Search

検索したいワードを入力してください

野外オナニーがバレない「おすすめスポット」は?注意点も解説
2019年09月01日

野外オナニーがバレない「おすすめスポット」は?注意点も解説

スリルや興奮を味わうことのできる野外オナニー、一度はやってみたい思ったことはありませんか?他人に迷惑をかけずにする野外オナニーは、決して悪いことではありません。野外オナニーでのルールを守り、開放感のある気持ちの良いオナニーにチャレンジしてみましょう!

そもそも野外オナニーって何?

そもそも野外オナニーって何?
そもそも野外オナニーって何だろう?と考えてしまう人も多いのではないでしょうか?

野外オナニーとは文字通り、野外で自慰行為(オナニー)するということを指します。オナニーという行為は口には出さなくても、誰もが隠れてしている行為です。人に知られたくない、見られたくないと思っている人が大半なので、なぜ野外でオナニーをする必要があるのか、野外オナニーを好む人の特徴など気になってしまいますよね。

野外オナニーを知れば知るほど、その行為に興味が出てきたり一度は体験してみたいと思ったりする人も多いかもしれません。

外で行う自慰行為(オナニー)

外で行う自慰行為を野外オナニーと言いますが、決して人に見られないように注意しましょう。

家の中で隠れてするオナニーよりもスリルや解放感を楽しめますが、人目に触れてしまうことで捕まってしまう可能性もあります。

外でオナニーをするということは、人に見られても良いというわけではありません。外でオナニーをしたいのであれば、人に見つからない場所を選んでからするようにしましょう。

開放感とスリルを味わえる

開放感とスリルを味わえる
野外オナニーのメリットは、なんといっても開放化とスリルを味わえることでしょう。誰かに見られてしまうかもしれないというスリルが、オナニーの興奮材料になります。

例えば公衆のトイレなどでの野外オナニーを想像してみましょう。トイレのドアの向こう側には、あなたがオナニーしていることなんてみじんも考えていない赤の他人がいるのです。もしかしたら子連れの親子が公園で遊んでいるかもしれません。

そう考えると興奮してきませんか?普段と違う環境でする野外オナニーは、より気持ちを高ぶらせてくれることでしょう。

野外オナニーを好む人の特徴とは?

野外オナニーを好む人の特徴とは?
野外オナニーを好む人はどのような人なのでしょうか?

性癖は人によって違います。オナニーを見られることが恥ずかしいという人が大半かもしれませんが、見られることに快感を覚える人も多いんです。隠しているだけで、野外オナニーに憧れている人も多いのではないでしょうか?

野外オナニーをしたい人、実際にやっている人の特徴を見ていきましょう。

露出が好き

野外オナニーは見られてしまうかもというスリルが楽しめる行為です。そのため、野外オナニーを好む人の大半は露出が好きな人でしょう。野外オナニーをすることで、自分は露出狂なのかもと感じている人も多いかもしれません。

また、露出が好きな人は普段の服装も露出が高めのものを選ぶ傾向にあります。露出することに慣れている人だと、一線を越えて野外オナニーをしてみたいと感じている人も多いのではないでしょうか。

スリルがあることが好き

スリルがあることが好き
野外オナニーをしている人の中には、普段と違ったことをしてみたい、スリルを求めたいという人もたくさんいます。

会社や公衆のトイレ、人気のない場所でのオナニーは、常に人に見られてしまうかもしれないという危険やスリルと隣り合わせです。そこに快感を覚えてしまうと、野外オナニーはやめられません。

オナニーをするときにはアダルトグッズを使ったりエロ動画を見たりしながら家でする人がほとんどですが、野外オナニーでは家では味わうことのできないスリルを楽しむことができます。

人と違った性癖を持っている

性癖は人によってさまざまですが、野外オナニーが好きな人はほかにも人と少し違った性癖を持っている人が多いのが特徴です。

例えば痴漢や盗撮がやめられないというのは、病気でもありますが一種の性癖ともいえるでしょう。

家では射精できないのに野外だと興奮が高まり射精することができるなど、野外オナニーをする人はスリルや興奮を普通の人よりも欲している人が多いんです。野外オナニーは人に迷惑を掛けたりバレたりしない限り、警察に捕まることはありません。

変わった性癖だと思われるかもしれませんが、性癖を変えることはとても難しいことです。常識の範囲で楽しむようにしましょう。

性欲が強い

性欲が強い
野外オナニーを好む人は、性欲が強い人です。オナニーやセックスに対して淡白な人は、そもそもそういう行為自体をやりたいと感じることが少ないからです。

特別野外オナニーが好きなわけではなくても、とにかく性欲を抑えきれない人であれば場所や時間を気にせずにどこでもオナニーしたい、すっきりしたいと感じてしまいます。

すれ違った女性がとてもタイプだった、女性を見てとにかく我慢できなくなってしまったなど、外に出たときに刺激を受けてそのままオナニーしてしまう人は多いようです。

普段からオナニーが好きな人

とにかくオナニーすることが好きという人は、野外オナニーにチャレンジしてみたいと思う人も多いはず。

もちろんセックスもとても気持ちの良いものですが、パートナーとセックスしている男性でもオナニーがやめられないという人はたくさんいます。セックスとオナニーの気持ちよさは微妙に違うようですね。

セックスの場合には相手がどうしたら喜んでくれるのか、相手のことを考えながらする行為ですが、オナニーであれば相手のことを考える必要がありません。シチュエーションやどのようなもので射精するのか、タイミングなども自分で決めることができます。

野外オナニーが好きな人は、そもそも気楽で気持ちの良いオナニーが好きな人が多いようですね。

パートナーがいない

パートナーがいない
野外オナニーが好きだということは、なかなか他人に言えることではありません。

彼女や奥さんなどのパートナーがいる場合、バレたときのリスクが大きくなってしまいます。そのため野外オナニーがしたくても、ブレーキがかかってしまいます。

しかしパートナーがいない人であれば、万が一ばれたときにも失うものがありません。セックスする相手がいないからオナニーをするしかないという人も多いでしょう。パートナーがいないからこそ、心も開放的になれるのかもしれませんね。

野外オナニーのおすすめスポット!《初級編》

野外オナニーのおすすめスポット!《初級編》
野外オナニーのおすすめスポットを紹介していきます。

野外オナニーは常に危険と隣り合わせの行為です。人に迷惑を掛けたり見られてしまったりした場合には、警察に捕まってしまう可能性があります。野外オナニーを楽しむためには、どこでするかということが最も重要なポイントになるのです。

まずは初級編から見ていきましょう。

公園

野外オナニーというと公園を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

公園と言っても、隠れるところが少ないような昼間の公園はかなり危険が伴います。昼間だと子連れの親子なども多いため、時間帯はなるべく夕方から夜にするようにしましょう。

また、公園で野外オナニーをする際には、なるべく木や茂みの多い公園を選ぶことをおすすめします。オナニーするスポットからは公園を見渡すことができ、公園側からは決してバレないような木の陰などが安心安全のスポットです。

車の中

車の中
車の中の露出オナニーであれば、周りにバレる心配はほとんどありません。自分だけの空間が確保されているので、初心者は車の中から始めてみましょう。

しかし車を止める場所によっては、人目についてしまう恐れがあります。夕方や夜など人目につかない時間帯を選ぶようにしましょう。また、暗めの立体駐車場などもおすすめです。

トイレ

野外オナニーをしたことがある人であれば、トイレというのはだれでも一度は経験したことがあるのではないでしょうか?鍵を閉めることのできる空間で、絶対に誰かに見られる心配はありません。

しかし、絶対に見られることのない空間ですが、ドア一枚を隔てた向こう側にはたくさんの人がいます。会社のトイレであれば、同僚の声も聞こえてくるかもしれません。これはかなりスリルがありますよね。

野外オナニーの初心者であれば、まずはトイレでチャレンジしてみましょう。

映画館

映画館
暗い映画館の中は絶好の野外オナニースポットです。

映画館の中でオナニーをする場合には、なるべく時間の遅いレイトショーなどがおすすめ。あまり人がいない席を確保しましょう。なるべく後ろの座席を選んでくださいね。

また、絶対にバレないように膝掛けなどを用意しておくのも良いでしょう。

海や山

開放的な場所というと、海や山などをイメージする人も多いのではないでしょうか?気分を解放してくれる場所での野外オナニーは、射精したときの気持ちよさも普段とは比べ物になりません。

また、海や山などのスポットであれば人目に付くことが少ないというのもメリットの1つですね。夏の海水浴場やシーズンの登山道ではない限り、バレないように野外オナニーすることができます。

野外オナニーのおすすめスポット!《上級編》

野外オナニーのおすすめスポット!《上級編》
野外オナニーのおすすめスポット、初級編でおすすめした場所をクリアできたら、次は上級編にチャレンジしてみましょう!

人気のない路地

あまり人が通らないような人気のない路地、暗めの路地での野外オナニーは上級者向きです。

しかし人が通らないからと言って開放的になりすぎてしまわないように注意しましょう。万が一人に見られてしまったときにはかなり怪しまれてしまいますし、警察沙汰になってしまうということも考えられます。

どのくらいの時間帯であれば人通りが少ないのか、万が一人が通ってしまったときにすぐに辞められる状態にあるのか、かなりの緊張感を持ちながらするようにしましょう。

公共の乗り物

公共の乗り物
電車やバスなどでの野外オナニー、AVなどで見ることも多いのではないでしょうか?公共機関での野外オナニーはかなりの危険が伴います。人が多い中でしてしまうと、痴漢と間違えられてしまう事もあるので気を付けましょう。

電車でもバスでも、必ず乗車している人が少ない場面を選びましょう。隣に人が座っているときには絶対にしないようにしてください。こちらも上級者編の野外オナニーになるので、念のためタオルや膝掛のような陰部を隠しておけるようなアイテムをもっておくと良いでしょう。

飲食店

こちらはかなりの上級者向けスポットになります。ファーストフード店やファミレスなどでは高校生などの若い世代のお客さんが多く、入れ替わりも激しいのが特徴です。そんな場所での野外オナニーはかなり緊張しますよね。

このような飲食店では必ず隅の席を選び、絶対に誰からも見られないような位置でするようにしましょう。

温泉

温泉
旅行や日帰り温泉などでは気分も開放的になっています。そんな場所でのオナニーはより気持ちの良いものになることに違いありません。

特に温泉での野外オナニーでおすすめなのが露天風呂です。より気分を開放的にしてくれますし、温泉であれば陰部を出していても不自然ではないため、野外オナニーがバレる確率も少ないでしょう。射精をしてもすぐに洗い流せてしまうことも大きなメリットです。

また、上級者は混浴などを狙ってみてもよいかもしれません。しかし混浴の場合には、男性も女性もお互いをかなり意識してしまっているためばれてしまう確率が高くなることが考えられます。タオルなどを上手に使いながら野外オナニーを楽しみましょう。

誰もいない職場

夜、誰もいなくなった職場や学校での野外オナニーは、かなりの興奮が得られることでしょう。万が一見つかってしまったときには、学校や職場にもう顔を出せないかもしれないというスリルがあるからです。

いつもは人がたくさんいるような場所でするオナニーは、背徳感もあるかもしれません。日中仕事をしたり授業をしたりしている場所が、まったく違う空間に感じられるはずです。見回りの警備員に見つかってしまわないように、緊張感を持ってオナニーを楽しんでくださいね。

野外オナニーをするときのポイントは?

野外オナニーをするときのポイントは?
野外オナニーをより楽しめるようなポイントを紹介していきます。

初心者はまずバレにくい室内で

野外オナニー初心者は、まずはトイレなど絶対にバレることがないような室内から始めてみましょう。

いろいろな場所で野外オナニーを楽しめるようになるためには、段階を踏んでいくことが大切です。いきなり上級編スポットでオナニーをしてしまうと、万が一のことがあった場合に慌ててしまったり挙動不審になってしまうことが考えられます。

必ずバレることのないスポットから始め、余裕をもってコツややり方をつかみ、次のステップへ進むようにしましょう。

アダルトグッズを使う

アダルトグッズを使う
野外オナニーは時間をかければかけるだけ誰かに見られる危険が伴ってきます。なるべく早く射精しなければならず、時間がかかってしまうと途中でやめなければならない状況になってしまう可能性もあります。

そのため、アダルトグッズを活用して射精の手助けをしてもらいましょう。ドンキやアダルトショップなどで野外オナニーに合ったグッズを探してみて下さいね。

野外でも陰部を隠せるアイテムを持っておく

いつどこで誰に見られてしまうかわからない野外オナニー。特に初心者の人であれば万が一のことを考えて、膝掛やタオルなど陰部をすぐに隠せるようなアイテムを持っていると安心ですね。

オナニー中も常に緊張感を持って

オナニー中も常に緊張感を持って
野外オナニーをしている最中も、常に誰かに見られるかもしれないという緊張感を持つようにしましょう。誰か来たらどうしようと考えながらしなければならないというのは面倒のように思えるかもしれませんが、その感情がより興奮を高めてくれます。

あまりオナニーに集中してしまうと、周りが見えなくなってしまいます。野外だということを忘れずに、周りを意識しながら行うようにしてくださいね。

野外オナニーを行う際のリスク&注意点!

野外オナニーを行う際のリスク&注意点!
部屋でするオナニーとは違い、野外オナニーには相当のリスクが伴います。最悪警察沙汰になってしまうこともあるかもしれません。

野外オナニーをするときには、リスクに備え守るべき注意点がいくつかあります。特に初心者の人はしっかりとリスク、注意点を確認してから野外オナニーを行うようにしましょう。

警察に捕まる可能性がある

野外オナニーで一番怖いことは、やはり警察に捕まってしまう可能性があるということではないでしょうか?

もちろん野外オナニーだけでは重い刑が付くことはありません。しかしだからといって軽く考えないようにしてください。

警察に捕まってしまうと、少なくとも家族には野外オナニーをしていたことがバレてしまいます。家族の信頼を失ったり、場合によっては社会的地位を失ったりすることにもなりかねません。野外オナニーは絶対に警察に捕まらないような環境でするということが必須条件です。

野外では人に見られるのは厳禁!

野外では人に見られるのは厳禁!
露出することが好きだから野外オナニーをしたいと考えている人も多いでしょう。しかし他人に下半身をさらけ出すこと、迷惑をかけてしまう行為は犯罪になってしまいます。

野外オナニーをするときに誰かがこちらから見えていたとしても、絶対に他人に見られてはいけません。警察に通報されてしまったり、写真などを取られてSNSに乗せられてしまう可能性もあります。

公共の場は汚さないように注意する

野外オナニーをするとき、トイレや温泉であれば射精した後処理は簡単ですが、公共の乗り物や飲食店などは絶対に汚さないように注意しましょう。

野外オナニーをする際には必ずティッシュなどを持ち歩き、後片付けまできちんとするための準備が必要です。汚れたティッシュなどを入れるためのビニール袋も備えておくと安心ですね。

他人に迷惑をかけない

他人に迷惑をかけない
野外オナニーは自己満足のために行う行為です。決して他人に迷惑を掛けてはいけません。

世の中の大半の人間は、好きでもない人の下半身を見てしまったときに不快に思うでしょう。オナニーしている姿なんてなおさら気持ちが悪く変質者だと思われてしまいます。野外オナニーをすることは問題ありませんが、誰かに見せてしまったり公共の場を汚したりして他人に迷惑をかけることはやめましょう。

スリル満点!野外オナニーエピソード集

スリル満点!野外オナニーエピソード集
本当に野外オナニーをしている人がいるの?と考える人も少なくないでしょう。実際に野外オナニーをした人たちの、スリル満点な体験談を見ていきましょう。

「初めては映画館」

「野外オナニーに興味を持ったのは成人して堂々とAVを見れるようになってからからでした。

1人でレイトショーを見に行った時、他に誰もいない一番後ろの席で初めての野外オナニーをしてしまいました。誰かに見られるかもしれないとか、なるべく気が付かれないようにとか考えながらのオナニーはとても興奮してしまって。

それからも映画館でこっそりオナニーするのが癖になっています。」(26歳/男性/フリーター)

「真っ暗な公園の隅」

「真っ暗な公園の隅」
「野外オナニーに高校生くらいからはまっています。今まではトイレでこっそりとしていましたが、最近は夜の公園での野外オナニーにはまっています。

夜の公園だとほとんど人はいませんが、たまに若いカップルがベンチに座ってイチャイチャしています。あっちからは見えていないので、それを見ながらオナニーすることもありますね。あれこれ妄想を掻き立てながらこっそり公園でする野外オナニーは、会社でのストレスも吹き飛ばしてくれるし、やめられません。」(30歳/男性/会社員)

「昼間の駐車場で」

「友達と待ち合わせをしていたときに、少し早く着いたからパチンコ屋の駐車場でAV見てたら、ムラムラしてきてそのままオナニーしちゃいました。

パチンコ屋だと結構車の出入りも多いし、ずっと車の運転席にいたから不審に思われたかもしれないですね。好みのタイプのギャルとかも歩いているのが見えて、オナニーしながら優越感に浸ってました!」(24歳/男性/アルバイト)

「誰もいない電車で」

「誰もいない電車で」
「とにかく性欲は強いほうなので、ムラっと来たらどこでもオナニーしちゃいます。

一番スリルがあったのは深夜の誰もいない電車です。たまたまドンキで買ったテンガを持っていたので、それを使って堂々と野外オナニーしてしまいました。途中の駅で誰かが乗ってくるんじゃないかとか、田舎の電車だから駅員が回ってくるんじゃないかとかずっとハラハラしっぱなしでしたね。

射精までいったけど、オナニーとは思えないほどスリルがありました!」(24歳/男性/会社員)

開放感のある野外オナニーを楽しもう

開放感のある野外オナニーを楽しもう
野外オナニーは気持ち良いだけではなく、解放感とスリルを楽しむことができます。見られてしまったら大変なことになってしまうというリスクも踏まえ、まずは初級編のスポットからチャレンジしていきましょう。

野外オナニーに夢中になりすぎず、常に緊張感をもって楽しむようにしてくださいね!

Related