Search

検索したいワードを入力してください

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
2019年01月06日

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法

頭の悪い人と話しているとどのような感情になりますか?イライラしたり疲れると感じる人がほとんどでしょう。では、具体的に頭の悪い人はどんな特徴を持っているのでしょうか。本記事では、頭の悪い人の特徴を中心に紹介しています。ぜひ読んでみてください。

頭の悪い人と話すのは疲れる…

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
みなさんの周りに「この人頭悪いな…」と感じる人はいますか?友人と話している時、職場で一緒に仕事をしている時など、ふとした瞬間に「頭の悪い人だな」と感じることは少なからずあるでしょう。

多少頭の悪い人であれば笑って済ませることができますし、場の雰囲気も楽しくなることもあります。

しかし、あまりにも度が過ぎた頭の悪い人だと、イライラしたり呆れたりしてしまうでしょう。相手にするだけで疲れてしまうことも珍しくありません。

頭の悪い人は話が通じず疲れてしまう傾向がありますが、では頭の悪い人にはどのような特徴があるのでしょうか?頭の悪い人との付き合い方を知りたい人もいるでしょう。その話題を中心に紹介していきますので、チェックしてみてください。

「たちが悪い」頭の悪い人の特徴

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
ここからは頭の悪い人の特徴について解説をしていきますが、頭の悪い人の中には「たちが悪い」人が多くいます。そこで、まずは周囲にも迷惑をかけることが頻繁に生じる頭の悪い人の特徴について触れていきましょう。

特徴①自分の事を頭が悪いと自覚していない

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
たちが悪い頭の悪い人の特徴としてまず挙げられるのが、自分が頭の悪い人だと自覚していないことです。

自覚していれば改善しようとするので、当然と言えば当然でしょう。そのため、遠回しに「頭の悪い人だね」と指摘しても非常に怒る傾向にあります。

頭の良い人ほど自分はまだまだ未熟ものだと思うので、指摘されたとしても「その通りだ」と受け入れる人がほとんどです。

しかし、頭の悪い人は未熟なので指摘されると感情的になって怒りを露にします。これは、自分が頭の悪い人だと自覚していない証拠と言えます。

特徴②支離滅裂なクレーマーになる

飲食店やお店のレジの対応などに対して支離滅裂なクレーマーとなるのも、たちが悪い頭の悪い人の特徴です。

現代はSNSが普及しており、時に支離滅裂なクレーマーが出回ることもありますが、それを思い浮かべてもらうと想像しやすいでしょう。

支離滅裂なクレーマーはあらゆる場所でいちゃもんをつけています。学校にクレームを入れるモンスターペアレントが問題になっていますし、駅員の対応にもクレームを入れる人がいます。そのような人たちは「頭の悪い人だ」と判断しても良いでしょう。

特徴③やたらと自己愛が強い

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
やたら自己愛が強いことも特徴と言えます。周りが見えず、自分中心に考えているため「たちが悪い頭の悪い人」というレッテルを貼られています。

自己愛が強いため、自分が否定されることを極端に嫌います。服装や考え方、仕事への取り組み方など周りが良かれと思ってアドバイスしても、それを聞き入れず自分の思ったように行動してしまうでしょう。

特徴④物事を客観的に見れない

客観的に物事を見ることはとても大切なことです。しかし、たちが悪い頭の悪い人はそれができない特徴があります。先に述べた「自分で頭の悪い人と自覚していない」と似通っている部分があるでしょう。

そのため、周りからの評価と自分での評価にズレが生じています。「周りを気にせず前向き」と言えば聞こえは良いですが、あからさまに態度や言葉に出されてしまうと迷惑を被る可能性があるでしょう。

特徴⑤優しさに欠けている

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
たちが悪い頭の悪い人は他人に対する配慮がありません。そのため、優しさに欠けているという特徴を持っています。優しい人は他人の気持ちや痛みに寄り添い、理解して一緒に解決策を模索しようとしてくれます。

しかし、頭の悪い人はその優しさがありません。自分が良ければそれで良し、という考えなので他人から「たちが悪い」と思われても仕方ないでしょう。

頭が悪くてイライラする・疲れる事

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
頭の悪い人と話していると、イライラしたり疲れることが多々あります。では、具体的には何が要因となってイライラしたり疲れてしまうのでしょうか?その具体例を紹介していきます。

何度も同じ話をしないといけない

一度話しただけで理解できないのが頭の悪い人の特徴でもあります。そのため、相手を納得させたり理解させるために、何度も同じ話をしないといけないことも少なくありません。

例えば、遊ぶ約束をしていて「14時に○○に集合ね」と口頭で言っても場所が分からなかったとします。その際は、その場所に行くアクセスを伝えるでしょうが、簡単な駅の乗り換えでも何度も説明しないと覚えてくれません。

その他にも、日常生活や仕事などでも同じ話を何度もしないといけない場面は多くなります。「何回も同じことを言わせるな」とイライラを通り越して呆れてしまうこともあるでしょう。

自分が間違っていることが理解できない

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
頭の悪い人の特徴として、自分では自覚していないと紹介しました。自覚していないということは、間違いを指摘されても理解できないことを指しています。人は間違いを指摘されて、それを修正していくことで成長できます。

せっかく間違っていることに気付くことで成長できるのに、頭の悪い人はその機会を放棄していると言えます。周りからすると、「何で理解できないの?頭悪すぎでしょ?」と思ってしまいます。

しかし、それを直接言ってしまうと不機嫌になってしまう可能性があるので、なかなか口にできません。そのため、フラストレーションが溜まってしまうことも珍しくありません。

否定的な意見ばかり言う

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
頭の悪い人と話しているとイライラしたり疲れたりしますが、その原因の一つに「否定的な意見ばかり言う」ことも挙げられます。自己愛が強い特徴があると説明しましたが、それが原因で自分の意見や感情が正しいと思い込んでいます。

人と話していても「いやでも…」「だけどさぁ」「それもだけどやっぱり…」など口を開けば何かと否定的な意見ばかりだと、話しているこちらはイライラしてしまうでしょう。そのため、言い合いになって関係がこじれてしまうこともあります。

相手の立場になって考えることができない

頭の良い人は相手の立場になって考えることで共感してくれたり、一緒に悩んでくれたりしてくれます。しかし、頭の良い人は相手の立場になって考えることができません。

頭の良い人は話すのは得意でも聞くことを苦手としている傾向があります。「とにかく自分が喋りたい!」という思いが強いので、相手の気持ちを考えず喋り過ぎてしまい疲れさせてしまうこともしばしばあるでしょう。

頭の悪い人の特徴《会話編》

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
頭の悪い人と関わると、ほとんどデメリットしかありません。では、会話の中で頭の悪い人にはどのような特徴があるのでしょうか?自分にも当てはまる項目がないかも同時にチェックしてみてください。

特徴①質問の内容が的外れ

頭の悪い人の特徴には、質問の内容が的外れであるという特徴があります。

本来質問というのは、自分の中の疑問と相手の認識が合っているか確認する重要な会話です。その目的に沿っていないので、相手からすると「どういうこと?」と逆質問されることもあるでしょう。

質問の内容が的外れということは、上手くコミュニケーションが取れていないと言うことができます。また、その逆として質問に対して見当はずれな回答をすることも特徴です。

自分にとって都合の悪い質問だと、誤魔化すような話し方になってしまうので会話が成り立たない典型的なパターンと言えます。

特徴②思ったことをそのまま発言する

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
頭の悪い人には、思ったことをそのまま口にしてしまう特徴があります。「こう言えば相手は嫌な思いをしないだろう」など、物事を考えて発言することがほとんどありません。相手に配慮した言い方ができないとも言えるでしょう。

世の中にはオブラートに包んだほうが良い場合が多く存在しています。しかし、頭の悪い人はその発想がなく、普通の会話をしているはずなのに、他人を怒らせたり悲しませたり、あるいは驚かせてしまうでしょう。

特徴③感情的に話してくる

頭の悪いに多く見られる特徴は、感情的に話すことです。もちろん感情を抑え込み過ぎてしまうと、ロボットのように無機質な人間になってしまいますし、感情を表にしたほうが気持ちが伝わりやすくなります。

しかし、頭の悪い人は子供のように常に感情的という特徴があります。年齢を重ねれば理路整然とした会話ができるようになりますが、頭の悪い人は理論的に話すことができず全て感情任せです。中には相手の話を遮ってまでも、感情的に訴える人もいるでしょう。

特徴④話し言葉が若者風

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
これは社会人に言えることですが、大人になったにも関わらず若者風の話言葉を使う人は頭の悪い人に分類されるでしょう。社会人なのに若者風の言葉を使っていると、「この人頭の悪い人だな」と思われてしまうでしょう。

具体的には、「やばい」「○○っすよねー」「てゆうかさぁ~」などです。挙げらればキリがないですが、そのような特徴のある人は自ら「頭の悪い人です!」と自己紹介しているようなものです。

本当に仲の良い人であれば構いませんが、上司や初対面の人に若者風の言葉を使ってしまうと良い印象は持たれないでしょう。

頭の悪い人の特徴《行動編》

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
会話だけででなく、日頃の行動でも目に余るのが頭の悪い人です。ここでは、頭の悪い人の行動の特徴について触れていきます。

特徴①すぐに忘れ物をする

一緒に遊ぶ約束などをしていて、いざ集合場所に集まった時に「あ、忘れ物をしてしまった」と言う人はいませんか?

すぐに忘れ物をしてしまう
のも、頭の悪い人の特徴と言えます。ちょっと買い物に行くだけなのに、財布や携帯を忘れてしまうこともあるでしょう。

一人で出かける時に忘れ物をするのであれば誰かに迷惑をかけることはありませんが、複数人で出かける時に忘れ物をされてしまうと困ってしまうでしょう。財布や携帯は必需品なので取りに帰らざるを得ず、そのため時間も浪費してしまいます。

特徴②能力がないのに偉そうにする

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
頭の悪い人の行動として、能力がないのに偉そうな態度をとるという特徴があります。間違いを指摘されても、「自分は間違っていない」「分かってくれない周りが悪い」など認めようとしません。

人は謙虚さが大切ですが、頭の悪い人には謙虚さが欠けています。謙虚さが足りない人は態度を見ても、頭の悪い人と思われてしまうでしょう。

頭の悪い人の態度はとても分かりやすいので、大して能力がないのに偉そうな態度をしている人は「頭が悪い」と判断しても良いです。

特徴③服装が年齢に相応しくない

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
世の中には個性的なファッションをする人がいます。個性を出すのは良いことですが、頭の悪い人は年齢に逆らった服装を好む特徴があります。つまり、ファッションが年相応でないということです。

例えば、良い年齢をした大人なのに子供っぽい服装をしたり、小さな子供向けのアイテムを身に着けたりしていると、「頭の悪い人」というレッテルを貼られてしまいます。

自分の好きな服装をするのは悪いことではありませんが、ファッションに詳しい人からすると理解できないことが多いでしょう。

特徴④場所をわきまえず大きな声で話す

小さすぎて何を言ってるのか分からない人も問題ですが、それ以上に頭の悪い人だと思われる特徴は話す声が大きすぎることです。周囲への迷惑を考えることができないため、声が大きくなってしまう傾向があると言えます。

例えば、電車の中や飲食店での食事中、さらに静かな公園などで大きな声で話している人がいるとどうでしょうか?恐らく不快な気持ちになる人がほとんどでしょう。

個人情報や深刻な話は小さな声で話すのが常識なので、それらも大きな声で話してしまうと「頭の悪い人だね」と思われてしまうでしょう。

頭の悪い人の特徴《仕事編》

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
頭の悪い人は場合によっては笑い話のネタになります。しかし、仕事面になると話は別です。かなり迷惑な存在になってしまいますが、どんな特徴で力を発揮してくるのか見ていきましょう。

特徴①計画的に行動できない

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
仕事を進める上で、段取りを考えて計画的に行動するのが重要になってきます。しかし、頭の悪い人は計画的に行動できない特徴を持っています。言い換えれば、先を予測した行動ができないとも言えます。

抱えている作業量を終業時間までの時間から逆算して、「これは〇時までにやってその後にこれをやって…」という感じに計画を立てることができないので、すぐに終わる仕事を後回しにしてしまい、「なんでそっちを先にやらなかったの?」と詰められることもあります。

特徴②目的や役割を理解していない

頭の悪い人は与えられた仕事の目的や役割を理解していないという特徴があります。仕事に対しての意識が低く、与えられた仕事に疑問を持たずひたすらこなすロボットのようになっています。

目的や役割を理解していれば、やっていること以外にも自分のできることを探すようになります。しかし、頭の悪い人はそれができないので、自分で仕事を見つけることができません。なので、仕事に対して消極的と捉えられても仕方ないでしょう。

特徴③同じミスを何度も繰り返す

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
頭の悪い人の特徴として、同じミスを何度も繰り返すことも挙げられます。自分の考えが正しいと思っているので、「それは間違っているよ」と指摘されても受け入れようとしません。

人は間違いを指摘されて修正することで、同じミスを起こす確率を減らして成長します。しかし、頭の悪い人は「自分のやり方で正しい」という考えを曲げないので、同じミスを繰り返してしまいます。

根本的な問題点を解決しようとしないので、「確認不足だった」「不注意だった」などの表面上の反省だけで終わらせてしまうことも特徴と言えます。

特徴④仕事が遅い

頭の悪い人は仕事が遅いという特徴があります。仕事内容を覚えることが遅いことや、計画性がなかったり、作業に対して工夫をしないことが原因として挙げられるでしょう。

目の前の仕事をひたすらこなすだけ、というスタンスなので当然効率は悪くなってきます。作業量から逆算して優先順位を付けることもできないので、他の人と比べて何倍も時間がかかってしまいます。そのため、残業が多くなってしまう特徴も持ち合わせているでしょう。

特徴⑤臨機応変な対応ができない

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
頭の悪い人は作業手順が自分の中でマニュアル化しているため、臨機応変な対応ができないという特徴があります。仕事に対して疑問を持ったり工夫をしていないからこそ起きてしまう問題と言えます。

頭の良い人はどんなイレギュラーな事態でも冷静に対応することができるため、非常に信頼されています。しかし、頭の悪い人は対応力がないので、イレギュラーな事態が起こるとパニックになって大騒ぎになってしまう可能性があるでしょう。

頭が悪い原因

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
「何でそんなに頭が悪いの?」と疑問を持っている人は多いでしょう。また、自分は頭が悪いと自覚している人も何が原因なのかを把握しないと、改善したくてもできません。そこで、ここでは頭の悪い人になってしまう原因について迫っていきます。

素直に人の言うことが聞けない

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
頭の悪い人になってしまう最大の原因は、素直に人の言うことが聞けないことです。素直に人の言うことを聞いていれば、柔軟な考え方や工夫の仕方、さらに頭の良い人の考えを参考にすることができます。

しかし、頭の良い人は人の意見を素直に受け入れることができません。そのため、いつまで経っても自分の中の価値観を良い方向に変えることができない傾向にあります。

なので、「頭の良い人」になってしまい、日常生活や仕事で周囲をイライラさせたり疲れさせてしまうことに繋がります。

育ちが悪い

育ちが悪いことから頭が悪くなってしまうことも大いにあり得ます。学生時代にやんちゃなグループに属していたり、さほど偏差値の高くない高校や大学に進学している人ほど、頭の悪い人の確率は多くなってきます。

もちろん、そのような環境でも頭の良い人はいますが、その確率は低いと言えます。頭の悪い人に囲まれて過ごしていると、自分まで頭が悪くなってしまいます。

現代はネットが発達していますので、自分と同じ考えを持っている人と簡単に繋がれる世の中になっています。それも頭が悪くなる一因となっていると言えるでしょう。

そもそも親も頭が悪い

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
ニュースで「きちんと親が教育しないといけない」という文言を聞いたことがあるでしょう。昔と違って、ちょっとしたことで大きな問題になる世の中だからこそ、親の教育は重要になってきています。

その親の頭が悪かったらどうなるでしょうか?頭の悪い子供が育ってしまうことは簡単に想像できるでしょう。頭の悪い親ほど「自分と同じ考えを持ってほしい」と思っているので、必然的に褒められるとは言えない教育をしてしまいます。

まだ子供なのに髪を染めさせたり眉毛を整えさせたり、ブランド物のアイテムを身に着けさせている親を見ると、その子供の末路も容易く想像できます。

深く考えることをしてこなかった

今まで物事に関して深く考えてこなかったり、疑問を持ったことがなければ頭が悪くなってしまう可能性があります。

疑問に思ったことでも自分で考えたり調べたりせず、すぐ他人に聞いてしまう人ほど、頭が悪くなってしまいます。

自分で考えて結論を出したものは財産となり、自分の知識や武器として蓄積されていきます。しかし、すぐ他人に聞いて得た知識はすぐに忘れてしまいます。そのため、何度も人に聞いてしまうという悪循環に陥ってしまうでしょう。

自分の発言や行動を見つめ直したことがない

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
頭の悪い人の特徴で、「思ったことをそのまま発言する」と紹介しました。つまり、発言する前に相手がどう感じるのかを考えることをあまりしてこなかったと言えます。

発言だけでなく行動にも同じことが言えるでしょう。そして、咄嗟に出た発言や行動について見つめ直したことのない人ほど、頭の悪い人になってしまいます。

「あの発言はまずかったな」「あの行動は不適切だったな」など反省しないと、いつまで経っても相手を思いやる人になることはできません。

頭の悪い人向きの仕事

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
頭の割る人はどんな仕事が向いているのでしょうか?「そんな仕事あるの?」と疑問を持つ人もいるでしょうが、どんな仕事でも世の中には必要とされており、頭の悪い人にでもできる仕事は多くあります。その中でも代表的な仕事を紹介していきます。

工場のライン仕事

頭の悪い人に向いている代表的な仕事は、工場のラインの仕事です。自分の担当する仕事の手順さえ覚えておけば良い仕事なので、それほど頭を使わずに済みます。

商品の箱詰めや不良品の検品など比較的簡単な仕事なので、慣れるにもさほど時間を要することがありません。やり方も工夫する必要がなく、マニュアル通りの方法で作業していれば失敗する可能性は低いと言えるでしょう。

工事現場での仕事

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
体力に自信があれば、工事現場での仕事もおすすめです。「体育会系の人がやっている」というイメージを持っている人も多いでしょう。学歴や知識は必要なく、やる気と体力があれば誰でも始めることができます。

しかし、全く頭を使わないわけではありません。なので、ある程度は勉強が必用であると覚悟しておいてください。

また、怒鳴られたり人間関係に悩む人もいるので、そういうことに耐性のある人のほうが向いていると言えます。

キャバクラやスナック

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
女性であればキャバクラやスナックなどの仕事も頭の悪い人向けの仕事と言えます。学歴や資格がなくても、「人と話すのが好き」「自分の容姿にある程度自信がある」という女性は考えてみるのも一つの手です。

「男性に喜んでもらう言葉選びができない」と思う女性もいるでしょうが、キャバクラやスナックで働く人のなかには相手に話を合わせているだけという女性も多いです。つまり、難しいことを考えなくても十分こなすことのできる仕事と言えるでしょう。

もちろん、その業界でも高みを目指すのであれば、会話術や身のこなし方など頭が悪い人にはなかなか難しいようです。

新聞配達の仕事

新聞配達も頭の悪い人に向いている仕事です。決められたルートに沿って、ひたすら家に新聞を配って行けば良いだけの単純作業です。

雨が降ったら濡れないように工夫したり、最初はルートを覚えるのに多少苦労するでしょうが、慣れてしまえばほとんど問題なくこなせるでしょう。難点と言えば、給料が安い上に休みが少ないという部分くらいです。

頭が悪い人とうまく付き合う方法

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
頭の悪い人と会話したり一緒に仕事したりすると、イライラを感じたり疲れてしまうことが多いでしょう。しかし、場合によっては頭の悪い人とうまく付き合っていく必要があります。そこで、頭が悪い人とうまく付き合う方法について紹介していきます。

付き合い方①不用意に刺激しないように距離をとる

一緒にいるだけで不愉快になってしまう頭の悪い人との付き合い方で、まず挙げられるのが距離を置くことです。この際に重要なのが、相手を不用意に刺激しないようにすることです。

明らかに嫌う仕草を見せて距離を置いてしまうと、相手もそれを感じ取ってしまいます。その結果、周りにあることないことを吹聴する可能性もあります。なので、「必要最低限会話はする」などの境界線を決めておくと良いでしょう。

付き合い方②単純な内容だけ依頼する

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
頭の悪い人は仕事を覚える能力が低く、自分で考えて工夫したり効率化を図ることが得意ではありません。なので、難しくて重要な仕事ではなく、比較的簡単な仕事を依頼するようにしましょう。

頭を使わなくても良いデータ入力や商品の検品作業などを依頼すればミスをする可能性は低くなります。また、本人にとっても「これくらいの仕事なら自分でも役に立てる」と自信に繋がるでしょう。

付き合い方③丁寧に説明する

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
頭の悪い人は一度言われただけではなかなか理解できません。同じことを何度も聞いてきてイライラすることもあるでしょう。なので、頭の悪い人にはとにかく丁寧に説明することを心掛けてください。

「ここまで説明する必要があるのか」と思うくらい時間をかけて説明するくらいが丁度いいでしょう。また、一度説明したことを再び聞いてきたとしても、突き放したりせず再度説明するくらいの優しさを持っておくことも大切です。

付き合い方④全て否定しようとしない

間違った考え方や周囲と違う方向を見ていたとしても、それを全て否定するのは避けるようにしましょう。イライラし過ぎると相手の人格まで否定する人がいますが、それは人間として最低な行為なので絶対にやめましょう。

そこで有効なのは、やんわりと否定することです。「なるほど、でもここをこうしたほうがもっと良くなるかも」と優しく正解に導いてあげるようにしてください。次第に心を開いて、アドバイスにも真剣に耳を傾けるようになってくれることが期待できます。

頭の悪い人には「考えさせる」ことを勧めよう!

頭の悪い人の特徴|話が通じなくて疲れる…イライラ体験談や対処法
いかがでしたか?ここまで頭の悪い人の特徴や対処法について紹介してきました。その中で、頭の悪い人に決定的に欠けているのが「考える」ということです。

頭の良い人は常に考えることを習慣にしています。そのため、頭の回転が速くなり周囲からも尊敬されます。

あなたの周りにいる頭の悪い人に改善を求めるのであれば、まずは「考える」ことを習慣づけるように勧めてください。そうすれば必ず効果は出てくるでしょう。

Related