Search

検索したいワードを入力してください

彼氏とのエッチ頻度はどれくらい?エッチしない彼氏と別れるべき?
2018年10月02日

彼氏とのエッチ頻度はどれくらい?エッチしない彼氏と別れるべき?

エッチは誰もが気になるスキンシップのひとつです。「誰かに聞くのは恥ずかしいけど、彼氏とのエッチに悩んでいる」あなた、ぜひ読んでみてください。彼氏とのエッチに関することやエッチの頻度、誘い方から断り方等、普段なかなか聞けないことを紹介しています。

彼氏とするエッチの回数は?

彼氏とするエッチの回数は?

初エッチまでの期間

好きな相手との初デートからエッチまで、平均4~5回のデートをするカップルが最も多いです。初デートで、勢いやノリで関係を持つと「すぐにやらせてくれると思われそう」という気持ちが強くでています。あえて、何回かエッチ抜きのデートをすれば相手の考え方や本質なども見えてくるのではないでしょうか。焦らず、ゆっくりとあなたを大切に思ってくれる彼氏を選びましょう。

エッチの回数の理想と現実

交際中のカップルが行っているエッチの頻度で1番多い回答は週に1~2回のペースになります。カップルのエッチ頻度で理想としては「毎日」なのに対して、実際には学校やバイト等でゆっくり会えるのは週に1回という意見が多く、会えたときにはセックスをしていると考えられます。「毎日会いたい」と思う反面、自分の時間をしっかりと持ちたいという考えが強く、理想と現実との差が現れています。毎日会っていると飽きてしまうという意見もあり、 関係を長続きさせるためには、週に1~2度のエッチのペースがお互いにちょうどいいという事です。

彼氏が出すエッチしたいサインは?

彼氏のきもちは?

彼氏に限ったことではなく、男子は「何回もエッチに誘うと、カラダ目的だと思われそうで、週1くらいにしておこうか」と自制してしまいます。また付き合いが長くなるにつれて、彼氏もエッチしないことに慣れるものです。そしてエッチをしないことが当たり前となり、セックスレスの始まりとなる可能性もあります。そうならないためにも、彼氏の気持ちをしっかり理解しましょう。

エッチしたいときにとる行動は?

彼氏は自分がどんなにエッチしたい気分であっても、女性が同じように思っていなければ、エッチはできないと思っていることが多いです。そのため、まずは女性がエッチしたいという気持ちになるように行動していきます。

まず多いのは、スキンシップからのボディータッチです。彼女にぴったりとくっついてみたり、顔を近づけてみたりして、どのくらいいやがるか等彼女の気持ちを確認します。女性はムードも重要視していることが多いので、少しずつ距離を縮め、彼女が拒否しなかったら徐々にボディタッチからハグ、キスをしてエッチに持っていこうとします。

エッチがしたいだけ?そんな彼氏の見分け方

エッチがしたいだけ?そんな彼氏の見分け方
彼氏がエッチをしたいだけか見分けたい場合、ひとつ目はお酒の力をかりる方法があります。お酒を飲ませて、酔わせて襲ってしまおうと考えている男性もいるかもしれませんが、ほとんどの男性は、「気分良くなってもらえたらエッチに進みやすくなる」となんとなく思っている程度です。確かに、普段、ガードが堅い女性でも、お酒を飲んで酔ってしまうと、開放的な気分になり、ガードが緩み男性の誘いにのってしまう時があります。

二つ目は、ボディタッチが増えてくるです。お酒を飲んで、開放的になっているそんな「隙」を男性は狙っているのです。あなたの事を徐々に触って来たら、ムラムラし始めて来ているのでしょう。なので、デート等でお酒を勧められたら「今日はエッチしたいのかな?」と気持ちの準備をしておいてもいいのかもしれません。しかし、彼氏とのエッチはお互いの気持ちが重なり初めてすることです。誘われても、気分が乗らないときなど無理に彼氏に合わせず、上手に断りましょう。あなたの事を大切に想ってくれている彼氏なら無理維持はしません。

なぜ!彼氏にエッチを拒否られた?

疲れている

普段から仲の良い彼氏に、エッチを断られるときはありがちな理由がほとんどでしょう。「疲れている」は、断る理由の第一位と言ってもいいくらいです。

最近の彼氏の様子を思い返して、仕事やバイト等忙しくしている様子はありませんでしたか?思い当たる節があれば、しばらくゆっくり過ごせる環境にしてあげるといいでしょう。彼女としては、記念日とかに断られた場合大きなショックを受けるものです。そのため、普通の日はゆっくり過ごし、記念日には元気になって貰えるよう彼女が調整してあげてください。

眠い

2つ目は「眠い」です。これもよく聞くフレーズです。普段から体力に自信がある彼氏でもも、一旦眠気に襲われると睡魔には勝てません。これもひとつ目に近い理由ですので、彼女の方で上手く流れを作ってみてください。

体調が優れない

3つ目が「体調が悪い」です。彼女に合わせてエッチを始めても、どうしようもなく体調が悪くて断ったというケースもあります。普段からちゃんと彼氏を見ていると、本調子じゃないときはすぐにわかるものです。彼女からも彼氏に対する気遣いを忘れないようにしましょう。

勃たない

また「どうしても勃たない」という場合もあります。男性の機能不全が理由の場合やメンタル面が原因の可能性があります。男性はナイーブな部分も持ち合わせています。

絶叫マシーンやホラー等、性的興奮よりも別の興奮が勝っているときは、勃ちにくくなります。また、お酒の飲みすぎも勃ちにくくなる理由の1つです。

彼女も誘い方を工夫しましょう

彼女側も、エッチがしたいときいつも同じ誘い方をしていませんか?誘い方がマンネリ化しているとエッチスイッチが入りづらくなってしまいます。男性は視覚で恋をし、視覚で興奮しやすい生き物です。エッチがマンネリになることを防ぐためにも、たまにはシチュエーションを変えて彼の興奮を誘う服を来てみてたりと、変化をつけてみましょう。新鮮味を与えることで、彼氏とのエッチも盛り上がります。

彼氏へのエッチの上手な断り方とは?

彼氏へのエッチの上手な断り方とは?
断る際も、大好きな彼氏に嫌われないように上手に断りたいものです。まず、よく使われている断り文句と言えば「生理なの」「体調が悪いの」などになります。ただ、その言葉のみで断ると彼氏にエッチしたくないんだと勘違いされてしまう可能性大です。

そのため、断り文句のテクニックとして、定番の一言に褒め言葉をセットして言うと彼の機嫌を損ねず、よりスムーズに断ることができます。素直に、誘ってくれて嬉しいことと彼氏とエッチしたい気持ちを伝えてから、断りの言葉を続けましょう。

中には、たまたまタイミングが悪く、初エッチを考えてものすごく勇気を出して誘ってくる彼氏もいます。そういう場合は、より「褒め」を多くして、彼の気持ちを気遣いながら素直に優しく断りましょう。

彼氏がエッチをしなくなったら別れを選ぶ?

彼氏とのエッチがなくなると不安になりだんだんと別れを意識してしまうかもしれません。
彼氏がエッチしてくれない理由として考えられるのが、釣った魚に餌をやらないタイプの男性だったということです。彼氏はあなたと付き合うという目的を果たし、そしてある程度安定したあなたとの関係に、完全に飽きてしまっていると考えることができます。

付き合い始めた頃はお互いに求め合い、情熱的セックスをするカップルが多いようです。これは彼氏の気持ちが燃え上がっている証拠でありますが、付き合いが長くなるにつれて、どんどんと男性は安定した関係を望んでいくようになります。

つまり彼氏は今の関係に満足しており、今以上にあなたに尽くすようなことは考えにくいでしょう。なので、エッチの回数も増えないと考えられます。

尽くしてくれない彼氏より出会いを見つけましょう!

時にはパートナーにうんざりすることも、街ですれちがった素敵な人に惹かれることもあるでしょう。
そんな時はネットで素敵な出会いを見つけて刺激的な日々をすごしてみてはいかがでしょうか。

出会い系サイトと聞くと怪しい気がしたり、変な人しかいないのでは?と思う方も多いかも知れませんが、年々SNSやインターネットでの出会いの数が急増し、現代の定番の男女の出会いの場として定着してきつつあります。

しかし当然ながら、運営がしっかりしていないサイトや、ほぼ詐欺のようなサイトが存在するので注意が必要です。
筆者が自信を持っておすすめするワクワクメールは10年以上続く健全な会社が運営していて、素敵な女性や男性がたくさん登録しているので、ぜひ一度つかってみてください。

女性は基本的に無料ですし、男性も無料ポイントだけでも試してみてはいかがでしょうか♪


彼氏とのエッチ&スキンシップを楽しもう!

彼氏とのエッチ&スキンシップを楽しもう!
せっかく恋人同士になった2人です。エッチのことでギクシャクしないためにも、お互いの気持ちを考え優しい気持ちで接するようにしましょう。恋愛中は手を繋いだりなるべくそばに寄ったりと肌がふれあうスキンシップをしますが、一度身体の関係ができるとやめてしまう男性も多くいます。

女性は男性からのふれあいに対して、心がときめくものです。彼女としては、男性のように最初からセックスを考えるのではなく、まずは、手を繋ぐ等のスキンシップを求めてきてほしいと思っていることが多くいます。しかし、男性はエッチをして濃密な肌のふれあいを行うことで心の奥まで触れ合えていると感じるのです。

普段は、ソフトなスキンシップでお互いの気持ちを確認し、そしてエッチをすることで、円満な関係が続けられるでしょう。エッチは大事なスキンシップです。より良い関係を築くためにも、お互いを思いやりながらエッチを楽しみましょう。

Related