Search

検索したいワードを入力してください

オナニーの平均的時間や時間帯|長時間オナニーのすすめ
2019年01月08日

オナニーの平均的時間や時間帯|長時間オナニーのすすめ

男性の皆さん、いつもオナニーにどれくらい時間を取っていますか?オナニーだからさっさと抜きたいという気持ちは痛いほどわかります。しかし、短時間で処理だけしていると思わぬ弊害が出ることもあるんです。この記事では、平均のオナニー時間などを解説し理想も提案いたします。

平均的なオナニーの情報

オナニーの平均的時間や時間帯|長時間オナニーのすすめ
男性の皆さん、学生時代の男友達や会社の同僚など、自分以外の他の男性のオナニー、気になりませんか?どんなことをしているかまで想像したくはないでしょうが、男性のオナニーの平均時間は気になりますよね?

この記事では、男性のオナニーの平均時間、平均回数を徹底調査し、長めにオナニーする「長時間オナニー」のメリットを解説します。平均時間よりも長めにオナニーすることで、たくさんのメリットがありますので、ぜひこの記事を読んでくださいね。

オナニーの平均回数

まずは一週間の平均オナニー回数を発表します。一週間の平均オナニー回数は、2.94回で約3回という調査結果が得られました。こちらは、オナホメーカーでお馴染みTENGAの、オナニー国勢調査2017のデータに基づくものです。

これはセックスとは別に、全年代の男性のオナニー回数を平均値にしたものなので、割と多い印象ですよね。週に3回くらいなら、若いうちなら余裕でこなせる数ですから、若年層が数値を押し上げたものと思われますね。

しかし、30代くらいから一週間のオナニーの回数は徐々に落ち始めます。理由として考えられるのは、年齢的にも丁度性欲が落ち着く頃であることや、男性が結婚適齢期に入っていて、オナニーせずともセックスができるパートナーがいるためです。

地域別では神奈川が1位、ワーストは徳島

ちなみに、一週間のオナニー回数の1位は神奈川県で、3.77回で約4回という結果でした。一方、ワーストは徳島県の1.95回で、1位とワーストの間には約2回弱の開きがありました。これは結構な開きですよね。

年代別では30歳まではスマホ傾向

また、オナニーのオカズに使っているものは、アダルト動画が多いこともオナニー国勢調査で判明しました。面白い点は、30歳までは動画を見るのにスマホを使い、30歳を越えた世代はPCで動画を見る傾向があるということです。

スマホとPCではオナニーする姿勢も変わってきますよね。オナニーする時に多い姿勢の1位は「座って」なので、まだまだPC世代が多くイスなどに座ってしているということですね。2位が「仰向け」なので、布団などに寝そべってスマホを観ながらしているということでしょう。

オナニーの平均時間

オナニーの平均的時間や時間帯|長時間オナニーのすすめ
プレイボーイという男性誌の調査では、18歳から40歳までの独身男性がオナニーにかける平均時間は、およそ20分という調査結果になりました。

アンケートを受けた300人の内訳では、
5分:41人
10分:93人
20分:53人
20分:70人
40分:12人
60分:26人
61分以上:5人
で、平均時間は20分です。

平均時間が20分と出る一方で、10分以下の男性がかなり多いのも特徴となっていますね。さっさと抜きたい男性が多いということなのでしょうか。後に、オナニーに時間をかけることのメリットや、短時間オナニーのデメリットを解説いたします。

初オナニーの平均年齢

オナニーの平均的時間や時間帯|長時間オナニーのすすめ
日本性教育協会の調査によると、男性がオナニーを開始するのは12、3歳で、15歳では60%の男子がオナニーをしているということです。平均年齢は算出されていませんが、14、5歳くらい、というのが妥当な線でしょう。

一方、22歳から40代の男性でも9割がオナニーをしています。40を過ぎてもほぼ毎日オナニーする男性もいます。オナニーに年齢制限はないですが、一体いつまでオナニーするんだろうと考えると、果てしないですよね。

オナニーの平均的な時間帯

オナニーの平均的時間や時間帯|長時間オナニーのすすめ
男性がオナニーをする平均的な時間帯は、大体22時頃とされています。公式なデータはないものの、朝や真昼よりは夕方帰ってご飯を食べて、そして寝る前、というパターンが多いようです。

TENGAについて語り合う掲示板などでも、お風呂の前にオナニーして、シャワーでローションがついたちんことオナホを洗っておく、という男性が多いです。

次の項目で解説しますが、オナニーは寝る前くらいの時間帯にするのが一番良いとされているので、これは理にかなったやり方だと言えるでしょう。

オナニーは朝よりも夜が望ましい

オナニーで射精すると、眠くなる脳内伝達物質が分泌されます。朝オナニーしてから出かけると、勉強や仕事に支障が出る可能性があります。これを踏まえて考えると、オナニーをする時間帯として望ましいのは、朝よりも夜と言えますね。

逆に、寝る前にオナニーすると脳内伝達物質が分泌され眠くなるので、安眠に良いとも言われています。朝よりも夜にオナニーするのが望ましいと言えるでしょう。

短時間オナニーのデメリット

オナニーの平均的時間や時間帯|長時間オナニーのすすめ
平均オナニー時間で紹介しましたが、多くの男性が10分以下でオナニーを済ませています。多くの男性は短時間でオナニーしていると言えます。

これは、実はデメリットがいくつかあります。パパッと抜ける手軽さはメリットになりますが、あまりに短時間で済ませると、セックスの時に支障が出るケースもあります。

やはり、オナニーでも平均20分くらいで射精するのが望ましいです。ここから短時間オナニーのデメリットを解説します。

セックスでイケなくなる

まず、大きなデメリットと言えるのが、平均をかなり下回る短時間オナニーの結果、セックスで射精障害になるというデメリットです。

これを解説すると、平均を大きく下回るような短時間、例えば5分でオナニーを終えようとすると、どうしてもちんこを強くしごいたり、ちんこに強い刺激を与えてしまいます。ちんこが強い刺激に慣れてしまって、膣の刺激でイケなくなるという射精障害があるんです。

これはとても大きなデメリットです。優し目の力で、20分くらいは時間をかけてオナニーしましょう。

早漏になる

オナニーの平均的時間や時間帯|長時間オナニーのすすめ
次の短時間オナニーのデメリットに入ります。これは結構キツイです。短時間でゴシゴシしごいてさっさと抜いていると、早漏になってしまう危険性があるんです。

これは、短時間で射精してしまうクセがつくことによって、セックスでもすぐにイッてしまうようになるのです。

女性が膣でオーガズムを感じる平均挿入時間は20分とされています。やはり男性も、平均20分くらい時間をかけて射精しないと、彼女を満足させられない体質になってしまいますよ。

普段から、平均20分くらい時間をかけて射精するトレーニングをしておいた方が将来のためです。オナニーはあくまでセックスのトレーニング、くらいに思っておきましょう。

フル勃起しないでイク癖がつく

また、こんなデメリットもわかっています。平均オナニー時間を大きく下回る短時間で射精するクセがついてしまうと、フル勃起しないままで射精するクセがついてしまいます。

射精自体は完全に勃起していなくても、ペニスに刺激を与えることで、フル勃起以前に射精してしまうのです。これは勃起力を低下させてしまう原因になりますからご注意。

やはり平均的なオナニーの時間をとって、ペニスがフル勃起するようにした方が、ちんこの増大にもつながります。また、勃起力の維持にもつながりますので、ぜひフル勃起した状態で平均時間オナニーしましょう。

さらにオナニーの平均時間についてもっと知りたいという方は、以下の記事もチェックしてみてください!

長時間オナニーのメリット

オナニーの平均的時間や時間帯|長時間オナニーのすすめ
では、ここからは、平均時間以上の長時間オナニーのメリットを見ていきましょう。極端に長時間である必要はありませんので、平均時間の20分を目安に、それを越えるくらいでオナニーをしましょう。

そうすることで、女性が膣でオーガズムを感じる平均時間である20分を満たし、二人で同時にイクことも可能になって来ます。また、勃起力もアップし、持久力もついてきますから、平均を目標にしましょう。

早漏対策になる

まず大切なのは、早漏対策になるということです。女性との挿入セックスで女性を満足させるには、平均で20分挿入している必要があります。膣はクリトリス以上にイクのに時間がかかるので、男性も若いうちからトレーニングしていた方がいいですよ。

オナホや手でオナニーするときも、平均20分かかって射精するような工夫をしましょう。長時間オナニーのトレーニングをすることで、亀頭も強化されて早漏対策になります。

これを続けていれば、いずれは女性のオナニーや、膣イキの平均時間である20分を満たせるようになれるはずですよ。

遅漏対策にも

オナニーの平均的時間や時間帯|長時間オナニーのすすめ
早漏も女性に嫌われますが、実は遅漏はもっと嫌われます。女性にとって、長いこと挿入されっぱなしになるのは苦痛なのです。やはり膣イキしたら男性にもイッてもらいたいのが、女性の本音。

いつも短時間に強い刺激を与えてオナニーしていると遅漏になりますので、くれぐれも注意してくださいね。優し目の刺激で平均20分で射精するようになれたら、男女双方にとって良いでしょう。

女性は平均20分くらいでオーガズムに達するので、この線を越えるようにトレーニングしましょう。

オナニーを楽しめる

オナニーの平均的時間や時間帯|長時間オナニーのすすめ
普段、手っ取り早く動画を見ながらパパッとこすって射精、ってなってませんか?性処理だけならそれで十分です。

しかし、より気持ちよくなったり、新たな性感帯を開発したり、オナニーテクニックを身につけないのなら、もう少し時間をかけてオナニーを楽しみましょう。

オナホやローター、前立腺刺激グッズ、乳首開発グッズを使って、新しい境地に達するのも面白いです。平均の20分にとらわれず、時にはそれ以上かけてオナニーを楽しめば、きっとオナニーライフが充実するでしょう。

勃起力維持

先ほどお伝えしたように、フル勃起しないまま射精してしまう、平均に満たない短時間オナニーを続けていると、勃起力が落ちてしまう可能性があります。

勃起したらより硬くなるフル勃起させ、平均くらいの時間をかけてペニスの海綿体を優し目の力でしごき続けることで、血行も良くなります。これは勃起力の維持につながりますので、ぜひ平均時間を越えるくらい勃起状態を保ちましょう。

フル勃起状態になったら、しばらく同じペースでしごき続けてマッサージすることで勃起力維持につながりますよ。

セックステクニックが上達する

また、平均時間をクリアする長時間オナニーをすることで、セックステクニックも上達します。相手がオナホでもいいので、腰の使い方を研究し、どうやれば深く早くピストンできるか訓練します。

できれば平均の20分を越えて射精できるくらい、セックステクニックの練習をするのが良いでしょう。立った状態で、ちんこをしごきながら立ちバックの練習をするのも良いですね。セックスの平均時間をクリアできるくらい、体位なども練習しましょう。

精子が活性化されホルモンバランスも良くなる

次の長時間オナニーのメリットですが、オナニーで射精すると睾丸内の精子が射精で放出され、新たな精子が作られます。そのため睾丸内の精子が活性化されます。これは、長時間オナニーに限らず、射精すれば精子が活性化される仕組みになっています。

平均くらいの時間をかけることで、体内の男性ホルモンの分泌状態がより良くなるのです。短時間のオナニーよりも、平均以上のオナニーの方がホルモンバランスが良くなり、より良い精子が作れるとの見方もあります。

男性としての機能を維持するためにも、平均くらいの長さでオナニーするのはとても良いことですよね。

長時間オナニーのデメリット

オナニーの平均的時間や時間帯|長時間オナニーのすすめ
ここからは、長時間オナニーのデメリットについても解説します。何事もメリットがあれば、ある程度のデメリットはあります。過ぎたるは及ばざるが如し、と言いますが、長時間オナニーも、時間が長過ぎたり、あまり頻繁にし過ぎては意味がなくなってしまいます。

平均時間の20分から30分くらいで、ゆったりとした気持ちで、体調の良い時にオナニーするのが望ましいですよ。

では長時間オナニーのデメリットについてみていきましょう。

オナニー中毒になるかも

長時間オナニーの中でも、特に注意するべきなのはグッズを使ったオナニーです。なぜ注意すべきかというと、グッズを使ったオナニーはあまりに気持ちよくてオナニー中毒になる可能性があるからです。

オナホや前立腺グッズを使ったオナニーは、女性相手のセックスより快感が強いことさえあります。時間をかけて快感を味わううちに病みつきになって…という男性は結構いますので、注意してくださいね。

一週間に3回オナニーする男性なら、長時間オナニーは多くても1度くらいにとどめましょう。

遅漏になる可能性もある

オナニーの平均的時間や時間帯|長時間オナニーのすすめ
オナニーの時間管理の塩梅は実は難しいんですよね。あまりに長時間オナニーばかりしていると、刺激が長く続かないと射精できない遅漏になる可能性もあるんですよ。

早漏対策に長時間オナニーをしていたら、遅漏になったなんてことがないように、やはり平均値の20分から30分でイケるような体質にしておきたいものですよね。

もし長時間しごかないとイケなくなったりしたら、刺激の弱いオナホでトレーニングして時間を早めるようにしたり、早めに対策してくださいね。TENGAのトレーニングカップシリーズなど、膣での刺激で射精できるように戻すグッズもありますからね。

寸止めしてオナニーマラソンは危険

長時間オナニーのメリットとして、快感が長く続くというのがありますよね。だからといって、快感を持続的に味わうために寸止めオナニーするのはよくないんですよ。寸止めをすると精液が膀胱の方に逆流してしまう症状が現れます。

体に良くないので、何度も寸止めするのはやめましょう。ちなみに、寸止めとはイク直前で止めて我慢することです。射精したくなったら寸止めはせずに放出する方が得策ですよ。

何度も何度も寸止めをしていると、男性機能に障害が発生する重大な事態になりかねませんので、寸止めオナニーはほどほどにしましょう。

長時間しごいてちんこが収縮!?

オナニーの平均的時間や時間帯|長時間オナニーのすすめ
次の長時間オナニーのデメリットは、長時間しごき続けることでペニスが収縮する可能性があるということです。ペニスは海綿体と呼ばれる柔らかい組織でできています。海綿体に血液が流れることで勃起するのです。

この海綿体、時間はまだいいとして、強く握られると収縮してしまいます。なのでオナニーに夢中になっても、強く握ったりしないように注意しましょう。ペニスの海綿体が収縮して、勃起ペニスのサイズが小さくなるという、悪夢みたいなことが起こってしまいますよ。

長過ぎて疲労感が残る

最後の長時間オナニーのデメリットは、疲労感が溜まってしまうということです。射精一回で、100メートルを全力で走るのと同じくらい疲れると言われています。

射精は1度でも、しごく時に腕を振ったり、腰を突き上げたりするので体力を消耗しますよね。毎日のように長時間オナニーをすると、疲労のあまり勉強や仕事に集中できなくなるデメリットもあります。

むやみに長時間オナニーを繰り返さず、ほどほどにしておきましょう。年齢とともに、リカバリーができにくくなってきますよ。

オナニーに必要な時間を目的別に解説!

オナニーの平均的時間や時間帯|長時間オナニーのすすめ
オナニーに平均で20分かけるのが望ましいとお伝えしてきました。しかし、いつも時間を20分を取れるとは限らないですよね。時間が取れないからオナニーを我慢していたらストレスが…ということになってもいけないですよね。

ここからは、目的別のオナニー適正時間を解説します。パパッと抜きたい時から、早漏を改善したい男性、朝勃ちした時にはどうすればいいかまで、網羅いたします。

とりあえずヌキたい人のオナニー

とりあえずヌキたい時ってありますよね?忙しくて20分取れないけれど、性欲が高ぶっていて抜きたい時なら5分から10分で抜くのがおすすめです。

男性は精液を溜め込んでいるとイライラしますので、必ず抜ける動画を見つけておいてお気に入りにし、それを見ながら手でしごきます。

オナホの方が早く抜ける、ローションがあった方が早く抜ける、という自分の好みを見つけておいて、忙しい時はツールやグッズをフル活用して、ささっと抜くのが良いでしょう。

普段から、どういうシチュエーションでどの画像でどのグッズなら早く抜けるか分析しておいて、忙しい時はパパッと抜きます。中にはトイレで済ませる男性もいますからね。

早漏改善したい人のオナニー

早漏を改善したい時のオナニーは話が変わります。彼女とのエッチで彼女を満足させてあげれてないなら、30分から40分の時間を取り、優し目の力でじっくりとオナニーします。

できればオカズは見ずに、手かソフトなオナホを使用して、彼女を妄想してオナニーするのが一番いいですね。まるで彼女とエッチをしているイメージをリアルに持って、できれば質の良いオナホを使うのが望ましいです。

TENGA FLIP 0シリーズなど膣に近い感触のものなので、リアルな挿入感を味わうことができます。挿入したら最低20分は持つようにコントロールしてみましょう。時間が取れる時には前戯をイメージしたオナニートレーニングもしてみてください。

例えば唇を舐めたり乳首を触って、できるだけ実際のセックスに近づけてオナニーするのがポイントです。

朝勃ちしたときのオナニー

朝勃ちした時に、悶々としてオナニーしたくなることがありますよね。一番いいのは朝はオナニーを控えて夜にすることです。でも、そうも言っていられないことって、ありますよね。ああ、男という生き物は…。

どうしても抜きたい、そんな朝は、時間よりもまずは射精を優先しましょう。オナニーし始めたのに結局抜けなくて悶々状態で出勤…。これが一番良くありません。

射精を優先したオナニーは5分から10分の、「とりあえずヌキたい人のオナニー」と同じです。もしもう少し時間が取れるようなら、10分から、できれば20分かけてオナニーします。

しかしオナニーは心も体も疲れますので、出勤の一時間前には射精が終わっているように、逆算して時間を取りましょう。不発弾は避けた方が良いですよ。

楽しむ程度の長時間オナニーでテクニックも上達

オナニーの平均的時間や時間帯|長時間オナニーのすすめ
いかがでしたか?いつも短時間でオナニーを済ませていると、早漏の癖がついたり、刺激が強くて遅漏になったり、色々と弊害が出ます。そんな方にはもう少し時間を取る、長時間オナニーをおすすめします。

もう一度整理すると、平均で20分くらい時間をかけるのが望ましいです。しかし、この記事で解説した通り、あまりに長いオナニーはデメリットもありますので、そこそこの時間にとどめましょう。

長時間刺激し続けないといけない遅漏になったら大変です。遅漏になった時は、解説した通り弱い刺激のオナホを使って遅漏改善もできますので、またこの記事などを参考にして改善してくださいね。

TENGAのトレーニングカップシリーズなどは、遅漏対策も早漏対策もできるシリーズとなっています。

ある程度、長時間オナニーをすることで、オナニーも気持ちよく、セックスも上手になれるように頑張りましょうね。

Related