Search

検索したいワードを入力してください

【行動別】不倫する人の心理とは|メール/連絡/家族の話をするなど
2018年10月02日

【行動別】不倫する人の心理とは|メール/連絡/家族の話をするなど

「不倫なんて一生縁がないもの」と思っていませんか?不倫こそが1番身近に存在し、1番深みにハマってしまう恋愛なのです。ここでは、不倫する人の心理はどんなものか、どんな恋愛をするのかをご紹介します。後々の人生で後悔しないためにも、ぜひ読んでみて下さい。

不倫する人の心理と本音

最近テレビで「不倫」という言葉をよく耳にします。「不倫なんて自分には関係ない」と思っていませんか?好きになった人がたまたま既婚者だっただけ、というのが不倫する人の心理です。わざわざ既婚者を好きになった訳ではなく、偶然既婚者だったのです。

人は、誰かを好きになっても気持ちにブレーキをかけられる人と、そうでない人がいます。不倫をする人は遊びの人もいますが、本気になってしまう人もいます。ここでは、不倫をする人の心理とはどんなものなのかご紹介します。

男性側は遊び

既婚男性が不倫をする心理には、「現実逃避」「自信を持ちたい」「奥様に相手にされない」など理由があります。結婚して家族となってしまった奥様を、一人の女性としては見れなくなるのが男性の心理です。お子さんがいる家庭では、奥様は子供の面倒をみて旦那様にかまっている暇はなくなり、旦那様は次第に自分の居場所を失ってしまうこともあります。そんな現状のから目を背けたいときにしてまうのが、不倫です。

女性側は本気

独身女性が不倫をしてしまう心理は、寂しさからきている場合が多いです。小さい頃に父親の愛情を存分に受けていないと、不倫に走ってしまう人が多いです。つまり、父親のような大きな愛で全てを受け入れてくれる男性に惹かれるのです。

最初はちょっとした遊びのつもりが、どんどん深みにハマり、自分だけのものにしたくなります。次第に相手の家族にヤキモチを焼くようになり、そんな自分が嫌になり不倫から抜け出そうと思っても抜けることもできず、ズルズルいってしまうのが不倫をする人の心理です。

女性側の心理としては、不倫は不倫ではなく、普通の恋愛と変わらないのです。

不倫相手の行動別の心理

不倫をすると周りが見えなくなってしまいます。最初は遊びのつもりでも、気付いたら本気になってしまう人が多いです。一見、普通の恋愛と変わらないように感じますが、不倫関係は、深みにハマってしまうと抜け出すのがとても大変になります。不倫をする人の心理は、不倫をしたことがない人からすると理解しがたいものです。

今回は、既婚男性と独身女性の行動と心理をみていきましょう。

連絡手段はメールやライン

不倫でも、普通に恋愛をしていても、メールやラインで連絡を取り合うのが当たり前の世の中です。しかしちょっと違うのは、不倫関係は「電話をかけない」というのが暗黙のルールになっているからです。

相手からメールの返事がこないときや、ラインがいつまでたっても既読にならなかったり、既読スルーされているときには、とても不安に感じてしまうものです。普通の恋愛なら電話をかけて着信を残しますが、不倫関係はいつ相手の家族にバレてしまうか分かりません。そのため、メールやラインが主な連絡手段になります。

連絡が来ないと不安になる

連絡がこなくなると誰でも不安になってしまうものです。たったいま連絡を取っていたのに急に返事がこなくなったりすると、「何をしているのだろう?」と必要以上に不安になるのが不倫をしている人の心理です。

相手がもし家にいるのなら、食事をしていたり、お風呂に入っている可能性もあります。しかし、不倫関係だと勝手に色々と想像をしてしまい、「家族サービス中なのかも」などと勘ぐってしまったりします。そこで、相手は結婚しているんだから仕方ないと割り切れれば良いのですが、「私より家族の方が大事なの?」と被害妄想に走ってしまうのが、不倫をしている人の心理です。

待ち合わせ場所は遠い場所

普通のカップルなら、人目なんて気にしないで待ち合わせをしたり、手をつないで歩いたりもできます。しかし、不倫カップルの場合は、待ち合わせ場所にも気を付けなければなりません。相手の家の近くや会社の近くだと、誰に見られるか分からないからです。

待ち合わせ場所に多いのは、パチンコ屋の駐車場です。お互い車で行き、合流して、どちらかの車に乗り換えて移動をします。他にも大型の商業施設の駐車場など、もし誰かに見られてしまっても偶然を装うことができます。

しかし、不倫で怖いのは慣れです。最初は慎重に待ち合わせをしていても、慣れてくると「バレないから大丈夫」と高をくくってしまい、慎重さが薄れていってバレてしまうのです。

家族の話はしない

不倫をしているとつい聞きたくなるのが、家族の話。「奥さんとは上手くいっているのか・・」「家族サービスはしているのか・・」など、知ったら落ち込むだろうと分かっていても聞いてしまうのが不倫の心理です。

「もう奥さんのことは愛していない、何年も肉体関係はない」「俺にはお前だけ」などと言われると、それを信じてしまい、不倫関係はどんどん発展してしまいます。

しかし、不倫は不倫です。「家庭を壊さない」というのがルールです。そんなルールの上で成り立っている恋愛だからこそ不安になり、相手に「奥さんとは上手くいってるの?」「奥さんはどんな人?」などと聞きたくなるのです。そうすることで、自分が少しでも勝る点を探し出し、不倫を肯定化しようとするのです。

不倫をする男性の心理としては、家族が一番大切なので、家族の話をするのを嫌がる人もいます。しかし、隙さえあれば浮気や不倫をしたいと思うのも、やはり男性の心理なのです。

欲を出さない

不倫をする独身女性は、最初の付き合い始めの頃は相手の家族を気遣ったり、連絡は控えたりと、相手に迷惑がかからないように配慮します。しかし、付き合いが長くなればなるほどワガママになり、相手の都合を考えなくなるのが不倫女性の心理です。

男性側も女性の心理を利用して、惚れた弱みと言わんばかりに自分の都合で会う日を決めたりします。女性が自分にハマっていると感じれば、どんどん自分の都合のいいように振り回します。男性の心理としては、面倒なことは嫌なので、自分の都合に合わなければ別れを切り出すこともあります。

男性も女性も、欲を出すと不倫関係は上手くいかなくなるのです。

不倫の心理はスリルや吊り橋効果?

不倫の心理はスリルや吊り橋効果?
不倫の心理とは、いつ誰にバレるか分からない状況の上に成り立っています。「バレてしまうかもしれない」「バレたらどうしよう」と頭では思っていても、内心はそのスリルを味わっているのです。本気で不倫にハマってしまう人もいますが、あえてそのスリルを味わいたいと不倫をしてしまう人もいます。

異性と一緒にスリルを感じる状態を体験すると、その興奮状態を恋愛によるものだと誤認して、結果的に恋愛関係になるというもの。

出典: https://detective-sherlock.net/?p=976 | 悪用厳禁!不倫する男女の心理がみるみる分かる秘密 | 不倫調査のズルイ料金

ボディタッチは勘違い

女性にボディタッチされると勘違いする男性もいます。女性側が、特別な意味もなくノリでボディタッチする場合でも、「俺に気があるのでは・・?」と勘違いしてしまうのも男性の心理です。

男性側からのボディタッチは、セクハラにもつながってしまう可能性があるので注意が必要です。しかし女性は頭をポンポンされたりするのが好きです。なので、何気なくやったつもりでも、女性側がときめいてしまうこともあります。

ボディタッチをする方もされる方も、勘違いされないように気を付けましょう。

辛い不倫より楽しい恋愛をしましょう

辛い不倫より楽しい恋愛をしましょう
何気なく始めてしまった不倫。「いつか冷めたら別れればいい」「飽きたら別れればいい」と軽い気持ちで始めたのに、気づいたらどっぷりはまっていて、これから先どうしたら良いのか分からない人はたくさんいます。

不倫は障害ががある分、最初はお互い燃えるものです。しかし、既婚者側は家に帰れば家族がいます。独身女性の場合、男性と会っているときは良いですが、別れたあとの虚無感はとてつもないものになります。

そんな恋愛をして、果たして「幸せ」といえますか?不倫をする多くの人は、別れ時を見い出せずズルズルと続けて婚期を逃し、後々後悔します。そんな後悔しか残らないような恋愛をしないで、先の見える恋愛をした方が幸せになれる確率は高いです。なんの保証もない不倫をするより、少しずつ愛を育んでいく恋愛をした方が、幸せへとつながるでしょう。

ネットで素敵な出会いを見つけてみませんか?

時にはパートナーにうんざりすることも、街ですれちがった素敵な人に惹かれることもあるでしょう。
そんな時はネットで素敵な出会いを見つけて刺激的な日々をすごしてみてはいかがでしょうか。

出会い系サイトと聞くと怪しい気がしたり、変な人しかいないのでは?と思う方も多いかも知れませんが、年々SNSやインターネットでの出会いの数が急増し、現代の定番の男女の出会いの場として定着してきつつあります。

しかし当然ながら、運営がしっかりしていないサイトや、ほぼ詐欺のようなサイトが存在するので注意が必要です。
筆者が自信を持っておすすめするワクワクメールは10年以上続く健全な会社が運営していて、素敵な女性や男性がたくさん登録しているので、ぜひ一度つかってみてください。

女性は基本的に無料ですし、男性も無料ポイントだけでも試してみてはいかがでしょうか♪


Related