Search

検索したいワードを入力してください

アナルセックスは気持ちいいって本当?やり方と注意点すべき点とは
2019年10月11日

アナルセックスは気持ちいいって本当?やり方と注意点すべき点とは

アナルセックスに興味があるなら、正しい知識をつけることが大切です。互いに気持ちいいと思えるアナルセックスをするためにも、正しい知識をつけてから挑みましょう。アナルセックスについての経験談や注意点なども紹介!アナルセックスの気になる情報が覗けますよ。

アナルセックスって何?気持ちいいの?

アナルセックスって何?気持ちいいの?
アナルセックスってどういったものか、知らない人もいますよね。セックスの一つであるアナルセックスは、行うにあたって正しい知識が必要です。彼女を傷つけないためにも、アナルセックスとは何か知っておきましょう。

相手のアナルにペニスを入れる行為

アナルセックスとは、相手のアナル(肛門)にペニスを入れる行為です。セックスの一つとされ、膣とは違った快感が得られるとして海外では人気とされています。膣よりも狭い入り口にペニスを入れるため、男性はもちろん女性も快感を得やすい行為です。

しかし、アナルセックスは慣れていないと痛みが強く出てしまうため、やろうと思ってもすぐにできるものではありません。彼女のアナルを開発する必要もありますし、彼女に対しての思いやりも必要になってきます。

アナルセックスは準備が重要とされているため、先を急がないことが大切です。自分が気持ちよければ良いといった考えで行うと、思わぬケガや病気に繋がるので注意しましょう。

慣らすことで気持ちいいアナルセックスができる

慣らすことで気持ちいいアナルセックスができる
アナルは通常固く閉じられているため、そこにペニスを入れるのは困難です。これをセックスができるようにするには、慣らす(開発する)必要があります。はじめは痛みを感じることが多い女性ですが、慣らしてあげることで徐々に痛みを軽減させてあげることができるでしょう。

慣らしもしないでいきなりペニスを突っ込もうとすると、当然硬く閉じられたアナルは悲鳴を上げます。最悪の場合には、アナルが避けて出血に繋がり、痔や感染症といった病気へと発展する恐れもあるため注意しましょう。

彼女と気持ちいいアナルセックスをするためにも、先を急がずに慣らし、気持ち良さをアップさせてあげることが男性には求められます。

彼女を気持ちよくさせる!アナルセックスのやり方

彼女を気持ちよくさせる!アナルセックスのやり方
アナルセックスは女性への負担が大きいため、彼女を気持ちよくさせる気持ちが大切です。アナルセックスのやり方を知る以上に、彼女への思いやりも併せ持つようにしましょう。基本的なアナルセックスのやり方は以下の通りです。

アナルを清潔な状態にしておく

互いに感染症のリスクを減らす、また部屋が汚れることを避けるためにも、アナルは清潔な状態にしておきます。よく洗うことはもちろん、必要であれば浣腸などを行い、汚物が出ないよう工夫しておきましょう。

特に彼女の排便がまだの場合には、アナルセックスの影響で外に出てしまうことがあります。またペニスについてしまうこともあるため、気になる場合には浣腸をして事前処理をするよう彼女に求めることが必要です。

アナルセックスは汚れてしまう可能性もあるため、彼女の同意をしっかりと得ておきましょう。

ローションなどでしっかり濡らす

アナルを清潔な状態にしたら、ローションなどでしっかりと濡らすことが大切です。濡らしが甘いと、滑りがないため女性が痛がり、出血する恐れがあります。滑りが良く、多く使えるローションを用意しておきましょう。

当然膣よりも狭いアナルですから、無理に挿入しようとすると裂けます。それこそ、金輪際彼女がアナルセックスしてくれなくなる可能性もあるため、ローションの準備は怠らないようにしましょう。

彼女のアナルを濡らすだけでなく、挿入前には自身のペニスをローションで濡らすことも忘れてはいけませんよ。

指や舌でやさしく愛撫する

指や舌でやさしく愛撫する
ローションで滑りを良くしたら、指や舌を使ってやさしく愛撫してあげます。慣らしをしないと女性が痛がるので、ここでは時間をかけながら念入りにアナルをほぐしていきましょう。慣らしが甘いと、痛みの前に入れることすらできません。

互いに気持ちいいと思えるアナルセックスをするには、準備がとても重要です。ここを怠ると、互いに痛いだけで気持ちよくもないアナルセックスになってしまいます。本当に気持ちいいと思えるアナルセックスは、まず念入りな準備が大切です。

興奮するものが目の前にあると、つい先を先をと焦ってしまいますよね。しかしこれでは、苦い記憶となって互いに残るだけなので、指や舌でやさしく時間をかけて愛撫してあげましょう。

慣れてきたら指を入れてみる

彼女のアナルが慣れてきたら、指を入れて拡張していきます。指を入れて拡張することで、次にペニスを入れる際に入れやすくなり、痛みを軽減させてあげることができるでしょう。彼女のためにも、ゆっくりと指を挿入しましょう。

またこのときに、指が汚れてしまうことがあります。互いにそれが嫌な場合には、薄手のゴム手袋にローションをつけて挿入します。素手の場合は、アナルを傷つけないように爪は事前に切っておきましょう。

だんだんと慣れてくると、女性もアナルセックスが気持ちいいと感じるようになります。まずは指でも感じられるよう、やさしく愛撫してあげましょう。

ゆっくりとしたスピードで挿入する

指である程度アナルがほぐれてきたら、ゆっくりとしたスピードでペニスを挿入します。ここで焦ってしまうと、アナルが裂け出血に繋がる恐れがあり危険です。焦る気持ちを抑え、カタツムリのようなスピードで挿入しましょう。

また時折彼女のことを心配してあげると、より愛のあるアナルセックスが楽しめます。彼女が気持ちいいか確認しながら進めると良いですね。他にも、滑りが悪い時はローションを追加するなどの工夫が必要になります。

アナルにペニスが入ったとしても、原則ゆっくりと動きましょう。アナルは狭いので、あまり早く動くとアナルはもちろんのこと、ペニスの皮が切れて出血することがあります。

アナルセックスで気持ちよくさせる方法とは?

アナルセックスで気持ちよくさせる方法とは?
アナルセックスで彼女に「気持ちいい」と感じてもらうには、以下のようなことが大切になります。通常のセックスとは違い、慣れるまでは相当な苦痛が強いられるのがアナルセックスです。気持ちいいアナルセックスができるように、以下の方法を知っておきましょう。

下準備をしっかり行う

ローションの準備、心の準備、彼女のケアなど、できる下準備はしっかりと行っておくことをおすすめします。下準備を怠ると、ただ痛いだけのアナルセックスで終わってしまうでしょう。

これを避けるためにも、下準備はしっかりと行っておきましょう。彼女のアナルの慣らしもそうですが、必要となる道具の準備から排泄物の処理まで、彼女にもお願いできるものは頼んでおきます。

最初から最後まで、気持ちいいと思えるアナルセックスがしたいですよね?なら、下準備は怠らないようにしましょう。

道具で開発する

道具で開発する
最初のアナルセックスでペニスを挿入するのは、かなり難しい話です。それこそ何時間もかけて、やっと先っぽが入るというカップルもいます。そのため、事前に道具で開発しておくのも良いですね。

事前に道具を使って開発しておくことで、ペニスがすんなりと入るようになっていきます。回数にもよりますが、2~3回なら指程度はすんなりと挿入できるくらいには開発できるでしょう。

ただし道具を使う場合も、本番のアナルセックス同様に下準備が重要になります。ペニスでも道具でも、しっかりと準備をしてからアナルセックスしましょう。

体位はバック(後背位)で

アナルセックスで一番気持ちいいと感じられる体位は、バック(後背位)といわれています。最も入れやすい体位であり、女性への負担も少ない体位です。そのため彼女が嫌がらないのであれば、バックで挿入してあげましょう。

最初に気持ちいいと思えるアナルセックスをしておけば、そのあとも彼女も受け入れやすくなります。彼女に気持ちいいと思ってもらうためにも、互いに適した体位を見つけることが大切です。

もちろん、バック以外の体位も試してみましょう。気持ちいい体位はバックといわれていますが、これは個人差があるため、自分たちに適した体位を見つけることが重要ですよ。

ゆっくりと時間をかけて挿入する

通常のセックス同様に、焦ってもいいことはありません。ゆっくりと時間をかけて挿入することで、痛みが和らいで気持ちいい波がやってきます。時間をかけて楽しむセックスといえるでしょう。

だんだんと気持ちよくなってくると、つい腰を動かすスピードが速くなりますよね。しかし慣れていない段階で早く打ち付けるのは危険です。互いの性器が擦れ合い、痛みを伴うようになり、アナルセックスどころではなくなります。

気持ちいいアナルセックスどころか、アナルセックス自体が嫌いになる恐れもあるため、ゆっくりと時間をかけて挿入し、楽しむことが大切です。

気持ちいいアナルセックスをするための注意点!

気持ちいいアナルセックスをするための注意点!
互いに気持ちいいアナルセックスをするためには、以下のような注意点をよく理解しておきましょう。自分本位な気持ちで行えば、彼女は痛がってアナルセックスを拒みます。次のアナルセックスに繋げるためにも、以下のようなことに注意しましょう。

無理に挿入しない

当然のことですが、無理に挿入しようとするとアナルはもちろん、ペニスも痛くなります。無理に挿入すればするほど皮膚が擦れ合うので、互いの皮膚が裂けて出血することも少なくありません。

ケガや出血、そして感染症を避けるためにも、ゆっくりと挿入した方が良いのです。また無理に挿入することで痛みが助長されるため、女性の方が嫌がります。これでは気持ちいいアナルセックスとは到底言えませんよね。

互いに気持ちいいと感じるためのセックスは、ゆっくりとした時間の中で生まれます。早く挿入したいという気持ちだけで動かないようにしましょう。

相手のペースに合わせる

相手のペースに合わせる
アナルセックスは、通常のセックス以上に相手のペースに合わせることが大切です。自分のペースだけで進めると、彼女は痛がってアナルセックス嫌いになります。これでは次のアナルセックスに繋げることができませんよね。

相手のペースに合わせ、ゆっくりと進めることで、彼女も気持ちいいと感じられるようになります。はやる気持ちを抑えて相手のペースに合わせてあげましょう。時折言葉で確認すると、彼女も喜びますし、安心します。

思いやりを持って接することで、よりアナルセックスの気持ちよさもアップしていくでしょう。

徐々に開発していく

アナルセックスは一晩で開発できるほど、安易なものではありません。膣よりも狭く閉ざされた入り口に、ペニスを突っ込むのですから、慣れさせるまでの時間が重要になります。

互いに気持ちいいアナルセックスをするためにも、焦らず時間をかけて、徐々に開発していくことも大切です。それこそ1日数ミリ拡張できれば良いくらいの気持ちが必要でしょう。アナルはそれほどに狭い門です。

徐々に開発することで、彼女も次第に痛みよりも気持ちよさを感じられるようになります。時間をかけてあげることは、自分にとってさらに気持ちいいアナルセックスとなるでしょう。

コンドームやローションを使う

感染症を防ぐためにも、コンドームや手袋を使うことをおすすめします。アナルセックス後に綺麗に洗うといっても、排泄物などが付着すれば感染症のリスクは上がってしまうため、大変危険です。

生の方が気持ちいいと感じる人も多いでしょうが、できる限りこうしたアイテムを使用した方が良いでしょう。またローションを使って滑りを良くすることも忘れてはいけません。滑りが悪いと、痛みが増幅します。

これらのアイテムをケチってしまうと、気持ちいいと感じられるものが痛みとなって返ってくるでしょう。必要なものなので、アナルセックス前に揃えておくことをおすすめします。

アナルセックス経験者の感想は?《気持ちいい派》

アナルセックス経験者の感想は?《気持ちいい派》
アナルセックスは準備が大変ですし、慣れるまでは痛みとの闘いです。しかしアナルセックス経験者の中には、当然「気持ちいい」と肯定する人たちはいます。まずはそんな気持ちいい派の感想をみてみましょう。

すごく気持ちいい

「はっきり言って気持ちいい。ただのセックスじゃ物足りないかも」(男性/34歳/会社員)

シンプルな感想ですが、普通のセックスに比べて気持ちいいと感じられることが伝わってきますね。きちんと慣らしてあげれば、セックス以上の快感が得られることを証明している発言です。

やはりセックスをするにおいて、気持ちよさは大切なポイントになります。自分だけでなく、彼女も気持ちいいと感じられるアナルセックスがしたいですね。

快感が長く続くから気持ちいい

「スローセックスなので、快感が長く続きます。アナルセックスの方が気持ちいいと感じられる」(男性/28歳/土木業)

アナルセックスは時間をかけるスローセックスにあたります。そのため快感が長く続き、射精までの時間を楽しむことができます。こうした楽しみ方があるので、病みつきになるという人も多いです。

快感が長く続くと、それだけ女性の感じている姿も見られます。彼女の愛しい姿を目に焼き付けることもできるので、アナルセックスに興味があれば挑戦してみましょう!

セックスとは違った快感がある

「セックスとは違った快感があります。とにかく締まるので、気持ちよさが半端ない」(男性/33歳/管理職)

アナルセックスと通常のセックスは、やはり快感に違いがあるようですね。アナルセックスはその狭い門にペニスを挿入するので、膣よりもきつい快感が得られやすいのが特徴です。普段とは違った快感を得たいときにおすすめなセックス方法といえるでしょう。

下準備は必要になるものの、互いに気持ちいいと感じるためにはどのセックスでも必要なことです。準備が苦でなければ、アナルセックスに挑戦してみましょう。

きつい締め付けが病みつきになる

「膣とは違ったきつい締め付けで、病みつきになる快感だった」(男性/27歳/会社員)

やはり膣とは違う快感があるアナルセックスは、締め付けが病みつきになってしまうようですね。それこそ普通のセックスでは満足できないくらい、病みつきになってしまう人もいます。

アナルという狭い門にペニスを挿入するため、最初は痛みを感じる人も当然いるでしょう。しかしそれに耐えて、彼女と徐々に開発していくことで病みつきになるくらいの快感が得られるようになります。

アナルセックス経験者の感想《気持ちよくない派》

アナルセックス経験者の感想《気持ちよくない派》
アナルセックスは気持ちいいといった意見がある反面、当然「気持ちよくない」と答える人もいます。アナルセックスは必ずしも気持ちいいと感じるものではないので、そうでない人たちの感想も知っておきましょう。

痛いだけで気持ちいいことはない

「痛い。気持ちいいという感覚はなく、ただひたすらに痛いだけだった」(男性/24歳/会社員)

準備不足か何が問題かは分かりませんが、やはり痛みを感じる人もいるようです。いくら慣らしても濡らしても、痛みを感じる人はいます。ペニスが大きすぎる、相性が悪いなどの理由から痛みが強く出たのでしょう。

一度痛い思いをしてしまうと、それ以降アナルセックスは遠慮するようになります。互いに気持ちいい経験ができないと、どうしても苦い思い出として残ってしまうでしょう。

行為後お腹をこわす

「行為後、僕も彼女もお腹をこわしました。もうやりたくないですね」(男性/33歳/会社員)

感染症などの影響か、行為後お腹をこわしてしまう人もいます。特にアナル(肛門)は排泄物を出すための器官ですから、お腹をこわすリスクが高いのも当然でしょう。また生で行うと、お腹をこわすリスクも高くなります。

もし腹痛が怖いのであれば、生ではなくコンドームは必ず装着しましょう。アナルセックスも生はリスクが高いので、あまりおすすめできません。

終わった後の見た目も最悪だった

「やってるときは良かったかも。でも終わった後は、見た目が最悪で吐き気がした」(男性/40歳/管理職)

少し肯定的な意見が入っていますが、排泄物の処理を事前にしなかったのか、終わった後に排泄物が出てしまったという感想ですね。やはり処理をしておかないと、終わった後に大惨事になることがこの感想から分かりますね。

最後まで互いに気持ちいいアナルセックスをするには、排泄物を含めて事前の処理が必要です。アナルセックスをするなら、彼女に頼んで浣腸をするようにしましょう。

痛いし臭いも残る

「痛いし臭いも残って最悪。気分的にも気持ちいいものじゃない」(男性/36歳/会社員)

本当に懲りたというような感想ですね。例え浣腸後であっても、少なからず排泄物の臭いがついてしまうことを物語っています。また痛みもあるため、二重に嫌な思い出として残ってしまったのでしょう。

こうしたことを避けるためにも、痛み対策は必要です。また臭いについてはコンドームを装着することで回避が可能になるので、こうした工夫で乗り越えると良いでしょう。

アナルセックスは中出しOKって本当?

アナルセックスは中出しOKって本当?
アナルセックスは妊娠の可能性がないから生でOKって思ってはいませんか?実は正しい知識がないと、相手を妊娠させてしまう危険があります。アナルセックスの中出しについて、以下のことを良く頭に入れておきましょう。

妊娠の確率は極めて低いが0ではない

膣に入れるわけではないので、妊娠の確率は極めて低いとされているのがアナルセックスです。そのため気持ちいいと感じるために、生で入れて中出ししようと考えている人もいるでしょう。

しかし確率が低いのであって、0ではありません。特にバックで行うと、アナルから垂れた精液が膣に入る恐れもあり、妊娠へと繋がる危険もあります。気持ちいいからという理由だけで生で行うのは、とても危険な行為でしょう。

互いに安心して気持ちよくなるためにも、アナルセックスであっても妊娠のリスクがあると理解することが大切です。

病気になるリスクも

病気になるリスクも
浣腸などで事前にアナルをきれいにしたとしても、目に見えない細菌やばい菌を完璧に取り除くことはできません。そのため生で行うと、ペニスにそれらがついて病気になってしまう恐れもあり、危険とされています。

感染症にかかってしまうリスクを自ら上げてしまうことになるので、やはり安全のためにもコンドームはつけた方が良いでしょう。臭い対策にもなるので、安心してアナルセックスが楽しめます。

自ら病気になるような真似はせず、また彼女を病気にさせないためにもコンドームはつけましょう。

気持ちいいからと生で行うのはリスクが高い

感染症はもちろん、炎症や臭い、ケガなどのリスクを上げてしまうことになるので、コンドームで保護をした方が身のためでしょう。気持ちいいからと生で行い、中出しするのはさまざまなリスクを高めることになります。

通常のセックスも生でした方が気持ちいい、中出ししたいという人は一定数いますよね。しかし自分だけの気持ちで中出しするのは、すごく身勝手で彼女のことを考えていない証拠です。彼女のことを考えるなら、やはりコンドームはした方が良いでしょう。

妊娠のリスク、感染症のリスク、ケガのリスクなど、さまざまなリスクがつきまとうアナルセックスです。これらを回避するためにも、生で中出しは避けた方が良いでしょう。

そもそもコンドームの装着が必須!

気持ちいいという理由で生でしたいと思う男性は多いでしょう。しかし、そもそもアナルセックスはコンドームの装着が必須です。さまざまなリスクを回避するためにも、コンドームは必ずつけてからセックスしましょう。

これで病気などにかかった場合、病院の先生に「生でしました」なんて発言するのは恥ずかしいですよね?また仲間内でも、生でして感染症やケガになったら笑われてしまうでしょう。

自分の身だけでなく、彼女を守る意味でもコンドームの装着は必要です。気持ちいいという自分だけの感情で外さないようにしましょう。

気持ちいいアナルセックスは準備と思いやりが大切

気持ちいいアナルセックスは準備と思いやりが大切
互いに気持ちいいと感じるアナルセックスは、準備と思いやりが大切です。これらがなければ、アナルセックスは単に痛いだけの行為で終わってしまうでしょう。互いに「良かったね」といえるようなアナルセックスがしたいですよね?

気持ちいいアナルセックスがしたいなら、下準備を怠らず、彼女の体調を気遣いながらアナルセックスを進めましょう。徐々に徐々に進むことで、痛みも和らぎ快感がやってきます。

アナルセックス嫌いにならないよう、念入りに時間をかけて楽しむ余裕を持ちましょう!

Related