Search

検索したいワードを入力してください

「射精が気持ちよくない」のはなぜ?|射精無快感症かも…
2019年02月27日

「射精が気持ちよくない」のはなぜ?|射精無快感症かも…

近頃、射精が前ほど気持ちよくないと感じている男性はいませんか?射精が気持ちよくないという現象が起こる場合がありますが、後天的なものなら対処できる可能性があります。いつまでもオナニーやセックスの快感を味わう為にも、この記事を読んでいただいて、学んでくださいね。

射精が気持ちよくないのはなぜ?

射精が気持ちよくないのはなぜ?
ほとんどの男性にとって、射精は気持ちいい絶頂を迎えた時に頭が破裂するような快感をもたらしてくれますよね?ほとんどの男性はそれを体と体験でご存知のはずです。

しかし、少数ながら射精が気持ちよくない男性がいるのも事実。また、元々は射精が気持ちよかったのに、気持ちよくなくなる男性もいるんです。

この記事では、射精無快感症とも呼ばれる射精が気持ちよくない現象について徹底解説いたします。最後まで記事を楽しんでくださいね。

射精が気持ちよくない人の声

射精が気持ちよくない人の声
では、実際に射精が気持ちよくない人はどう感じているんでしょうか?ここからは、射精が気持ちよくない人の声を紹介していきたいと思います。

セックスが苦痛に

「射精する時に、にゅるにゅるっと出る感じで気持ちよくないんですよね。でも彼女に求められるので、ほぼ奉仕活動になってますね。実は苦痛です。」(28歳/会社員)
射精が気持ちよくない人にとってはセックスをするのは苦痛なんだとわかりますよね。男性は女性と違って、セックスで気持ちいいのは射精だけですから。射精が気持ちよくないなら、何のために体力使ってセックスするのか、本当に疑問になるでしょうね。

パートナーがいるから仕方なく、という男性もいます。後ほど詳しく解説しますが、パートナーとのセックスライフの途中から射精が気持ちよくなくなることもあるんです。

オナニーする意味すら感じられない

オナニーする意味すら感じられない
「射精が気持ちよくないので、オナニーする意味がないですね。ネットで精液溜めすぎると体に良くないって読んだからオナニーで定期的に抜いていますが、ほぼ作業です。」(27歳/教員)
確かに精液は定期的に射精で排出した方が体にはいいんです。オナニーせずに放置しておいても体に吸収されて特に問題はないのですが、男性機能を維持したいならやはり射精した方が良いでしょう。

オナニーで快感が得られないことはとても辛いですよね。なかなか改善しない方は、高性能オナホなどを試してみるのも良いでしょう。気持ちよくオナニーすることで、また気持ちのいいオーガズムを取り戻せる可能性もあります。

射精が気持ちよくないのを治したい

射精が気持ちよくないのを治したい
「歳と共に射精が気持ちよくなくなって、何とか治したいって思いました。射精が気持ちよくないって苦痛だし寂しいし…。病院にかかるのも恥ずかしいので、ネットを検索して色々試そうと思ってます。」(35歳/営業職)
射精が気持ちよくないなんて寂しいですが、歳と共に射精の時のドクドク感が薄れてしまう人は多いものです。先ほど高性能オナホで改善できる場合があると触れましたが、後ほど紹介しますね。

また、精液の量を増やすことで射精の快感も戻ることがありますので、そちらも後に紹介します。あらかじめ知識として身につけておくと、射精が気持ちよくない…なんてことになった時役立ちますよね。

射精が気持ちよくない時のチェックポイント

射精が気持ちよくない時のチェックポイント
では、射精が気持ちよくないという症状を抱えているか、チェックリストで試してみましょう。まずはチェックリストを見て、何個当てはまるか数えておいてくださいね。

射精が気持ちよくないのは俺だけ?

  • 年齢と共に精液の量が減った
  • 射精の時のドクドク感がない
  • 射精の時は精液が尿道を通る感覚だけ
  • 頭まで衝撃が走るような快感がない
  • オナニーしても気持ちよくない
  • オナニーは男性機能のメンテとしか思えない
  • 射精が気持ちよくないのでセックスしたいと思えない
  • セックスは彼女が満足したらもう終了している
  • 生まれつき射精が気持ちよくない
  • 気持ちよくないのは最近始まった
このリストで3つ以上当てはまる方は、改善する処置を取ることをお勧めします。異常とまでは言いませんが、改善する方がよりよい生活を目指せますよ。

また、生まれつき射精が気持ちよくないという項目が当てはまる方は、射精無快感症の可能性があります。

射精が気持ちよくない原因

射精が気持ちよくない原因
では、こちらからは射精が気持ちよくない原因について解説いたします。生まれつき射精が気持ちよくない先天性射精無快感症の方も解説しますが、年齢や環境で射精が気持ちよくないという現象は起こるものです。

その原因について解説いたします。

ストレス

多くの男性は仕事などで大きなプレッシャーやストレスに晒されていますよね。特に大都市での生活をストレスに感じる方も多いはず。

そんなストレス社会に生きている男性は、ストレスで射精が気持ちよくないという現象が起こることがあります。日々のストレスをコントロールすることで改善はできますが、「最近、射精が気持ちよくない」と感じたらストレスかもしれませんね。

オナニーのし過ぎ

オナニーのし過ぎ
皆さん、どれくらいの頻度でオナニーをしていますか?若いうちは毎日、時には一日に何度しても気持ちいいという男性も多くいます。

しかし、歳と共に精液を作る量が誰しも減るので、あまりにオナニーばかりしていると一回の射精量が減り、一回での射精が気持ちよくないという現象が起こる可能性もあります。これは後に解説するオナニーのペースの見直しで改善される可能性がありますよ。

男性が行うオナニー(自慰)に原因があるとされている。
本来性交時に男性が射精するのは、膣に挿入したペニスに膣による圧力がかかり、そのままピストン運動することで、陰茎亀頭をはじめとする性的に敏感な部分に対して、女性の体温や愛液による湿潤下で、適度な圧力と膣壁による摩擦、膣内が陰圧になることによる吸引作用などの性刺激が複合的に加えられ、男性を快感の頂点であるオルガスムスへ導くことで射精を促すものである。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%86%A3%E5%86%85%E5%B0%84... |

先天的な要素

1974年の木村行雄によれば、射精障害は

A群 射精、オルガスム共にないもの
B群 オルガスムはあるが、射精のないもの
C群 射精、オルガスムともにあるが、射精に達する時間に異常のあるもの
D群 射精は正常であるが、オルガスムのないもの
に分類される。なお、欧米では極致感があるが射精は行われないものを「dry ejaculation」と呼ぶ場合がある。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%84%E7%B2%BE%E9%9A%9C... |
先天的な要素で射精が気持ちよくないという男性もいます。つまり生まれつき射精が気持ちよくないのです。これを「射精障害」これをとも呼びます。射精は正常なのに気持ちよくない場合は「D群」に分類されます。

その原因が先天性である場合は「先天性射精無快感症」とも呼ばれています。このような症状があることを、ぜひ知っておいてくださいね。

こちらに該当する方も、オナホやサプリなどあらゆることを試し、時には恥ずかしがらずに医師に相談してみるのも良いかもしれません。

精液が逆行することがある

精液が逆行することがある
寸止めオナニーを知っていますか?射精する直前に我慢するオナニーのやり方です。これをあまりにしていると、精液が膀胱に逆流してしまい、精液が出ないという現象を起こすこともあります。

また、薬の副作用や病気で精液が逆行する現象もあり、これでは精液が尿道を通らないので射精が気持ちよくないのです。

病気や薬の副作用が疑われる場合は寸止めオナニーはやめ、医師に相談しましょう。

貴方のように射精感があるのに精液が出ない場合には先ず膀胱頸部がしっかり閉鎖されない為に精液が膀胱内へ逆流する「逆行性射精」が疑われます。

出典: https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20110317-OYTEW47973/ |

歳と共に精液の量が減った

年齢と共に精液の量は必ず減ります。30代後半くらいからこの現象が始まります。精液の量が少ないと、尿道を通る精液の量が少ないので快感が減り、射精が気持ちよくない現象が起こります。

射精の快感は、精液が勃起したペニスの尿道を通ることで起こります。精液の量が減ると、射精が前ほど気持ちよくないという感覚を覚えるようになります。

こちらも射精回数のコントロールやサプリメントで対策できますよ。

そこで必要なのが2番目の「量」だ。精液量が多ければ多いほど内圧も高まる。全体の量が多ければ“後発隊”も多いというわけだから、理論的には「ビクン、ビクン」という快感も長続きするはずだ。

出典: https://www.news-postseven.com/archives/20110624_23760.html |

勃起不全

勃起不全
勃起不全で射精が気持ちよくないという現象が起こることがあります。射精の快感は、勃起ペニスの尿道から精液が噴出する感覚なので、勃起していないと快感が減ります。

射精の快感を増やすために勃起薬を服用することはお勧めしませんが、不妊に悩んでいる男性なら医師に相談した方が良いでしょう。

射精が気持ちよくないと言っていた男性が、勃起薬の服用で改善されたという例もあるので、あくまで知識として覚えておいてくださいね。

男性ホルモンの不足

男性ホルモンの不足も射精が気持ちよくない原因の一つという説もあります。こちらも原因はほぼ、加齢によるものです。年齢と共に男性ホルモンは減少します。

男性ホルモンの減少と射精が気持ちよくないこととの因果関係はまだわかっていません。射精が気持ちよくないという理由だけで男性ホルモンを服用することはお勧めできませんので、必ず医師に相談してくださいね。

最近、男性でも年齢とともに元気な精子数が減少することが知られてきました。最近の晩婚化により、結婚前にすでに精液所見が悪化している男性が増えています。ブライダルチェックを受けた男性の7~8%で精子数の減少もしくは運動性の低下が認められ、1~2%で無精子症が認められました。すなわち、妊活前の男性の約1割で精液所見に問題があるわけです。

出典: http://www.mens-health.jp/364 |

射精が気持ちよくない「射精無快感症」とは

射精が気持ちよくない「射精無快感症」とは
射精が気持ちよくない症状を「射精無快感症」と呼びます。この、射精が気持ちよくない射精無快感症にはいくつかの種類があります。

ここからは射精無快感症がどのようなものか解説していきます。多くの男性にとって射精はとても気持ちが良いので、なかなか想像ができませんよね。こんな苦しみを抱えた男性達の症状をお伝えします。

先天性射精無快感症

まずは、先天性射精無快感症についてです。「先天性」と言われるだけあって、生まれつきのものです。初めての射精、精通の時も、尿道から尿とは違う何かが出たという感覚はありますが、まるで快感がないのです。

射精無快感症は射精の感覚がないわけではなく、ただ気持ちよくないのです。当事者にとっては尿とは区別できますが、まるで気持ちよくありません。ただ、何かがペニスから溢れた、という感覚と考えれば想像がつくかもしれません。

上の動画でもリアルな声を知ることができます。

後天性射精無快感症

後天性射精無快感症
次に、後天性射精無快感症の解説です。こちらも射精が気持ちよくないのですが、先天性射精無快感症とは違い、射精無快感症になる以前は射精の快感があったのです。

原因など先に述べたように、人それぞれですが、ストレスに晒されたりオナニーのし過ぎによって、射精が気持ちよくない状態になります。

原因を見直して解決すればまた射精の快感が戻ることが多いのが後天性射精無快感症です。

年齢による衰え

年齢と共に性欲も衰え、精液の量が減ることについては既にお伝えしました。精液の量が減ったり、加齢で尿道が鈍感になったり、また逆に射精に慣れてしまうと射精の快感が減って行きます。

セックスやオナニーをせずに放っておくと男性機能も衰え、やがて射精無快感症になる可能性があります。

射精の快感を忘れてしまい、射精せずに放置しておくと、やがて寝ている間に夢精してもほとんど自覚がないという人すらいます。

これら一連の現象は反射的に起こり、射精とオーガズムは連続して起こるのが一般的ですが、それぞれ別な作用機序で起こりますので、射精があってもオーガズムが無かったり、オーガズムがあっても射精がなかったりすることが稀ですがあります。

出典: https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20110317-OYTEW47973/ |

勃起不全によるもの

勃起不全によるもの
男性はいずれ勃起しなくなります。勃起不全になると、射精の快感が薄れていずれは無くなってしまいます。射精が気持ちよくない状態になります。

勃起不全はパートナーとの関係を左右しかねないですし、性生活が楽しくないので、多くの男性が勃起不全の治療を受けています。

勃起薬を飲むと若い頃のように勃起するので、射精の快感が蘇ることが多いものです。

薬の副作用によるもの

一部の医薬品に、射精無快感症を併発する副作用を持つ薬があります。向精神薬や血圧の薬などが挙げられますが、薬の副作用によって射精無快感症になることがあります。

もし、何かの病気で投薬治療を受けていて、その薬を飲み始めてから射精が気持ちよくない症状を感じ始めたなら、速やかに医師や薬剤師に相談することで改善できる可能性がありますよ。

この原因として膀胱頸部の開閉をコントロールする自律神経の損傷や前立腺肥大症で経尿道的に前立腺を切除した場合によく起こるのですが、貴方の場合はこのような外傷や手術も受けられていないようですので、膀胱頸部を閉める作用を弱めるような薬(交感神経遮断薬。例えば、高血圧症に対する降圧薬の一種など)の服用が無いか一度チェックする必要があります。

出典: https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20110317-OYTEW47973/ |

射精が気持ちよくない人の対処法

射精が気持ちよくない人の対処法
では、ここからは射精が気持ちよくないと感じる男性のための、射精がより気持ちよくなるための対処法を解説いたします。

ただし、若い時期の射精の気持ちの良さが蘇る可能性は低く、あくまで今よりは良くなるという程度の対処法になりますので、ご了解くださいね。

オナニーやセックスを始めたばかりの頃ほどの快感はなかなか蘇りません。

睡眠をしっかり取る

まず簡単にできるのが睡眠をしっかり取ることです。射精が気持ちよくない症状は疲れや睡眠不足、ストレスなどが原因の場合があります。

睡眠は体への一番の栄養であり、一番のお薬、治療と呼べます。まずはぐっすり眠るようにしましょう。合わせて栄養バランスまで配慮できれば、なお良いですよね。

疲労やストレスを解消し、若さを保つためにも、普段からしっかりと睡眠を取ることが大切です。オーガズムのしくみを動画で確認してみましょう。

オナ禁してみる

オナ禁してみる
オナニーのし過ぎにも注意です。先に解説した通り、オナニーをし過ぎると一回の射精での精液の量が減り、その分快感も減ります。射精する精液の量が減ると、尿道を通る感覚がより薄れるので、射精が気持ちよくないのです。

ある程度のオナ禁をして精液量を溜めることで、一回の射精がより気持ちよくなる可能性があります。その分オナニーの回数は減らさなければいけませんが、一回の射精の快感が増すか試してみましょう。

年齢によってペース配分は違いますが、20代後半になったら3日に1回くらいに控えた方が良いでしょう。

ストレスを発散する

ストレスを発散して、今抱えているストレスを軽減できれば、射精の時の快感が回復する可能性があります。

先天性射精無快感症の方も、もしかしたら生まれ持った環境がストレスに晒されている可能性もありますので、環境を改善するなりストレスを発散してみるのも良いかもしれませんね。諦めずに試してみくださいね。

「笑う」という行為にはストレスを発散させる効果があります。友達と話して笑ってみたり、一緒に遊んでストレスを発散するのも良いでしょう。

高性能オナホの導入

ある程度の年齢になり、オナニーライフに飽きてしまったら射精が気持ちよくないという感覚になることがあります。

そんな時は、多少コストは掛かりますが、高性能の繰り返しオナホを導入して、オナニーライフを充実させると射精の快感がアップする可能性がありますよ。

また、高性能オナホを使うことで、普通のオナニーでは開発できなかった自分の亀頭やペニスの性感帯を更に開発でき、射精が気持ちよくなる可能性もあります。

薬物治療を受けている方は医師に相談

薬物治療を受けている方は医師に相談
ここまでの解説を読んでいて、薬物治療の項目で「おや」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。薬物治療の副作用で射精が気持ちよくないという症状になっている方も、事実いるそうです。

もし思い当たる節があるなら、少し恥ずかしいかもしれませんが医師や薬剤師に相談してみることで、悩みが少しでも改善できるかもしれません。

薬を変えてくれる可能性もあります。また、病気が治癒すれば薬物を卒業できるので、早く健康を取り戻したいものですね。

勃起不全の可能性も探る

勃起不全を自覚しているなら、勃起薬を検討してみるのも良いでしょう。特に勃起不全で子供を授からない夫婦のケースなら、医師に相談してみるのが良いでしょう。

内科や泌尿器科で相談を受けてくれます。射精の快感は上がるという男性が多いですが、薬には副作用がありますので、射精の快感のために服用するのは好ましくないかもしれませんね。

運動療法やサプリメント

運動療法やサプリメント
運動療法でより健康的になると男性機能も維持・復帰できるので、射精の快感が改善される可能性もあります。ウォーキングやジョギングなどを取り入れて、いつまでも男性機能を保ちたいものですね。

また、エビオスは精液の量を増やしてくれる噂があり、射精がより気持ちよくなるとのこと。ただし、元々は胃腸薬なので、精液を増やす目的のためだけという方は避けたほうが良いでしょう。

射精が気持ちよくなくて困っている人は多い?

射精が気持ちよくなくて困っている人は多い?
射精が気持ちよくなくて困っている人は多いのでしょうか?ここからは、今までの射精が気持ちよくない男性を振り返る形でおさらいいたします。

先天性射精無快感症の男性もいる

お伝えしましたように、先天性射精無快感症の男性もいます。ただし、ごく少数のようです。はっきりとしたデータはありませんが、ほとんどの男性は元々は射精が気持ち良いものです。

ストレスで射精が気持ちよくない人も

ストレスで射精が気持ちよくない人も
ストレスに晒されて射精の快感どころじゃない…という男性は割と多くいます。20代後半から30代にかけて、仕事上のプレッシャーが高くなると共に年齢的な衰えも来ます。この頃射精が気持ちよくないと感じたら、先ほど解説した対処法を取ってみましょう。

年齢と共に射精が気持ちよくなくなる

また前立腺や精嚢は男性ホルモンの作用により分泌機能が保たれていますので、加齢に伴う男性ホルモンの減少により精液量が少なくなっている場合もあります。

出典: https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20110317-OYTEW47973/ |
年齢と共に射精が気持ちよくなくなるのは、致し方のないことです。若いうちはなかなか想像が付かないでしょうが、相手の女性を喜ばせる為に無理してセックスしている中高年の男性も多いものです。

また、射精は気持ちよくないが、「いつまでも男でいたい!」という気持ちで勃起薬を飲んでセックスしている中高年も割と多いそうですよ。

前立腺オナニーを開拓するのもおすすめ。下記の記事で詳しくまとめております!

射精が気持ちよくないと感じたら改善処置を

射精が気持ちよくないと感じたら改善処置を
いかがでしたか?生殖行為で子孫を残す哺乳類の運命で、男性は年齢と共に男性機能が落ちて射精時の快感が減少します。また、先天性射精無快感症の男性もいるとお伝えしましたよね。

射精無快感症の男性にとってオナニーやセックスは魅力的ではなく、むしろ苦痛になるのは想像できますよね。

もしも自分が「射精が気持ちよくない」と感じたら、早めに対処し、いつまでも男として射精を楽しみたいものです。いつまでも男として頑張りたいものですね。

Related