな」と、冷静に対処することが大切になります。

勃起している男性を見た時の女性の気持ち

勃起している男性を見た時の女性の気持ち
勃起をうまく隠せれば良いですが、場合によっては女性にバレている可能性もゼロではありません。わざわざ、「キモ。勃起してるし」と、言ってくる女性はいません。一体、勃起ちんこを見てしまった時に女性はどんなことを感じているのか解説します。

電車の場合

電車の場合
電車は、痴漢と繋がっているので、女性にとっては多少勃起を確認できた場合、恐怖を感じます。

電車内は、公共の場であり、あくまでただの移動手段です。その時に、どんなにイケメンであっても勃起をしていれば、「普通ではない」と思われてしまいます。

男性の生理現象に詳しい、医学的な仕事をしている女性であれば別ですが、出会う確立はほぼゼロにひとしいため、ほとんど女性は電車内での勃起には嫌悪感を抱きます。

電車で勃起してしまったら、どんなリスクを取ってでも隠し通すべきです。

プールの場合

プールの場合
電車内と違い、プールで勃起している男性はシチュエーションがシチュエーションのため、そこまで激しい嫌悪感に苛まれることはありません。

また、可愛いギャルやエッチな雰囲気の女性を見て、勃起してしまうのは仕方ないと分かっているため、「全く、男ってやつは」くらいにしか思わない、心の広い女性も多いです。

ただし、プールに来ているシチュエーションによって、女性が勃起に思うことが変わってくるので注意してください。

例えば、彼女や女性たちと一緒に訪れている男性の場合、「彼女に興奮してるんだ」とか「どんだけスケベなんだよ」と、思われて終わりです。

しかし、一人で来ているとか、男性同士で勃起を隠さないとか、そういった場合は、「敢えて水着を見に来ているのか。気持ち悪い」と、嫌悪感を抱かれます。その勃起するシチュエーションに注意が必要です。

その他日常での場合

その他日常での場合
電車などではなく、日常で勃起をしている男性を見た場合、女性は「うわ、勃起してるし」とまず思うのが本音です。

公共の場であったり、男性一人であった場合、やはり「気持ち悪い」と思われるのは致し方ないと考えます。

とはいえ、間違って勃起しているなど、状況把握できれば面白い笑い話として捉えますし、中には「デカイ」と分析する女性もいるので一概に嫌悪感のみ、ということは言えません。

また、彼女と一緒だったり、女性と一緒の場合は何かきっかけがあって勃起している可能性がある、と冷静に見る女性もいます。とはいえ、基本的に女性にとって勃起は非日常的な風景であるため、プラスかマイナスかと言えば、マイナスよりの感情を抱かれる覚悟はしておくべきです。

勃起はできるだけ隠したい

勃起はできるだけ隠したい
ここでは、電車やプール、日常で勃起をしてしまった時の対処法、さらにそれを見た女性の感情について紹介しました。

勃起は、男性にとってコントロールできない、本能的な側面を持った生理反応です。しかし、生理学に詳しいわけではない女性がほとんどであり、公共の場での勃起は嫌悪感を抱かれることが多くあります。

危険を回避するためには、日頃からあまり女性をジロジロ見たり、エロい妄想ばかりしないことです。電車、プール、またそのほかのシチュエーションでも、公共の場ではあくまで「モラルを守れる、社会の一員」として過ごすことをおすすめします。

最近の女子大生のビッチ化がヤバイとSNSで話題!

電車やプールなどの日常で勃起してしまった時の対処法|女性の気持ち
ここ数年、お股がゆるゆるな女子大生が激増していることをご存知でしょうか?

最近は中高生でもほとんどスマホを持っていて、いつでもネットででエッチな情報にアクセスできるようになった結果、貞操観念が低い女子が日本中で増えているらしく、

それに拍車をかけるように、金持ちとデートしてお小遣いをもらう「パパ活」が2018年に大流行した影響で、スマホで知り合った人と会うことに抵抗がない女子大生が大量発生中しているというのですwww

ツイッターでセフレ探しはもう古い!

電車やプールなどの日常で勃起してしまった時の対処法|女性の気持ち
ひと昔前はTwitterの裏垢で オフパコ援交 が大量に募集されていましたが、モラルの低下を恐れたTwitterの運営会社が規制を強化。今では出会い募集系のツイートをするとすぐにアカウントが凍結されてしまうようになりました。

その結果、出会いを見つける場所を失った裏垢女子たちがTwitterの次に移ったのが、そう。

「出会い系サイト」なのです。

今、出会うならここ!「ハッピーメール」

電車やプールなどの日常で勃起してしまった時の対処法|女性の気持ち
世の中には100以上の出会い系サイトがありますが、筆者の体感では9割は悪質、もしくは全く女の子と出会えないサイト。

そんななかで自信をもっておすすめするサイトがハッピーメールです。

会員数数が日本一の超優良サイトで、会員登録時に年齢確認と本人確認を行なっているため、業者やサクラがいないことで有名です。

数年前まではピュア路線のユーザーも多かったのですが、エッチではなく恋愛をしたい層がマッチングアプリにシフトしたこともあり、今ハピメにいるユーザーは純粋にエッチなことが大好きな女ばかりになっていますww

また、ハッピーメールに登録している女性はほとんどが20代で、私が実際に会った女の子の約半数が、上京してたばかりで友達が少なくて寂しいというお股がゆるゆるな女子大生でした(笑)

エロい女だらけの掲示板でただマン確定!

電車やプールなどの日常で勃起してしまった時の対処法|女性の気持ち
上の画像はハッピーメールの掲示板の一部です。

毎日こんな掲示板が100件以上投稿されており、さらに募集内容も変態さん募集SM、などと過激な内容がメインになっています。

しかも…
電車やプールなどの日常で勃起してしまった時の対処法|女性の気持ち
こんなに可愛い女の子ばっかりなんです!


こんなかわいい女の子がセックスしたくてウズウズしているなんて・・・日本最高ww

さすがに全員が全員かわいい子ばかりではありませんが、顔だししている子も多いので、ブスは無視してかわいい子とだけ遊んじゃいましょう(笑)

ハッピーメールを使った結果…セフレ量産www

電車やプールなどの日常で勃起してしまった時の対処法|女性の気持ち
何を隠そう、私も少し前まで別のサイトで出会い系を細々とやっていたのですが、出会える日もあれば出会えない日もあり…

「なんかもっといいサイトないかな~」と思っていたタイミングで、出会い系仲間で話題だったハッピーメールを試してみたところ、

すぐエッチな女の子から連絡が来てセクアポがとれるのでハッピーメールに乗り換えちゃいましたwww

タダマンさせてもらってるんだしホテル代くらいだしてやるかと思いきや、割り勘でいいよ~♪なんて言ってくれるいい子も結構多いです。

上京したばかりの女子大生は、「いつでも頼っていいんだよ」とでも言っておけばマジで簡単に股を開くので、できれば地方出身の女の子を狙う事をおススメします!

今だけ!1200円分の無料ポイントをGET!

電車やプールなどの日常で勃起してしまった時の対処法|女性の気持ち
さらに今なら下のリンクから会員登録したあとに、年齢確認をすれば120ポイント、つまり実質1200円分の無料ポイントが手に入ります!!

私も初めは半信半疑だったのですが、いざ使ってみると無料ポイントだけでセックスすることができました。

「出会い系サイトなんて本当に女の子とセックスできるの??」と不安な方は、無料ポイント分だけでも試してみてはいかがでしょうか。

ハッピーメールは利用人数日本一のサイトで安心なので、電話番号認証をしてももちろん安全です♪

会員登録後、年齢確認をしっかりしないとポイントがもらえないので忘れずにしてくださいね♪

出会い系のイメージが悪いのは過大広告のせい!?

ここ数年、「出会い系」は先ほど説明した理由で過去最高に盛り上がっているのですが、どうしてもいかがわしいイメージが強い人も多いと思います。

おそらくその原因は、「出会い系サイトを使って美女100人斬り!」「セックスしすぎてあそこが痛いww」などと言った過激な過大広告のせいでしょう。

誰しもが、「そんなうまい話あるわけないだろ怒」と思うと思いますが、何を隠そうわたくし編集部の木下も、同じく長年疑いをもっていた張本人なのです(笑)

そんな私が今回、「出会い系の真実」を暴くため、体を張って突撃体験取材してきました。

自分で言うのもなんですが、超面白い記事になったのでぜひ読んでみてくださいwww

Related