Search

検索したいワードを入力してください

20代で処女が増えてる?20代の処女率とその特徴を紹介!
2018年11月21日

20代で処女が増えてる?20代の処女率とその特徴を紹介!

近年20代の処女率が増加していると言われています。処女の方にとっては大した問題ではないと考える人もいるでしょう。しかし処女率の高さは女性の性格や特徴に影響を与え、男性を遠ざける原因にもなります。処女を抱える女性が持つ特徴や、それによる問題を解説していきます。

20代で処女の人が増えている?

20代で処女の人が増えている?
20代の処女率が増加していると言われています。男女の関係が深まって夫婦の関係も視野に入ってくるとさまざまな困難が見えてきて破局する男女は多いですが、そもそも処女を捨てることができないというのはどうしてでしょう。

処女率が上昇しているのは、草食系男子ならぬ草食系女子が増えてきているからだと言われています。草食系女子はその言葉どおり、性欲が薄く、女性の魅力を磨かず、セックスへの魅力を感じない女子の事です。

20代で処女を捨てることに焦っていなかった女性は、年齢が上がってから手ごろな相手や自分に見合った男性を見つけられずに出会い系などで処女を散らしてしまいがちです。

20代でも処女を捨てられずにいる女性の特徴、男性と恋愛をしなくても平気と考える若い女性の心理、処女率が上昇している背景についてお話しします。

20代の処女率はいくつ?

20代の処女率はいくつ?

     (1987年) (1992年) (1997年) (2002年) (2005年) (2010年) (2015年)
20~24歳 64.4%  53.0   42.6   38.3   36.3   40.1   46.5
25~29歳 53.5   44.4   34.1   26.3   25.1   29.3   32.6

出典: http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/doukou15_sokuh... |
20代の処女率は2005年までは下がる傾向でしたが、それ以降は再度上昇してきています。20代だけではなくそれ以外の年代の処女率も増加しています。

処女率が高いことで20代ではなくなってから焦って恋愛や処女喪失をしようとする女性の姿も多く見られ、処女率が高い影響で出会い系を利用する女性が増えています。

20代以上の年代でも増加する処女率

20代の処女率が高いことで、20代以上の処女率も増加傾向にあります。20代まで処女だった女性は多くの場合、今まで恋愛と男性を遠ざけて生きてきたり、恋愛に臆病になっています。

そういった女性は突然恋愛に目覚めても男性との距離感やコミュニケーションの取り方がわからなかったり、出会いの場を探すことも上手にできず、結果的に20代以上の処女率も上がってしまいます。

処女率の高さで起こる弊害

20代の処女率が高いことで処女を抱えてずっと生きていってしまいがちな女性が増加していますが、そういった女性にはある弊害が起こります。

一般的には処女率を気にして恋愛をして家庭を持つという価値観を男女ともに大事にして生きています。しかし処女の女性は一人でいる気楽さに慣れてしまっており、そういった価値観に同調することができません。

結果的にコミュ障になり孤独感、疎外感を感じながら生きていってしまいがちです。

処女率の高さに驚愕する海外

処女率の高さに驚愕する海外
海外の20代の処女率は日本より低いと言われています。海外ではインドア派で恋愛に手が出ない若者は嫌われがちで、恋愛が好きで自分磨きをする若者が支持されやすく結果的に処女率が下がるそうです。

そんな海外からすると20代以上の処女率が高く、恋愛への意識が低い日本の女性は驚くべき存在に見えるそうです。

処女率が高いことで出会い系の利用が活発

20代の処女率が高いことで出会い系サイトの利用が活発化しています。処女を抱えたまま年齢を重ねながらも、恋愛に目が向いて処女が重荷になったという女性が多いです。

また、同年代の女性の処女率が下がり処女が周りからいなくなり、自分の存在が浮いているようで処女を捨てたくなったという女性もいます。

出会い系サイトを使って処女を散らすだけならいいですが、初対面の相手とのセックスなので無用なトラブルに巻き込まれる恐れもあります。

20代で処女の人の特徴は?

20代で処女の人の特徴は?
20代で処女率が増加していることはお話ししましたが、生まれてから20年以上処女を抱えて生きている女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

20代で処女の女性は、恋愛以外の価値観を大事にしているため恋愛に興味がない、出会いや出会いの場が見つからない、まだ焦らなくてもいいと考えている、一人でいる方が気楽、失敗したくないという特徴を持っています。

そういった特徴は育った環境ででき上がったり、就職してからの生活サイクルが原因だったりとさまざまです。

20代の処女率が高くなっている中で、20代以上の女性に蔓延しつつある恋愛の障害になっている特徴について考えていきます。

20代処女の特徴①恋愛に興味がない

20代の女性の処女率が上がっている原因の一つに、処女を抱えたまま20代以上になっても恋愛に興味がない女性がいることが挙げられます。

多くは育った環境が影響しており、幼年期や思春期など多感な時期に受けた影響が尾を引いている場合が多いです。

社会に出て自立することなど、女性の力で生きる価値観が中心になってしまい、男性のパートナーを作り支え合うという価値観を遠ざけてしまいます。

20代の頃は女性の魅力を磨かないでも持っていたのに、年齢を重ねるにつれて魅力に自信が無くなってしまい不安定になりがちです。

ふとした時に同年代のする家族の話や特定の異性が気になってしまうこともありますが、恋愛に興味のない生き方をしてきたため、男性に対してコミュ障で高圧的になったり距離の取り方がわからず悶々としてしまうことがあります。

20代処女の特徴②出会いがない

20代の女性の処女率が上がっている原因の一つに、出会いがないと考えている女性がいることが挙げられます。現代人はとても忙しく、生活サイクルが自宅と職場の往復だけになってしまうこともよくあります。

職場に同年代の20代の男性がいない場合もあり、どうやって出会いを探したらいいのかわからず、生活が決まった流れのルーチンワークになってしまい自分磨きも怠ってしまいがちになります。

また、出会いがないと考えてしまう女性の中には視野が狭くなってしまい、近場での合コンやお見合いに行くという発想ができなくなってしまう女性もいます。

結婚式や同窓会は新しい出会いの場でもありますが、出会いだけの目的でいってしまい男に飢えていると思われてしまいがちです。

20代処女の特徴③焦っていない

20代処女の特徴③焦っていない
20代の女性の処女率が上がっている原因の一つに、まだ若いから恋愛は焦る必要はないと考えている女性がいることが挙げられます。

しかし、早くに結婚して幸せになっている男性は学生時代などにパートナーを見つけて一緒になっていたり、色々な面で魅力がある男性は出会いの場に行かずともパートナーが見つかります。

そのため、焦っていない女性は出会いの場に行って自分に見合った男性がいないと考えてしまい、そこで初めて焦りがちです。

20代やそれ以前に男性とコミュニケーション能力を鍛えていないと、魅力以外でも男性にアピールできる能力が育ちません。

パートナーとの恋愛や家庭を作ることに価値観を持っている女性は、そういった見えづらい能力が開発されていて年齢を重ねても魅力的です。

20代だからと焦らないでいると、若さしか無かった武器が無くなってしまい、パートナーがおらず処女を抱えた自分にいつも焦ってしまうようになります。

20代処女の特徴④深く関わりたくない

20代処女の特徴④深く関わりたくない
20代の女性の処女率が上がっている原因の一つに、男性と、もしくは誰とも関わりたくないと考える女性がいることが挙げられます。

そういった女性はなにかしらの理由があったり、ただ面倒くさいという理由でそうしている女性もいます。

多くの場合、女性も男性もいいパートナーを見つけて幸福に生きるという価値観で生きています。そのため、恋愛があり男女の間では色々なことがあります。

人と関わりたくないと考えてしまう女性は今までの経験から、ただ産まれたから生きるという価値観で生きてしまい、20代もそれ以降も処女を抱えてしまいがちです。

20代処女の特徴⑤失敗したくない

20代の女性の処女率が上がっている原因の一つに、失敗したくないと考えて恋愛にためらいがある女性がいることが挙げられます。

失敗したくないという考えには、失敗した経験がなかったり自分の積み上げてきた経験や自信が影響している場合が多いです。

失敗した場合の対処法が自分の中でできておらず、自分に自信があるため他人に意見を聞くことがなかなかできません。

高学歴で恋愛経験がなくコミュ障の女性に見られがちですが、男性に対して理想が高くカップルになるだけでもためらってしまうこともあります。

プライドが高いため、自分になびかない男性を下に見て自分に釣りあわないとも考えやすく、処女を散らすこともその凝り固まった考えのせいでできないことも多いです。

20代で処女だと困る?

20代で処女だと困る?
20代の女性の処女率が上がっているのは、恋愛の妨げになっている特徴を持った女性が増えているのが原因になっていることはお話ししました。

男性の視点から見た20代の処女の女性というのは魅力的な存在である場合が多いですが、扱いに困ることもあります。多くの男女は恋愛をしてパートナーを見つけ、家庭を持つという価値観で生きています。

そういった価値観を持って生きている多くの人には、20代で処女を抱えていて恋愛に奥手な女性の心理がなかなか理解できません。

逆に処女を抱えて生きている女性も、恋愛に積極的な人の気持ちが理解しづらく、浮いた存在になってしまいます。

20代でも処女の人が持つ特徴が原因で起きる、困ったことについてお話しします。

20代処女で困ること①性格に難ありと思われる

20代でも処女を抱えた女性は性格に難があると思われてしまいがちです。多くの男女は恋愛に興味を持ち、コミュニケーション能力を常日頃自然に磨いています。

そのため気になった異性の表情や感情に敏感で、空気を読んだりさりげない気遣いといったスキルを男女ともに、多かれ少なかれ身に付けていきます。

20代でも処女を抱えている女性は、恋愛に興味がないと思われたりコミュニケーション能力がない絡みづらい女性だと思われてしまいがちです。

処女だからというわけではなく、今までコミュニケーションを他人と取ってこなかったということが表情や細かい気遣いから、内面を周りに察せられてしまいます。

20代処女で困ること②重い女だと思われる

20代処女で困ること②重い女だと思われる
処女の女性は重い女だと思われることもあります。コミュニケーション能力が高い女性は、パートナーを作り家庭を持つという価値観が根底にあるため、相手を知るために異性と適度な付き合いをすることができます。

多くの男性から見てもそういったコミュ力を持った女性は一緒にいると気楽で気遣う部分がわかりやすく、関係を進めたいと思わせてくれます。

逆に20代でも処女を抱えている女性はコミュニケーション自体に不慣れで、男性が心地よく感じる受け応えができず、相手は好意を感じていないのに一方的に愛情を感じることもあります。

20代でも処女の女性はコミュ力が控えめな場合が多いため、それがおたがいの認識の違いになり、意思疎通に影響をおよぼしがちです。

20代処女で困ること③好きな人と会話ができない

処女の女性は内気なことも多く、人と関わった経験の少なさから好きな男性ができた時に困ってしまうことがあります。

好きな男性と会話をしようとしても何を話したらいいのかわからず、事務的な会話で素っ気なくなってしまい、私に気づいて!と念じるだけで精いっぱいなんてことも。

別の人から見ると全く接点がない男女でどちらにもその気がないように見えたのに、処女の女性が突然アプローチをし始めて周囲が困惑することもあります。

恋愛の経験がないため、極端な行動に出てしまうことがたまにあるんです。

20代処女で困ること④エッチのときに困る

20代処女で困ること④エッチのときに困る
処女喪失は痛い、という情報は処女ならほとんどの人が聞いたことがあるはずです。女性の情報誌なら初エッチの体験談が載っていますし、どこかで小耳にはさんだりもします。

恋愛経験がなくて処女のまま20代になってしまったけれど恋愛に憧れているという女性は、内心エッチに興味シンシンなため情報や体験談を収集して素敵な初エッチを想像しがちです。

しかし、鍛えた想像力と処女喪失は痛いという情報が、エッチのときに男女の関係を悪化させるような悪影響を起こします。

エッチのときに勝手がわからないことや、痛いという情報が恐怖心を生んでしまい、心と体がガチガチに緊張してしまうんです。

緊張するとオマンコが濡れづらくなり、貫通していない固いオマンコがさらに固く閉じてしまいます。

最悪の場合好きな人が相手でもエッチを拒否してしまい、関係が悪くなることがあります。

20代処女で困ること⑤固い女性だと思われる

処女のまま年齢を重ねると、自分ではそんなつもりはないのに群れたがらない、遊びができない固い女性だと思われることがあります。

20代でも処女の女性はコミュ力が控えめのため、自分の内面を人に伝えることが苦手な場合も多く、弱みを人に見せないお高くとまった女性という実際とは違った評価をされてしまいがちです。

男性は処女をどう思っている?

男性は処女をどう思っている?
セックスの経験がある男性から見た場合、処女は特別な相手以外は面倒くさいという評価になる場合もあります。

処女は処女喪失に恐怖と憧れを抱いており、肉体的に、精神的にその女性をほぐしてあげる必要があり、処女ではない女性とは気遣う部分が全く異なってきます。

処女喪失を乗り越えた女性なら愛をささやくセックスやスポーツのようなセックスもできるのに、それができないのはやはり面倒くさいと考えてしまう男性もいます。

一方で、処女の女性は身持ちが硬く、貞操的な面で裏切ることがないだろうという考えで処女を好む男性も数多くいます。

処女と結婚して添い遂げるという考えを持った男性にとっては処女は魅力的な存在です。処女の方で出会いがほしい場合は処女であることを悲観せず、自分磨きをしていきましょう。

処女を抱え込まないために

処女を抱え込まないために
いかがだったでしょうか。処女率は年々増加しており、処女率の増加にともなって女性の心もさまざまに変化しています。

処女を抱えたまま年を重ねると恋愛から遠ざかり、どうしてもコミュ力に問題が出てしまいます。処女率を下げるだけでなく、新しい価値観を得て人と関わるためにも自分の処女と向き合っていきましょう。

Related