Search

検索したいワードを入力してください

【知らないと恥ずかしい】手淫とは!?正しい手淫(手コキ)のやり方
2018年10月12日

【知らないと恥ずかしい】手淫とは!?正しい手淫(手コキ)のやり方

皆さんは手淫と手コキの違いややり方を理解していますか?この記事では男性目線で気持ちいい手淫のやり方や注意点についてまとめています。女性のみなさんはセックスライフ、男性のみなさんはオナニーライフを豊かにしたい方に必見です。ぜひ読んでみてください。

手淫と手コキとの違い

手淫と手コキとの違い
今回の記事の主となる手淫ですが、みなさん分かりますか?手淫とは昔よく使われていた言葉で、現在は手コキと呼ばれています。手コキというと聞いたことがあるはずです。そのため、手淫と手コキは同じ意味であると捉えてもらって構いません。女性が女性器を触る場合も手淫といいます。この記事では女性が行う男性器の手淫として記載を統一します。

手淫とは、手を使って男性器を刺激し、快感を得ることです。アダルトグッズとして「オナホール」がありますが、それを使うと手淫の意味に入らず、オナニーやプレイの一種になります。あくまで手を使って快感を得ることを手淫といいます。

手淫の種類

手淫の種類
手淫について説明をしましたが、そもそも手淫(手コキ)のやり方が分からない女性の方も多いでしょう。男性も自分が普段行っている以外のやり方に興味をもっているはずです。ここからは気持ちいい手淫を説明する前に、手淫の種類について説明します。

通常の手淫

通常の手淫は、男性器が萎んでいる状態か勃起している状態から始めます。男性が仮性包茎である場合は、亀頭を露出させてください。そして指5本を使い指4本は亀頭側、親指は裏筋に置きます。指を置いたら指を前後させ、シコシコしましょう。これが通常の手淫となります。

ここで気をつけることはペニスを握る力の強さです。ペニスを力強く握りしめたり、手淫の最中に興奮して力が強くなる場合もありますが、力が強ければよい訳ではありません。人によって好きな力があるので、握りながら相手のリアクションをみて、調整してください。男性の皆さんも力を入れすぎると快感が軽減するので気をつけましょう。

亀頭中心の手淫

亀頭中心の手淫
通常の手淫で相手がなかなか射精しなかったりして、手が疲れてしまうこともあるでしょう。その際には亀頭中心の手淫に変更しましょう。尿道や亀頭周辺を親指や手のひらで愛撫することでさらなる快感が生まれます。バリエーションとして裏筋を愛撫することも気持ちよく感じます。

気持ちいい手淫のやり方

気持ちいい手淫のやり方
手淫のやり方は人によって異なり、何が正しいということは難しいです。他人がしている手淫をアダルトビデオで見る方もいますが、女優さんによって十人十色なはずです。次は気持ちいい手淫のやり方をご紹介します。女性向けのテクニックになりますが、男性のオナニーでも使える箇所があるので参考にしてください。

ペニスは表側の方が感じる

通常の手淫のやり方で指4本は表側、親指は裏筋と書きましたが、理由がきちんとあります。裏筋よりも表側に神経が多く通っているため、感じやすいです。そのため、男性はペニスの表側を触られる方が気持ちいいです。男性の方は試しに表側と裏筋を触ってみると実感できるでしょう。

より快感を得るために、手淫をしていない手を遊ばせないようにしてください。手淫を片手でやるか両手でやるかによって、視覚的には興奮度は異なりますが快感度が増加するわけではありません。空いている手では睾丸や乳首を愛撫し、両手を活用してください。

気持ちよさは滑り具合に比例する

手淫の気持ちよさに比例するのは手の滑り具合です。ペニスが乾燥した手淫と、唾液で滑りやすい手淫では感度が圧倒的に異なります。気持ちいい手淫をするためには、唾液を使用して滑りやすくしてください。

手淫やフェラチオでもアダルトビデオをみると泡のようなものができて、泡が破裂するような音を聞いたことがあるでしょう。あれは手とペニスとの接地面が多くて密着度が高いためです。このやり方ができるととても気持ちいいと男性は感じます。

ローションを使った手淫

滑りやすさを活かすために使用をオススメするのがローションです。最近はドラッグストアであったり、通販で簡単に手に入り手元にある方も多いでしょう。これを手やペニスに塗り、亀頭中心に手のひらでこねるようにしてみてください。通常の手淫とは違いゆっくりねっとりと愛撫することで、男性は射精したくてもできない悶絶するような快感に襲われます。

女性は手淫のバリエーションとして、男性は普段のオナニーに飽きてきた方へのスパイスとしてお勧めです。オナニーの場合は、ローションはとりにくいので風呂場で行った方が楽です。

視覚的にも使える手淫

視覚的にも使える手淫
手淫のなかでも視覚的に刺激があるものがあります。女性の場合は添い寝や興奮している顔などです。そのなかでも手を逆手にして、ペニスを人差し指と中指の間を挟むやり方をご紹介します。これは男性自身が手淫をする際に行うことが難しいため、女性が行うことで経験したことのない感覚に襲われます。亀頭とペニス本体の境目「カリ部」に指をひっかけてこすることで、男性はとても気持ちよくなります。試してみてください。

このほか、女性なら手淫の最中にフェラチオに移行したりと不意に行うことも快感を覚えるテクニックです。手淫を行いながら舌先にペニスを当てると、二重の気持ちよさが襲ってきます。男性が射精しそうになればこの技を使うとよいでしょう。

手淫の注意点

手淫の注意点
手淫の気持ちいいやり方は理解できましたでしょうか。手淫は簡単だと感じている方もいるでしょうが、注意点もいくつかありますのでご紹介します。まず滑りが少なくて、摩擦が大きい手淫です。ペニスを強く握って早くこすると強い痛みを伴います。下まで引っ張りすぎず、ちょっと皮が下の位置でたわむぐらいにしてください。

次に睾丸の扱い方です。睾丸は男性の急所であり、強い刺激を伴うと痛みを感じます。手淫や手淫途中に口に含む際に、引っ張り上げると痛いです。急に口に含むと恐怖心が芽生えることもあるため、優しく扱って下さい。

気持ちいい手淫を実践しよう

気持ちいい手淫を実践しよう
手淫はオナニーはもちろんのこと、セックスの前戯で使ったりなど射精までもっていくことができます。手淫はオナニーやセックスの技術のなかでも、比較的簡単に気持ちよくさせる技術を習得することができます。その技術をこの記事でお伝えしました。この記事を読んで手淫のことが分かったら、実践してみましょう。

男性の方はオナニーをしてみたり、女性の方は次のセックスの際に男性に練習相手になってもらいましょう。ペニスを握るときの強さや気持ちいいやり方を聞くことで技術が向上するとともにコミュニケーションが深まります。男性から求められることも増えるでしょう。この記事を読んでくださった方々の今後のカップルライフやオナニーライフに幸あることをねがっています。

ネットで素敵な出会いを見つけてみませんか?

ここまでご紹介したテクニックをすぐにでも実践したい、という方も多いはずです。そんな時はネットで素敵な出会いを見つけて刺激的な日々をすごしてみてはいかがでしょうか。

出会い系サイトと聞くと怪しい気がしたり、変な人しかいないのでは?と思う方も多いかも知れませんが、年々SNSやインターネットでの出会いの数が急増し、現代の定番の男女の出会いの場として定着してきつつあります。

しかし当然ながら、運営がしっかりしていないサイトや、ほぼ詐欺のようなサイトが存在するので注意が必要です。
筆者が自信を持っておすすめするワクワクメールは10年以上続く健全な会社が運営していて、素敵な女性や男性がたくさん登録しているので、ぜひ一度つかってみてください。

女性は基本的に無料ですし、男性も無料ポイントだけでも試してみてはいかがでしょうか♪


Related