Search

検索したいワードを入力してください

教師と生徒の恋愛は実際あり?なし?|律的見解/処分やクビになる?
2018年10月02日

教師と生徒の恋愛は実際あり?なし?|律的見解/処分やクビになる?

教師と生徒という関係でありながら、恋愛関係になってしまう。そんなことはドラマや漫画の世界の話しだろう、と思っている人はいませんか?男女である限り、可能性はゼロではありません。実際に教師のことを好きと言っている生徒はよく見かけます。

教師と生徒の恋愛は実際あり?なし?

教師と生徒の恋愛は実際あり?なし?
教師と生徒という立場、どこか本気ではない、どうせ実らない恋、などの理由からアプローチから交際に至まで進んでしまうことはあるのでしょうか?そもそも男女であることには変わりなにも関わらず、禁断の恋と言われてしまうのは、なぜなのでしょうか?

なぜ教師と生徒は恋愛に発展するのか

なぜ教師と生徒は恋愛に発展するのか
生徒から見ると教師は大人で、責任のある立場で、自分の学校生活に関して気にかけてくれる存在なので、好きになる可能性はあると思います。特に女性は年上の男性を求める割合は高いです。生徒はまだまだ幼い存在なので、恋愛感情に歯止めが効かなくなくなってしまって、教師に対して軽くアプローチをかけてしまうこともあるかもしれません。

しかし、教師という立場であれば、そのアプローチをさりげなく避けたり、生徒が傷つかないように断る必要があります。そんな教師という立場であるにも関わらず、生徒を好きになってしまうには、どのようなきっかけがあるのでしょうか?

将来の姿を想像する

教師と生徒であれば、日常的にその姿や行動を目にすることになります。教師は多くの生徒を見ているので、生徒の姿を見ていると将来どのような人に成長するのか、ある程度の想像ができます。

小学生や中学生では教師から見ると、まだまだ幼く見えます。しかし、高校生くらいになると、すでに大人の雰囲気は出てきています。また、数年後には立派な女性になります。その数年後の姿に教師は恋愛感情を持つことがあるようです。

出会いの場が少ない

教師は会社員のように多くの人と出会える機会があるわけではありません。なので、いつ出会えるかわからない将来の恋人を夢見るよりも、好意を持ってくれた生徒と恋愛関係になる方が現実的と言えば現実的のように思えます。

ただ、生徒と恋愛するのであれば生徒が卒業するまでは待つことが、正しい教師と生徒の恋愛の形になります。中には待ちきれない教師もいて、その場合は処分の対象になってしまっています。生徒は若いので、すぐに恋愛感情も冷めてしまいます。そのことを理解している教師は焦って行動してしまっているのでしょう。

接する機会が多い

教師と生徒が恋愛するドラマなどでは、生徒が放課後や休憩中に教師のところへ頻繁に質問に行ったり、委員会の活動や、悩みの相談など、教師と接する機会が多く描かれます。これは間違いではありません。

恋愛の心理などでよく出てくるのですが、単純接触の原理というものです。接触する機会が多いと人はその相手に良い印象を持つようになります。もしも、好意を持った生徒が教師に何度も接触しに行くと、教師も生徒のことを気にするようになることは人の心理としては当然のことなのです。

障害があると燃える

こちらも恋愛の心理でよく見かけるのですが、人は障害が大きいほど燃え上がります。禁止と言われる逆にやりたくなってしまいませんか?これをカリギュラ効果と言います。

教師と生徒の恋愛という、まさに禁断の恋です。ここにカリギュラ効果が働きます。

教師と生徒の恋が禁断なのは?

教師と生徒の恋が禁断なのは?
教師と生徒といえど、男女なので恋愛関係になる可能性はあります。特に女性は高校生くらいになると大人の雰囲気も出てきます。さらに、女性は年上の男性を好む傾向もあります。

なぜ、教師と生徒でも恋愛関係になり得る立場でありながら、禁断の恋と言われるのでしょうか?

法律的見解

教師と生徒で恋愛するのであれば、最大の問題点となるのはその生徒の年齢です。基本的に生徒は未成年なので、児童福祉法や条例などに引っかかってしまいます。その基準となる年齢が18歳です。

18歳未満の生徒と体の関係を持ったり、お金のやり取りがあると違法性がある可能性があります。違法性が認められると教師は処罰の対象になってしまいます。しかし、生徒の方は処罰の対象とはなりません。

児童福祉法は18歳未満を対象としているので、18歳であれば問題はありません。高校3年生になれば18歳になる生徒もいてます。また、体の関係や金銭のやり取りがメインではなく、真剣な交際関係であれば問題ありません。しかし、これらはグレーゾーンのラインではありますので、世間的には、やはり良しとはされません。

また、児童福祉法や条例以外の部分で違反を犯している可能性もあります。

教師と生徒の恋愛関係での処分

実は上記で述べた児童福祉法や条例に引っかからなくても、教師と生徒という立場の時点で必ず守らないといけないルールが用意されています。それは校則です。多くの校則で教師と生徒の恋愛は禁止とされています。

校則に違反することで教師は懲戒を受けます。生徒も退学や休学などの処分を受けることになります。校則の場合はその学校でのルールなので、生徒が18歳以上でも違反になってしまいます。

それでも隠れて付き合う

中には、違反のことを理解しつつも付き合う教師と生徒がいます。ここは教師の方が歯止めをかけて欲しかったところですが、男女のことなので付き合ってしまったのならば仕方ありません。

しかし、違反を犯してまで、付き合うからには相当な覚悟が必要です。お年頃な生徒は恋愛の相談を友人たちにしたいと思いますが、恋人が教師の場合はそんなことはできません。徹底的に周囲にバレないようにしないといけません。うっかり信頼している親友の1人にだけ打ち明けた結果、周囲にバレてしまったということもよくあるようです。

また。今ではSNSへの投稿にも注意が必要なようです。誰にも話せないことなので生徒はバレないように内容は伏せて恋愛について投稿するのですが、多くの人が閲覧するSNSでは中には勘の良い人もいるようです。

上手く隠し通した教師と生徒のカップルは結婚するタイミングまで親友ですら知らなかったということが多いようです。そのくらい徹底して丁度良いくらいなのかもしれません。

教師と生徒が恋愛に発展する有名な漫画

教師と生徒が恋愛に発展する有名な漫画
教師と生徒の恋愛をテーマにした漫画は多くあります。その中でもおすすめなのが「ひるなかの流星」です。主人公の「すずめ」は父の転勤で急に東京に引っ越すことになります。新しい学校でいろいろと問題が起るのですが、担任の「獅子尾」が問題の解決を手助けしてくれます。そんな困っている自分を助けてくれる「獅子尾」に「すずめ」は恋愛感情を持ち始めます。

「獅子尾」の方も「すずめ」のことを気になり始めるのですが、教師と生徒という立場に葛藤します。そんな「すずめ」と「獅子尾」の恋愛の状況でクラスメイトである「馬村」も参戦してきます。

教師とクラスメイトという三角関係を日常の学校生活も描きながら恋愛のストーリーが進みます。

恋愛のための最低限のルール

恋愛のための最低限のルール
教師と生徒の恋愛は禁断の恋と言われます。それは法律や校則に違反してしまうからです。しかし、逆に言うと、このルールさえ守っていれば問題はないということです。実際に生徒と結婚したという教師もいます。

ルールを守るということは、生徒が卒業、もしくは20歳になるまで待つということです。生徒は若いのであっさり気持ちが冷めることもあるかもしれません。しかし、あっさり冷めてしまうような恋愛であれば、危険を犯してまで生徒が在学中に付き合うこともないです。ましてや、別れてからトラブルになる可能性も高いです。

生徒はまだ人として未熟です。生徒と恋愛をするのであれば、教師がその後の全てを理解したうえで判断を下すべきです。その教師は禁断の恋をしようとしているのですから、本気の恋愛をしようとしているはずです。本気の恋愛であれば生徒のことを思って、慎重な行動と判断を心がけましょう。

ネットで素敵な出会いを見つけてみませんか?

時にはパートナーにうんざりすることも、街ですれちがった素敵な人に惹かれることもあるでしょう。
そんな時はネットで素敵な出会いを見つけて刺激的な日々をすごしてみてはいかがでしょうか。

出会い系サイトと聞くと怪しい気がしたり、変な人しかいないのでは?と思う方も多いかも知れませんが、年々SNSやインターネットでの出会いの数が急増し、現代の定番の男女の出会いの場として定着してきつつあります。

しかし当然ながら、運営がしっかりしていないサイトや、ほぼ詐欺のようなサイトが存在するので注意が必要です。
筆者が自信を持っておすすめするワクワクメールは10年以上続く健全な会社が運営していて、素敵な女性や男性がたくさん登録しているので、ぜひ一度つかってみてください。

女性は基本的に無料ですし、男性も無料ポイントだけでも試してみてはいかがでしょうか♪


Related