Search

検索したいワードを入力してください

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
2019年03月05日

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説

友達は大切?それとも要らない存在?実は今、友達付き合いが面倒と感じている人が増えています。そこで、友達がいらないと感じる瞬間や心理、友達がいないことで生じるメリット、デメリットについてご紹介していきいます。これであなたも友達との関係を見直す機会にしてみては?

「友達はいらない」という人は意外と多い

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
あなたにとって、友達はどんな存在ですか?友達は大切な存在だと言う人もいれば、人間関係に疲れきって、友達をいらないと感じる人もいるでしょう。

実は、現在、後者の友達がいらないという人が増えているんです。ではなぜ、そのような人が増えてきているのか…。今回は友達はいらないと感じている人の心理や、それを感じる瞬間、メリットやデメリットについて踏み込んでいきます。

友達が大事という人も、友達はいらないという気持ちを少なからず感じている人も、自分にとって友達はどんな存在かを見直す良い機会として、参考にしてみてくださいね。

「友達はいらない」という人の心理

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
学校教育で、小さな頃から「友達は大事にしましょう」と習ってきました。ですが、そんな教育を受けてきても、友達に対して淡泊な人がいるのも現実です。

前述でも友達がいらないという人は意外と多いことをお話しましたが、どうして友達をいらないと思う人がいるのでしょうか。早速、友達がいらない人の心理についてご紹介します。

一人でいる方が楽

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
「友達と一緒に過ごすよりも、一人でいる方が楽だから、友達はいらないと感じています。そもそも、誰かと群れることが好きではないんですよね。一人が好きです。」(20代/女性/医療関連)
そもそも、誰かと過ごすことが苦手という人は一定数いるものです。学生時代にも、友達と群れずに一人で行動をするという人もいたのではないでしょうか。

一人でいると、自分のペースを崩される心配がありませんし、人間関係に悩まされることもありません。誰かといることがストレスになる人からすると、やりたいことを自由にできる一人の時間は非常に有意義なものであり、友達はいらないと考える人もいるんです。

一人でだいたいのことは解決できる

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説

友達をいらないと思う人の心理として、一人でだいたいのことを解決できるという点もあげられます。友達がいることで解決できることもありますが、ほとんどのことは自分で解決できることも多いものです。

問題が生じたとき、誰に頼ることもなく一人で解決できる人からすると、友達は必要ないな、いらないなと感じるのでしょう。

恋人や家族がいるから友達はいらない

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説

家族や恋人との関係が良く、友達といるよりも家族や恋人と一緒にいる方が気楽という人も少なくはありません。友達よりも、家族や恋人と親密な関係を築いているとなおさらです。

家族や恋人が自分のことを理解し、素でいられているのであれば、わざわざ友達に気を遣いながら生活することをしなくても良くなります。その結果として、友達はいらないという結論に至るのでしょう。

友達付き合いが面倒くさい

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説

友達付き合いをすると、どうしても相手に気を遣って過ごすことになります。友達がいらないという人は、とにかく人間関係に嫌気がさしている人が多いものです。

しかし、当たり障りのない関係であれば、面倒くさいことにもなりません。そのため、わざわざ友達関係を築かず、程よい距離感で人と接するのが丁度良いと、友達はいらないと割り切る人が増えているんです。

友達がいなくてもなんとかなっている

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説

友達がいらないと思っている人の中には、友達がいるけどいらないと思っている人もいれば、最初から友達がいない人もいます。友達がいなくても、生活に支障なく楽しく過ごせていてなんとかなっているという点から、友達はいらない・なくても困らないものという思考を抱いているのでしょう。

友達がいるメリットが見つからない

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
「学生時代からの友達はいるのはいるけれど、いてもメリットがあるか…というとそうではなくて。友達と関わらなくても生活になんの支障もないわけだから、別に友達はいらないかな…という感覚ですね。大人になればなるほど、友達いることにメリットを感じなくなりました。」(20代/男性/公務員)
学生時代は友達がこの世の全てとも言えるように、多くの人が友達と一緒に過ごし、青春を過ごしていたのではないでしょうか。しかし、大人になればなるほど、学生時代の友達とは環境も変わり、関わりが希薄になっていきます。

しかし、友達関係が希薄になろうとも、友達と過ごさなくとも問題が生じないことが多く、結果として友達がいなくても大丈夫なのではないか、友達はいらないのではないか、といった心理になるんです。

人付き合いがとにかく苦手

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
「とにかく人付き合いが苦手なので、友達はいらない。誰かと一緒にいるのは疲れます。わざわざ友達を作らなくても問題ってありませんよね。」(25歳/男性/技術職)
友達がいらないという人の中には、友達付き合いだけではなく、そもそも人付き合いが苦手な人も少なくはありません。

人付き合いは簡単なようで難しい事の方が多いですから、人付き合いに疲れ果ててしまう人もいるもの。人付き合いが苦手な人からすると、それが友達であろうと変わりはないこと。誰かと一緒にいるよりも、一人を選ぶ人がいるのはこういう理由があるからと言えるでしょう。

期待して傷つけられたくない

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
「友達のことを信頼していても、最終的に裏切られてしまうのなら、友達はいらないな…と感じてしまいます。上辺だけの友情なら、傷つけられたくはないし、友達なんていない方がマシですよね。」(10代/女性/学生)
友達というと、自分のことを理解してくれる存在というイメージがありますよね。しかし、理解者だと思っていた友達に裏切られたとなると話は別です。

いくら友達といっても、気にくわないこともあれば、嫉妬という感情を抱くこともあるでしょう。そういうときに、相手のことを裏切ってしまう人は確かにいます。

ですが、どんな事情があれ、裏切られた側の心には大きなショックが残ります。「仲良くなっても、どうせいつかは裏切るんだ」という気持ちから、友達はいらないと思ってしまうのです。

「友達はいらない」と感じる瞬間

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
ここまで友達はいらないという人たちの心理についてお話してきましたが、あなたはどのように感じましたか?共感する点もあれば、「それはどうなんだろう…」と感じたこともあったのではないでしょうか。

そこで、続いては友達がいらないと感じる瞬間について、体験談を通してお話していきましょう。どんなときにこのような気持ちになるのかがわかることで、周りの友人への接し方を今一度、振り返るよい機会になるのではないでしょうか。

友情の強要から、友達はいらないと感じる

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説

友達から友情を強要された経験がある人もいるのではないでしょうか。中には「私たちは友達だよね?」と言って友情を確認するだけではなく、物事を押し付けようとすることも。

人は強要されることに対して、嫌悪感を抱きやすい生き物です。そのため、友情を強要するということはかえって逆効果であり、相手と友達でいることに苦痛を感じやすくなるんです。

相手から強要される友情は、もはや友情ではありません。そのため、こんな友達ならいらないと考えてしまうのでしょう。

友達がいても邪魔だと思ってしまう

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説

友達なんていらないですよね?

私は友達が一人もいないし必要と思った事がないです。
いても邪魔なだけです。
ですがその事を言うと、たまに可哀想と言われる事があります。
何が可哀想なのか理解出来ません。
友達なんて必要ないと思いませんか?

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |
邪魔だと思ったものに対して、興味関心を抱いたり、必要だと感じたりする人は少ないのではないでしょうか。そのため、上記の方の発言のように、友達のことを邪魔だと思ってしまったときが、友達をいらないと感じてしまう瞬間と言えるでしょう。

必要のないと感じてしまった人間関係を、わざわざ作りに行くということはほとんどありませんから、一人でいることに慣れてしまうと、友達は不要になります。

くだらないことをしていると気がついた

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説

高校1年生の男性です。私はなぜ他の人が「友達」を持ちたがるのか、意味が分かりません。私は、現在、友達を作らないようにしています。

理由は、友達がいても、自分の時間を削ぐだけだからです。

小学生の頃からは、まだ他人と遊んでいましたが、後になって気付いたのです。
「こんな下らない遊びをしているより、古事記読んだり神社巡っていた方が楽しい」と。

そうなんです。私の好きな事をする上で、友達は全く必要の無い物なんです。

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |
自分にとって何が一番有意義なものであるのかをみなさんは考えた方はありますか?友達と過ごしていたけれど、友達と過ごす時間がくだらないものに感じられると、上記の体験談のように、友達をいらないと感じてしまう人がいます。

くだらないことをできるのが友達との楽しみだと感じる人も多いものですが、その時間を他のことに割きたい、自分の身になることをしたいという人からすると、こういうことに気がついた瞬間から、友達はいらないと感じてしまうものなんです。

オフのときはシャットアウトしたいから

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説

友達なんていらないと感じてしまいます。

高校1年生です。

今まで友達は少なくなかったと思うし、勉強もそれなりに頑張ってきました。
ですが、友達をつくったり、友達と話したりしたのは、成績のためと、親のためです。

学校で話している分には楽しいとも思いますが、家に帰って、OFF?となった状態ではなるべく友達をシャットアウトしたいと思ってしまいます。
親友になろうよ、とか言われると…本当に自分でもクズだと思うのですが…嫌悪感を感じてしまいます。

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/... |
上記の方のように、成績や親のために無理して友達付き合いをするということもあるんです。そういう人の場合、親が心配するからといった理由で友達付き合いを頑張りますから、友達が全くいないというわけではありません。

しかし、プライベートに踏み込まれることは拒みたいというのもあって、プライベートにまで踏み込んで来ようとする人に対しては嫌な気持ちを抱き、余計に友達はいらないと感じてしまいます。

上辺だけの友達と接するときにいらないと感じる

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説

みなさんの友達は、本当の友達だと言えますか?中には上辺だけの付き合いの友達もいるのではないでしょうか。一人でいるのが嫌だからただ一緒にいるだけの人もいれば、気に入らないと他の人と悪口を言う…それは本当の友達とは言えませんよね。

そんな上辺だけの友情に気がついてしまったときに、友達はいらないと思ってしまう人は多いんです。

本当に友達はいらない?耐性チェック

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
さて、ここまで友達はいらないという人の心理や、いらないと感じた瞬間についてお話しました。では、あなたはどうですか?ここまで読んでみると、あなた自身も友達はいらないと考えてしまうこともあるのではないでしょうか。

続いては、本当に友達はいらないのかどうかがわかる、耐性チェックをしていきましょう。友達はいらないと思っていても、本当は友達を必要としていたり、友達は大事だと感じていても、本心ではいらないと思っていることも。あなたの本心を探ってみませんか?

あなたはいくつ当てはまる?

  1. 友達はいてもいなくても変わらないと思う
  2. 誰かと一緒にいるのは疲れてしまう
  3. 一人で過ごすことが好きだ
  4. 恋人ができると友達をおろそかにしてしまう
  5. 一人でなんでも解決してしまう
  6. 集団行動よりも単独行動が得意
  7. 対人関係でストレスを感じたくない
  8. 友達の話に無関心なことが多い
  9. 友達のお祝い事を素直に喜べない
  10. 自分のペースで生活していきたい
上記の項目にあなたはいくつ当てはまりましたか?上記の項目が4つ以上当てはまる場合、あなたは友達がいなくてもやっていける、1人でいる耐性がついています。

そのため、友達に対して希薄な感情を抱いているのであれば、ひとりになることを怖がる必要はありません。少し友達付き合いが疲れたな…と感じたときは、一休みしてみては?

「友達がいらない人」が友達を作らないメリット

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
これまでの話で、友達をいらないと考えている人がいることがわかりましたが、友達を作らないことにメリットは存在するのでしょうか。

続いては、「友達がいらない人」が友達を作らないメリットについてお話していきます。

一人の時間を思う存分楽しめる

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
「友達がいないから、休みの日はのんびりぼーっと過ごせるし、自分のやりたいことに集中できて毎日が充実してる。自分のやりたいことをやれるのが1番だよね。」(20歳/女性/大学生)
友達がいないということは、休日に突然友達から呼び出されることもありませんし、自分の時間を邪魔をされることはありません。そのため、一人でぼーっと過ごすことも出来ますし、やりたいことに集中することができます。

一人でいることが苦ではない、一人の時間が好きという人からすると、一人で自分の時間を満喫できるということは、最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

面倒な人付き合いから解放される

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
「大学生まではあれこれ友達の反応を気にしていたんですが、大人になって友達とは仕事の予定が合わず、だんだん疎遠になり…今では本当に気が楽です。面倒な人付き合いをしなくなると、ストレスもたまらない!」(26歳/女性/事務職)
人は誰しも、苦手と感じてしまう人がいるものです。中には、友達の中にもそのように感じてしまうような人もいるのではないでしょうか。しかし、友達だからと我慢してわざわざそういう人と付き合うと、ストレスをためてしまうものです。

友達付き合いをやめれば、面倒な人間関係から解放されます。友達がいらないと考えている人が友達をつくらないということは、ストレスをためないことに繋がりますから、メリットとなることでしょう。

恋人や家族との時間を大事にできる

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
「友達を作らないからこそ、面倒なしがらみに巻き込まれなくて済むし、何より、家族との時間に割けるのが何よりも嬉しいです。結婚してからは、環境も変わって友達とは話が合わなくなりました。それを機に距離を置くことに。その代わり、夫とわいわい過ごしているので、全く寂しくありません。」(27歳/女性/専業主婦)
友達付き合いが面倒くさいと感じていたり、友達がいらない人にとっては、恋人や家族との時間の方が大事という人も少なくありません。そのため、友達がいないということは、その分の時間を大切な人と過ごす時間に費やすことができるというもの。

希薄な友人関係で疲れてしまうより、自分のことを本当に大切にしてくれる人との時間を優先したいという人には、友達がいないことはメリットと言えるでしょう。

いらない出費が少なくなる

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
「友達がいるとご祝儀やら出産祝いやら、いろいろ出費があるけど、友達がいないとその分の金額はすべて貯金に回せるから良いなって思います。」(28歳/男性/営業職)
友達がいると、飲み会や遊びに行くお金といった交際費がかかってしまいます。それだけではなく、ご祝儀や出産祝いといった祝い事の出費もあるもの。

大切な友人であれば喜んで出してあげられるものでも、苦手な友人のためとなると、決して安い金額ではないため、出すのが億劫になってしまう人もいるのではないでしょうか。

友達を作らないメリットとして、自分の大事な人以外にお金をかけずに済むだけではなく、無駄な出費が少なくなるため、お金も貯めやすくなったり、自分の趣味にお金をかけられます。

面倒なリスク回避にもつながる

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
「友達がいないからこそ、変な投資話だったり、勧誘だったり、そういうことに巻き込まれなくて済んでるなって思います。職場の人が投資話を友達から持ち掛けられて困ってるのを聞いて、なおさら、友達いらないなって…(笑)」(20代/男性/医療関連)
友達がいると投資話であったり、営業の勧誘をされるということもある話です。そういうことがあると、面倒なことに巻き込まれる可能性もあるため、なるべく避けていきたいところ。

友達を作らないということは、面倒ごとのリスクを回避するというメリットもあるんです。

問題解決能力が向上する

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
「周りに人がいると、何か問題がおきたときに頼ってしまうけど、友達がいないと自分で問題を解決しないといけないから、問題解決能力があがります。頼る人がいないって寂しいことかもしれないけど、自分自身を成長させることはできるので、友達がいないことにデメリットは感じていません。」(30歳/男性/営業職)
友達がいないと、頼れる人の数は限られてきます。人に頼ってばかりいるのではなく、自分自身で問題に向き合い考えて、解決の糸口を見つけていく必要があるのです。

そのため、友達がいない人は問題解決能力があがります。自立したい人からすると、友達がいないという点はメリットになってくると言えますよね。

友達がいらないという人にはデメリットも?

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
さて、友達がいらない人にとって、友達がいないメリットについてお話しましたが、必ずしもメリットばかりというわけではありません。どんなことにも、デメリットも存在しています。

続いては、友達がいないことによって生じるデメリットについてご紹介します。メリットとデメリットどちらも知ることで、本当に自分に友達は必要なのかを考えやすくなるはずです。

家族や恋人がいなくなるとひとりぼっち

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
友達がいらない人にとってのデメリットとして、恋人や家族がいなくなってしまうと、独りぼっちになってしまうということがあげられます。恋人や家族という存在が大きなものであるほど、その存在がいなくなってしまうと脆くなることも。

そのため、友達がいらない人は、もし自分にとっての大事な人がいなくなってしまったら…という点を踏まえて、友達をつくらない選択をする必要があると言えるでしょう。

結婚式に呼べる人がいない

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
結婚式に呼べる友人がいないという点もデメリットです。実は、友達なんていらないと考えていても、結婚式に呼べる友人がいないことで友達を作っておけばよかった…と後悔してしまう人もいます。

両者とも友達が少ない、いないとなれば問題が生じませんが、友達が多い結婚相手との結婚は、招待者の数の違いが浮き彫りになってしまうことがあるため、結婚のときに少し困ってしまいかねませんね。

コミュニケーション能力が低下しがち

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
友達付き合いをすることで、必要なコミュニケーション能力を養っていくことができますが、友達がいないと人とかかわることが少なくなるため、コミュニケーション能力の低下を感じてしまうこともあるでしょう。

コミュニケーション能力を低下を危惧する場合は、仕事やアルバイト、習い事といったものとを通じて、当たり障りのない関係で人と接してみてはいかがでしょうか。

良い刺激や影響が少なくなってしまう

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
友達付き合いとは、友達と会話をしたり、一緒に時間を過ごすことで共感したり、発見したりと何かしらの刺激を得ることができます。しかし、友達付き合いが全くないと、外からの刺激を受けることがないので、単調な生活になってしまうことが多いんです。

周りからの刺激があることで、自分を奮い立たせることもできますから、友達付き合いはせずとも、常に外とのアンテナははっておきたいところですね。

家族に心配される

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
友達が全くいないということは、家族が心配してしまうというデメリットがあります。

しかし、友達がいらないという意思をもつことは、決して悪いことではありません。むしろ、自分が疲れ切ってしまう人間関係をわざわざ続けていくということは、ストレスをためてしまうことです。

家族といった周りの人が心配しない程度に、人間関係をスッキリさせてみてはいかがでしょうか。

友達がいらないなら、まずは友達を減らすことから

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
ここまでこの記事を読んでみて、人間関係の面倒くささから、「友達っていなくてもいいな…」「友達はいらないな」と思った人もいるのではないでしょうか。

しかし、友達を全くなくしてしまうということはなかなか難しいこと。そのため、まずは不必要な友達を減らすことから始めていきましょう。

その際は、急に友達をやめるということは難しいですから、一定の距離感を保つことが大事になってきます。ある程度の距離をとってみることで、この人とは仲良くしたい、この人とは縁を切りたいということが明確になってくるでしょう。

いらない人間関係をスッキリさせてみよう

友達がいらない理由とは?「友達付き合いが面倒」な心理を解説
さて、ここまで友達がいらない人の心理やメリット、デメリットについてお話してきましたが、友達がいらないという人の心理を学ぶことはできましたか?

友達がいらない人は総括すると、人付き合いが面倒くさく、自分と自分の周りの大切な人を優先したいということが分かります。そのため、友達の中にも自分にとって大事な存在である人がいれば、自分や家族といった人のように大事な存在として大切にすることも想像できるでしょう。

自分にとって本当に必要な人たちとの関係を大切にしていくためにも、不必要な友達関係はスッキリさせていきたいところですね。

人間関係に悩んでいる人には他にも関連する記事がありますので、こちらにも目を通してみてくださいね。

Related