Search

検索したいワードを入力してください

不倫と浮気の違いは?男女別の不倫や浮気がやめられない人の特徴
2018年10月02日

不倫と浮気の違いは?男女別の不倫や浮気がやめられない人の特徴

不倫や浮気をいい事だと思いますか?ほとんどの方が「いいものではない」と答えるでしょう。では、いけないと認識はあるのに、不倫や浮気をするのはなぜでしょう?もしかしたら、これからあなたの身に起こりうるかも知れない出来事を様々な角度から見てみましょう。

不倫と浮気の違いとは?

不倫や浮気、一度は聞いたことはあるでしょう。もしかしたら今、自分の知り合いが不倫をしている、前に浮気をしたことがあるなど、最近では芸能界で流行りのように次から次へとニュースになっています。普段プライベートのことは口を噤み知るのが難しいことも、不倫や浮気に関しては当事者しか知りえないことまでが表沙汰となっています。

不倫や浮気の違いとして、不倫は、既婚者が妻または夫以外の人と恋愛関係になること。浮気は既婚者であってもなくても別の異性と恋愛関係になること。こうやって文字にしてしまえば名前は違うけれど、普段一緒にいる男性や女性が別の異性に変わるという点では同じです。これからもう少し深く見ていきます。

不倫の意味

不倫が意味することは、既婚者が配偶者以外の相手と不貞行為を働くことです。本来秘密に関係を築いていたが、小さな気の緩みで互いの夫や妻にバレてしまった。そこで浮気にはない調停や裁判までに発展し、最悪離婚となるのが不倫です。

不倫から離婚となるケースに不貞行為があったかが一つの重要な鍵となりますが、一度だけならと軽く飛び越え、越えてしまえば、想像以上に楽しくドキドキを味わえてしまい、一度ならぬ二度、三度と、そうこうしているうちに足元を掬われていた。

「気付いたら自分の周りに誰もいない」不倫だけに限らず浮気にも言えることですが、バレさえしなければ大丈夫。そう高を括っていると何もかも失ってしまうことになります。

浮気の意味

浮気…上記で述べた不倫よりは軽いという感覚に陥る方が多いでしょう。浮気も不倫もどちらも傷つく者がいるという点では同じで、その傷付く者が自分になるかも知れません。不倫に比べ、浮気で調停や裁判に発展するのは稀なため簡単に捉えてしまう方が多いです。

しかし、浮気の定義となるものは存在しません。どこからが浮気と感じるかは人それぞれ。会うだけで浮気、手を握る、キスをしたなど。浮気相手ではなく、その夫や妻、または恋人に訴えられることも十分にあります。

浮気=浮ついた気持ち。それは、あなたが駄目なら別の人、簡単に言えば浮気の相手は「あなただけとは限らない」ということ。「逆の立場になったら」と考えることも大切だと言えるのです。

男性・女性別の不倫や浮気をやめられない人の特徴とは?

体質。と言う人を実際に見た事があります。それで片づけられるほど不倫や浮気は綺麗なものではありません。不倫や浮気をやめられない、一番の理由は許されてきたからです。もちろんその時は家族のため、彼氏、彼女のため、心を入れ替えると許しを請います。許す側は一度はその謝罪を信じます。しかし不倫や浮気をした側は、楽しさだけを心のどこかで覚えています。

「ほとぼりが冷めた頃」これは不倫や浮気をする側が勝手にする解釈です。された側はずっと引きずっていることを知らないのです。此処で誤解しないで頂きたいのですが、一度は不倫や浮気をしたが改心する方も必ずいます。許しを請う者、許しを受け入れる者、その両者の善意が無駄になる前に考えを改めるべきなのです。

不倫や浮気をしているサイン?(男性編)

基本、男性はとても分かりやすく素直です。隠そうとすればするほど、普段しない行動をとる場合があります。一番は、家では常にマナーモードに設定します。マナーモードも初めはバイブレーションは鳴っていたのが、次第にバイブ音も消し、最悪イルミネーションさえ消す人もいます。ではどうやって連絡に気付くのか?いつでも気付けるように「どこにでも持ち歩く」ようになるのです。

そんなパートナーの微妙な変化に気付き、スマホや携帯を見たい衝動が抑えきれず見てしまったとします。が、そのスマホや携帯にロックがかかり見れずに終わると…小さな疑問を解決するはずが、大きな出来事へと発展するキッカケの一つとなるのです。

不倫や浮気をしているサイン?(女性編)

基本、女性は上手くバレないように先手を打ちます。こう書くと語弊がありますが、男性と同じ家庭を壊したいとか、彼氏(彼女)と別れたいとかではなくただ、ドキドキしていたいのです。出来るならその関係が長く続いて欲しいと願っています。

その為に極力、家での接触を避けます。怪しまれる行動をしません。目を離した隙に万が一スマホや携帯を見られてもいいように、普段設定をしていないマナーモードやロックをかけることをしません。おかしいと思われる行動をまず「しない」のです。

だから履歴は消す、既婚者なら家、恋人とデート、前もって連絡が取れないことを相手に伝えておくのです。そうすることで、いつ連絡が来て見られるかも知れないとスマホや携帯に気を取られることから防ぐのです。

不倫・浮気で慰謝料がもらえる?もらえない?

不倫・浮気で慰謝料がもらえるケースは?

不倫や浮気をされた側なら慰謝料をもらえるのは当然と思う人がほとんどです。それが、一概にそうとは言えないのが現状です。もらえるであろうケースとしては、相手が浮気をした、不倫や浮気だけでなく暴力なども挙げられます。

これは、どちらにも自分に非がない場合です。此方でも言えるのは、両方の立場になったとしても足元を掬われないというのが前提です。

不倫・浮気で慰謝料がもらえないケースは?

例え不倫や浮気をされた側でも、もらえるかどうか分からない慰謝料。もらえないであろうケースとしては、相手だけでなく自分も浮気をしている、夫や妻が気にいらない、不倫や浮気をした(された)時すでに、夫婦関係が冷めていたなどの身勝手な理由です。

不倫や浮気をした理由を配偶者や人のせいにして慰謝料をもらいたいなどと言うのは間違いであり、調停や裁判をしても厳しい状況と言えるでしょう。

不倫・浮気の慰謝料の相場はある?

慰謝料の相場はありません。慰謝料の請求に際し調停や裁判で必要になる事項としては、不倫や浮気をした者の収入、その者との婚姻期間、慰謝料請求に至った内容などで違いがあるのです。また、調停や裁判を行わず個人間で行うとなればまた変わります。

一度信用を無くした者の言葉を信じるのは安易ではないため、口約束はし難い状況と判断します。そこで、個人間のやり取りではなく調停や裁判と言う形を取ります。どちらにしても両者とも隅々まで調べられ、金額だけの問題だけでなく、それなりの時間も費やします。

様々な点を踏まえた上で50万以下、100万以上~と差が生まれ、自分たちで判断を付けるのは難しいと言えるでしょう。

不倫や浮気の確率って?

不倫や浮気の確率にはそこに至るまで、それぞれ置かれる立場や環境でも違いがあります。理由としては配偶者や恋人が相手にしてくれない、理由はなく、ただ不倫や浮気が好きな者と様々です。では、不倫や浮気をするのは男性と女性ではどちらが多いのか?調べると10%以上の差で男性が多いです。

男性の場合、不倫や浮気の確率が高いのは、40代以降~と生活や収入に比較的余裕を感じられる時期で婚姻関係、付き合いが長くなればそれだけ気持ちも離れていることが多いのです。

女性の場合は、浮気であれば20代と比較的若く、一方不倫は、30代、40代と年代が上がります。同世代のご主人ならお互い忙しい時期にすれ違いが生じ、その隙間を埋めるのを配偶者ではない第三者へ求める、決して他人事ではないのです。

不倫や浮気をする側とされる側どちらにも言えることは?

する側とされる側にどちらも言える一つとしては、「どちらの状況にもなりうる」ということです。既婚者同士の不倫で例えると、パートナーが相手にしてくれなくなった、もしくは、夫や妻にない部分に惹かれたなど理由は様々です。

しかしドキドキしたり楽しいのも最初だけだと分かり始めているのになぜ止められないのか?バレてないから、別に不倫や浮気相手がいてもいなくても困らないけど、居たらそれなりに楽しいからと「慣れ」に慣れた感覚でいるだけなのです。

上記で述べたする側の理由「相手にしてくれなくなった」は、された側も感じていることに気付くべきで、本当に大切なものを失う前に向き合うことが必要です。

ネットで素敵な出会いを見つけてみませんか?

時にはパートナーにうんざりすることも、街ですれちがった素敵な人に惹かれることもあるでしょう。
そんな時はネットで素敵な出会いを見つけて刺激的な日々をすごしてみてはいかがでしょうか。

出会い系サイトと聞くと怪しい気がしたり、変な人しかいないのでは?と思う方も多いかも知れませんが、年々SNSやインターネットでの出会いの数が急増し、現代の定番の男女の出会いの場として定着してきつつあります。

しかし当然ながら、運営がしっかりしていないサイトや、ほぼ詐欺のようなサイトが存在するので注意が必要です。
筆者が自信を持っておすすめするワクワクメールは10年以上続く健全な会社が運営していて、素敵な女性や男性がたくさん登録しているので、ぜひ一度つかってみてください。

女性は基本的に無料ですし、男性も無料ポイントだけでも試してみてはいかがでしょうか♪


Related