Search

検索したいワードを入力してください

「ちんこがくさいとセックスしたくない!?」におい対策や体験談
2018年10月22日

「ちんこがくさいとセックスしたくない!?」におい対策や体験談

男性のちんこがくさいにおいを発している場合に、女性はセックスの際にどのような気分になるかについて紹介していきます。また、ちんこがくさくならないようにするには男性はどのようなケアがおすすめなのかいついても合わせて紹介していきます。

ちんこがくさい人の割合

ちんこがくさい人の割合
ちんこがくさい人の割合はどのくらいいるのでしょうか?自分ではなかなかその匂いを知ることができない部分ですのでわかりにくい部分もあるのですが、意外とくさい人が多くいて女性に避けられてしまっていることもあります。

どんなちんこのにおいがくさい?

ちんこがくさくなった場合のにおいはどのような感じのものなのでしょうか?お風呂に入らなくて汗臭くなってしまったようなにおいをイメージしてみるようにするといいでしょう。とてつもなく鼻につくにおいということになりますので、それを嗅ぐと気分を害することになってしまうはずです。100年の恋も冷めてしまう物であると考えておいていいでしょう。

くさいちんこのにおいはとれにくい

ちんこがくさくなった場合のにおいはなかなか取れない物であると考えておくことも必要です。身体にしみついてしまったにおいは簡単に取り除くことができないもの。従って、ちんこがくさくなる前にいつもちんこを清潔にしておくことが非常に重要なポイントになります。できる限りちんこを清潔に保つようにすることがおすすめです。

加齢臭と混ざることも

加齢臭と混ざることも
ちんこのにおいが加齢臭と混ざることもあります。ですから、若い時には何とも感じることがちんこの臭いが年を重ねるにつれて、辛辣なものになってくることも考えられます。年配の方は特に自分のちんこを念入りに洗うなどして綺麗に保つようにすることがおすすめです。ちんこがくさくなってしまうと自分の魅力が大幅にダウンしてしまうことになります。

人生は長い

日本人の平均寿命がどんどんアップしてきていますので、いつでもちんこは清潔にしておくようにするといいでしょう。人生を長く楽しむためには時には女性に恋することも必要です。その際にちんこがくさくなってしまうと恋の妨げになってしまうことが考えられます。そのように考えながら、ちんこと向き合うようにするといいでしょう。

ちんこがくさくなる理由

ちんこがくさくなる理由
なぜちんこがくさくなるのでしょうか、人間はお風呂に入らない状態になってしまうとどんな方でもくさくなってしまいます。ですからちんこも不潔にしておくとだんだんとくさくなってしまいます。できるだけこまめにお風呂に入ってちんこを奇麗にしておくようにすることがおすすめです。

包茎である時にちんこがくさくなる

ちんこが包茎だと、内部にカスがたまりやすくなってしまいますので、それによってちんこがくさくなってしまうこともありますので、できるだけお風呂に入ったら皮をむいてカスがなくなるようにきれいにそして清潔に保つようにすることが必要です。内部のカスは非常に強いにおいを発しますので、そのままにしてしまうとくさくなってしまいます。

手術の必要性

包茎の人でいわゆる真性包茎の場合には十分に皮をむくことができなくなってしまいますので、カスがたまりやすくなってしまいます。それが原因でちんこがくさくなってしまう可能性も考えられますので、場合によっては真性包茎の手術をしていつも亀頭が外に出ているようにすることもおすすめです。包茎よりも剥けていたほうが女性の印象もよくなる場合も考えられます。

下着をこまめに代えない

下着をこまめに代えない
下着をこまめに替えないと、下着のにおいがちんこに移ってしまって、それによってちんこがくさくなってしまうことも考えられます。できるだけ男性の方であってもこまめに下着を交換するようにすることがおすすめです。下着ににおいがついてしまうと洗濯しても簡単に除去することができなくなってしまいますので、注意が必要になります。

夢精をしたらそのままにしない

若い方の中には夢精と時々してしまう方もいるはずです。夢精をしたらそのままにしないことも必要です。精液には独特のにおいがありますが、それが下着に付いたままの状態になってしまうと同じようににおいがきつくなってしまって、結果としてちんこににおいがついてしまってくさいと思われるようになってしまいますので同じように注意が必要です。

ちんこの匂いの対策方法

ちんこの匂いの対策方法
ちんこがくさいと思われないようにするためにはどのようなケアをちんこにすることがおすすめなのでしょうか?ちんこの臭い対策は毎日の生活習慣が重要な要素となります。しっかりケアしておけば彼女に嫌な思いをさせることもなくなります。

くさいちんこを石鹸であらう

脱臭力の強い石鹸でちんこを洗うようにするとくさいにおいを出している部分を少しずつ洗い流してしまうことができるようになってきます。しかしながら、ちんこの皮膚は非常にデリケートなものですので、少しずつにおいを無くしていくようにしなくてはなりません。大きな刺激をちんこに与えないような注意も必要です。

くさいちんこに香水をつかう

ちんこのくさいにおいを覆い隠すために下着に香水を使うという方法も考えられます。ちんこに直接香水をつけてしまうと香水の成分によってちんこが傷んでしまう可能性も考えられますので、無難に下着に香水をつけるようにするといいでしょう。また、ニンニクなどのにおいを発するような食材はくさいにおいの発生源になることもありますので、食べるのを避けたほうが良いでしょう。

トイレの後始末

尿道に尿が残っているような感じになってしまうと、それが原因でちんこがくさい状態になってしまいますので、その点は注意をしなくてはなりません。用をたしたら、しっかりと後始末をすることが必要です。尿漏れなどが仮に起こってしまったら、すぐに下着を交換するようにするといいでしょう。いつでもちんこの周りは清潔に保つようにすることがおすすめです。

風通しをよくする

ちんこの周りの風通しを良くすることも必要です。トランクスタイプの下着の方が蒸れることがありませんので、くさいにおいを発生しにくくなりますのでお勧めです。また、夏場などは汗をかいてしまったらすぐにシャワーを浴びてちんこをきれいに洗い流すようにしていくこともおすすめです。くさいにおいの発生源はすぐに除去する努力が必要です。

ちんこがくさいとセックスしたくない?

ちんこがくさいとセックスしたくない?
ちんこがくさいと女性はセックスをするのをいやがります。なぜならば、そんなくさいもの自分の中に入れるのは絶対に嫌だと考えるからです。どんなにかっこよくてもくさいちんこが高確率で嫌われてしまうことを知っておくといいでしょう。

フェラチオをしたくなくなる

ちんこがくさいとフェラチオをするのはとても辛い物になってしまいます。仮に男性の方から女性に対して、くさいちんこのフェラチオを強要してしまうと拷問のような状態になってしまいますので、女性の気持ちを白けさせてしまうことにもなりますので、注意が必要です。ちんこのにおいを直接嗅ぐことになる女性の気持ちを考えてあげなくてはなりません。

くさいちんこの手コキはつらい

ちんこがくさいとそれを触るのが嫌になってしまいます。くさいにおいが自分の手についてしまいそうな気分になるからです。手コキによって気持ちよくなることもセックスにおいては大きな意味を持つことになるのですが、くさいちんこでは多くの女性が手コキをすることを非常に嫌がることになりますので、その点は十分に配慮しなくてはなりません。

いきなりセックスはNG

ちんこのにおいがそれほど辛辣ではない場合でも、いきなりセックスをすることは避けなくてはなりません。セックスをする前には必ずシャワーを浴びるなどして、ちんこを清潔な状態にすることが女性に対するマナーですし、男性から女性への愛情表現であることをしっかりと理解しておくようにしなくてはなりません。荒々しく女性とセックスするだけを考えることは避けなくてはなりません。

仮性包茎のちんこ

仮性包茎の場合には普段は亀頭が包皮に覆われていますので、くさいにおいがそれほど拡散しないことが多いのですが、実際にセックスをする際に包皮をむいた習慣に非常にくさいにおいを発生してしまうということも起きてしまいます。セックスする気分も無くなってしまうような場合もありますので、仮性包茎の方は普段から包皮の中も綺麗にしておくようにするといいでしょう。

挿入はNG

セックスは女性にとっては非常に神聖な儀式です、自分の大事な部分に男性のちんこを受け入れることになるのですから、そのちんこがあまりにもくさかったら、不快な気分になってしまうことは間違いありません。実際にセックスをすることになって、あまりのくささに幻滅して挿入NGとなってしまうなどことも考えておくことが必要です。

皮膚病になっているちんこ

ちんこを不衛生な状態にしておくと、いろいろな細菌が繁殖しやすくなってきます。細菌の繁殖によってちんこが皮膚病になってしまっている状態でセックスをしてしまうと皮膚病や細菌を女性に移してしまうことも起きてしまいます。そのような意味でくさいちんこを敬遠する女性が多くいることも知っておかなくてはなりません。相手に病気をうつしてしまうことが無いように普段からちんこのケアをしっかりと行っておくようにするといいでしょう。

彼氏のちんこがくさい女性の体験談

彼氏のちんこがくさい女性の体験談
彼氏のちんこがあまりにもくさい場合には女性はどのような対応を彼氏にすることになるのでしょうか?実際にくさいちんこを持った彼氏とつきあうことになってしまった女性の驚きの体験談を紹介します。

真性包茎の彼氏

彼氏とセックスをするに及んで彼氏のちんこが真性包茎でした。真性包茎のために十分にカスを掃除できないみたいで、とにかくちんこがくさいので高収入で素敵な彼でしたが、がっかりして、別れることになってしまいました。真性包茎の場合には愛する女性のためにもできるだけ手術をしましょう。

仮性包茎の彼氏

仮性包茎の彼氏ですが、普段ちんこが皮に覆われているので、亀頭が敏感でなかなかきれいに洗うことができないみたいで、包皮をセックスの時に剥くと独特のくさいにおいを発するのでとても辛い気分でした。香水のようなものを振り掛けたら、彼氏のちんこが腫れてしまって、驚きました。それからは剥けたちんこの人と付き合っています。

セックスの後にうがい

セックスの後にうがい
彼氏のちんこがあまりにもくさいのですが、彼氏は毎回セックスのたびにフェラを要求してくるので、我慢してサービスをしています。でもあまりにもくさいちんこなので毎回セックスをした後にうがいをしています。うがいをしているとなんだか空しくなってしまいます。これからもくさいちんこに向き合って行かなければならないと考えると辛い気分になることもしばしばです。

においに気が付いていない彼

彼氏が自分のちんこがあまりにもくさくなっていることに全く気が付いてしない状態で本当にこまりました。実際に彼氏にちんこがくさいと告げるべきかどうか迷いました。最終的には新しいちんこのくさくない彼をみつけたので、そちらに乗り換えることにしました。昔の彼は今もくさいちんこのまま生活をしているのかとふと思うこともあります。

くさいちんこは大問題であると考えよう

くさいちんこは大問題であると考えよう
男性のちんこがくさい状態ですと、病気になってしまう可能性が高まるので男性にとっても女性にとてもよくありません。また、折角の恋愛関係もちんこがくさいという理由で壊れてしまう場合もでてきますので、できるだけ男性は自分のちんこがくさくならないようなケアを普段からしておくことが必要です。特に包茎の場合には十分なケアをした方がいいでしょう。

Related