Search

検索したいワードを入力してください

疲れを取る方法|食べ物/飲み物/睡眠/お風呂/ストレッチ
2018年10月02日

疲れを取る方法|食べ物/飲み物/睡眠/お風呂/ストレッチ

毎日の生活の中で蓄積されていく体の疲れやストレスをその日のうちにできるだけ疲れを取りストレスを解消することは、とても大切なことです。自分のライフスタイルや性格、体質に合った疲れを取る食事や睡眠、入浴などの誰でも簡単にできる疲れを取る方法ご紹介していきます

食べ物・飲み物で疲れを取る方法

食べ物・飲み物で疲れを取る方法
日常生活のなかで疲れが溜まってしまった場合にどのような疲れを取る方法があるでしょうか。まず、甘いものを食べることが疲れを取る方法のひとつといわれていますが、甘いものは、一時的に疲れを取る方法であって、疲れている時に甘いもの食べすぎたりすると疲れを取る方法というよりもその反対に疲れやすくなってしまいうので注意が必要です。

疲労回復のポイントは、ビタミンを多く取るということです。ビタミンのなかでもビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きがあります。体の内部の細胞を活性化する効果があります。ビタミンB1が不足すると疲労物質が溜まりやすくなります。また、ビタミンB1の吸収を助ける効果がある栄養素がアリシンです。アリシンは、玉ねぎやニンニクなどに含まれている栄養素です。ビタミンを多くとることが疲れを取る方法のひとつでもあります。

自分の身体が疲れているなど感じた時は、ゆっくり休養をとるということが大切です。しかし、仕事やプライベートで忙しい人には、現実的にゆっくり休養をとるということは不可能に近い状況なのではないでしょうか。そんな日々の生活のなかでもできる食生活や睡眠などを意識して工夫することで疲れを取る方法をいくつかご紹介します。

疲労回復する食べ物

さまざまな疲労回復の効果がある食材を積極的にとることが早く疲れを取る方法でもありまあす。そのなかでも疲れを取る食品としてよく知られるものが豚肉です。豚肉に含まれているビタミンB1の栄養素は、牛肉や鶏肉などと比較すると10倍程度のビタミンB1が多く含まれているといわれています。

さらに豚肉に玉ねぎを加えることによって、玉ねぎのアリシンが豚肉のビタミンB1を吸収して疲労回復や集中力を高める働きをします。疲れを取る方法のひとつとして食生活を見直すことも大切です。疲れているときには、ビタミンB1、タンパク質、クエン酸を多く含む食材をなるべく食べることをおすすめします。

忙しくて自炊などできない時には、食事で疲れを取る方法として、外食する時などは、豚肉を調理したメニューを選ぶようにしましょう。また、家庭では疲れを取る方法としては、豚肉の料理であれば豚肉に玉ねぎを加えることによって疲労回復がより効果が高まります。

疲労回復 生姜焼き 動画

疲れを取るボリューム満点の豚の生姜焼きの作り方動画をご紹介します。

疲労回復 ワンプレート 動画

疲れを取るちょっとオシャレな疲労回復ワンプレートレシピ作り方動画をご紹介します。

梅とささみを使った疲労回復サラダ

さっぱりとした食事で疲れを取る方法をご紹介します。胃にあまり負担のない梅とささみを使ったサラダを作って疲労回復をはかってみてはいかかでしょうか。作り方は、とてもシンプルで誰でもできるレシピとなっています。食材も手軽に用意できます。材料は、鶏のささみときゅうり、玉ねぎ、梅干し、大葉など疲労回復を手助けしてくれる食材となっています。

材料のなかでも梅干しは、クエン酸が多く含まれていているので疲労回復の効果があります。梅干は、疲れを取る方法のひとつとしてお弁当やおにぎりなどに梅干しがよく使われ食べられています。また、殺菌効果やガン、生活習慣病などを改善する効果があることがわかっています。また、大葉も栄養素が高いことが知られていて鉄分やビタミンも多く含まれています。

鶏のささみは、さまざまなビタミンが多く含まれビタミンB群、ビタミンAが豊富で低カロリーでとても栄養があることが知れれています。また、鶏肉に含まれているタンパク質に含まれるトリプトファンは、質の高い睡眠を手助けするといわれています。疲れを取る方法としては、梅と鶏のささみを合わせて食べることにより疲労回復のほかにも体にさまざまな効果が得られます。
疲れて食欲がない時など疲れを取る梅と鶏のささみのサラダの作り方をご紹介します。

疲労回復するドリンク

疲労回復するドリンク
日常生活のハードな仕事やストレスで少し疲れが溜まってしまい食欲もさほどない場合に手軽に食材から疲れを取る方法としては、疲労回復ができるドリンクを作って飲むことをおすすめします。飲み物で疲れを取る方法としては、クエン酸やビタミンB1を多く含まれる食物を選ぶといいでしょう。

クエン酸は、体のエネルギーを生み出すのに大きな役割をしています。クエン酸が多く含まれる果物をドリンクにするといいでしょう。クエン酸を多く含むものは、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の果物や酢、梅などがあります。また、ビタミンB1を多く含む果物は、パイナップルなどのジュースや甘酒といったものを飲むと疲れが取れていいでしょう。

炭酸水で疲れを取る

また、疲れを取る方法のひとつとして炭酸水を飲むこともいいでしょう。炭酸水で疲れが取れるのか少し不思議な感じがしますが、炭酸水に入っている重炭酸の効果が疲れを取る効果があるといわれています。炭酸水を飲むことで血中に二酸化炭素が入って身体が酸素不足と認識します。そして、血行を良くして栄養と酸素を身体に取り入れようとする仕組みが働くことによって疲れを取ることができます。
 
炭酸水を飲むことで血行が活発化してストレスや疲れを癒いてくれる効果や炭酸水を飲んだ時の炭酸の爽快感により、リラックス効果もあるといわれています。疲れを取る方法として炭酸水にビタミンB1やクエン酸を含む果物をいれた飲み物を作ってみて飲んでみてはいかかでしょうか。手軽に時間をかけずに疲れを取る方法としておすすめです。

睡眠で疲れを取る方法

睡眠で疲れを取る方法

睡眠の質を見直す

日中なんとなく身体がだるく仕事が進まないなどと疲れを感じる場合は、早めに帰宅をして寝ようと思う人は多いのではないでしょうか。疲れを取る方法は、さまざまで自分にあった疲れを取る方法を見つけることも重要なポイントです。毎日の睡眠時間が足ないと体も脳も負担をかけることに繋がり疲れが溜まってしまいます。また、日中イライラしたり、居眠りの原因になります。

最近では、睡眠時間が足りないという人が多くいるという統計が出ています。しかし、睡眠時間を長い時間とれば、疲れがすっきりとれるとは限りません。睡眠をとって疲れを取る方法は、睡眠の質をよくすることです。また、生活のなかでストレスや過剰なアルコールの摂取から睡眠の質が下がってしまっていることもありますので注意が必要です。

睡眠の質よくして疲れを取る方法としては、睡眠には、ノンレム睡眠とレム睡眠の2種類があり、その2つの睡眠を繰り返しています。レム睡眠は、深い睡眠と浅い睡眠が交互に繰り返されています。このレム睡眠の深い眠りが乱れてしまうと睡眠の質が低下しています。睡眠の質をよくして疲れを取る方法やポイントをご紹介します。

就寝前にカフェインを摂らない

夜遅くの仕事や勉強なのでほっと一息つくときにコーヒーなのどカフェインを含むコーヒーなどを飲むことも多いのではないでしょうか。カフェインは、覚醒効果があるため目を覚ますという効果があるために就寝前にコーヒーを飲んでしまうと寝つきが悪くなってしまいます。

疲れを取る方法としては、睡眠の質をよくすることが重要です。そのためには、就寝の5時間前は、なるべくカフェインを含む飲み物は控えたほうが睡眠の質も寝つきもよくなるでしょう。どうしても就寝前にコーヒーなどを飲みたい場合は、ミルクには、安眠効果があるのでコーヒーや紅茶にたっぷりとミルクを入れて飲むことをおすすめします。

就寝前はスマホを触らない

就寝前はスマホを触らない
就寝時にスマホやタブレット、パソコンの見ることによって疲れが溜まってまう人も多いでしょう。画面から出る光は、脳に刺激を与えて睡眠を妨げてしまう効果があり、寝つきが悪くなると同時に睡眠の質を低下させてしまいます。就寝時間の1時間前からテレビやスマホなどを見るのをやめて睡眠に入るための環境を整えると質の良い睡眠ができます。

また、良い睡眠の質を得るためには、起きる時間と寝る時間を毎日決めておくといいでしょう。毎日同じリズムで睡眠することによって寝つきもよくなり、睡眠のリズムもつかめます。また、寝る環境にも気をくばりましょう。寝る時の室温は、27℃の室温が眠りに入りやすいといわれています。そして、部屋の明かりは、必ず消しましょう。部屋が暗いほうが睡眠に入りやすく睡眠の質も良くなります。

短時間で簡単に疲れを取る方法

短時間で簡単に疲れを取る方法

仮眠をとる

疲れを取る方法のひとつとして睡眠の質を高めるということをご紹介してきました。長い睡眠をするという意外に短時間で疲れを取る方法は、夜の長い睡眠で疲れを取る方法以外にも、寝るということは同じでも短時間で疲れを取る方法があります。それは、日中に眠くなってしまった時に少しだけ寝ることです。つまり、仮眠をすることが短時間で疲れを取る方法のひとつです。

仮眠する時間は、15分から20分程度がいいでしょう。仮眠する時間帯は、夕方になってしまうと夜の睡眠に影響をしてしまうので、お昼ごろから午後3時ごろまでが理想的です。また、最近では、全身の力をなるべく抜いて椅子に座った状態で1分間何も考えず目を閉じることで短時間で疲れを取る方法として「1分間仮眠法」などが話題となっています。疲れを取る方法のひとつとして試してみてはいかかでしょうか。

お風呂・入浴で疲れを取る方法

お風呂は、いつもシャワーのみという習慣の人も多いのではないのでしょうか。しかし、シャワーのみのお風呂だと疲れを取ことはできません。湯船に入ることによって1日の溜まった疲労をゆっくりと回復させてくれます。また、入浴することでストレスの解消や心が癒される効果もあります。では、どのように入浴すれば効率よく疲労が回復するのでしょうか。疲れを取る方法でもある正しい入浴の仕方をご紹介します。

お風呂に入るタイミングは?

お風呂に入るタイミングは?
1日で疲れを取る方法としては、湯船に入ることはとても効果的です。では、生活のどのタイミングで湯船にどのくらいの時間入れば理想的なのでしょうか。人間の体は、体温が下がると寝つきが良くなるといわれています。そのことから、体温が下がる時に睡眠に入るのが理想的です。お風呂に入ると体温は上昇します。体温が下がるまでは、2時間程度かかるので入浴は、就寝の1時間から2時間前までに済ませるようにしましょう。

また、お風呂に入る前に体を温めておくこともポイントです。浴室を温めておくなどの工夫をして、浴室に入ったらまず、シャワーを浴びて体を徐々に温めていくといいでしょう。シャワーを浴びることによって湯船のお湯の温度と体温の差がさほどなくなり疲れを取る効果が十分に発揮されます。

入浴時間やお湯の温度は?

最近では、スマホなどを浴室に持ち込んで湯船でゆっくりバスタイムという人も多いのではないでしょうか。スマホを見ながらゆっくり長風呂でリラックスしたほうが疲れが取れると思いがちですが、長い時間湯船に入ることは、危険です。長風呂をすることによって血流が頭に集中してしまい体調不良などを起こしてしまっり、スマホを持ち込んだことによって感電する危険性もあるからです。

日常生活のなかで湯船に入って1日の疲れを取る方法のポイントは、入浴時間やお湯の温度設定などが重要です。入浴で疲れを取る方法で効果的なお湯の温度は、39℃程度のぬるま湯で30分程度ゆくりっと体を温めながら入浴するとです。そうすることで副交感神経が働いてリラックスでき疲労回復に繋がっていきます。また、アロマや入浴剤なども使って心と体を入浴中に癒してみるのもいいでしょう。

ストレッチで疲れを取る方法

ストレッチで疲れを取る方法
体に溜まった疲れを取る方法のひとつとして、凝り固まった体をしっかりほぐすことが重要です。体をほぐし血流を良くすることによって、私たちの体は驚くほど柔軟になります。日常では、パソコンやスマホ、タブレットなどの電子機器を触れない日はない生活を送っています。

パソコンやスマホのディスプレイを夢中になって見ていると首から肩にかけて凝り固まってしまいます。凝り固まってしまった首、肩、背中は、血流が良くならないとなかなか凝りがほぐされていきません。よって疲れを取る方法としては、体の血流を良くすることがポイントです。

ストレッチをして、体をほぐしながら血流を良くすることが疲労回復の近道です。ストレッチをする際の疲れを取る方法としては、少し痛いと感じる程度で全身をほぐしてくといいでしょう。ストレッチが習慣づいていない人は慣れるまで体のあちこちがストレッチしている時に痛く感じますが、慣れてくれば身体が軽くなってきます。そして、身体を少しだけ疲れさせることで、寝つきも良くなります。

疲れを取る1分間 ストレッチ

1日で疲れを取る方法の疲労回復ストレッチを動画でご紹介します。今日は、なんだか疲れているなと感じたら試してみてはいかかでしょうか。

寝る前にできる疲れを取る方法

寝る前にできる疲れを取る方法
毎日の忙しい生活のなかでほっと一息つける瞬間が寝る前の少しの時間という人も多いのではないでしょうか。自分なりのリラックスした時間を有意義に過ごすことは、体や心にとっても貴重な時間といえます。寝る前の時間を少し使って心地よい睡眠へと導いてくれる疲れを取る方法をご紹介します。

ハーブティー

寝る前に疲れを取る方法のひとつとしてハーブティーを飲むといいでしょう。ハーブは、ビタミンB群を多く含んでおりハーブティーを飲むことで疲労回復やリラックス効果があるといわれています。寝る前にゆったりとした気持ちでハーブティーをゆっくり飲んでリラックスする時間を作ってみてはいかかでしょうか。

初めてハーブティーを飲もうとハーブを買いにお店に行ってもどんなハーブの種類を選んだらいいか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。疲れを取るハーブをいくつか紹介します。ハーブのなかでも「ステビア」 「ハイビスカス」 「ヒース」などが疲労回復によく効くハーブと知られています。

「ステビア」は、甘みが特徴で「ハイビスカス」は、クエン酸が多く含まれおり酸味が強いハーブで疲労回復に飲むハーブティーの代表ともいわれています。また、「ヒース」は、味や香りなどほとんど感じないハーブでビタミンCが多く含まれるハーブといわれています。それぞれのハーブティーにレモンの輪切りなどを入れることによって疲労回復によりよい効果が期待できます。
ハーブティー初心者でもわかりやすいハーブティーを入れる手順を動画でご紹介します。疲れを取る方法のひとつでもあるハーブティーを自分なり楽しみながらにアレンジして飲んでみてはいかかでしょうか。

瞑想して疲れを取る

瞑想して疲れを取る
寝る前に疲れを取る方法のひとつとして瞑想をすることも効果があるといわれています。寝る前に1人になってゆっくりと目を閉じて、何も考えない、何も思わない、何も感じないという精神を「無」の状態にすることによって体も心も自然とリラックスされ質の良い睡眠へと移行して体の疲れが取れていきます。

毎日のストレスや体の疲れ、イライラ感などを毎日の瞑想で少し気が楽になりすっきりします。瞑想をするときは、ゆったりとした服装がよいでしょう。そして、自分にとって楽な姿勢で好きな場所に手のひらを上に向けて膝の上において座りましょう。目を軽く閉じる程度で鼻で息を吸って、口から息を吐き出します。このような腹式呼吸をゆっくりと繰り返しましょう。

腹式呼吸をしながら瞑想している間は、自分を「無」の状態にします。しかし、なかなか「無」になれないという人には、綺麗な空気を吸っている感じを頭のなかでイメージして鼻から空気を吸ってみましょう。また、今日あった嫌なことやイライラなどを吐き出すイメージで息を口から吐き出しましょう。瞑想を自分のペースで行うことで体と心がリラックスでき質の良い睡眠ができます。

足ツボで疲れを取る方法

疲れを取る方法として足ツボマッサージには、効果があるといわれています。足は、血液を身体に送り出す大切な部分で第2の心臓ともいわれています。足の裏のツボを刺激して痛いところがあれば体のどこかが不調なのかわかることもあります。足ツボのマッサージをすることによって血流などが良くなり、老廃物などが流されリラックス効果もあるといわれています。

疲れに効く足ツボマッサージ

睡眠の質が悪くてよく眠れないと感じている人は、足の裏の「湧泉」(ユウセン)というツボを押すといいでしょう。足の裏の湧泉といわれるツボの位置は、足の裏の人指し指からかかとへ向かう間に少しへこんだ部分が湧泉といわれるツボです。そのへこんだ部分(湧泉)のツボを手の親指の先で押します。湧泉の部分が温かくなるまで5秒程度で押したりゆるめたりしてみましょう。背中の疲労感や不眠症の解消に効果があります。
足には、「湧泉」(ユウセン)というツボ以外にも疲れを取ることのできるツボがあります。疲れた体に効く足つぼマッサージを動画でご紹介します。足の疲れを感じている方は試してみてはいかかでしょうか。

自分に合った疲れの取り方をしましょう。

自分に合った疲れの取り方をしましょう。
疲れを取る方法もさまざまです。また、人間も「十人十色」ということわざもあるように人の考え方や好き嫌いなどの好みも人それぞれ違います。毎日の食事をどこで誰と何を食べるか、どんな仕事をしているのか、誰と会ってどんな会話をしるのか、いつ風呂に入り寝るのかなど日常生活も十人十色です。

日常生活から受ける体の疲労も心のストレスも人それぞれです。人それぞれが感じた疲労やストレスを自分にあった疲れを取る方法を見つけて解消していくことで自分をリフレッシュできたら毎日が健康で楽しく過ごせることに繋がるのではないでしょうか。

この世の中では、疲労の蓄積やストレスを無理に抱え込んでしまっている人などは、病気になってしまう可能も少なくない時代です。本当に疲労が溜まってしまいストレスに押しつぶされそうになったら疲れを取る方法を実践することも大切ですが、周りなど気にせずに思い切って、自由に自己中心的になってゆっくりと休むことも忘れてはいけない重要なことなのではないでしょうか。

Related