Search

検索したいワードを入力してください

【中毒】「毎日オナニーがやめられない!」オナニー依存症の恐怖!
2018年10月23日

【中毒】「毎日オナニーがやめられない!」オナニー依存症の恐怖!

毎日オナニーがやめられない。その症状、もしかしたらオナニー依存症かも知れません。ユニークな名前なので軽くみられがちですが、死亡例もあるほどの深刻な依存症です。現代社会で増加しており、現在問題になっています。オナニー依存症について考えてみましょう。

オナニー依存症の基準

オナニー依存症の基準
オナニー依存症の基準を知って、自分が依存症かどうかを判断して見てください。基準を知れば予防にもつながります。

毎日オナニーするのはいいのか

毎日オナニーをすることは、いいことなのでしょうか。オナニーはしすぎると害がありますが、体にいい効果があると言われています。女性は、美容のためにオナニーをする人もいるようです。

たまにオナニーをすると、快楽を得ることができます。しかし、その快楽に溺れて、オナニーが習慣化してしまうと大変なことになります。毎日オナニーをしないと、気が済まなくなってしまいます。

毎日オナニーをしないと気が済まないという人は、オナニー依存症に片足を突っ込んでいる状態です。今なら間に合うので、オナニーの代わりになる行為を探しましょう。オナニーをしないと眠れないという人は、眠りやすくなるようにヨガやストレッチをしてみてください。

毎日オナニーのことばかり考えていないか

毎日オナニーのことばかり考えていないか
オナニーをすることばかり考えてしまう人がいます。嫌なことがあったり、ストレスを感じると、オナニーをして気分転換をしようとします。オナニーは性的な欲求が解消されて、スッキリとします。ストレス解消法として、大きな役割をするのです。何かストレスがあるたびにオナニーをしていたらどうなるでしょうか。オナニーを逃げ道にしてしまいます。

現代社会は、ストレスまみれです。オナニーをストレスの逃げ道にしてしまうと、生活バランスが崩れてしまいます。脳と体にオナニー依存症が癖づいてしまうと、なかなか抜け出すことができなくなってしまいます。

毎日オナニーのことを考え始めたら、その前後に何があったか分析をしてみてください。意識して考えないようにすることで、癖から抜け出すことができます。

オナニー依存症の例

オナニー依存症の例
オナニー依存症と聞いても、どんな症状なのか想像がつきません。オナニー依存症の例を知り、自分に当てはまるものがないか調べてみましょう。

オナニー依存症の例①毎日倦怠感が続く

オナニー依存症になると、毎日倦怠感が続きます。オナニーが終わると、ドッと疲れた記憶がありませんか。これを何度も味わいながら生活をすると、体力が持ちません。ずっと倦怠感が続き、生活に支障が出はじめます。

オナニーは、100m走を全力で走った疲労感を伴うということがわかりました。この疲労感の中、いつも通り生活を送らなければなりません。疲労感と同時に、眠気が襲ってくるという人もいます。

オナニー依存症になると、倦怠感と眠気を伴いながら生活をすることになります。大きなミスをしたり、対人関係にも支障が出るでしょう。ストレスは一瞬で解消されるけれど、倦怠感と眠気という新しいストレスを抱えることになるかも。

オナニー依存症の例②ニキビが増える

オナニー依存症になると、ホルモンバランスが崩れてしまいます。ホルモンバランスは、体だけではなく、メンタルにも支障が出ます。オナニー依存症になると、お肌にニキビが増えるそうです。

オナニーをすると、男性ホルモンが分泌されます。オナニー依存症になることで、男性ホルモンが過剰に分泌され、皮脂のバランスが崩れてしまいます。皮脂の過剰分泌が毛穴を詰まらせ、ニキビ肌を作り出してしまうのです。ホルモンバランスも崩れるので、肌がボロボロになっていきます。

射精をすると、精液が体から排出されます。この精液の中には、体に必要な栄養素が詰まっています。タンパク質、ビタミン、亜鉛が出てしまうので、お肌が荒れ、髪の毛もパサパサになりがちです。

オナニー依存症の例③最悪、死に至る

オナニー依存症の例③最悪、死に至る
オナニー依存症が進行すると、最悪の場合死に至るというのをご存知でしょうか。まさかと思う人が多いと思われますが、年間200件から300件死亡例が記録されています。信じられないことですが、オナニー依存症が進行すると死んでしまう可能性があるのです。

オナニー依存症の人は、ホルモンが過剰分泌されていることを記載しました。ホルモンの過剰分泌は、死亡の原因になりうると言われています。それに加えて、オナニーをして射精すると、心拍数が上がり、血圧が急激に上昇します。この状態を毎日何度も繰り返すと、体に大きな負担がかかります。

オナニー中に亡くなった人は、突然死の人が多いとされています。オナニー依存症は、くも膜下出血や心不全になる可能性が高いそうです。

オナニー依存症の例④スマートフォン中毒

オナニー依存症の例④スマートフォン中毒
オナニー依存症の人は、何かに依存しやすい体質の人です。毎日飲酒や喫煙習慣があったり、甘いものをやめられなかったりします。オナニー依存症で、毎日セクシー動画をみながらしている人は、オナニー依存症と同時に、スマートフォン依存症の場合があります。

スマートフォン依存症の人は、スマホばかり見て毎日を過ごします。ふと思い立った瞬間に、SNSをチェックしたり、スマホが手放せません。スマホをじっと見つめていると、じわじわセクシー動画が見たくなってきます。毎日その繰り返しなので、スマホとオナニーがセットになってしまっています。

毎日の生活に、スマホは欠かせない存在です。スマートフォン依存症とオナニー依存症が結びついてしまうと、とても厄介です。

オナニー依存症で起きる害

オナニー依存症で起きる害
オナニー依存症で起きる害をいくつかご紹介します。かなりヘビーな内容が揃いました。オナニー依存症の害を知って、防止に役立てましょう。

オナニー中毒の害①EDになる

オナニー依存症になると、ペニスに影響が出はじめます。精神的な問題と肉体的な問題で、EDになりやすくなるそうです。

オナニーをする時に、人は自分の気持ちのいい姿勢をとります。通称「床オナ」と言われる行為があり、床でオナニーすることで快感を得るという男性がいるようです。とても刺激が強くて気持ちがいいのですが、床に擦り付ける刺激でペニスが変形してしまのだそうです。

床オナは刺激が強いので、普通のセックスでは満足することができなくなります。実際に女性とセックスする時に、ペニスがあまり機能しなくなってしまいます。女性とセックスする時は、オナニーの時のように、自由な体制を取ることができません。自分の好みの体制を取らないと、ペニスが元気をなくしてしまうと言われています。

オナニー中毒の害②セックスでイケなくなる

毎日オナニーをし続けると、オナニーの癖がつきます。女性とセックスをするよりも、オナニーの方が気持ちよくなってしまいます。そのまま毎日過ごしていると、いざ女性とセックスとなった時に、あまり気持ち良さを得ることができないそうです。

オナニーはひとりでするけれど、セックスは女性とふたりでします。自分の気持ちいいところのみを刺激することができません。どんなにセックスが上手な女性でも、男性の気持ちのいいところを刺激し続けるのは不可能です。

いく時に足をピンと伸ばした状態で毎日オナニーをし続けると、足をピンと伸ばさなければいけなくなってしまいます。これと同じで、自分の好きなように刺激しないと、快感を得られなくなります。

オナニー中毒の害③毎日の生活に支障をきたす

オナニー中毒の害③毎日の生活に支障をきたす
オナニー依存症の人は、毎日の貴重な時間をオナニーに費やしてしまいます。貴重なプライベートタイムをオナニーに費やしてしまうので、他のことができません。毎日毎日オナニーにばかり時間を使っていると、罪悪感に苛まれます。自虐的な気分になり、気分が落ち込んでしまうそうです。

オナニーをすると、疲労感と眠気と日々戦わなければなりません。必然的に外に出なくなり、毎日部屋の中でオナニーをして過ごすようになります。どんどん交友関係も減ってゆき、女性と出会うタイミングも失われていきます。

毎日オナニーをし続けると、オナニーをしなければ気が済まなくなってしまいます。どんどんオナニーをする時間が毎日になり、どっぷり依存症になってしまうのです。

オナニー中毒の害④セクシー動画依存症

オナニー中毒の害④セクシー動画依存症
オナニーをする時に、セクシーな動画を見るという男性がいます。スマホやネットが普及した今、検索をすればいつでも誰でもセクシー動画を見ることができます。しかも無料なので、エンドレスで毎日動画を楽しむことができます。

オナニー依存症が問題となっているのは、スマートフォンの普及が背景にあります。平成生まれにオナニー依存症が多いのは、そのせいです。気軽に女性の裸を見ることができるので、女性と遊ぶことよりも、オナニーの方を選んでしまいます。

無料のセクシー動画を手に入れることができるので、いつでもオナニーをすることができます。オナニー依存症は、現代病と言えます。

セクシー動画を楽しむ自由はあります。しかし、あまりにも見すぎると、オナニー依存症から脱却できなくなってしまいます。ほどほどに楽しみましょう。

オナニー中毒の害⑤集中力がなくなる

オナニー中毒の害⑤集中力がなくなる
オナニー依存症になると、集中力が無くなります。オナニーをした後の倦怠感や眠気で集中力が途切れてしまいます。オナニーのことで頭がいっぱいなので、物事に集中することができません。

オナニー依存症になると、四六時中オナニーのことばかり考えてしまいます。仕事や勉強中も毎日そのことばかり考えてしまうので、何も手につきません。

オナニー依存症の人は、オナニーをしてから行動をするという人がいます。オナニーが習慣化されすぎてしまい、自発的に行動ができなくなります。何かをするのに、オナニーをしてからではないと、動くことができません。

人は、物事が習慣化してしまうと、なかなか抜け出すことができなくなります。オナニーなしでは何もできなくなってしまうでしょう。

オナニー依存症の治し方

オナニー依存症の治し方
オナニー依存症に悩む方に朗報です。オナニー依存症になっても、治し方がたくさんあります。誰でも気軽に試すことができるので、改善に役立ててください。

アダルトサイトから距離をおく

オナニー依存症を治したかったら、毎日の習慣を見なおして見ましょう。まずはアダルトサイトから距離を置いてみてください。オナニーを直接禁止すると、大きなストレスが加わります。ストレスを感じたことから、またつい手が伸びてしまう可能性があります。

毎日の習慣を変えようとすると、人は大きなストレスを感じます。少しずつストレスを減らして体を慣らしていきましょう。オナニーをする時に、アダルトビデオを極力見ないようにしてください。そうすると、回数が減る可能性があります。

スマートフォンを手にしていると、ついアダルトサイトを検索しそうになってしまいます。それを防止するために、スマートフォンから距離を置くこともおすすめします。

一人の時間を減らす

一人の時間を減らす
一人暮らしの人は、いつでもオナニーをすることができます。アダルトサイトも見放題なので、オナニー依存症が悪化しやすい環境にあります。仕事以外の時間は、なるべく外に出て、一人の時間を減らしましょう。友達と遊ぶことで、気持ちを他のものにそらせることができます。

オナニー依存症になると、部屋にこもりがちになります、いつでも毎日おナニーができる環境に閉じこもっていると、症状は悪化するばかりです。まずは部屋を出ることから始めましょう。

何かしようと思うと心に負担がかかるので、何も持たずに外に出かけて見ましょう。家の周りを散歩するだけでも、気分を紛らわすことができます。外出するときは、スマートフォンを持たないでください。色々な依存症から抜け出すことができそうです。

オナニーの代わりになる趣味を見つける

オナニー依存症の人は、暇を持て余しています。何かに打ち込むことがないので、つい毎日オナニーをして時間を潰してしまいます。充実した毎日を送っている人は、ストレスを感じても、他のことで発散をしようとします。

まずは、オナニーの代わりに打ち込める趣味を見つけてください。心拍数の上がるスポーツがおすすめです、ゆったりとした動作のものではなく、何も考えられなくなるようなハードなスポーツがいいでしょう。

スポーツをしている状態と、オナニーをしている状態はとてもよく似ています。スポーツでストレスが発散できるようになれば、毎日オナニーをしなくてもぐっすり眠れるようになるはずです。オナニー依存症が改善されるだけでなく、体力もつけることができます。

女性と恋愛をしてみる

オナニー依存症になってしまうと、どんどん女性から遠くなっていきます。毎日自分の好きなようにオナニーをするだけなので、女性は必要ありません。しかし、オナニー依存症が進むと、EDなどの危険性が高まります。二度と女性とセックスをすることができなくなってしまう可能性があります。

どんなきっかけでもいいので、まず人と接するようにしましょう。外で飲み歩いたり、友人に紹介して貰えば、誰かいい女性と出会えるかも。毎日起こる欲求を、女性に向けてみましょう。

人と喋ったり、ご飯を食べたりすると、ストレスが軽減します。安心できる女性と一緒に、毎日色々なところに出かけてみましょう。もし出会いがないのなら、出会い系サイトを使うことも一つの手です。

ネットで素敵な出会いを見つけてみませんか?

出会い系サイトと聞くと怪しい気がしたり、変な人しかいないのでは?と思う方も多いかも知れませんが、年々SNSやインターネットでの出会いの数が急増し、現代の定番の男女の出会いの場として定着してきつつあります。

しかし当然ながら、運営がしっかりしていないサイトや、ほぼ詐欺のようなサイトが存在するので注意が必要です。
筆者が自信を持っておすすめするワクワクメールは10年以上続く健全な会社が運営していて、素敵な女性や男性がたくさん登録しているので、ぜひ一度つかってみてください。

女性は基本的に無料ですし、男性も無料ポイントだけでも試してみてはいかがでしょうか♪


毎日オナニーする習慣から脱却しましょう

毎日オナニーする習慣から脱却しましょう
オナニー依存症と聞くと、軽い症状だと思われがちです。しかし、深刻化すると、命さえも奪われかねません。ストレスから逃げるためにオナニーを続けていると、取り返しのつかない大変なことになってしまいます。

オナニー依存症を治したいと思ったら、リラックスするところから始めましょう。ストレスがたまらない程度に行動すれば、徐々に改善に向かうはずです。

オナニー依存症になってしまったら、ストレスを他の行動で解消しましょう。まずは、部屋の外に出ることをオススメします。自分が好きなことを始めれば、毎日が充実して、オナニーをしなくてもぐっすり眠れるようになるはずです。

Related