Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】末っ子の性格、特徴、恋愛傾向を解説「血液型も!」
2019年01月13日

【男女別】末っ子の性格、特徴、恋愛傾向を解説「血液型も!」

兄弟の何番目であるかということは、その人の性格に少なからず影響を与えると言われます。この記事では「末っ子」にスポットを当て、その性格や気質の特徴を探っていきます。末っ子の男女にはどんな特徴があるのか、恋愛がうまくいくためのコツなどチェックしていきましょう。

末っ子の性格や気質は独特?

末っ子の性格や気質は独特?
人は育ってきた環境で性格が作られていくとよく聞きますが、家族構成も影響していると考えられます。長男や長女は真面目でしっかり者が多く、弟や妹は甘え上手が多いと実際感じている人も多いのではないでしょうか。

特に、兄弟が上にしかいない末っ子の場合、兄や姉とは育てられ方が違ったり、上の子たちからも面倒を見てもらうケースも多く、その性格や気質には末っ子ならではの特徴が見られるものです。

そんな末っ子の性格や気質を知ることで、どう付き合っていくのがいいのか考えていきましょう。

末っ子女子の典型的な性格の特徴

末っ子女子の典型的な性格の特徴
まずは、末っ子ならではの性格の特徴を見ていきましょう。末っ子の女子の典型的な性格と言えば、「世渡り上手」「甘え上手」そして「意志表示がストレート」ということが挙げられます。

ここでは、実際末っ子である女子や、日頃末っ子女子と関わりのある人の体験談をご紹介します。どれも、末っ子ってこうだよねとうなずけるエピソードです。

世渡りが上手い

「私は長女なのですが、6歳離れている妹の末っ子女子は小さな頃から姉や兄を見ているからか、うまく壁をすりぬけて成長してきたなという感じです。親から怒られそうな場面でも、サッと逃げたり隠れたりして、上手にかわしていました。

失敗しそうなことを自分からしないし、自分の身の丈を知っているのか挫折したこともないんじゃないかなと思います。私は上にモデルがいなかったので、失敗ばかりで妹の性格や生き方がうらやましくも感じます。」(26歳女性)

甘え上手

甘え上手
「自分で言うのもなんですが、性格的に人に甘えるのが上手だなと思います。彼氏にもそうだし、先輩とか学校の先生からも何かと可愛がられてきました。多分、兄や姉に可愛がられて育ったことが影響しているのではと思います。

よく、姉が彼氏に甘えられなくて悩んでいる話を聞くのですが、そんな苦労をしたこともないので、どうしたら甘え上手になれるのかと言われてもよくわかりません。

子どもの頃から家族の中で甘えさせてもらってきたので、自然と他人にも甘えられるようになったのでしょう。それはありがたく感じています。」(20歳女性)

自分の意志を通したい

「周りの友達が、自分も含めなぜか末っ子ばかりなんです。それで、女子会すると結構バトルになることが多くて。みんな主張が激しい気質というか、譲らないんですよね。自分がこうと思ったら、人から何と言われても曲げないところがあるんじゃないかな。

それで誰もその場を収めようとしないから、グダグダになっちゃって。でも、なんやかんやでしょっちゅう集まってるんですけど。お姉さんタイプが一人でもいてくれたら、まとまりそうなのにな、といつも思います。

ちなみに意志は通したい性格だけど誰もリーダー向きじゃないから、お店決めとかオーダーとかもすごい時間がかかります(笑)」(19歳女性)

末っ子男子の典型的な性格の特徴

末っ子男子の典型的な性格の特徴
身近にいる末っ子女子にもこういう人いるなというエピソードだったのではないでしょうか。では続いて、末っ子男子編をチェックしていきましょう。

可愛がられて育つ反面、兄や姉に鍛えられている部分もあり、その性格の作られ方は様々です。その中でも末っ子男子の性格として共通してよく見られるのが、「優柔不断」「自由奔放」「受け身の姿勢」というものです。

具体的にはどのようなことなのか、末っ子男子やその周りの人々の体験談をご紹介します。

優柔不断

「彼氏が末っ子男子です。歳の離れたお兄ちゃんとお姉ちゃんがいて、昔からよく遊んでくれていつも彼を引っ張ってくれたようです。可愛がられて育ったことがわかるほど、穏やかな性格で、とても素敵な彼氏なのですが、一つだけ困っていることが…。

それは、とにかく優柔不断ということです。自分で決めることができない。いちいち何でもどうしたらいいか聞いてくるので、たまには男らしく引っ張ってほしいと思っています。

特に今でも仕事のこととかお兄ちゃんに相談することも多いみたいで、アドバイスがないと決断できない気質なのはちょっと頼りなく感じてしまいます。」(25歳女性)

自由奔放

自由奔放
「自分が末っ子です。4人兄弟の末っ子で、昔から食べ物にしてもおもちゃにしても取り合いの世界で育ちました。よく末っ子は甘やかされているからワガママとか言われるんですけどとんでもない。兄弟の構成も人それぞれだし、自分みたいに鍛えられて育った末っ子もいます。

兄たちに揉まれて育った結果、大人になって実家を出た今はやっと何でも自分のものということで、休暇には海外に一人旅したり自由奔放に楽しんでいます。

兄たちのことは好きですが、一人もいいもんだなと。自由な生き方を選べるようになったのは、兄たちに鍛えられたからで、感謝もしていますよ。」(24歳男性)

受け身の姿勢

「いつも姉にひっぱられて育ってきたからか、自分から行動するのが苦手な性格です。そういえば学校の部活やバイトでも、指示待ちとか受け身とか言われてよく怒られてました。

今働いている会社でも、自分で考えて動くというよりは決められたことをこなす方が得意だし気がラクです。とりあえず食べていければいいと思っているので、昇進したいとも特に思いません。そういうこと言うと、上司に向上心がないって怒られそうですが…。

付き合う女性もできれば姉のようにひっぱってくれる気質の人がいいです。受け身で頼りないと言われてフラれてしまうことが多いので。」(26歳男性)

末っ子の特徴《兄弟別》

末っ子の特徴《兄弟別》
末っ子の性格の特徴は、これまでご紹介したエピソードを見ても分かる通り、兄弟構成やその人自身の気質によっても違いがあります。

そこで、さらに細かく特徴を捉えるために、兄弟構成ごとに分けて末っ子の性格を見ていきましょう。ここでは「兄が複数」「姉が複数」「兄一人」「姉一人」「兄と姉」という5パターンに分けてご説明します。

兄ばかりの末っ子の場合

兄ばかりの末っ子の場合
エピソードにもあったように、上に兄が何人かいるという末っ子の場合は、可愛がられもしますが兄たちに鍛えられて育つケースが多いです。そのため、末っ子の中でも比較的逞しくしっかりとした性格の人が多いと言えるでしょう。

特に末っ子自身も男性で、兄たちとの年齢差が小さい場合にその傾向が顕著にあらわれると考えられます。逆に妹の場合、異性ということで親からも守られ可愛がられるパターンが多く、年齢差がある場合も既に成長している兄たちと育つので、この限りではありません。

姉ばかりの末っ子の場合

姉ばかりの末っ子の場合
次に、上に姉が複数いる末っ子の場合ですが、女子の方がやや精神年齢が高いということから、兄のみのケースに比べると揉まれるというよりは世話を焼かれて育つことが多いです。

そのため甘え上手な性格だったり自由奔放な性格になりやすいのが特徴的です。特に末っ子も女子の場合は姉たちをモデルとし成長するため強かな性格になりやすく、逆に男子の場合は姉たちにリードされるがまま育つことが多いでしょう。

穏やかながら優柔不断・受け身タイプの性格の末っ子男子は、だいたい姉とのつながりが強いケースが多いのです。

兄が一人いる場合

兄と弟、あるいは兄と妹という二人兄弟の末っ子というパターンでは、性別と共に年齢差が影響してきます。年齢差1~2年と小さい兄弟の場合は、兄というよりも友達や同志といった感覚が強くなるため、末っ子気質はあまり感じられない人がほとんどです。

いっぽう5歳以上離れた兄がいる末っ子は、そのたった一人の兄をモデルとして育つため成長が早く、複数兄弟のいる末っ子よりも性格も考え方も大人びてきます。

兄に守られ可愛がられて育つことで、女子の場合は恋愛対象も自然と年上あるいは精神年齢の高い男性になることが多いのが特徴的です。

姉が一人いる場合

姉が一人のみの弟もしくは妹の場合、姉にとってもたった一人の兄弟ということになります。下の子のお世話をする気持ちは比較的女子の方が芽生えるのが早いため、おそらく姉に構われ可愛がられ育ってきた人が多いでしょう。

姉のタイプにもよりますが、基本的に世話を焼かれてきているため、末っ子自身は受け身の性格になりがちです。また、女子の場合は姉をモデルとして育つため、幼いころからませている性格になることが多いのも特徴的です。

ちなみに兄一人もしくは姉一人という場合、二人兄弟ということで比較されることも多く、特に兄や姉の方が優秀な場合劣等感を抱き、自己肯定感が低い性格になってしまう人もいるということも押さえておきましょう。

兄も姉もいる末っ子の場合

兄も姉もいる末っ子の場合
上に兄もいれば姉もいるというケースでは、男女ともに性別をあまり意識することなく賑やかに揉まれて育ちます。既に男女比のバランスのいい状態の家庭に生まれているので、家族が毒親などでない限りは可愛がられて自由奔放な性格になると考えられるでしょう。

自然と兄や姉をモデルにすることもありますが、そもそも上が複数いるので早い段階で自分は自分と思えるようになるのではないでしょうか。

そういった意味でも、いわゆる「末っ子気質」が最も強くあらわれた性格になりがちなのはこの「兄も姉もいる」タイプと言えるでしょう。

末っ子の特徴《血液型別》

末っ子の特徴《血液型別》
兄弟構成の他にも、末っ子であるその人自身が持って生まれた気質をベースに、性格が形成されているということに先ほど少し触れました。人それぞれ違う気質をはかるのは難しいですが、親から引き継がれたものが大きく影響していると考えられます。

そこで、親からの遺伝である血をもとに、血液型別に末っ子の気質を分けて見ていくことにしましょう。

もちろん血液型による気質の4分類は大まかなものであり、必ずしもすべての人が当てはまるわけでもありません。あくまで参考程度にご覧ください。

A型の末っ子の気質

A型気質の特徴としてよく言われるのが「真面目・几帳面・細かい」といったものです。A型で長男長女の場合は、その特徴が顕著に表れがちですが、末っ子の場合はどうでしょう。

気質としては「真面目」や「几帳面」であっても、兄や姉のいる環境で育つ中で、違う要素を取り入れながら性格が作られている人が多いです。そのため、「真面目でありながら要領がいい」「細かいことを気にするのを早々にやめた」というパターンがよく見られます。

ちなみにA型にはAA型、AO型の2タイプがあり、AA型気質はよりA型気質が強く、AO型気質はO型とのミックスのため、O型気質も入った性格である人が多いです。

B型の末っ子の気質

自由人でつかみどころがない気質と言われがちなB型。他の血液型に比べて変わっていると思われるのが不本意だという人も多いのではないでしょうか。

自分をしっかり持っていて個性的という気質でありながら、兄や姉の影響も受けながら育つため、B型末っ子は世渡り上手で面白い性格になる場合も多いです。リーダータイプとして仕切ることはあまりしませんが、斬新なアイディアなどで活躍するという一面も。

AB型の末っ子の気質

AB型の末っ子の気質
A型気質の生真面目な部分とB型気質の個性的な面を兼ね備えたAB型は、知的好奇心が高くミステリアスな魅力もあります。その反面、人付き合いはあまり得意ではないという人も多いのが特徴的です。

そんなAB型気質も末っ子となると、人付き合いの部分も難なくこなしてしまいます。自分の得意な部分とそうでない部分を客観的に判断できるので、スマートに生きていける人も多いです。

ただ、自分にも他人にも厳しい面があるため、仕事でも恋愛でもテキトーに流すことができず、相手を窮屈な気持ちにさせてしまうこともしばしばです。

O型の末っ子の気質

おっとりおおらかなO型気質で、さらに末っ子ということで、その気質は非常に穏やかで細かいことは気にしません。いい意味でゆるい性格なので、周りからも好かれやすいです。

いっぽう悪く言えばだらしない面もあり、人任せにしがちだったり時間にルーズだったりする人が多いのも特徴的。そういった部分を自覚し気を付けていれば、仕事も恋愛も人柄でうまくいくでしょう。

末っ子女子と相性のいい男性って?

末っ子女子と相性のいい男性って?
これまでお伝えしてきたことから、末っ子にも様々な気質の人がいることが想像できるのではないでしょうか。特に恋愛する相手の場合、その性格や気質の特徴を知っておくことで、よりよい関係を築いていくことに繋がります。

でも、やはり人間ですから努力だけではどうにもならないこともありますよね。もともと、合う人・合わない人といった気質による相性の問題もあります。

そこで、一般的に末っ子と付き合う場合に相性がいいのはどのような気質を持つ異性なのか、見ていきましょう。まずは、末っ子女性と相性のいい男性について3つのタイプをご紹介します。

年齢問わずお兄ちゃんタイプ

末っ子女子は男性にリードされたい、甘えたいと無意識に思っていることが多いので、リードするのが苦にならない性格の男性との相性がいいと考えられます。つまり、気質が「お兄ちゃんタイプ」の男性です。

「お兄ちゃんタイプ」は、実年齢はあまり重視しません。精神年齢が高く、もともと集団の中でもリーダーシップをとるのが上手な性格の男性や、家庭で長男として下の子たちの面倒を長年見てきた本物のお兄ちゃん気質である男性のことを指します。

そんな男性なら、末っ子女子の行動も温かく見守れるのではないでしょうか。

年上の男性

年上の男性
また、「年上の男性」とも相性がいいです。それも、5歳以上離れていると男性がお兄ちゃん気質でなくても、女性との精神年齢のバランスが兄と妹くらいになるため、うまくいきやすいと考えられます。

特に兄のいる末っ子女子の場合、兄を一番身近な男性として接してきている分、同い歳の男性はあまりに幼く恋愛対象として見ることができないという人も少なくありません。

そのため、精神年齢が高い男性もしくは実年齢が上である男性と付き合うパターンが多いのです。

同じく末っ子

精神年齢や実年齢が年上の男性との相性がいいとお伝えしてきましたが、それは男性にリードされたい・守られたい気持ちの強い末っ子気質女子のケースです。

末っ子女子でも男性とは対等でいたい・支え合いたいし時にはリードしたいと思っている人もいます。そのような性格の女性と相性がいいのは、同じく末っ子である男性です。

末っ子同士で似た者同士ということもあり、お互いのことを理解し合えるので、友達カップルのような感じでうまく付き合えるパターンが意外と多いのです。

末っ子男子と相性のいい女性って?

末っ子男子と相性のいい女性って?
次に、末っ子男子編を見ていきましょう。末っ子男子と相性のいい気質の女性を3タイプに分けてご紹介します。実は末っ子男子の恋愛も、末っ子女子と似たような傾向があるのです。

姉御肌タイプ

まずは、男性に守ってもらおうというよりは、優しく包み込んだり時に叱ってくれるような「姉御肌タイプ」の女性です。男性の「お兄ちゃんタイプ」と同様で、実年齢に関わらず精神年齢が高い自立した女性や母性本能の強い女性にこのタイプが多いでしょう。

末っ子男子は自由奔放だったりのんびりやだったりと、やや頼りない面がある人が多いですが、姉御肌の性格の女性なら、そんな部分もひっくるめて愛してくれるはずです。

年上の女性

年上の女性
また、「年上の女性」も末っ子男子と相性がいいです。なぜなら、女性からしてみれば年下の男性と付き合う時点で、リードしてもらおうとか甘えたいという気持ちはそこまで抱かないことがほとんどだから。年下の男性を恋愛対象にする女性は母性本能も強いです。

年上の女性は、自分が彼氏に面倒を見てもらおうという考えもないので、末っ子男子にとって付き合いやすい気質や性格であることが多く、うまく付き合っていけるのではないでしょうか。

同じく末っ子

そして、やはり末っ子ならではの悩みや性格について理解してくれる末っ子女子との恋愛もおすすめです。ダメな部分があっても、末っ子だし仕方ないよね、と同じ目線で受け止めてくれる性格の女性なら、うまく付き合えそうですね。

一緒に一歩一歩進んでいくというようなフレッシュな気持ちで恋愛を楽しむにはぴったりの相手です。

ただ、ワガママで甘えん坊な末っ子同士だとグダグダになってしまいますので、末っ子ということ以外のその人の性格や気質もチェックしておくといいでしょう。

末っ子女子を落とす方法

末っ子女子を落とす方法
末っ子との恋愛で相性のいい性格や気質についてご説明してきましたが、次に末っ子と恋愛を始めるためにどうアプローチすればいいのか、好きになってもらうために取るべき行動について見ていきましょう。

末っ子の性格や気質に合った関わり方で、心の中にうまく入り込むためのコツをお伝えします。まずは末っ子女子編からです。

リードして甘えさせる

基本的には、男性からはリードされたいし甘えたいと思っているのが末っ子女子の特徴です。その甘えたい欲をまずは満たすことが大切です。この人なら安心と思わせられるように、付き合う前はしっかりと彼女をリードしてあげましょう。

「可愛いね」と言ったり大切に想っていることを態度で伝えるようにすれば、甘え上手な気質なので付き合う前からでも信頼して甘えてきてくれるはずです。

時には頼ったり弱音を見せる

時には頼ったり弱音を見せる
基本はリード・甘えさせるという姿勢でありながら、たまにぽろっと弱音を吐いたりダメな部分を見せたりするのもポイントです。末っ子女子は甘え慣れているので、完璧に甘えさせてくれる男性では物足りないからです。

こんな自分にも弱いところを見せてくれるんだと思うと、母性本能がくすぐられますし、守られてばかりだった自分にも彼のためにできることがあるかも…と思えます。そういう気持ちにさせてくれる相手との恋愛は、末っ子気質にいい刺激を与えるでしょう。

わがままを聞きすぎない

特にワガママな気質の強い末っ子女子の場合、彼女の要求をなんでも受け入れてしまうと、すぐに関係が崩れてしまいます。言うことを聞いてくれるだけの都合のいい男性に成り下がってしまうからです。

そうならないためにも、気を引くためになんでもワガママを聞いてあげるのではなく、飴と鞭を使い分けましょう。しっかりと自分を持った男性でいた方が、女性の目にも魅力的に映るはずです。

末っ子男子を落とす方法

末っ子男子を落とす方法
次は末っ子男子編です。末っ子男子と恋愛したい女性は、これからご紹介する3つのポイントを押さえておきましょう。末っ子男子の心をしっかりと掴んで、もうあなたから離れられなくなるはずですよ。

頼り過ぎず甘やかし過ぎず対等に接する

気になる彼が末っ子男子ということで、とにかく何でも世話を焼いてしまうというのはよくあるパターンです。でもそれはNGなのです。もちろん甘えん坊という気質はありますが、甘やかされてばかりなのが彼にとって嬉しいわけではありません。

たまには彼を頼ったり、甘えたりすることも大切。末っ子男子でも女性に頼られたいという気持ちは誰でも少なからずあります。

その頼り頼られ・甘え甘えさせのバランスが重要で、彼の母親になるのではなく一人の女性として対等に接することを心がけましょう。

広い心で包み込むように

広い心で包み込むように
末っ子はどうしても長男などに比べて性格が幼く、頼りない面が目立ちます。でも、それを可愛いと思う心や彼の今後の成長を信じる気持ちで接しましょう。末っ子ならではの気質は簡単に変えられるものではありません。長い目で見守ることが求められるのです。

先ほど「彼の母親になるな」とお伝えしましたが、それは行動の面です。あれこれ世話を焼いたり口出ししたりするのはNGですが、心は母のように温かくゆったりと持ちましょう。

相手を立ててリードさせるよう仕向ける

末っ子の男性はお調子者な性格であることも多く、その気にさせるのは結構簡単です。そのため、ほめておだてて育てることが重要。「さすが○○くん、やっぱり頼りになるなあ」「そういうところが素敵よね」と常日頃口に出しましょう。

その積み重ねで、だんだん自信をつけてリードしてくれるようになったらしめたものです。そして、自分を認めてくれる女性として、しっかりと彼の心に入り込むことができるはずですよ。

末っ子の特徴を踏まえて楽しく付き合おう

末っ子の特徴を踏まえて楽しく付き合おう
好きで末っ子になったわけではないけれど、やはり生まれた順番は性格を作っていくのに少なからず影響を与えるようですね。ただ末っ子と言っても、ここでご紹介したように人それぞれ気質は違いますし、簡単に分類できるものでもありません。

あくまで考え方の一つとして捉えていただければ幸いです。末っ子ならではの良さや難しさを知ることで、少しでも楽しく付き合えるヒントになるのではないでしょうか。

愛すべき末っ子ということで、末っ子自身という人もその周りの人も、ここでお伝えしたちょっとしたコツを押さえておけば円満に人間関係を築いていけるはずです。
血液型による気質や性格の特徴について記事内で触れましたが、さらに詳しく知りたい人は、次の記事もおすすめです。O型の人、O型が身近にいる人は参考にしてみて下さい。

Related