Search

検索したいワードを入力してください

「男性が勃起する理由や仕組み」を丁寧に解説|性欲だけじゃない?
2019年02月28日

「男性が勃起する理由や仕組み」を丁寧に解説|性欲だけじゃない?

男性の勃起って、誰もが知っていることですが、どうして勃起するのか理由や仕組みは?と聞かれるとなかなか答えられないですよね。男性の勃起は実はとても複雑なメカニズムで成り立っています。この記事では勃起の仕組みや理由について解説いたします。

Hな気分じゃないのに勃起する理由は?

Hな気分じゃないのに勃起する理由は?
男性の皆さんはよく知っているはずですが、男性のペニスが勃起する現象はエッチな気分の時だけではないですよね?また、男性パートナーのいる女性が、彼が勃起しているのを見て「この男、ほんとにエロいことばっかり考えて!」と思った験ありませんか?

実は男性が勃起する理由は、エッチなことばかりとは限らないんです。この記事では、勃起の仕組みを詳しく丁寧に解説いたしますので、男性の皆さんも女性の皆さんも楽しんでくださいね。

勃起のメカニズム

勃起のメカニズム
では、ここからは勃起のメカニズムを解説していきます。実際に自分自身にペニスがあって勃起する男性も、そのメカニズムや仕組みについてはよくわからないものですよね。

エロいことを考えたり、エロいことをしているともちろん勃起するでしょうが、それ以外の理由で勃起することもありますよね。

まずは理由にかかわらず、勃起する仕組みについて詳しく見ていきましょう。

ペニスの構造

まずは、男性のペニスの構造を解説いたします。ペニスは普段の萎えている時は画像のようにぶら下がっていて、おしっこをする泌尿器という扱いになります。おしっこをするための尿道が通り、亀頭の先端にある尿道口から尿が排泄されます。

性的に興奮などの理由で勃起すると性器になり、睾丸で作られる精液が勃起したペニスから射精されることで、生殖が行われます。精液の中の精子が女性の卵子と受精することで、新しい命が誕生します。勃起の仕組みについてはこれから詳しく解説しますね。

興奮すると脳細胞から命令が

勃起に直結するのは、ペニスの中の大部分が「陰茎海綿体」と呼ばれるスポンジ状の構造になっている組織です。この組織が硬くなることで勃起するのです。

この海綿体は普段は柔らかいスポンジ状で、ペニス自身を維持する栄養素や血液が流れ込むのみにコントロールされています。血液が流入すると硬くなって勃起するのですが、普段は柔らかい状態
に保たれています。

柔らかい海綿体を何らかの理由で勃起する状態へ導くのが、刺激を感じる脳細胞からの命令です。脳細胞からの命令が中枢神経に伝わって、最初のプロセスとなります。

一酸化窒素の放出

中枢神経に伝わった刺激が脊髄を通って陰茎に伝わります。すると体内では一酸化窒素が放出され、それが勃起へのサインとなると医学では考えられています。

一酸化窒素が放出されると、次にお伝えする陰茎深動脈と螺行(らこう)動脈を緩ませるのですが、これらの動脈は普段は閉じていて、ペニスをいわゆる平常時に保っています。

陰茎深動脈と螺行(らこう)動脈の緩み

先ほど解説した陰茎深動脈と螺行(らこう)動脈が緩むと、ペニスに血液が大量に流れ込みます。それは後に解説しますが、陰茎深動脈と螺行動脈が常に開いていると、常に勃起状態になるので困りますよね。

ですから、普段は閉じていてペニスを維持する栄養素や血液を送るだけの役割を果たしています。

また、この図がわかりやすいですが、陰茎深動脈は海綿体組織に覆われていて、海綿体は白膜に包まれています。白膜は海綿体を守る大切な膜なんですよ。

海綿体の平滑筋の弛緩

先ほど、脳が受けた刺激が伝わると、体内に一酸化窒素が放出されると解説しましたよね?そうすると、今度は一酸化窒素が体内に充満してサイクリックGMPという血管を膨張させる物質が増加します。

サイクリックGMPが増加すると、続いて解説する海綿体への血液の流入が起こり、勃起するという仕組みです。

海綿体への血液流入

様々なプロセスを経て、普段は萎えているペニスの海綿体に血液が大量に流入する現象が発生します。ここからは男性の皆さんが体感している、勃起するという現象が起こります。

ペニスの海綿体に血液が流れ込み、むくむくとペニスが勃起する仕組みになっています。

勃起

ここまでお伝えしてきた脳からの命令が様々な現象を引き起こし、男性にはおなじみの勃起するという現象が発生します。

海綿体に血液が流れ込み、海綿体が硬くなってペニスが立ち上がって勃起するのです。そして、その海綿体を守るのが白膜で、白膜が損傷を受けるとペニスが変形することもあります。

様々なプロセスを経て勃起する仕組みをご理解いただけましたか?生殖の為に、これだけのプロセスが体内で起こる仕組みになっているのです。

勃起の維持

若い男性の皆さんは実感されているでしょうが、勃起したペニスはしばらくは勃起していますよね?これは、射精に到るまで勃起を維持する仕組みが働いているからです。

ホスホジエステラーゼ5という酵素があるのですが、この酵素は逆に勃起を納め、萎えさせようとする酵素です。勃起したペニスもいつかは萎えなければ泌尿器に戻らないので、こういう働きもあります。

性的に興奮し、生殖を行うために勃起する場合、このホスホジエステラーゼ5を抑制して、勃起を維持するという仕組みになっています。勃起するケースによって、様々な物質が様々な判断をして維持したり萎えさせるという人体のミステリーですね。

勃起する理由

勃起する理由
では、ここからは勃起する理由について考えてみましょう。男性の皆さんは「性的な刺激以外でも勃起する」と、実感、むしろ痛感していますよね?

勃起する必要のない時に勃起して困った!なんてことは男なら誰しもあるはず。不意に勃起したのを人に見られていないか人目が気になった、突然勃起して困った!そんな現象の理由は何でしょう?

ここからは、性的な刺激も含め、男のペニスがなぜ勃起するのか、理由や仕組みを解説します。

視覚的な興奮

視覚的な刺激も勃起する理由の一つです。これは男性の皆さん、同意していただけますよね?好みの女性を見たり、画像、動画などビジュアル的な刺激に接すると、勃起する理由になります。

ビジュアル面で性的な刺激を受けると、その刺激が脳へ伝わっって、先ほど解説した勃起の仕組みが働くわけです。視覚的な刺激で勃起するというのは大きな理由の一つで、一番よくある理由でもあるのは納得いただけるでしょう。

体の疲れ

体の疲れ
「疲れマラ」という言葉を聞いたことがありますか?これは男性が疲れた時に勃起する現象を指します。

疲れた時に勃起する理由は、色々な説があるのですが、医学的には解明されていません。また、個人差もあり疲れた時によく勃起する男性、逆に疲れていても全く勃起しない男性がいます。

「死に瀕すると自分の種子を残したくなる」のが疲れた時に勃起する理由だという説があり、またエベレスト登山の際に、登山家の野口健さんが「勃起した。命の危険を感じると勃起する。」と証言したという説もありますが、この説には否定的な意見が多いようです。

ID非公開さん2005/9/1523:54:13
男は、死ぬ寸前に勃起すると言います。此れは、本能で子孫を残す為だと云われますが本当でしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答
ID非公開さん 2005/9/1611:35:24
医療現場で働いております。救急での死も長い闘病の末の死もたくさん見てきていますが、そんな例は今まで一度もありません。

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |

朝立ちにも理由がある

健康な男性なら中高年までもが経験する朝立ち。朝、目がさめる頃に勃起するという現象は皆さん経験されていますよね?

こちらも医学的な理由は完全には解明されていないのですが、男性機能としての勃起を維持する理由で勃起するという説が、今のところ有力のようです。

浅い眠りのレム睡眠の時に男性は勃起しているという説で、男性であることを維持しているのが理由という説、そして、おしっこを我慢しているのが理由で勃起するという説もあります。

刺激されることで勃起する

刺激されることで勃起する
健康な男性なら、ペニスを刺激されることでほとんどの男性は勃起します。もちろん、性的に刺激されるのが理由で勃起するのは当たり前です。

多くの男性は経験していると思いますが、満員電車で他の人のカバンが股間に当たって刺激されたのが理由で勃起する場合などありますよね?

また、「あるある」と共感していただけると思うのが、「ポケットの中のキーホルダーが当たって」、「タイトなパンツを履いて歩いていて刺激されて」、「足を組んだらペニスが股に挟まって」など色々な理由があるかと思います。

ウトウト時やリラックス時に勃起する

また、ウトウトしている時に不覚にも勃起してしまったこと、ありませんか?エッチなことなんて何もないのに勃起していた…。

ウトウト時やリラックス時にも勃起することがあります。理由は、脳が休息を取ろうとして自分では意識できない過去の記憶や、感触を思い出して勃起するとの説もあります。

人間の脳には睡眠中や休息中に記憶を整理する働きがあるのですが、レム睡眠に近い状態で不意に勃起するようです。

想像や記憶による勃起

想像や記憶による勃起
これは性的な面もあるのですが、一人きりで相手がいない場合でも、エッチなことを想像したり記憶が蘇って勃起する、というのはよくありますよね?

勃起する理由には、イマジネーション記憶で勃起するというのもあります。極端に性的な想像ではなくても、パートナーのいる男性なら彼女とラインで何を話そうか考えているうちに、いつの間にか勃起…なんてこともありますよね。

聴覚の興奮による勃起

こちらも性的な理由が多いのですが、耳から聞こえる音に興奮して勃起することもありますよね。彼女とのエッチの時のキスの音や、彼女の喘ぎ声などに興奮し、ペニスに触られているわけでもないのに勃起することもあります。

また、電話で話して声を聞いているうちに勃起する、というのも勃起の理由になります。音だけで勃起の理由になるかというと、実はやはり耳から聞こえる情報を脳が受け取って様々な想像をさせるのが理由のようです。

突然の勃起の対処法

突然の勃起の対処法
男性なら誰もが痛感しているでしょうが、突然理由もなく勃起して困った!という経験ありますよね。自覚がないだけで、先ほどお伝えした理由や勃起の仕組みによって不意に勃起しているのが実のところです。

突然勃起すると困りますよね?ですが、勃起するのは男としては誇らしいくらいのこと。突然の勃起を人に見られさえしなければ、勃起するのはとても良いことです。勃起しなくなったら寂しいですからね。

ここからは、突然勃起した時の対処法を紹介いたしますので、日々の生活に取り入れてくださいね。

ポケットに手を突っ込んでチンポジ直し

「会社で寄りチンになっている時に勃起しやすいですね。太ももに刺激されて…。そんな時は、何気にポケットに手を突っ込んでチンポジ直しをしますね。縦向けに収めておけば目立ちにくいし、自然に萎えるので。」(27歳/会社員)
職場などで不意の勃起に気がついたら早めの対処をお勧めします。フル勃起してしまう前にチンポジを直せば、目立ちにくくなりますし、個人差ありますが萎えやすいポジションがありますよね。

必死に萎えることを考える

必死に萎えることを考える
「家族と一緒にいる時なんか、理由もなく勃起したらひたすら萎えることを考えますね。俺の場合は野菜のことばっかり考えます。小松菜とか大根とかサニーレタスとか。俺の友達はめちゃくちゃ暗い曲の歌詞を思い出すって言ってました。」(25歳/アルバイト)
無機質なものや、気持ちの悪いもの、怖い映画など、考えたくもないことを考えるのもおすすめです。出来るだけ色彩のない物体を想像したり、暗い言葉を念じるのも良いでしょうね。

常に隠すアイテムを持ち歩く

「手ぶらで歩くのは避けてますね。プールに行く時はタオル、道を歩く時はカバンを持って行って、突然勃起したら隠すようにしています。コンビニに行く時に勃起したらポケットに手を突っ込んでごまかしたりして。」(23歳/大学生)
プールでは競泳水着が主流、ボトムスはスリムが主流の現代では、不意の勃起はもはや男性にとって大敵ですよね。プールではタオル、通勤の時はバッグなど、隠すものを持っていると安心ですよ。

人気のない道へ逃げ込む

人気のない道へ逃げ込む
「歩いていてズボンに擦れたのが理由で勃起した時なんか、裏通りに逃げ込んだりしますね。人気の無い道で少し休憩して萎えるの待ちますね。」(27歳/看護師)
今ではトランクスを履いている男性は少ないですが、トランクス着用時の寄りチン。これ、不意の勃起の理由になりますのでご注意くださいね。そんな時は人気の無い道に逃げ込むのが一番ですが、注意したいのは一人きりの女性と鉢合わせないことです。

ますます変質者と思われかねないので、人に見られないのがポイントですね。

トイレに駆け込む

「とりあえずトイレに駆け込みますね。近くにトイレがある時は個室に入って萎えるのを待ちます。無い時はとにかく人に背を向けてますね。」(22歳/大学生)
学校や職場ならそこのトイレ、駅や公園にもトイレはありますので、避難所としては良いでしょう。ただしこちらも個室に逃げ込むのが理想ですね。

電車やプールなどで勃起してしまった時の対処法については、下記の記事を参考に対処してくださいね。

勃起力が衰えた時の対処法

勃起力が衰えた時の対処法
ここまで記事を読んでいただいていかがでしたか?勃起する理由は様々ですが、勃起する仕組みを読んでいただいて、「こんなに複雑な仕組みなんだ!」と驚いた方も多いはずですよね?

複雑な仕組みでするのが勃起なのですが、年齢と共に勃起力は衰え、またストレスなどで勃起しなくなる、いわゆるEDに悩む男性も多いものです。また、いつかは自分もEDになるかもしれないのは男なら誰しも共通の悩み。

他人事ではありませんので、勃起力が衰えた時の対処法についても、学んでみましょう。

睡眠をよくとる

勃起力が衰えたと感じたら、睡眠をよく取ってみましょう。年齢が原因のEDの場合、睡眠を取っても改善されないケースが多いのですが、ストレスが原因で30代くらいで勃起力が衰えている場合、まずは睡眠を取ってみましょう。

最後に勃起薬を紹介する項目も設けますが、薬には副作用がありますので、まずは睡眠やストレス発散で改善できないか、試してみたください。

栄養バランスやストレス発散

栄養バランスやストレス発散
正直なところ、年齢による勃起不全への対処法としては不十分ではありますが、ストレスや健康を損なっての勃起不全の場合、生活習慣の改善で対応が可能な場合があります。

偏った栄養バランスによる勃起不全はなかなか考えにくいですが、栄養バランスが悪いために体を壊し、その結果性的なことにまで気が回らなくなるケースは多々あります。普段から栄養バランスに気をつけ、ストレスをコントロールしましょう。

運動による健康維持

20代も後半になると体力の衰えを実感するものです。体力が衰えると気力や精神力に響きますので、若いうちから運動をして健康維持をしましょう。

健康維持が勃起と関係あるのか?と思われるかもしれませんが、健康を維持した結果、中高年になってからもセックスを楽しんでいる男性が事実多くいるんですよ。いつまでも楽しい性生活を送るためにも、健康は維持したいものです。

運動の結果、血行も良くなり、ペニスに限らず体の器官を若々しく保つことができます。

男性サプリメント

男性サプリメント
年齢と共に男性ホルモンが不足がちになり、男性機能を維持するのが困難になることがあります。男性用のサプリメントも多く販売されていますので、試してみるのも良いでしょう。

ただし、こちらも勃起薬ではないので、サプリメントで勃起するわけではありません。あくまで男性の機能を保つことで、いつまでも男としての自信を持つためのものです。

勃起薬の検討

勃起薬の検討
いずれは、何を試しても勃起しないという日が来ます。まずは、セックス中の「中折れ」と言って挿入中に萎える現象が起こります。

子供を授かりたいなら治療が必要ですし、いつまでもセックスを楽しみたい場合でも、泌尿器科や内科で相談して勃起薬を検討するのも良いでしょう。

ただし、更に歳を取ると勃起薬でも勃起しないようになります。量を増やしても、多くの男性は最後は諦めることになるようです。

勃起の維持に努めていつまでも勃起

勃起の維持に努めていつまでも勃起
いかがでしたか?この記事では、男性が勃起する理由や基本的な仕組みについて解説しました。若い男性にとっては当たり前の勃起ですが、このように複雑な仕組みで成り立っているとは、本当に驚きですよね。

この記事では勃起力が衰えた時の対処法もお伝えしました。勃起薬が登場するまでは、ほとんどの男性が勃起しなくなったら気が滅入って「男として終わった」と諦めていたものです。

それが現代では、数年から数十年、男として終わるのを先延ばしにできる時代になりました。いつまでも勃起して男でありたいものですね。

Related