Search

検索したいワードを入力してください

男性・女性別のセックスはスポーツだと言われる理由とそうでない理由
2018年10月02日

男性・女性別のセックスはスポーツだと言われる理由とそうでない理由

スポーツセックスという言葉はご存じでしょうか?セックスはスポーツだと例えられることもあり、そこから生まれたのがスポーツセックスという言葉です。セックスにはさまざまな側面があり、スポーツと捉えることもできます。今回はスポーツセックスについてご紹介します。

男性・女性別のセックスはスポーツだと言われる理由は?

男性・女性別のセックスはスポーツだと言われる理由は?
セックスは男女の関係において非常に大切なもので、男女を語る上では欠かすことができません。そもそもセックスは繁殖のためという目的があり、子供を作るために行われます。しかしセックスは必ずしも子供を作るだけのものではなく、セックスをしても妊娠しないために、避妊をして行うことも多いです。

セックスは男女のコミュニケーションや恋人とのコミュニケーションとしても行われることが多いですが、一方でセックスはスポーツだという意見もあります。スポーツセックスを楽しむ人も実際に多く、セックスを行うための友達としてセフレという言葉も存在しています。

セックスにはさまざまな目的があり、スポーツセックスとしての側面もありますが、セックスがスポーツだと言われる理由はどんなものが考えらえるでしょうか。

男性意見

男性がセックスをスポーツと考える理由としては、愛情がなくても、欲求に従ってセックスをすることができるからです。セックスは男女間のコミュニケーションのために行われる場合もありますが、必ずしも相手に愛情があるわけではありません。

女性がいて、相手がセックスをしても構わないのであれば、スポーツセックスとしてセックスを行う男性は多いです。男性が考えるスポーツセックスとは、愛情がなくてもできる欲求を解消するためのセックスだと言えます。

またセックスは体力のいることでもあり、特に男性の場合は自ら腰を動かすなど運動量が多い場合もあります。セックスが終わる頃には汗をかき、呼吸が乱れていることも多いので、セックスはスポーツと捉えられることもあります。

女性意見

女性が考えるスポーツセックスも、男性と同じく自身の欲求を解消するためのセックスであることが多いです。また女性もセックスにおける運動量は多く、終わった頃には汗をかいたり、息が乱れていることも多いので、セックスはスポーツと捉えられることも多いです。

また女性の場合は欲求を解消するだけではなく、セックスをすることで女性ホルモンが分泌されるなどの効果もあります。女性ホルモンが分泌されることで肌がきれいになったり、髪の艶が出るなど女性として美しくなることができます。

セックスは適度な運動量がありますし、女性ホルモンの分泌により綺麗になることができますので、自身を高めるためのものとして、スポーツと捉えられることもあります。

セックスはスポーツではないという人の理由は?

セックスはスポーツではないという人の理由は?
スポーツセックスという言葉があったり、男女ともにセックスはスポーツだと捉えている理由がある一方で、セックスはスポーツではないと反論する意見もあります。セックスはそもそも生殖行動ですので、スポーツではありませんが、それだけではなく、セックスにはもっと重大な意味があると捉えている人もいます。

スポーツセックスという考え方はあまり一般的ではなく、セックスをスポーツと捉え、多くの人と関係を持つことを好ましく思わない人もいます。セックスはスポーツではないという人はたくさんいますが、その全員がセックスを生殖行動として捉えているわけではありません。

セックスに対して生殖行動以外の考えを持っている人もいますが、その人たちはセックスをどんな風に捉えているのでしょうか。

愛情表現など

スポーツセックスを否定する人の多くは、セックスはスポーツではなく愛情表現などであると考えています。セックスは男女の間で行われるものですが、すべての男女で起こるわけではありません。

セックスはお互いにとっても重要なことですので、心を許した相手でないとセックスはできない、あるいはしたくないと考える人も多いです。スポーツセックスで考えられる、性に対する開放的な考えを好まない人も多く、セックスは恋人同士の秘め事として話題にしないことも多いです。

セックスを愛情表現と捉えている人の多くは、セックスは恥ずかしいことであるという認識を持っていることも多く、スポーツセックスという言葉自体を受け入れることができない人も多いです。

スポーツセックスと捉えて楽しむ方法は?

スポーツセックスと捉えて楽しむ方法は?
セックスは愛情表現であり、スポーツではないと考える人がいる一方で、セックスはスポーツと捉え、積極的に行うべきだとする人もいます。どちらの考えも間違ってはいませんので、どちらが正しいということもありません。

そのためセックスを愛情表現として捉えても問題ありませんし、スポーツセックスと捉えて心ゆくまでセックスを楽しんでも構いません。どちらを選ぶかは個人の自由ですが、必ず相手の意見を尊重することが大切です。

愛情表現としてセックスをする場合も、スポーツセックスとして、セックスを楽しむ場合も相手がいなければセックスはできません。スポーツセックスと捉えて楽しむ方法はさまざまありますが、まずは相手の意見を尊重して、合意の上でスポーツセックスをすることが大切です。

スポーツセックスを楽しむ相手を見つけましょう!

時にはパートナーにうんざりすることも、街ですれちがった素敵な人に惹かれることもあるでしょう。そんな時はネットで素敵な出会いを見つけて刺激的な日々をすごしてみてはいかがでしょうか。

出会い系サイトと聞くと怪しい気がしたり、変な人しかいないのでは?と思う方も多いかも知れませんが、年々SNSやインターネットでの出会いの数が急増し、現代の定番の男女の出会いの場として定着してきつつあります。

しかし当然ながら、運営がしっかりしていないサイトや、ほぼ詐欺のようなサイトが存在するので注意が必要です。
筆者が自信を持っておすすめするワクワクメールは10年以上続く健全な会社が運営していて、素敵な女性や男性がたくさん登録しているので、ぜひ一度つかってみてください。

女性は基本的に無料ですし、男性も無料ポイントだけでも試してみてはいかがでしょうか♪


快感に身を委ねる

スポーツセックスを楽しむためには、快楽に身を委ねるということが大切です。スポーツセックスをする目的は男女それぞれにありますが、共通している部分は欲求を解消するということです。

性欲は人間の三大欲求の一つであり、セックスをスポーツとしてする場合には、性欲の解消が理由に挙げられています。性欲を満たすためには、ただセックスをすればいいというものではなく、お互いの身体が満たされる必要があります。

特に女性の場合は快楽に身を委ねることが大切で、男性は射精に伴い性欲を満たすことができますが、女性の場合は自身でブレーキをかければ性欲を満たすことができなくなります。スポーツセックスを楽しむためにはブレーキをかけないことが大切ですので、恐れずに快楽に身を委ねましょう。

スポーツセックスに罪悪感を持たない

スポーツセックスを楽しむためには、スポーツセックスをしている、楽しんでいるということに罪悪感を持たないことも大切です。性に対して開放的になれない人は多く、特に日本人はその傾向にあります。

これは日本人特有の考え方でもあり、セックス=秘め事と捉え、開放的にセックスを楽しむことに罪悪感を感じている人も多いです。愛情表現としてのセックスをしている場合でもセックスで感じることに罪悪感を持っている人も多く、セックスに対して罪悪感を持っていればスポーツセックスを楽しむことはできません。

スポーツセックスにはさまざまなメリットがありますし、悪いことではありませんので、罪悪感を感じずに、体の感じるままに楽しむことが大切です。

セックスを好きになることが大切

スポーツセックスを楽しむためには、セックスそのものを好きになることが大切です。スポーツセックスに挑戦したい、楽しんでみたいと考えていても、セックス自体が嫌いであれば、スポーツセックスを楽しむことはできません。

セックスが好きでなければスポーツセックスではない普通のセックスも充分に楽しむことができませんので、まずはセックスを好きになることが大切です。セックスに限らず普通のスポーツであっても、そのスポーツを好きでなければ楽しむことはできません。

スポーツを楽しむためには、まずはスポーツを好きになることが大切で、スポーツセックスを楽しむためにも、まずはセックスそのものを好きになりましょう。

スポーツセックスは健康への近道

スポーツセックスは健康への近道
男性・女性別のセックスはスポーツだと言われる理由やセックスはスポーツではないという人の理由、スポーツセックスと捉えて楽しむ方法などを紹介しましたが、スポーツセックスを楽しむことにはさまざまなメリットがあります。

セックスで性欲を満たすことで幸福感を感じることができますし、ストレスを解消することもできます。女性であれば女性ホルモンの分泌によって、美しくなることもできますし、セックスをスポーツとして楽しむことには多くのメリットがあります。

スポーツセックスを楽しむことは健康への近道でもありますので、セックスをスポーツとして楽しみ、刺激的な毎日を楽しみましょう。

Related