Search

検索したいワードを入力してください

絶対やめられない「オナニー依存症の恐怖」原因と対処法
2019年02月01日

絶対やめられない「オナニー依存症の恐怖」原因と対処法

ついついオナニーばかりしてしまう人は意外に多いです。やめられないことでかなり真剣に悩んでいる人もいますが、知らないうちにオナニー依存症になっているのかもしれません。オナニー依存症の症状や原因、やめられない場合の対策についてまとめてみました。

オナニーがやめられない依存症とは

オナニーがやめられない依存症とは
暇だとついついオナニーしてしまう、そんな人は多いのではないでしょうか?アンケートをとると90%くらいの人がオナニーの経験があるというくらい、オナニーをするのは普通のことです。

しかし、あまり頻繁にオナニーしたり、やめられないようだとオナニー依存症になっているのかもしれません。依存症になってしまうと弊害が多く、生活に支障をきたすような深刻な事態になることも考えられます。

オナニーがやめられない原因や依存症の症状、対策など、オナニー依存症についてまとめてみました。

オナニー依存症の症状

オナニー依存症の症状
オナニー依存症はオナニーをやめられない状態のことですが、どんな症状があるのでしょうか?依存症が重症になるとかなり大変なことになる場合もあります。オナニー依存症の症状についてご紹介していきましょう。

ちょっとしたことですぐにオナニーしたくなる

ちょっとしたことですぐにオナニーしたくなる
相手がいなくても1人で簡単にすることができるのが、オナニーのメリットですよね。気分転換のように気軽にオナニーする人もいるのではないでしょうか?しかし、ちょっとしたことがきっかけで、オナニーがしたくなるのが依存症の症状の1つでもあります。

依存症かどうかの判断は難しいですが、日常の何気ないことがきっかけですぐにオナニーしたくなるのなら依存症になっているのかもしれません。

仕事中でもオナニーしたくなってしまう


普通は人は仕事場などの人目がある所だと、見つかることを恐れてオナニーできないのではないでしょうか?しかし、依存症の人はどんな状況でもしたくなってしまいます。

そのため、職場でもオナニーのことを考えてしまう人も珍しくありません。重症になるとオナニーがしたくなって、仕事が手につかなくなる可能性も考えられます。

オナニーできないと不機嫌になる


オナニーができないとイライラして不機嫌になるという人はすでに依存症になってしまっているかもしれません。我慢すると精神的に不安定になるのも、依存症の特徴の1つです。

オナニーがストレス解消になるのは普通のことではありますが、できないと精神的にとイライラするのは、依存症が加速している可能性がありますね。

オナニーの事しか考えられない


依存症になってしまうと、一日に何時間もかけてオナニーを続ける人は少なくありません。どんなことをしていても、常にオナニーのことが頭から離れなくなったら相当重症でしょう。こうなったらやめたくてもやめられない状態になってしまいます。

時間の経過も忘れてしまう

時間の経過も忘れてしまう
何かに集中しすぎて、気づいたら驚くほど時間が経っていた経験はありませんか?依存症になると、時間が経つも忘れてオナニーに没頭してしまう人がいます。気づいたら何時間も絶っているというのは相当深刻でしょう。

時間がどのくらいかかっているかが終わるまで気づかないとなると、日常生活においてもトラブルや支障をきたす恐れがあるので注意が必要です。

オナニーがやめられない原因《女性編》

オナニーがやめられない原因《女性編》
ヤフー知恵袋には、「オナニーがやめられない」という質問が多数寄せられています。結構深刻な悩みを打ち明けている人も、少なくありません。まずは女性の質問からやめられない原因についてご紹介します。

オナニーが気持ちよくてやめられない

私は恥ずかしながら、オナニーがやめられません…
毎日夜ベッドに入ると変な気持ちになって
あとで後悔するのは分かっていてもしてしまいます。
すごく気持ちよくてやめられません。

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |
すごく気持ちよくて、オナニーがやめられないというヤフー知恵袋の質問です。そもそもオナニーは気持ちが良いからするものなので、そこから病みつきになってやめられなくなってしまう、というのもある意味納得できますが、抑えが効かないとなると考えものですよね。

眠れなくてオナニーがやめられない

私は眠りが浅くてよく起きてしまったり、眠いのに何故か目を瞑っても寝られなかったりします。
オナニーはたまにする程度だったのですが、この頃はほぼ毎日してる気がします。
オナニーをすると疲れるせいか、しないよりよく寝られるからです。

オナニーをそんなしない方がいいとはわかっているのですが、そうしないと寝つきが悪いのでやめられないです。

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |
夜眠れなくてオナニーがやめらないという女性の相談です。「オナニーしたらよく眠れた」という経験を持つ人は少なくありません。それがクセになって、続けているうちにやめられなくなり、今度はそれに悩んでしまう悪循環ですね。

AVを見てオナニーがやめられない

AV見てオナニーしています。

仮病で仕事を休み、AV見てオナニーしています。
昼にはカップラを2つもを平らげ、またネットでエロ動画さがしてはオナニーしています。
食事のお供もエロ動画です。

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |
ネットが発達したせいで、AVなどのアダルト動画を見るのが昔よりも簡単になりました。それをおかずにして、オナニーする人は多いです。

ネットの動画がきっかけになって、オナニーするのが習慣になってしまう人もいます。AVを見ることがオナニーをやめられない原因の1つなのは確かでしょうね。

オナニーがやめられない原因《男性編》

オナニーがやめられない原因《男性編》
次は男性の質問をご紹介しながら、オナニーがやめられない原因について見ていきましょう。女性と同じく罪悪感を感じてもやめられない人が多いです。

ストレスでオナニーがやめられない

オナニーがやめられない男です!
ストレス解消にはなってますが、なんとなく情けないです。
どうしたらやめられますか?

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |
このヤフー知恵袋の質問は、ストレスでオナニーがやめられないという男性のものです。

ストレス解消としてオナニーする人は多いですが、そのせいで習慣になってしまうと毎回その発散法でないとストレス解消できなくなってしまうので、何か違うストレス解消法も見つけた方がよさそうですね。

手軽なのでオナニーがやめられない

ストレスがたまるとオナニーばかりしてしまいます。20代の男です。オナニーをすると嫌なことを忘れられて、手軽に気持ちよくなれるのでなかなかやめられません。小学5年生のときからオナニーしています。

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |
この男性の質問もストレスでオナニーをしているそうですが、手軽に気持ちよくなれるのでやめられないと言っています。手軽にできるからこそ、習慣化しやすいと言えますね。

強い刺激がクセになってやめられない

床オナニーをやめられないです…

どうやったらやめられますか?
危険なオナニーだとは知っていても、気持ちよくてつい我慢出来なくなって…

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |
危険だと分かっていても、床オナニーがやめられないという質問ですね。刺激の強すぎるオナニーの弊害はかなり深刻です。この悩みからも、ハマってしまうと中々やめられないことが分かりますね。

オナニーする回数や時間はどのくらいが普通なのか?

オナニーする回数や時間はどのくらいが普通なのか?
オナニーをするのは当たり前だとも言われますが、実際はどのくらいの人がオナニーしているのでしょうか?男女別にオナニーをしている割合や頻度、1回の時間などについてまとめてみました。

平均的な時間や頻度がわかるので、大幅に超えている場合は依存症を疑う目安になります。

女性はどのくらいオナニーをしているのか?

女性はどのくらいオナニーをしているのか?
アンケートによると女性は80%から90%がオナニーを経験しています。

どのくらいの頻度で女性がオナニーをしてるかについては、1週間に1度から2度という人が一番多いです。男性に比べると毎日している割合はかなり少なく、10%以下だということが分かっています。

時間は1回に30分以下の女性がほとんどで、1回のオナニーに1時間以上かける人は1パーセントと非常に少ないです。

男性はどのくらいオナニーをしているのか?

男性はどのくらいオナニーをしているのか?
男性と女性でオナニーをしている割合は、どちらが多いのでしょうか?男性は98%がオナニーをしているということで、女性より多いことが分かります。男性も週に1回から2回する人が最も多いのは女性と同様です。

しかし、毎日する男性は全体の20%ほどいます。女性に比べると毎日する人がかなり多いですね。それでも、1時間以上かける人は3%しかいません。男性でも1時間以上かけてオナニーする人は非常に少ないことが分かります。

下記の記事はオナニーをする時間に関して詳しく紹介しているので、合わせて読んでみてくださいね。

オナニー依存症チェックリスト

オナニー依存症チェックリスト
オナニーがやめられないと依存症になっていないか心配ではないでしょうか?オナニー依存症のチェック項目をまとめたリストがあります。まずは、チェックリストで依存症の危険があるか調べてみましょう。

オナニー依存症チェックリスト

  1. オナニーで現実逃避する
  2. 1日1回はオナニーする
  3. 眠れなくてオナニーする
  4. 何よりもオナニーを優先する
  5. オナニーに罪悪感を感じる

依存症チェック①オナニーで現実逃避する

ストレスを感じて現実逃避のために、オナニーをするようになると依存症の可能性があります。ストレス解消のためにする人は多いでしょうが、それが習慣化してしまい依存症に繋がりやすいとされています。

依存症チェック②1日1回はオナニーする

1日に1回オナニーしてしまう人は、依存症の可能性があります。しないように我慢しても、3日以内に我慢できなくなってしまう人は要注意です。

依存症チェック③眠れなくてオナニーする

眠れなくてオナニーするのも、依存症の危険性があります。眠るためにオナニーするのはクセになるため、依存症に繋がりやすいです。

依存症チェック④何よりもオナニーを優先する

依存症になるとオナニーを最優先するようになってしまいます。オナニーを仕事や約束よりも優先するようになるとかなり危険でしょう。

依存症チェック⑤オナニーに罪悪感を感じる

罪悪感を感じている人は依存症の可能性が高くなります。罪悪感まで感じているのにやめられないのは、気持ちのコントロールができない程依存している状態と考えられるので、依存度はかなり高い方でしょう。
チェックリストに当てはまるものはあったでしょうか?依存症チェックリストはあくまで目安ですが、当てはまる項目がある人は依存症の可能性があります。特に3つ以上当てはまる人は、かなり重症の可能性があるでしょう。

当てはまる項目が多い人は悪化させないように注意することが大切です。今回の記事を参考に対策してみて、少しずつチェックを減らすように心がけましょう。

オナニーがやめられない弊害

オナニーがやめられない弊害
オナニーがやめられない人は常にオナニーのことを考えてしまうなど、様々な弊害が出てきます。生活に深刻な影響を与える場合もあるので要注意です。依存症の弊害についてまとめてみました。

弊害①集中力を失う

弊害①集中力を失う
依存症になるとちょっとした刺激でオナニーに意識が行ってしまいます。そのため、一日中オナニーのことが頭から離れない人もいるようです。こんな状態では仕事や家事、勉強などが手につかなくなってしまいますね。

最初にオナニーをしてから、作業に入ることが習慣になっている人も珍しくありません。しかし、ちょっとしたことでもオナニーのことが頭に浮かんでしまいます。依存症は人から集中力を奪ってしまうのです。

弊害②疲労感が取れない

弊害②疲労感が取れない
オナニーがやめられないと疲れやすくなって、疲労感が取れないと言われます。オナニーはセックスに比べれば体力を消費しませんが、決して疲れないわけではありません。むしろ簡単で手軽にできる分、何度も行えばセックスよりも疲れるでしょう。

また、セックスと同じ性行為であることも確かです。やり過ぎるとホルモンバランスを崩す恐れがあるとも言われています。重症の人は常にオナニーしているので、疲れが取れないのは当然でしょう。

弊害③意欲がなくなる

弊害③意欲がなくなる
オナニーをやめられないと様々な意欲が失われます。性エネルギーは行動力の源という説は根強いです。オナニーをしすぎるとそのエネルギーが失われてしまうとも言われています。

色々な意見がありますが、オナニーの後は虚脱感があり意欲がなくなるのは間違いありません。オナニーがやめられないで常にしていると、この状態が当たり前になってしまいますね。

弊害④オナニーで時間を失ってしまう

弊害④オナニーで時間を失ってしまう
依存症になると1回のオナニーに長時間をかけたり、何回もするのが当たり前になってしまいます。仕事や学校などに行く以外はオナニーばかりしている人も珍しくありません。こうなってしまうとオナニーのために時間だけでなく、生活そのものに影響が出てしまうでしょう。

弊害⑤感染症になりやすくなる

弊害⑤感染症になりやすくなる
オナニー依存症になると感染症のリスクも高まります。もちろん、清潔にしていれば問題はありません。しかし、依存症になるとオナニーしたい欲求が強くなります。そのため、清潔にすることを忘れる人が増えてきます。

結果として、感染症になりやすくなってしまいます。清潔にすることを忘れないようにしましょう。

弊害⑥普通のセックスでは満足できなくなる

弊害⑥普通のセックスでは満足できなくなる
オナニー依存症になると普通のセックスでは、満足できなくなってしまう可能性もあります。依存症の人は普通のオナニーでは満足できなくなり、過激なオナニーをする人も珍しくありません。

過激な行為に慣れてしまうと、普通のセックスに不満を覚えるようになってしまうでしょう。そのため、セックスよりもオナニーの方に満足感を感じてしまう危険性があるのです。男性の場合は、セックスで射精できない「膣内射精障害」になる恐れもあります。

弊害⑦精神的に追い詰められてしまう

弊害⑦精神的に追い詰められてしまう
オナニーがやめられないと自分を責めてしまうことはありませんか?オナニーをしすぎることに、罪悪感を感じている人はかなり多いです。ヤフー知恵袋などを見ても、罪悪感を感じている人の質問は多く寄せられています。

行為自体に罪悪感を感じている人もいますが、依存症になってしまうとオナニーのことで頭がいっぱいになってしまいます。そのせいで仕事が手につかなくなるなど、様々な問題が出てくるため、より強い罪悪感を感じる可能性は高いでしょう。

オナニーがやめられない人の対処法

オナニーがやめられない人の対処法
気持ちよかったリ、眠れなかったりオナニーをやめることができない理由は色々あるでしょう。しかし、やめられないと弊害も多く深刻な問題になりかねません。やめられない場合の対処法についてご紹介します。

対処法①おかずになるものを見ないようにする

対処法①おかずになるものを見ないようにする
オナニー依存症ならアダルトサイトを見る人は多いでしょう。アダルトサイトを見ないようにすれば、オナニーする機会が少なくなります。おかずを探して長時間ネットサーフィンすることも無くなるので、時間を無駄にすることもありません。

アダルトサイトが見られないように、パソコンにブロックをかけることもできます。家族が見ているところ以外ではパソコンを使えないようにするのもいいでしょう。アダルトサイトを見ないようにするのは対策としてかなり有効ですよ。

性欲を掻き立てるものは、アダルトサイトだけではありません。オナニーがやめられないなら、できるだけ遠ざけるようにしましょうね。

対処法②スポーツに打ち込む

対処法②スポーツに打ち込む
スポーツをするのも一つの方法です。オナニーをやめられないのは、体力的な余裕があるからとも言えます。学生はオナニーにはまりやすい時期ですが、適度に体力を消耗していれば、過度なオナニーをせずにすむでしょう。

スポーツに打ち込めば回数を減らせるかもしれません。体を動かすことはストレス解消にもなります。また体を動かすと気分をリフレッシュする効果もあるので、オナニーの代わりに運動するのは効果的ですよ。

対処法③趣味に打ち込む

対処法③趣味に打ち込む
何もすることがないとオナニーしたくなったことはありませんか?暇だからオナニーをしているのなら、何か趣味を始めるのも有効でしょう。他にすることができれば、その分オナニーをする時間が減りますね。

熱中できる趣味を見つけることができれば、かなり効果的です。

対処法④さっさと済ませてしまう

対処法④さっさと済ませてしまう
オナニーのせいで時間を失ってしまうなら、手早く済ませるようにするのも一つの方法でしょう。オナニーに時間がかかりすぎてしまうのは、かなり深刻な問題ですね。依存症の人が時間を浪費してしまうのは、おかずを探すのに時間をかけてしまうことも原因の1つです。

時間をかけずに素早く済ませることを意識しましょう。やめられないなら、無理にやめなくても状況を変えることはできます。何もできなくなって自己嫌悪になるくらいなら、まずは時間を減らすことから始めましょう。

対処法⑤恋人を見つける

対処法⑤恋人を見つける
オナニーをやめられないなら恋人を見つけるのも、かなり効果的な方法でしょう。恋人と一緒にいる時間が増えれば、オナニーできる時間をかなり減らすことができます。

セックスできる恋人がいればオナニーできなくても、満足できる可能性が高いでしょう。

対処法⑥1人でいる時間を減らす

対処法⑥1人でいる時間を減らす
オナニーがやめられない対策としては、一人でいる時間を減らすことも重要です。いくら依存症といっても、人前で平気でオナニーする人はいません。オナニーをやめられない人は、一人で過ごす時間が長い人が多いです。

人と一緒にいる時間を増やせばオナニーはできません。仲間と交流できるような新しい趣味を作るという方法もありますね。一人で過ごす時間を減らすのは、依存症対策にはかなり有効です。思い切って環境を変えることを考えましょう!

対処法⑦軽い気持ちでオナニーを減らしていく

対処法⑦軽い気持ちでオナニーを減らしていく
オナニーをやめられなくて悩んでいる人は多いです。しかし、深刻に考えすぎても事態はよくなりません。そのことで悩みすぎるとかえってオナニー依存症が、深刻になってしまいます。いきなり1日に1回もしないのは、ハードルが高いでしょう。

普段のオナニーの回数を数えておいて、オナニーの回数が減ったら、自分にご褒美を出すなどして達成感を出すのはかなり有効ですよ。うまくいかなかったとしても、自分を責めるのはやめましょう。自分を責めると依存症がより悪化します。

少しずつ前進することで、依存症から抜け出すことは十分に可能です。

対処法⑧どうしてもダメな時は病院へ

対処法⑧どうしてもダメな時は病院へ
オナニー依存症を抜け出すための方法は色々ありますが、やめられない人は多いです。人間の性欲に紐づいていますから、依存症の中でも特に抜け出すことが難しいと言われています。自分の力ではどうにもならないと思ったなら、無理をせずに病院に相談しましょう。

心療内科などに相談可能ですし、依存症の治療を専門で行う病院ならオナニー依存症も当然扱っています。病院に相談することに抵抗がある人は多いでしょう。それでも、1人で悩んで深刻になるくらいなら専門医に相談した方が良いです。

悩み過ぎて困っている人は、一度専門家に相談することも視野に入れてみてくださいね。

やめられないとしても深刻に考えすぎない

やめられないとしても深刻に考えすぎない
オナニーがやめられない人はかなり多いです。生活に影響があると、深刻に考えてしまうのは無理もないでしょう。しかし、深刻に考えてしまうとますますドツボにハマってしまいます。

オナニー自体がそこまで体に悪いわけではありません。やめられないなら、少しずつ減らしていくことを考えて、自分のペースで克服していってくださいね。

Related