Search

検索したいワードを入力してください

生理中に良いおすすめの食べ物・飲み物|イライラ解消/むくみ/めまい
2018年10月02日

生理中に良いおすすめの食べ物・飲み物|イライラ解消/むくみ/めまい

生理中は体調が悪くなり、憂鬱な気持ちになってしまう女性も多くいるのではないでしょうか?生理中は摂取する物に注意が必要となります。生理中の症状の緩和にお役立ち頂ける食べ物や飲み物、また妊活中の生理中に効果ある食べ物や飲み物をご紹介させて頂きます。

生理中にオススメの食べ物と飲み物

生理中のイライラに効く食べ物と飲み物

生理中はホルモンのバランスにより精神が不安定になる傾向があります。その為、イライラしてしまうこともあります。体内ホルモンの乱れと頭では理解していても辛いときがあります。このイライラの原因は幸せホルモンといわれる【セロトニン】が減少し不足をするからです。

生理中のイライラを抑えるには【トリプトファン】という名の必須アミノ酸を食べ物や飲み物で摂取することでイライラが緩和します。

生理中のイライラに効果のある食べ物は、バナナ・ヨーグルト・豚肉・納豆です。

生理中のイライラに効果のある飲みもは、豆乳・牛乳です。

生理中のめまいに効く食べ物と飲み物

生理中のめまいは貧血からおこるものがあります。立ちくらみやめまいや眠気に悩まされる方も多くいます。生理中は鉄分不足となります。鉄分は血液中の赤血球の酸素を運ぶ作用がある為、貧血を緩和させることが可能です。

鉄分には【ヘム鉄・非ヘム鉄】というものがあります。体内の吸収があまり高くない非ヘム鉄には【ビタミンC】を多く含む食材と摂取をすると良好です。ビタミンCを多く含む食材はピーマンやブロッコリーの緑黄色野菜があります。

生理中のめまいに効果のある食べ物はレバーです。レバーが苦手という女性は、ほうれん草・小松菜・カツオ・イワシ・マグロ等も良好な食べ物です。

生理中のめまいに効果のある飲み物はアサイージュースです。アサイーはプルーンの10倍の鉄分を含みますので生理中のめまいを緩和させることができる飲み物といえます。

女性は生理がある為、貧血になる傾向があります。ヘム鉄が摂取できるサプリメントを飲んで貧血対策をする人もいますがその際にはきちんと食べ物も摂ることも必要といえます。

生理中のむくみに効く食べ物と飲み物

生理前から生理中は【プロゲステン】というホルモンの分泌が非常に活発になり体がむくみます。プロゲステンは、妊娠する際に必要な水分や栄養を体に溜めて子宮に着床させる働きがあります。この症状が生理中にも表れます。生理中は体がむくんでしまうので、特にダイエット中の人は太ってしまったかも・・・と不安になることがあるかもしれませんがこの症状はホルモンによるものなので深刻に捉える必要はありません。

生理中のむくみに効果のある食べ物はモロヘイヤ・かぶ・かぼちゃです。こちらは熱に弱い食べ物ですので生で召し上がることをオススメ致します。リンパの流れを促進する【ビタミンE】が含まれるアボカドやナッツもむくみを緩和させる効果があります。

生理中のむくみに効果のある飲み物は麦茶・ごぼう茶・黒豆茶です。

生理中の腹痛に効く食べ物と飲み物

生理中の腹痛に効く食べ物と飲み物
生理中の腹痛はとても辛いものです。痛みがひどいと気持ちも落ち込んでしまい憂鬱になってしまうこともあります。人により痛みの表れ方が異なります。日々の生活習慣により生理痛が悪化してしまうことがあります。ストレスや冷えにより生理中のお腹の痛みが悪化してしまうことがあります。

辛い生理中の腹痛はお薬を服用しても緩和できますが、食べ物や飲み物でもお腹の痛みを和らげることができます。

生理中のお腹の痛みに効果のある食べ物は生姜です。生姜は体を温める作用がある為、非常にオススメの食べ物です。冬だけではなく冷房を使用する夏も体を冷やしてしまうので暑い日であっても摂取することをオススメします。ネギや白菜等の食べ物も体を温める作用があるのでオススメです。

生理中のお腹の痛みに効果のある飲み物はごぼう茶です。ごぼうも体を温める作用があります。痛みのあるときはホットで飲むと良いでしょう。

生理中に避けるべき食べ物と飲み物

避けるべき食べ物

生理中は摂取をする食べ物に気をつけることで辛い症状を改善できる傾向があります。お薬やサプリで症状を抑える女性もいます。しかしながら、食べ物に気を配り、生理中の痛みや気持ちの落ち込みなどを改善することも取り入れてみてはいかかでしょうか?

生理中に避けるべき食べ物は肉類です。貧血気味になるので肉を摂取する女性もいらっしゃいます。しかしながら、肉類は動物性タンパク質は生理痛みを引き起こす作用のある【プロスタグランジンE2】が分泌されており血管を収縮してしまう作用がある為、摂り過ぎてしまうと生理痛が悪化します。肉類の摂取量は注意が必要となります。

次に白砂糖です。体を冷やす作用がある白砂糖は血行を悪くさせる働きがあります。ホルモンバランスも乱すので生理痛みを悪化させます。

次にチョコレートです。チョコレートにはカフェインが含まれています。カフェインは体を冷やす働きがあります。板チョコのミルクチョコレート1枚にも30mgのカフェインが含まれています。生理中は甘い食べ物を摂取したくなりますが避けましょう。

避けるべき飲み物

避けるべき飲み物
生理中に避けるべき飲み物をご紹介致します。カフェインを含んだ飲み物は避けましょう。カフェインは体を冷やす作用があります。子宮や卵巣を冷やしてしまうと生理痛みが悪化してしまいます。

牛乳は動物性タンパク質が含まれていますのでエストロゲンの分泌が増加をして生理痛が起きやすくなります。

アルコール類は出血を促進する作用があります。摂取する際は注意が必要となります。生理中は味覚が鈍る為、いつもよりもアルコールを摂取してしまう傾向があります。また、生理中はアルコール分解機能も鈍る為、悪酔いする傾向があります。少量でも気分が悪くなることがありますので生理中のアルコール摂取は控えるまたはごく少量にすると良いでしょう。

妊活中の生理痛に良い食べ物

妊活中の生理痛に良い食べ物
妊活中は食生活や普段の生活において特別なことをする必要はありません。しかしながら、避けなくてはいけないことは、【冷えとストレス】です。妊活中に生理になってしまうと落胆して気持ちが落ち込んでしまうこともあります。しかしながら、子宮の状態を良好にする為には妊活中に効果のある食べ物や飲み物を摂ることが望ましいといえます。

妊活中に効果のある食べ物はビタミンAを含んでいるレバー・モロヘイヤ・うなぎがあります。また、ビタミンBを含んでいるカツオ・牡蠣・鮭も効果があります。ビタミンCを含んでいるグレープフルーツや鉄分を含んでいる煮干、あさり、牛モモなどを積極的に摂り入れると良好です。その他の食べ物は、とろろ昆布やアーモンドも妊活に効果のある食べ物です。

妊活中に効果のある飲み物としてはルイボスティーがあります。ルイボスティーの効果は卵子の質を良好にして排卵の周期を安定にする働きがあります。漢方薬としても広く知られているたんぽぽ茶もオススメです。女性や妊婦には必要な【葉酸】が豊富に含まれており卵胞の発達を助けて、子宮内の血液循環を良好にします。

黒豆茶も非常に妊活には良好な飲み物でです。大豆には女性ホルモンの働きを助けるイソフラボンという成分が含まれています。また、体も温まるので妊活には適した飲み物です。

生理中の食べ物や飲み物には注意が必要

生理中の食べ物や飲み物には注意が必要
生理中は体調が優れないことがあり憂鬱になってしまうこともあると思います。貧血や女性ホルモンの乱れから起きるものだけではありません。日々の生活の中で摂取するものも関係してきます。食べ物や飲み物で痛みの緩和や改善も充分に可能です。生理中の症状は人により様々です。生理は冷えやストレスで痛みや気分の落ち込みやめまいを悪化させるので常に気をつけて日々の生活を送りましょう。

生理前から生理中は日頃の食べ物と飲み物に気を配り、避けるべきものは摂取しないことをオススメします。摂取するもので生理中の体調が良くなる可能性は非常に高いでしょう。こちらの記事で紹介した生理中に避けるべき食べ物と飲み物を是非、参考にしてみて下さい。

Related