Search

検索したいワードを入力してください

「パコるってなに!?」意外と知られていないセックスの隠語
2018年10月10日

「パコるってなに!?」意外と知られていないセックスの隠語

パコるというセックスの隠語を解説し、パコるという言葉の成り立ちなどを解説する記事です。その後、その他セックスを示す隠語をご紹介します。また、なぜ人はセックスにまつわる隠語を使うのか、その心理なども細かく分析してみた記事です。

パコるってどういう意味!?

パコるってどういう意味!?
パコるってどういう意味? と驚かれた方、いらっしゃいますか? まだご存知ない? パコるというのはインターネットの掲示板などから生まれた隠語で、セックスするという意味の隠語です。

セックス、特に立ってバックから突っ込むいわゆる立ちマンなど、パコパコやっている、という様子から、パコる、と言われるようになりました。

一説によると、パコるは女子高生から徐々に広まった隠語です。女性用トイレの個室の中で立ってパコパコやっている様子がよく描かれた隠語です。

そこから派生して、超展開でパコる、速攻パコる、急展開でパコる、などの隠語もあります。

パコるの響き

セックスの隠語がパコる。どう感じますか? 下品な印象を受ける方もいらっしゃるでしょうし、逆に、滑稽でセックスにふさわしい隠語だと感じる方もいらっしゃるでしょう。

「またあいつらトイレでパコってるよ。」なんて言ったら笑えます。

パコポコする、がパコるになったので、まあ、よりクイックでインスタントな印象を受ける隠語です。

パコるはユーモラスな隠語?

パコるはユーモラスな隠語?
「これから彼氏とセックスする。」というとちょっと直接的ですし。聞く側も、え?と驚くでしょう。

けれども、「これからあいつとパコる。」というと滑稽というか、ユーモアがあってまだ許せる気がしませんか。なんとなく自分を茶化しているというか。

パコるは人がセックスすることを小馬鹿にする隠語でもあれば、自分がセックスすることを茶化す隠語でもあります。

中学生のくせにパコってやがる、なんて、パコることを侮蔑的な隠語として使う場合もありますが、セックスほどの深刻さがない隠語です。

オフパコ

先ほど、パコるの使い方に触れましたが、「オフパコ」という使い方もあります。ツイッターなどのSNSでのオフ会でエッチすることをオフパコと呼ぶのですが、オフ会でパコらせますよ、という女性がツイッターで「オフパコOK」とツイートしているのを見かけたことがあります。

すごい時代になりました。

パコる以外にもあるセックスを表す隠語

パコる以外にもあるセックスを表す隠語
パコる、以外にもセックスを示したり匂わせる隠語はたくさんあります。まず代表的な隠語は「ハメる」。もはや隠語とは言えないくらいです。ハメ撮り画像、ハメ撮り動画、など例はたくさんあります。

「セクロス」、もセックスを指す隠語です。けれども、語感からして既に隠語というよりジョークです。セクロスとそのまま聞いても、大抵の方はわかるはずです。

「即ハボ」という隠語もあります。これは「即ハメボンバー」の略です。即セックスするような淫乱な人たちを指し、「即ハボメンバー大募集」などと使われます。

今では死語になりつつありますが、Aがキス、Bがペッティング、Cがセックス、など中学生が使うのも隠語と言えます。

筆者の知人女性ですが、交際相手とエッチしたいと思う日には、お相手さんに、「今日、お布団干しときましたよ。」という女性がいましたが、これもこのカップルだけにわかるという意味では隠語です。

よりマイルドな隠語

よりマイルドな隠語
今までパコるや、そのほかセックスを示す隠語をご紹介してきました。これらはどちらかというと、聞けばなんとなくピンと来る隠語です。語感などからわかりやすいし、パコるなどは逆にわからせたくて使うスラングです。

それすらも恥ずかしい、パコるなんて言えない、という方達の隠語もあります。例えば、「にゃんにゃん」。これもあからさまにわかるという点ではパコると大してちがわないのですが、まだ可愛げがあります。

他にも、「今日は長い夜になりそう。」、「きっと、素敵な時間をすごせるよ。」など、聞いている方は逆に恥ずかしくなりそうな婉曲的な表現もあります。筆者が聞いた中では、「夢心地にさせてあげる。」などというのもありました。

「さあ、セックスしようか。」というとあまりにも直接的でダイレクトなので、このような表現を使う場合があります。

次は、ではなぜ隠語が使われるかについて考えてみましょう。

なぜ隠語が使われるか

なぜ人は隠語を使うのでしょうか。検証してみると、いくつかの理由があります。セックスを言う方が早いし、わかりやすいし、個人差はありますが、セックスという言葉を口にすることなんてへっちゃら、という人もいます。

実際、テレビでも遅い時間には使われていますし、週刊誌の広告にセックスという言葉が使われていない日はないくらいです。

それでも隠語や方言などがあります。現代日本ではどの地域でもセックスで通じますが、例えば北海道ではセックスのことを「へっぺ」と言い、セックス中毒の女性のことを「へっ中」と言います。

それでも人々は日常でセックスを指す隠語を使いたがります。その理由を、いくつかお示しいたします。

セックスでは直接的すぎる

なぜ隠語が使われるか
ほとんどの日本人にはセックスと言えば伝わります。けれども、直接的です、かなり。節句巣と言えば必ずセックスだと伝わってしまう。だからセックスと言わずに隠語を使う人がいます。

特に、思春期の子供の前などで、直接言うのを避ける場合が多いです。自分の子供にはわからないように、その夜の営みについて触れる場合などです。

恥ずかしいから

なぜ隠語が使われるか
セックスする、とダイレクトに言ってしまうのが恥ずかしい場合もあります。「彼とセックスした。」と言うのは恥ずかしいし、生々しい場合もあります。そういうときに、「まあ、彼とはそんな関係。Cまで行ったかな。」などと使う。

特に若い女性、若い男性は口に出してセックスと言うのが恥ずかしい人も少なくありません。そんなときに隠語を使います。

隠語を知っている優越感

新しい言葉、流行りの言葉を友人や周囲の人より先に知っているというのは敏感な証拠なので、優越感に浸れます。本人がセックスをしているかどうかではなく、ただ使うことによって自分はいち早く隠語を知っていると自慢できます。

それと、ただ隠語を使いたい、という人も中にはいます。隠語を使う言葉遊びのようなもの。そもそも隠語が言葉遊びからできた言葉ですから、言葉遊びが好きな人は隠語が好きです。

茶化している、ふざけている、滑稽

パコる、がとてもいい例ですが、セックスするということ、そしてセックスを示す言葉を茶化したりふざけたりして使う場合もあります。

前にも述べましたが、セックスするより、パコる、の方が断然おちゃらけて楽しい言葉です。ですので、セックスを明るく、軽いことと受け取っている人はよくそういう使い方をします。

考えてみたら、セックスというものは滑稽なもの。男は普段はふにゃふにゃの泌尿器をイキリ立たせ、女はまたから愛液を垂らし、それをパコパコとはめる。オーラルセックスにしても、シックスナインにしても、冷静なときに見たら滑稽なことです。

それをするから子孫が残るので、大切なことではあります。けれど、カメラを引くように見たら、おしっこをするおちんちんがそそり立っていて、それをペロペロと舐めているのも滑稽です。しかもお互い興奮して本気になっている。

セックスをそういう少し滑稽なことと感じている方は、パコるなどと言います。

隠語で遊びながら、セックスをする

隠語で遊びながら、セックスをする
いかがでしたか? この記事を読んでいらっしゃる読者のみなさんは、基本的にセックスが好きだからその隠語を知りたいのでしょう。

基本的に、男女ともにセックスは好きだし気持ちのいいもの。好きな相手とセックスできたら何よりです。

今の時代、性に奔放んでも責められる時代ではありませんが、それでもまだセックスは秘められたこととされています。

そんなセックスを、今日ご紹介したような隠語や、その他の隠語、自分とパートナーにしかわからない隠語で楽しんでみてはいかがでしょうか。

奔放なセックスを楽しんでみたい。けれどセックスは秘め事。むしろ、秘め事だから密やかな楽しみがある。

実際にセックスする、しないはまた別の場合もあります。秘め事であるセックスを、隠語を使って楽しんだり、隠語を使って、セックスを楽しんでみませんか。

エッチでかわいい女の子と出会うには

初めて会う人とのセックスはとてもわくわくます。ですが日常でそんなに都合よく美人でセックスができる女性と会う方法はなかなかありません。

そんな中で筆者が一押ししている方法はワクワクメールです。出会い系はほとんどがお金をつぎ込んでも全くマッチングしなかったり、マッチングしてもサクラや業者ばかりであったりと、悪質なサービスが多いのですが、ワクワクメールは自信を持っておすすめできる、かわいい女性会員がきちんといる数少ないマッチングサービスですのでもしよければ一度使ってみてください。

キチンとターゲットを絞れば初期ポイントだけでもいい女性に巡り会えるものですよ♪


Related