Search

検索したいワードを入力してください

女性をエロくさせるツボがある!?欲情必須のツボを紹介!
2019年02月12日

女性をエロくさせるツボがある!?欲情必須のツボを紹介!

性欲を刺激するツボを押さえて、大好きな女性を欲情させ淫らにしたいと思いませんか?この記事では、女性をエロい気持ちにさせるツボや、マッサージのやり方、エロツボマッサージから愛撫へ移行する流れなどを紹介していますので、ぜひ一読してくださいね。

エロマッサージで女性を欲情させられる!?

女性をエロくさせるツボがある!?欲情必須のツボを紹介!
マッサージが大好きという女性は本当に多いです。マッサージを受ける際、女性は水着やバスタオル一枚、あるいは全裸でマッサージ師に身を任せます。これはかなりエロいシチュエーションなので性欲が高まっても不思議ではないでしょう。

マッサージ師の免許を持っていない素人が他人にマッサージをするのは違法ですが、カップル同士なら問題ありません。性欲を刺激するツボを指圧するエロマッサージはセックスの前戯には最適なのです。

本格的な愛撫の前に、的確にツボを押さえるエロマッサージで女性の性欲を高め、それから愛撫に移行したら女性はたまりません。愛する彼女を欲情させて淫らにして、メロメロにしてしまうのも夢ではないでしょう。

女性をエロくさせるツボ

女性をエロくさせるツボがある!?欲情必須のツボを紹介!
いきなり「セックスしようか」と言うのは少しムードがありません。そこで「マッサージしてあげようか」とベッドに誘うやり方は、スムーズにセックスへ移行できる上手な誘い方といえるでしょう。

女性は、どうせエッチなことをするのだろうと察してうつ伏せになりますが、的確にツボを指圧する本格的なマッサージをすれば、彼女も驚くでしょう。

女性専用の性感マッサージでも最初は普通のマッサージから入り、女性をリラックスさせます。そして、徐々に性欲を刺激するエロマッサージに移るわけですが、大事なのは女性をエロくさせるツボを覚えることです。

では、女性のエロスイッチをオンにするツボを詳しく見ていきましょう。

女性をエロくさせるツボ①頭

男性の場合、愛撫といえば乳首とクリトリスを責めるものと思っている人がいますが、全身をくまなく愛してほしいというのが女性の本音です。例えば、頭や髪などセックスではあまり責めない箇所を愛撫されると、女性も今までにないセックスの予感を感じるでしょう。

髪を優しく撫でられて感じる女性は多く、美容室でイケメン美容師に髪を触られるのは、実は女性のお気に入りの時間なのです。女性にとっては頭皮マッサージもたまりません。

頭には「風池」(ふうち)や「天柱」(てんちゅう)など重要なツボがあります。ツボは親指で10秒押して離し、また10秒押して離すを数回繰り返します。

「風池」は、首筋のやや外側、うなじの窪みにあります。
「天柱」は「風池」から親指1本分内側寄りのやや下に位置します。

出典: https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/tsubo/201205.html |

女性をエロくさせるツボ②肩甲骨

肩から肩甲骨にかけても性欲を刺激するツボがあります。マッサージの仕方を文章を読むだけで覚えるのは難しいので、プロのマッサージ師の動画を観て参考にするのも良いでしょう。

例えば、右手は掌全体で押し、左手はチョップのような形にして側面で押し、両手を交互に滑らせるように肩甲骨をマッサージします。あるいは両手を重ねて円を描くように10本の指で指圧するなど、色々なやり方があります。

また、首筋を右手でつまむように押さえ、左手で首の下や肩甲骨をマッサージしたり、先ほども触れた10秒押して離すやり方などバリエーション豊富な責めが効果的でしょう。

女性をエロくさせるツボ③背中

背中は、女性が「ここを責めてほしい」という性感帯の上位です。両手で円を描くようにソフトタッチでマッサージされると、女性はゾクゾクして性欲が高まります。背筋を上から下へ責めて行くのも良いし、少し力を入れて全体を揉みほぐすやり方も気持ちいいでしょう。

親指以外の4本の指、つまり8本の指で背中を指圧する時は、両手を交互にリズミカルに滑らせるように、小さく円を描きながら広い背中をあちこち移動させていきます。

背中は女性をエロくさせるツボなので、性欲を高めるためにも欠かせない箇所です。

女性をエロくさせるツボ④腰・お尻

肩から背中、腰やお尻と、徐々に股に近づくのがエロマッサージのコツです。女性は、男性の手がクリトリス周辺に迫ると期待感から性欲が高まります。女性をエロくさせるには焦らしが効果的で、いきなりクンニではムードがありません。

腰やお尻付近のツボは下半身の血流を良くし、イキやすくします。まじめなマッサージ店でも腰やお尻を指圧するので、感度の良い女性は性欲を刺激されて困り果てることもあるのです。

お尻も両手全体で包み込むようにマッサージしますが、お尻の筋肉は膣に影響を与えるので、愛液が溢れやすくなります。まさに腰とお尻は女性をエロくさせるツボといえるでしょう。

女性をエロくさせるツボ⑤ふくらはぎ

ふくらはぎは下から上へ押し上げるようにマッサージしますが、両手を同時に下から上へ押し上げるやり方と両手を交互に押し上げるマッサージがあります。あるいは、自分の膝に女性の脚を乗せて、ふくらはぎをマッサージするやり方も効きます。

マッサージ中、自分の膝が女性の股に触れそうにするのも裏技で、あくまでもエロマッサージということを忘れないようにしましょう。まじめな指圧に没頭したら女性は冷めてしまいます。

脚も隠れた性感帯で「三陰交」(さんいんこう)というツボがあります。足首やふくらはぎを入念に愛撫する男性は少ないのでポイントが高いでしょう。

内くるぶしのいちばん高いところに小指をおき、指幅4本そろえて、人さし指があたっているところが三陰交です。

出典: https://www.sennenq.co.jp/knowledge/tubo13.html |
女性専用性感マッサージの話も参考になりますので、ぜひこの記事もチェックしてみてください!

女性の性欲を掻き立てるツボマッサージのコツ

ツボを押さえるマッサージで女性をエロい気持ちにさせた後、さらに性欲を掻き立てるツボエロマッサージで彼女をメロメロにして虜にしてしまいましょう。

今までに一度も責められたことがない箇所を刺激されて感じてしまったら、それは女性の性感帯を開発したことになります。自分の肉体が彼氏に開発されるというのはスリリングで、官能的な興奮を味わえます。

女性の性欲を掻き立てるツボ①腎兪

腰付近には「腎兪」(じんゆ)というツボがあり、そこを刺激されると女性は感度が高まり敏感になります。まさに女性の性欲を掻き立て、その気にさせてしまうツボなのです。「腎兪」は両方の親指で指圧し、入念にマッサージして女性の性欲を高めましょう。

ウエストのいちばん細いところの高さ、背骨から指2本分外側。
腎兪も、親指1本で刺激します。腰に手を当てて、親指でツボを捉え、押しながらゆっくりまわして刺激しましょう。

出典: http://ashita-seikatsu.jp/blogs/25164 |

女性の性欲を掻き立てるツボ②仙骨

女性をエロくさせるツボがある!?欲情必須のツボを紹介!
尾骶骨のすぐ上にある「仙骨」(せんこつ)を刺激されると、女性はクリトリスが敏感になります。これぞ性欲を掻き立てるツボで、エロマッサージには欠かせません。乳首とクリトリスという2大性感帯以外のツボを責めて女性を感じさせるのがテクニシャンといえます。

「仙骨」は両方の親指で下から上へマッサージします。始めは弱く、徐々に強くツボを押さえるのがコツです。

女性の性欲を掻き立てるツボ②インレン

女性は内腿をマッサージをされると、いよいよクリトリスに近づくので緊張感が高まります。実は内腿から6センチほど下に「インレン」というツボがありますが、ここも性欲を掻き立てるツボなので覚えておきましょう。

女性の性欲を掻き立てるツボ④血界

膝のお皿の上から指3本分程度の内側に「血界」(けっかい)というツボがあり、ここを刺激された女性は性欲を掻き立てられ、肉体が敏感になります。もともと感度の良い女性なら「んんん」と甘い吐息が漏れてしまうでしょう。

女性の性欲を掻き立てるツボ⑤おへそ周辺

女性をエロくさせるツボがある!?欲情必須のツボを紹介!
おへそ周辺にも女性の性欲を掻き立てるツボが密集しています。「恥骨」(ちこつ)はおへそから真っすぐ下へ行くと、股の上あたりで固いものに触れますが、そこが恥骨です。「中極」(ちゅうきょく)は恥骨の上指1本分の場所にあります。

「大赫」(だいかく)はおへそから指5本分下で、そこから左右に位置します。「気海」(きかい)はおへその指2本分下。「帰来」(きらい)は中極の指1本分上へ行き、その左右指3本分のところです。

おへその周辺にはこれだけ性欲を刺激するツボが集中しているので、責めない手はないでしょう。男性の手が下腹部まで来ると、かなりクリトリスに近い場所なので女性はドキドキします。

ツボマッサージから愛撫へ移行

うつ伏せから仰向けへ、女性の体を裏表たっぷりエロマッサージしたところで、いよいよ愛撫に移行します。すでに性欲が刺激されて敏感になっているので、この状態で愛撫されたら落ちてしまう可能性があるでしょう。

エロマッサージは主に手指で行いますが、今度は手指に舌が加わります。また、エロツボマッサージでは、焦らすためにわざと乳首とクリトリスという2大性感帯を責めませんが、愛撫ではもちろん手指や舌、あるいは膝を使って刺激します。

うつ伏せにして首筋、肩、背中、腰、お尻、脚、仰向けにして瞼、耳、鎖骨、乳首、脇の下、おなか、おへそ、脇腹、鼠径部、内腿、そしてクリトリス周辺と全身をたっぷり愛してあげましょう。

番外編の拘束エロマッサージ

AVではよくあるシーンですが、女性客の手足を拘束してエロマッサージしてしまいます。ほとんど犯罪ですが、どんなに気持ち良くても逃げられないから、やがて性欲が高まり、あんあん声を上げて悶えることになります。

Sの男性は女性の手足を拘束しないと気が済まないし、Mの女性も無抵抗の状態でエロい意地悪をされるのが大好きで、一気に性欲が高まり欲情してしまいます。

女性はこれ以上責められたら危ないと思う時「やめて」と哀願しますが、もちろんやめません。メロメロにするまで責め続けて、女性が困り果てる姿を堪能しましょう。より強い刺激を求める性欲旺盛な女性なら、ぜひ試してみてください。

彼女を虜にするエロツボマッサージ

女性の性欲を掻き立て、エロい気持ちにさせるツボとマッサージのやり方を詳しく紹介してきました。前戯のマッサージで欲情してしまった後に本格的な愛撫をされたら、女性はあなたの虜になってしまうでしょう。

女性は全身性感帯といいますが、何もしないで全身が敏感になることはありません。マッサージで彼女をリラックスさせれば安心して身を任せ、快感に集中できます。そして、今までに責められたことがないツボを刺激して彼女を乱れさせるのです。

あまりの気持ち良さに慌てふためき「やめて」と哀願してしまうほどのエロツボマッサージで、彼女を陥落させてしまいましょう。

Related