Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】浮気をする人の特徴・診断チェック項目・見抜く方法
2018年12月18日

【男女別】浮気をする人の特徴・診断チェック項目・見抜く方法

浮気をする人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。どんな人にも浮気をする際にはかならず目に見えて特徴が表れます。男女別の浮気をしているときの特徴や浮気をしているかどうかの見分け方・診断チェック項目、そして見抜く方法をお伝えします。

男女別浮気をする人の特徴

男女別浮気をする人の特徴
あなたは付き合っている相手に浮気をされたことはありますか。男性と女性では浮気をする場合の特徴に差があります。男性は浮気をした際に女性にバレてしまうことが多くありますが、女性はあまりバレたという話しを聞きません。男女それぞれの特徴についてみてゆきましょう。

男性は自分の存在感を示したがる人が浮気をする

男性は自分の存在感を示したがる人が浮気をする
基本的に男性昔から狩猟本能が働くため、また自分の子孫を少しでも多く残すために複数の女性に対して生殖反応を示すと言われています。そのため、彼女がいてもほかの女性と近づきたいと思ってしまうことが多くあります。

特に上昇志向が強く、自分の存在感をアピールしたい男性ほどたくさんの女性に自分の魅力を知らしめたい、と浮気をしやすい傾向にあります。

分かりやすいブランド物を身に着けていたり、自分の出身大学や勤務先を言いたがる男性はステータスや自分の存在感を示すことにこだわりやすい傾向にあり、合わせて浮気をしやすいと言えます。

女性はもったいない精神を持っている人が浮気をする

女性はもったいない精神を持っている人が浮気をする
一方で女性は、幼少期からおみせやさんごっこなどの「ごっこ」遊びをするなど空想や妄想などさまざまなことに配慮を巡らせることを得意とし、また同時に複数の案件を進行させることにも長けているため男性と比べ嘘をつくのが上手で浮気がバレにくいため浮気をすることを得意とします。

中でも自分の容姿に自信があるにも関わらず、彼氏や旦那がいる人は「私のようないい女がこの程度の男性におさまっているのはもったいない」と様々なタイプの男性にチャレンジして自分の価値を確かめてみたくなり浮気をする人が多くいます。

このため、男性は妻や彼女などと似た自分の「タイプ」の女性と浮気をすることが多いのに対し、女性は全く自分の彼氏や旦那と異なるタイプと浮気をするという特徴があります。

浮気をするかどうかの診断チェック項目

浮気をするかどうかの診断チェック項目
それでは男女で共通した浮気をするかどうかのチェック項目を診断してみましょう。以下の3つにすべて当てはまる人は浮気を他の人に比べしやすいと言えます。

何事も上を目指す野心家

男女共に、向上心があり常に何事に対しても上を目指す「野心家」タイプの人は浮気をしやすいと言えます。なぜなら現状に満足せずに「まだもっといい条件があるかもしれない」「まだもっといい相手と付き合えるかもしれない」と常にほかの相手を探している心理状態だからです。

そのため他の人と比べ、「この人と付き合うことが出来て幸せだな」という思いよりも「自分はこんな相手で満足していてはいけない」と自分をさらなる「高い相手」に対して目を向けさせると同時に果敢にチャレンジ、すなわち浮気へと向かわせるのです。

ルーティーンをこなすのが苦手

浮気をしない人というのは、常に決まったルーティーンをこなしたり、同じ道を通ったり、一度好きになった食べ物はずっと食べ続けたりします。しかし、そういった「同じことをずっと続ける」のが苦手な飽きっぽい人は、自分の付き合っている相手に対しても飽きやすい傾向があり、浮気をします。

例えば同じ単純作業をこなすことや、毎日自分で決めたストレッチをするなど、自分に課したルーティーン作業を抵抗なく続けることが出来る人はほとんど浮気をしないと思ってよいでしょう。

逆にそういったルーティーンが苦手な人は、次から次へと違うものに手をだしやすい傾向があり、浮気をすることが多くあります。

新しいもの好きである

さらに、流行りのお店や新発売のおもしろい電子機器、話題になっている情報など、常に新しい情報を把握していて、さらには自分でも行ってみたり試してみるなど、新しいものにいつも触れている流行最先端を知り尽くしているタイプは浮気をすることが多いです。

昔から自分の気に入ったものしか使わないし買わない、同じものばかり繰り返し食べている、といったタイプの人は一緒にいて安心したいはずの存在である彼氏や彼女までわざわざ変えようとは思いません。

しかし新しいものが好きなタイプの人は、常に新鮮な情報やモノを自分の周りに置いておきたいと考えるタイプであり、一緒の時間を過ごす相手にも新鮮さを求めるあまり、コロコロと浮気相手を変えてしまうのです。

彼氏・彼女が浮気性かどうかを見抜く方法

彼氏・彼女が浮気性かどうかを見抜く方法
それでは自分の彼氏・彼女が浮気性かどうかを見抜く方法についてお伝えします。ポイントとしては先ほどお伝えした要素があるかどうか、そしてこれからお伝えする2つの条件を確認しておく必要があります。

いつも決まった癖があるかどうか

ご自分の彼氏・彼女を普段からじっくりと観察しておきましょう。いつも決まった癖があることに気づくはずです。例えばちょっと焦った時にはいつも手を大きく動かすな、とか嘘をつくときには左に視点が行くことが多いな、などちょっとしたことも観察しておきましょう。

さらに、携帯電話の取り扱い方にも注目しておきます。例えばいつもは外で食事をしているときには携帯電話はカバンの中にいれているとか、お風呂に入るときには机の上に置いているなどです。

これらを見ておけば、ちょっと違う動きをしたときにすぐ浮気をしているかどうかに速く気づくことが出来ます。浮気性の人ほど、いつもと違った動きをすることが多くありますので、普段の観察とのギャップがあればあるほどわかりやすいと言えるでしょう。

兆候は実はあらゆるところに現れる

他にも、兆候は実はあらゆるところに現れます。たとえば不自然な仕事の残業や接待・休日出勤など、さらには親戚づきあい・実家からの呼び出しなど、これまで仕事がそこまで忙しくなかったり、実家との付き合いがそこまで頻繁ではなかったひとほどわかりやすく「それらしい理由」であなたと会えないことが増えます。

もちろん、出会った当初から不自然なほどに「仕事が忙しい」「実家に頻繁に帰る」などといったパターンもありえます。なぜか「お姉さんと一緒に住んでいる」などという38歳の男性がいて、そんなことあるのかなと思っていたら実は長年同棲している彼女がいたなんてパターンもあります。

浮気をする人の心理状況

浮気をする人の心理状況
人はなぜ浮気をするのでしょうか。浮気をする人の心理状況はどのようなものなのでしょうか。その心理には男女で異なる感じ方がありました。

女性は本気になる

女性で浮気をする人の心理状況としてはもはや「浮気」ではなく「本気」であることが多いです。今の彼氏に対する不満があったり、将来を考えることが難しくなったときに新たにときめいた人に対する恋心が芽生え、しかし彼氏と別れる前に同時進行してしまうというものです。この場合、浮気がばれると、女性はほぼ間違いなく「浮気相手」を選びます。

男性は「浮」気をする

一方で男性の場合は、狩猟本能から、様々な女性とデートをしたり関係を持ったりしたいと考え、あくまで「浮気」として「たくさんの女性から好かれたい」という心理で浮気をします。そのため、本命の彼女に不満があったり別れるつもりなどなくとも、浮気をしてしまうことがあります。

浮気を後悔させる方法

浮気を後悔させる方法
さて、それでは自分の彼氏や彼女が浮気をしていたとして、どうしても相手にその浮気を後悔させてやりたい場合はどうすればいいのでしょうか。感情的に責め立てることよりももっと効果的な2つの方法をお伝えします。

良心に訴えかける

まずは「良心に訴えかける」ことです。これは普段から浮気ばかりをしている浮気性の相手に対して有効な方法です。例えば日常的に浮気をしている相手に対して、決してその浮気に気づいているそぶりは見せずに、毎日笑顔で感謝の言葉を伝えましょう。

すると相手は、自分に対しては非の打ちどころがなく「失いたくない」と思ってくれるようになります。なぜなら浮気相手たちはみなそのようなことを意識して過ごしてはいないので、毎日笑顔で感謝の言葉をかけてくれるような、一緒にいて心地よい相手は自分だけになるでしょう。

さらには相手のためにいろいろと尽くしてあげましょう。するとしだいに「自分はこんなにしてもらって、常に必要とされているのに浮気をして相手に申し訳ない」と思う良心の呵責にさいなまれます。そして自然と浮気をする頻度も落ち着いてきます。

証拠をつきつける

あるいは、長年付き合っていて関係も安定していて、絶対に自分を失うことが相手にとって不利益であるとわかっている場合は、「証拠をつきつける」のも方法の一つです。この時に絶対に感情的に騒ぎ立ててはいけません。あくまで冷静に、淡々と事実だけを述べましょう。

「私は悲しい」「うらぎった」などと言った、自分の感情は一切表に出したり伝えてはいけません。大切なのはあくまで「事実だけを淡々と述べる」ことなのです。これは感情的にまくしたてるよりも凄みがあり怖い印象を相手に与えますし、とても強い存在で状況が自分に有利な風に見せかける高価もあります。

そのうえで「あなたはどうしたいの」と問いかけることで相手から反省の言葉と態度を引き出すことが出来るのです。

浮気を許すときの対処方法

浮気を許すときの対処方法
本音では相手が浮気をしたとしても許したい、と思っている方もいることでしょう。たとえば結婚しているとか、子供がいるとか、あるいはそうではないけど大好きだから別れたくない、という場合は浮気を許す必要があります。

浮気を許したいけれどどうしても怒りが収まらない、感情をどこにぶつけていいのかわからないという場合の方法についてお伝えします。

何が自分にとって一番大事かを考える

何が自分にとって一番大事かを考える
まずは自分にとって何が一番大切なのかを考えましょう。これは相手との関係だけではなく、あなたの人生にとって何が一番大切なのかと言う意味です。どういう相手とどのように、どのくらいの時間を過ごすことが大切なのかを考えると自然と、浮気をした相手を許すべきかどうかがわかってきます。

例えば、仕事をしている自分の状況や辛さ、さらには職場の内情を一番わかってくれるのは今の相手だからやっぱり別れたくない、なのか、あるいは仕事をしてもいいよとだけ言ってくれればいいから今の相手にはこだわらないのかによっても変わってきます。

子供が出来たから別れるわけにはいかないから許すのか、あるいは子供は大事だけれども浮気が許せない相手と一緒に結婚生活を続ける必要はないからシングルマザーとしてでも子供さえいればいいと考えるのかなど、同じ状況でも考え方によって許すかどうかも変わってきます。

それでも好きなら許す理由になる

しかし一番大切なのは、自分の人生で大切なことは何かを考えたうえで「それでも相手のことが大好きかどうか」になってきます。どんなに浮気をされたとしても、それでも相手のことが大好きだという気持ちがあればそれは許す理由になります。

これまで一緒に過ごしてきた時間を思い出し、大好きだった気持ちを思い出すのも許すためのいいトレーニングになります。

浮気をされたときはまず自分がどうしたいか考える

浮気をされたときはまず自分がどうしたいか考える
ここまで浮気をする男女別の特徴や、浮気をしているときの兆候や、自分の彼氏彼女が浮気性かどうか、浮気に気づくためのチェック項目などを見てきました。

浮気は人として許されないことですが、それでも許しながら一緒にいることを選んでいるひともいますし、自分のポリシーや今後の目指したい未来のために相手を許さないという選択をする人もいます。

自分はどうしたいのか、それでも許して一緒にいたいのか、まずはそのことを考えることで浮気に動じない自分を保つことが出来ます。

Related