Search

検索したいワードを入力してください

「理想のセックスの時間は?」前戯や挿入時間についても徹底調査!
2018年10月22日

「理想のセックスの時間は?」前戯や挿入時間についても徹底調査!

理想のセックスの時間は何分でしょう?何時間でしょう?アンケートや調査結果を踏まえ、女性が望む理想の前戯の時間や、セックスでの理想の挿入時間を徹底調査しました。女性を満足させるための男性のトレーニングも紹介しています。理想のセックスの時間についてです。

セックスの平均的な時間

セックスの平均的な時間
まずはズバリ、10代から30代前半の女性1,000人に行った女性誌ananのアンケート結果、1回のセックスにかける時間の結果です。

・~20分   8%
・~30分  29%
・~1時間  49%
・それ以上  14%

こちらは、実際にセックスにかけている時間です。相手あってのセックスですから、女性の理想とは別に男性の事情もあっての結果だということを、まずはお願いします。

半数以上の男女がセックスに30分以上、約1時間をかけているようですが、果たして女性はそれを望んでいるのか? もっと長いほうがよいのか、あるいは本当は短い方が助かると感じているのか。これから徹底的に解説いたします。

もう一つ、まったく別のデータをまずはあげておきます。女性が膣をいじるオナニーでイク平均時間は20分です。これからの記事は、このデータも加味して解説します。

女性の理想のセックスの時間は

女性の理想のセックスの時間は
さまざまなデータを解析した結論から言うと、女性にとっての理想のセックス時間は、やはり、女性がセックスにかけている時間の1時間弱、というものになりました。

うちわけは、前戯20分、挿入時間20分弱、その他もろもろで小一時間になります。無言セックスばかりではない、始める前のムード作りのトークから、最後のピロートークまで合わせて、小一時間になります。

それらの詳しい内訳はのちに項目別に解説しますが、大まかにはこんな感じです。これを把握した上でますます理想のセックスをするにはどうすれば良いか解説しますので、どうぞ先も読んでください。

女性の理想の前戯の時間

女性の理想の前戯の時間
まず、女性にとって理想の前戯時間ですが、女子SPAのアンケートによると、18.2分です。

「人生最高のSEX」の前戯時間は?
平均18.2分
・ 1~ 5分   7 %
・ 6~10分  28 %
・11~20分 32.5%
・21~30分 28 %
・30分以上 4.5%

「人生最低のSEX」の前戯時間は?
平均12分
・なし    15.5%
・1~5分   35 %
・6~10分  34 %
・11~20分  7.5%
・21~30分  6.5%
・30分以上  1 %

このデータから分析できることは、いちばんダメなのが前戯なしです。前戯なしでセックスするなんて最低です。30分以上かけると長すぎると感じますが、まずはキスから始めて愛撫やオーラルセックスなど前戯には20分くらいかけるのが理想と感じています。丁寧な前戯が必要ですし、男性側も彼女が感じるのを見るのは楽しいです。しっかり前戯をしましょう。

女子SPA、女性にとって理想的な前戯は平均18.2分

出典: https://joshi-spa.jp/7465/111213_5 |

女性の理想の挿入時間

女性の理想の挿入時間
女性のセックスにおける理想の挿入時間は?という、また先ほどのananのアンケート結果を紹介します。

・~1分  1%
・~5分  12%
・~10分  43%
・~20分  27%
・~30分  13%
・~1時間  2%
・それ以上 2%

こちらをもとに分析すると、やはり20分弱です。先ほど、ちらりと、女性は膣オナニーでイクのに20分かかるとの調査と合わせても、こちらを信用する方が良いでしょう。ただし、オナニーは指やバイブでやりますが、前戯のあとで本物のちんこ相手にしているセックスの方が当然感じているし、複数回イッているはずです。

短い方が良いという女性もいますし、逆に長くないと嫌という方もいますが、一般的には女性にとっては、前戯の後、20分弱くらいが理想の挿入時間ということになります。

女性には物足りない挿入時間

女性には物足りない挿入時間
膣は、男性の性感帯の亀頭と比べると、とても面積の大きな粘膜質の性感帯です。ですが、逆に全体を刺激するのは難しく、ポイントも見つからないという点があります。そこが男性との大きな違いです。

それと、感じるエクスタシーが、男性は亀頭中心にちんこにうまく刺激を加えれば5分もあれば絶頂に到達するのに対して、女性の膣は絶頂に到達しにくい。7割弱の女性が、セックスでオーガズムを感じられない、と答えているとの調査結果もあります。

理想の挿入時間のアンケートでも、10分未満の挿入時間をあげている女性は13%にとどまっています。10分くらいの挿入時間では、物足りないと感じる女性が圧倒的に多いです。早漏の男性にとってはつらいですが、まずは結果を受け止めて次に進みましょう。

女性が嫌がる挿入時間

女性が嫌がる挿入時間
次に、女性が嫌がる挿入時間です。短すぎる挿入時間はイヤというよりものたりない。嫌がる挿入時間というのは長すぎる挿入時間になります。20分を超えた挿入時間を理想の挿入時間とあげている女性は17%にとどまっています。

セックスで長すぎる挿入時間は女性に嫌がられます。なぜなら、男性の亀頭を考えればわかります。亀頭だって、あんまり長く刺激すると痛いのと同じで、膣もあまりに長い間セックスをしていると痛くなります。

長すぎる挿入時間が嫌がられるのはそういう理由です。こちらで問題になってくるのがセックスのとき膣では遅漏になってしまう男性陣です。早漏についても遅漏についても対策をのちに述べますので、読み進めてください。

挿入時間の調整法

早漏も遅漏も、女性にとってはものたりなかったり、逆に苦痛になってしまうもの。これらはいくつかの解決策がありますので、これから説明いたします。まずは、男性側を女性の好みの挿入時間に合わせる。これが理想です。

のちに紹介する早漏のトレーニング、遅漏のトレーニングに加え、他の調整法もあります。遅漏の男性について有効なのは、彼女が満足したらもうそこで挿入時間を終了にしてしまう。あとは口でイかせてもらうか、イッたふりして射精はあきらめる。

よく、イッた演技をする女性がいると言いますが、遅漏の男性の中には、実はイッた演技をして射精をあきらめている男性は少なからずいます。筆者の知人男性にも、自分にとってセックスの満足は、相手の女性がイクのを見ることで、そこでもうやめてしまうという男性もいました。

挿入時間を克服して理想のセックスにする

とはいえ、相互が満足して成り立つのがセックスですから、早漏男性なら回数でこなす、とか早漏を克服して理想の挿入時間を目指すなどすればより良いですし、遅漏の男性も遅漏を改善することで女性の理想の挿入時間で射精に至れるようになれば、より良いです。

遅漏の男性は、女性が満足したら一度は膣からちんこを抜き、休憩を入れて二度目のセックスで射精する、など、挿入時間を調整、克服して理想のセックスができるようになると良いです。

やはりセックスでキーになるのは挿入時間ですので、これを克服できたら理想のセックスになります。

女性は挿入の時間が長すぎても嫌?

女性は挿入の時間が長すぎても嫌?
先ほど、膣は挿入時間が長時間になると痛くなることについては触れましたが、女性が挿入時間が長くなるのを嫌がるには痛み以外にも理由があります。

いちばん大きな理由はやはり痛みです。痛みをずっと我慢しているのは苦痛ですから。ですが、使い込んだタフな膣でも、あまり長々とセックスしていると飽きてきます。うんざりもします。挿入時間があまりに長いと、早くイッてくれないかなあ、と心の中で祈り、その相手にはもはやネガティブな印象しか持てなくなります。

あの男のマラソンみたいな挿入時間にまた耐えなければいけないのかと考えると、もうしたくなくなり、セックスレスへの道へのフルマラソンになりかねません。

ですから、長すぎる挿入時間はやはりコントロールして、女性が望むタイミングで終えることが望ましいです。

理想のセックスに近づけるトレーニング

理想のセックスに近づけるトレーニング
ここからが、男性にとって、自分の射精のタイミングをセックスの理想の挿入時間に近づけるトレーニング方法の説明に入ります。セックスは、当然男女ですることなのですが、挿入時間については、鍵を握っているのは男性です。

女性が挿入時間をコントロールしようとするのはかなり難しいです。遅漏の男性には、愛のない仕打ちですが、女性が満足したら、もうやめて、と言って突き放せば良いですが、早漏の男性に「もう終わったの?」はひどいです。男性側も努力しているので、一緒にコントロールしようという寛容さも必要です。

で、では男性側がどうトレーニングすれば良いのか、早漏の男性と遅漏の男性に分けてトレーニング方法を紹介します。

挿入時間が短すぎる男性のトレーニング

挿入時間が短すぎる男性のトレーニング
挿入時間が短すぎる男性、つまりセックスでの遅漏の男性の対策はシンプルに、二つ、射精のタイミングを遅らせるか、射精の回数を増やして理想の挿入時間までセックスを続けるか、です。

タフになれば問題ないとも言えます。現実的な方法はすぐ後で言いますが、医学的には、ちんこが萎えるのは射精の「満足感」から、とも言われています。だから、射精しても満足せずに腰を降り続けるようメンタルトレーニング、という手もないわけではないです。

現実的なのは、オナニーでのトレーニングです。しごいてさっさと終わっているという男性は少し時間をかけ、射精を遅らせる練習をし、オナホなどを使ってより負荷に耐えられるちんこを普段から作るという手がいちばん現実的で有効です。

オナニーの回数を増やし、いざセックスしてもそう簡単にはイカないようにトレーニングすれば本番の時の挿入時間も延びます。オナホにはソフトからハードまであるので活用しましょう。

挿入時間が長すぎる男性のトレーニング

セックスの挿入時間が長すぎるという男性は、いわゆる遅漏ですが、遅漏の原因はさまざまです。主にセックスに慣れてしまって遅くなったか、刺激の強いオナニーをして膣では遅漏になるか、です。

こちらも対策はあります。これは女性にも協力してもらう必要がありますが、フェラでだいぶ感じさせてもらってからセックスの挿入をする、という手です。

ですが、やはり男性サイドでなんとか調整したいもの。一つは、オナニーを減らして、本番セックスでイキやすくなる。それと、オナホを使ったトレーニングも有効です。オナホには、TENGAから出ているトレーニングカップといって、段階的により弱い刺激でイケるようになるものがありますので、こちらを活用するのが有効です。

理想の挿入時間になれば双方存分にセックスできる

セックスの達人男性は、自分の射精のタイミングを、相手の望むように調整できるそうです。その境地まで行った男性は、自分の射精よりも相手が感じている姿を見て喜んでいて、相手がイッたら、自分も満足して射精感が込み上げてくると聞きました。ここまで行ければ男性もかなりの上級者です。

どうしてもセックスの挿入時間の鍵を握るのは男性ですので、女性の理想を追求して、いま紹介した達人のような境地にいけるまで、普段からトレーニングするといいです。そうすれば、女性も男性も存分にセックスできます。

ただのエクスタシーを超えた、より味わい深い快楽を存分に味わうことができるようになります。女性側にも、遅漏男性をイカせるだけのテクニックも求められますし、双方が存分に楽しんでいただきたいです。

1日中時間を気にせずセックスしたいという声も

1日中時間を気にせずセックスしたいという声も
セックスはとても気持ちの良い、現実の中の非現実です。みんながやりたい、みんながやっていることなのに、男女が二人で素っ裸になって、股間をはめあってヨガってるって、想像すると笑えますよ。

でも気持ちいいのがセックスだから、一日セックスしたいと望む男女はいます。

「なんか、ダラダラでもいいから、一日中ホテルにこもって、やりたいときに入れて、イク手前で抜いて、また入れたくなったら入れて、ってやってみたい。」(25歳、男、営業)

「セックスしてると頭おかしくなるくらい感じるから、これが一日中続けばいいなって、考えたことはあります。一日中セックスして過ごしてみたいです。(23歳、女性、OL)

こんな声が実際にありました。

1日中セックスした体験談

では、実際に一日中セックスマラソンに挑戦した大学生カップルに体験談を聞きました。

筆者「あなたたち、バイトしたお金でラブホに一日こもってセックスしたって言うけど、どうだった?」

彼氏(21歳)「お金はないけど、時間はあるってことで、平日に山の中の安いところでやったらエロいかなって。実際やったけど、ムリだなって、なっちゃいました。気持ちよかったのはせいぜい3回目くらいまでで、それからは苦痛で、最後はせっかく来たんだからって二人でゲームしてました。」

彼女(20歳)「一日中やってみたかったのは、それだけ気持ちいいのかなって考えて。でもこっちが望んでるタイミングで彼がイクわけじゃないし、満足できるセックスが2、3回できるのがベストかな。」

よほどの絶倫カップルでない限り、妄想している方が楽しそうです。

セックスは二人が幸せになるためのもの

セックスは二人が幸せになるためのもの
いかがでしたか? 長い記事を最後まで読んでくださってありがとうございます。誰でも理想のセックスはしてみたい。自分の望む快楽を楽しめたら、それは二人ともいいでしょうけど、ただ平均や理想の時間を追求するのではなく、セックスは、二人がお互いに幸せになるためのもの。

最後にこんな調査をお知らせします。イギリスでの調査ですが、年齢が高いカップルほど、セックスの回数は減るが、満足度が高くなる、という調査結果が得られています。お互いが満足できるセックスが何よりです。相手の満足が自分の満足、と考えられるようになれば最高です。

ネットで素敵な出会いを見つけてみませんか?

時にはパートナーにうんざりすることも、街ですれちがった素敵な人に惹かれることもあるでしょう。そんな時はネットで素敵な出会いを見つけて刺激的な日々をすごしてみてはいかがでしょうか。

出会い系サイトと聞くと怪しい気がしたり、変な人しかいないのでは?と思う方も多いかも知れませんが、年々SNSやインターネットでの出会いの数が急増し、現代の定番の男女の出会いの場として定着してきつつあります。

しかし当然ながら、運営がしっかりしていないサイトや、ほぼ詐欺のようなサイトが存在するので注意が必要です。
筆者が自信を持っておすすめするワクワクメールは10年以上続く健全な会社が運営していて、素敵な女性や男性がたくさん登録しているので、ぜひ一度つかってみてください。

女性は基本的に無料ですし、男性も無料ポイントだけでも試してみてはいかがでしょうか♪


Related