Search

検索したいワードを入力してください

女性のオーガズムの仕組み・役割・オーガズムを感じさせる方法
2018年10月02日

女性のオーガズムの仕組み・役割・オーガズムを感じさせる方法

絶頂に達することをオーガズムに達すると言いますが男性に比べると女性のオーガズムは分かりづらいです。エッチをするなら自分だけではなく相手にも気持ちよくなってほしいと思いますが女性をオーガズムに導くのは難しくもあります。今回は女性のオーガズムについてご紹介します。

女性のオーガズムの仕組み・役割は?

女性のオーガズムの仕組み・役割は?
男女ともに性的な快感を得て絶頂に達することをオーガズムに達すると言います。男性の場合のオーガズムは分かりやすく射精という形で表れますが、女性の場合は分かりづらく、また男性に比べるとオーガズムに達するのが難しい場合もあります。

また男性のオーガズムの射精は受精のために必要なものと役割が分かりやすいですが、女性の場合のオーガズムはただ気持ち良くなるだけでその役割があまり知られていません。女性のオーガズムにはどのような役割があるのか、また女性はどのようにしてオーガズムへと達するのでしょうか。

仕組み

そもそもオーガズムとは性的な快感が絶頂に達したときに起きる反応ですが、本来の意味では性的な緊張からの解放とされています。緊張状態が一気に解放されることで強い快感を得られるとされています。

この仕組み自体は男女ともに同じであり、男性は性器への刺激を続けたり、性的な興奮が高まり、その緊張が頂点に達したときに射精という形でオーガズムに達します。女性の場合も同じように性的な興奮が高まり、それが頂点に達したときに快感という形でオーガズムが起こります。

ただ女性の場合は性器への刺激だけではなく、好きな人に体を触られたという興奮だけでもオーガズムに達することが出来ますし、男性のように回数に制限もなく、一回のエッチで何度もオーガズムに達することも出来ます。

役割

男性のオーガズムは射精という形で表れ、それは受精という役割を担っていることが分かりますが、女性の場合はオーガズムにどのような役割があるのでしょうか。実は女性のオーガズムについては役割が解明されていないことも多く、明確な役割は分かっていないことも多いです。

ただ女性はオーガズムに達することで脳内でドーパミンやオキシトシンが分泌されるとされています。これらは快感を感じたり、幸せを感じるホルモンでありこれらが分泌されることにより、パートナーの男性に対してより深い愛情を感じることが出来るとされています。

女性のオーガズムは性の快感としての役割が大きいですが、女性をオーガズムに導くことで自分への愛情を高め、よりお互いの距離を縮めることが出来ると言えます。

女性にオーガズムを感じさせる方法・テクニックは?

女性にオーガズムを感じさせる方法・テクニックは?
女性がオーガズムを感じるためには精神的に相手を受け入れていたり、体調の問題などもあり、条件が難しくもあります。また性感帯が開発されているかどうかということも大切で、刺激に慣れていなければ痛みを感じたり不快感を感じるだけでそれが性的な興奮に変わることはありません。

女性がオーガズムに達するためには様々な条件がありますが、その中には当然男性側のテクニックも含まれます。どれだけ女性が感じやすい体でも男性のエッチが下手であれば一向に感じることが出来ずオーガズムに達しないということもあります。

条件も大切ですが、まずは男性がきちんと女性を気持ちよくさせるテクニックを学ばなくてはなりません。女性をオーガズムに達するためのテクニックにはどのようなものがあるのでしょうか。

クリトリス

女性がオーガズムを感じやすいポイントとして最も知られているのが性器の上部分にあるクリトリスです。クリトリスの存在理由については分かっていないことも多く、性的な興奮を感じるためにある器官とも言われているのでここを刺激して女性を気持ちよくしてあげましょう。

クリトリスは非常に敏感な部分ですので、最初は必ず優しく触りましょう。すでに女性が濡れているようなら愛液を少しとって湿らせながら刺激してもいいでしょう。とにかく優しくを意識しながら指の腹などでゆっくりと押したり、くるくると円を描くように刺激していきましょう。

女性が刺激に慣れてくれば触り方を変えてみたり、舌などで触ってあげてもいいでしょう。クリトリスは最もオーガズムを感じやすい部分なので最初はここから始めるといいでしょう。

Gスポット

オーガズムを感じるポイントとしてGスポットというものがあります。Gスポットは性器の中にあるポイントですので、指などを使って刺激することが多いです。Gスポットは膣の中ほど、上部分にあります。中指を第二関節ぐらいまで性器に入れて膣の上部分を触ったときに少しざらざらしたところがあればそれがGスポットになります。

AVなどでは女性器の中を激しくかき回すという描写がありますが、実際のエッチではNGです。AVのそれは演技であり、痛いばかりで気持ちよくはなりません。Gスポットを刺激するときも痛くならないように優しく触り、こするだけではなく、指の腹でぐっと押してみると良いでしょう。

性感帯の開発

オーガズムを感じやすいポイントとしてクリトリスやGスポットは有名ですが、それ以外の場所でもオーガズムに達することは出来ます。女性の場合は体中全てが性感帯であり、それらを開発することで体中どこでも性的な興奮を感じ、オーガズムに達することは出来ます。

例えば多くの人の性感帯である乳首でもオーガズムを感じることは出来ますし、首や耳などでも開発次第ではオーガズムを感じることは出来ます。性感帯の開発には長い時間がかかりますし、人によって興奮を感じる場所も違っています。

しかし性感帯を見つけ、上手に刺激することが出来ればさらに女性を気持ちよくさせることが出来ます。性器だけではなく、体中全てを触り、全身を愛してあげるのがオーガズムに達するためのコツでもあります。

女性のオーガズムはどんな感じ?

女性のオーガズムはどんな感じ?
男性のオーガズムは非常に分かりやすいですが、女性の場合はオーガズムに達するのが難しいだけではなく、オーガズムに達したときにどのような感じなのか男性には分かりづらいです。相手を喜ばせるために演技をしている可能性もありますし、女性のオーガズムははっきりと形に現れるものではなく、それは個人の感覚による部分も大きいです。

実際にオーガズムに達した女性はどのような感じているのでしょうか。

頭の中が真っ白

オーガズムに達した女性の多くは頭が真っ白になると感じています。オーガズムは性的な緊張、つまり興奮や快感が一気に解き放たれた状態ですので、大きな快感が体を貫き、その快感に身を任せること以外何もできず、数瞬の間頭が真っ白になり何も考えられなくなるようです。

数瞬どころかしばらくの間放心状態になってしまう女性もいますので、エッチの最中に急に反応がなくなったと思えばそれはオーガズムに達したサインだと言えます。

体が震える

オーガズムに達した場合は体が痙攣したように震え、直後に大きな快感がやってくるという人も多いです。もともとオーガズムの反応として腰回りなどの急激な筋肉の収縮が見られるとされているので、体がびくっと痙攣すればオーガズムに達したと判断出来ます。

また体が震えるだけではなく、硬直したように固くなるということもあります。それも筋肉の収縮によるもので体が真っすぐに伸び切り、すぐに弛緩するというのもオーガズムのサインです。

ハイヒールを履いたときの足の形がオーガズムのときの足の形とも言われており、体が足先までしっかりと伸び切っていれば強い快感を感じている証拠だと言えます。

誰でもオーガズムは経験できる

誰でもオーガズムは経験できる
女性のオーガズムの役割や仕組み、オーガズムを感じさせるテクニックや女性のオーガズムはどのような感じかなどを紹介しましたが、女性のオーガズムは色々と複雑で人によっては感じるのが難しいというは確かです。

しかし訓練次第で誰でもオーガズムを感じることは出来ます。どれだけ性器を刺激されてもオーガズムを感じることが出来ないという場合はまだまだ訓練不足であることが考えられます。日頃から刺激し、性の扉を少しでも開けておくことが大切です。

オーガズムを感じることはいやらしいことではありませんし、とても素晴らしいことです。自分が気持ちよくなれば相手も同じように気持ちよくなれるので、臆病にならず時には快感に身を委ねることも大切です。

エッチでかわいい女の子と出会うには

ここまでご紹介したテクニックをすぐにでも実践したい、という方も多いはずです。ですが日常でそんなに都合よく美人でセックスができる女性と会う方法はなかなかありません。

そんな中で筆者が一押ししている方法はワクワクメールです。出会い系はほとんどがお金をつぎ込んでも全くマッチングしなかったり、マッチングしてもサクラや業者ばかりであったりと、悪質なサービスが多いのですが、ワクワクメールは自信を持っておすすめできる、かわいい女性会員がきちんといる数少ないマッチングサービスですのでもしよければ一度使ってみてください。

キチンとターゲットを絞れば初期ポイントだけでもいい女性に巡り会えるものですよ♪


Related