Search

検索したいワードを入力してください

「中出しはピルでも避妊できないかも!?」効果や用法を解説!
2018年10月12日

「中出しはピルでも避妊できないかも!?」効果や用法を解説!

ピルを飲んでても中出しは危険?なんで中出しって人気なの?そもそもピルってなに?そんな、ピルに関する疑問を一気に解決。ピルの用法・避妊効果やキチンと避妊する方法なども教えちゃいます。長年、生理痛に悩まされている女性必見です。

ピルを飲んでても中出しは危険?

ピルを飲んでても中出しは危険?
欧米や海外では、比較的一般的なピルですが、あまり馴染みのなかった日本でも、ピルを服用している女性が年々増えてきました。皆さん、ピルを飲んでいれば中出ししても、妊娠効果があると考えていませんか。キチンと理解せずに中出しセックスを行っている女性は、大変危険です。ピルをきちんと服用している方で妊娠する確率は0.3%ですが、あくまで正しく使えていればという話です。

また、ピルには避妊効果はありますが、性病を防ぐ効果はありませんので、性病を持っているパートナーと中出しでのセックスを行った場合、かなりの確率で発病します。性病は、見た目では判断できないので、コンドームを使用するなど直接触れることは避け、心配であればパートナーとともに、1度病院でチェックすると良いでしょう。

なぜ中出しが人気なのか

なぜ中出しが人気なのか
そもそもなぜ中出しをするのかについてですが、男性はやはり中出しすることを好みます。やはり、コンドームによって締め付けられている状態よりも、中出しの解放感のある状態の方がダイレクトに膣の中が感じられて、気持ちがいいという男性も少なくありません。しかし、中出しにはやはり性病の危険性も伴います。

ですので、あまり自分がピルを飲んでいるから中出ししても大丈夫などと公言しない方が良いでしょう。もし万が一、飲み忘れてしまったときに男性から、ピルを飲んでいるというから中出ししたのに、などと責められてしまうなんてこともありえなくありません。また、中出し目的の男性たちが声をかけてくることもありますので、気をつけてください。

そもそもピルってなに?

そもそもピルってなに?
そもそもピルとは一体何なのか、あまり馴染みのない方のためにもご説明いたしますと、ピルとは、1960年代にアメリカで開発され、世界に広く普及しました。現在日本でも、多くの女性たちが使用していますが、世界的に見ても日本での普及率はあまり高くありません。

ピルには、プロゲステロンと呼ばれる「黄体ホルモン」とエストロゲンと呼ばれる「卵胞ホルモン」という、2つのホルモンが含まれています。この2つのホルモンが、脳の下垂体に作用することで、卵巣から排卵が起こらないようにするのがピルの役割です。また、避妊以外にも、生理周期の変更や月経困難症の緩和、子宮内膜症の治療なんかにも使われています。副作用が心配されがちな、ピルですが女性の強い味方なんです。

ピルの用法や避妊効果

ピルの用法や避妊効果

ピルの種類①低容量ピル

ピルの種類1つ目は、低用量ピルです。こちらが1番一般的であり、ポピュラーなピルですが、低用量ピルには、女性ホルモンが含まれていて、経口避妊薬なんて呼ばれてもいます。毎日1回服用することによって、排卵を抑制してくれて、子宮内膜の増殖も抑えてくれます。低用量ピルには、コンドームよりも高い避妊効果があります。

コンドームを正しく使用している場合の妊娠する確率が、18%なのに対して、ピルをきちんと服用している方で妊娠する確率は、なんとわずか0.3%なんです。そのため、中出しをしたとしても、ほぼ100%確実に避妊することができます。

ピルの種類②中用量ピル・高用量ピル

ピルの種類2つ目は、中用量ピル・高用量ピルです。低用量ピルに比べて、あまり馴染みがなく、聞いたことがない方も多い、中用量ピルと高用量ピルですが、開発当初は主流であったこれらのピルを副作用の少ないものにしたのが、低用量ピルです。年々、改良が加えられかなり副作用も少なくなりました。

現在、日本で一般的に使用できるのは、低用量ピルですが、中用量ピルや高用量ピルは、女性ホルモンに関わる病気の治療なんかに使われます。避妊目的では、低用量ピルの使用が一般的になっていますが、生理の移動などに使用されることもあります。

ピルの種類③アフターピル

ピルの種類3つ目は、アフターピルです。避妊に失敗してしまったときや、性的暴力やレイプなども被害にあってしまったときなどに、緊急用として一定時間以内に服用することで、望まない妊娠を高い確率で防ぐことができる、最後の手段となっております。コンドームを使用していても敗れてしまったり、パートナーに中出しされてしまったなんてことも、ありえなくはありません。

アフターピルは、完全に避妊できるというわけではありませんが、正しく使用することで、85%前後の確率で避妊できるとされています。避妊に失敗したとされる日から、3日以内に服用しなければ効果が表れませんので、注意が必要となります。また、アフターピルには、保険が効きませんし、乱用を防ぐため値段が若干高めに設定されておりますので、気を付けてください。

中出しだけじゃないピルの利点とは

中出しだけじゃないピルの利点とは

ピルの利点①生理痛の軽減

ピルの利点1つ目は、生理痛の軽減です。ピルを飲むことで得られる利益は、なにも避妊や中出しだけではありません。生理痛が重い人は、毎月の負担がかなり軽減できます。実際に、筆者も毎月生理の初めの数日間は、頭痛やお腹の痛みに悩まされており、市販の薬を飲んでいましたが、ピルを使用し始めて、薬を飲まずに快適に過ごせるようになりました。

ピルの利点②女性ホルモンが含まれている

ピルの利点2つ目は、女性ホルモンが含まれている点です。女性ホルモンが含まれていることから、芸能界で人気を浴びているオネエやオカマと呼ばれる著名人たちも服用し、女性らしい身体つきを手に入れたと公言しています。個人差はありますが、おっぱいが大きくなったや、おしりが丸くなったなども意見もあります。そのため、より女性らしい身体つきを手に入れたい方にもオススメです。

キチンと避妊する方法

キチンと避妊する方法
キチンと避妊するには、やはり毎日欠かさず飲み続けることが重要になってきます。パートナーと中出しでのセックスを楽しみたい場合、毎日なるべく同じ時間に、忘れることなく服用しましょう。今は、生理周期アプリなどにピル用のアラーム機能なんかも付いているので、安心して避妊することができます。

飲み忘れた場合でも、経過した時間によっては、すぐに飲み忘れたピルを服用することで、次の日も通常のように服用し、避妊効果を継続させることもできます。ただし、飲み忘れた分を一気に服用するのは、避妊効果も薄く、決して好ましくないので、用法・用量を守って、使用しましょう。

避妊してHAPPYなセックスライフ

避妊してHAPPYなセックスライフ
いかがでしたしょうか?ピルと聞くと、副作用や嘔吐・吐き気などのマイナスイメージを想像される方も少なくありませんが、実際に産婦人科の先生方も服用を推進しています。もちろん、副作用については個人差がありますが、使用していくうちに慣れていく場合や、違う種類のピルを試すことで改善される方も多くいらっしゃいます。

意外にもピルを服用することで、避妊や中出しだけではなく、多くの利点があることをご理解いただけたでしょうか。毎日の生理痛・頭痛から解放されて、ストレスの少ない日々を過ごしましょう。大切なパートナーと、幸せな中出しを用いたセックスライフを送るためにも、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

ネットで素敵な出会いを見つけてみませんか?

時にはパートナーにうんざりすることも、街ですれちがった素敵な人に惹かれることもあるでしょう。そんな時はネットで素敵な出会いを見つけて刺激的な日々をすごしてみてはいかがでしょうか。

出会い系サイトと聞くと怪しい気がしたり、変な人しかいないのでは?と思う方も多いかも知れませんが、年々SNSやインターネットでの出会いの数が急増し、現代の定番の男女の出会いの場として定着してきつつあります。

しかし当然ながら、運営がしっかりしていないサイトや、ほぼ詐欺のようなサイトが存在するので注意が必要です。
筆者が自信を持っておすすめするワクワクメールは10年以上続く健全な会社が運営していて、素敵な女性や男性がたくさん登録しているので、ぜひ一度つかってみてください。

女性は基本的に無料ですし、男性も無料ポイントだけでも試してみてはいかがでしょうか♪


Related