Search

検索したいワードを入力してください

「変わってる人も多い」頭がいい人の特徴|頭がいい有名人を紹介
2019年01月31日

「変わってる人も多い」頭がいい人の特徴|頭がいい有名人を紹介

頭が良いと聞くと高学歴な人を想像するかもしれません。しかし、本当は頭がいい人は学歴とは無関係に活躍しています。有名人の中から実例を挙げながら、頭がいい人の特徴をまとめてみました。頭が良くなるための方法や一風変わってる賢い人あるあるなどについてご紹介します。

本当は頭のいい人って?

本当は頭のいい人って?
本当は頭がいい人とはどんな人でしょうか?頭がいいというと勉強ができる人を思い浮かべがちです。しかし、勉強ができなくても、低学歴でも本当は頭がいい人は大勢います。頭がいい人の特徴などについてまとめてみました。

変わっている人も多く、賢い人のあるあるには独特のものがあります。頭がいい人になるための方法や頭がいい有名人についてもご紹介します。

学歴では測れない頭のいい人の特徴

学歴では測れない頭のいい人の特徴
頭がいいと言われる人の特徴は様々なものがあります。本当は頭がいい人は結構変わっている人が多く、個性的な人が多いです。有名人の例を挙げながら、頭がいい人の特徴についてまとめてみました。

頭がいい人の特徴①知識が多い

本当は頭がいい人の特徴として知識が豊富なことが挙げられます。その代表的な存在にロザン宇治原さんがいます。知識は学歴と関係しそうですが、ここでいう知識とは雑学なども含めたものです。

やはり知識が多い人は学歴が高い人は多いですが、本当は頭がいい人は勉強ができなくても知識が豊富な人は大勢います。本当は頭がいい人は様々なことに関心を持つのも特徴です。幅広い分野に関心がある分、自然と多彩な知識を持つようになります。

知識が多いことで知られる有名人は結構多いですね。ロザン宇治原さんは、ネットの博学だと思うランキングで1位になっています。クイズ番組で1位になることが多く、ランキング上位になるのも納得でしょう。

頭がいい人の特徴➁論理的思考が得意

ここでは東進ハイスクールの現代文の講師で、テレビにも多く出演している林修さんを紹介します。博学だと思うランキングでも上位に入っていますが、論理的思考力も高いです。林さんは、テレビ番組で数学的思考の重要性について訴えています。

本当は頭がいい人は論理的思考が得意なのも特徴です。論理的というと難しく考えてしまいそうですが、単純に言えば物事の筋道を正しくとらえて考えることと言えます。論理的思考が得意な有名人も多いです。

数学は論理的に考える学問です。現代文の講師が数学的思考について語るのも少し不思議な気がしますが、林さんは学生時代は数学が得意でした。また、現代文も論理的思考が求められます。

頭がいい人の特徴③機転が利く

本当は頭がいい人は機転が利いて、咄嗟のトラブルに対応できるのも特徴の1つです。こういう人は、危機的な状況もその場の機転でチャンスに変えてしまうことも珍しくありません。有名人では、クリームシュチューの上田晋也さんがその1人ですね。

下の動画はフィギュアスケートについての映像が、途中で消えてしまった時のものです。上田さんは突然のトラブルに対して、額に作ったシワを使ってフィギュアスケートのジャンプのやり方を説明し笑いに変えてしまいました。

咄嗟のトラブルに対して、即座に対応できるのは頭がいい人でないと無理ですね。

頭がいい人の特徴④説明が分かりやすい

池上彰さんは、非常に説明が分かりやすい有名人の1人でしょう。池上さんは小学生にニュースを説明するこどもニュースを11年間続けたことで、非常にわかりやすい説明ができるようになりました。難しい言葉や話を子供にも理解できる言葉を使って説明しています。

本当は頭がいい人の特徴の1つは説明が分かりやすいことです。頭の回転が速い人は早口すぎて、何を言っているのか分からないと言われることがあります。しかし、本当は頭がいい人は、ポイントを押さえた非常にわかりやすい話をするのが特徴です。

難しい話を簡単にできるのは理解しているだけでなく、要点を理解していなければできないことです。話のポイントを押さえた説明ができるのは、本当は頭がいい人の特徴と言えますね。

頭がいい人の特徴⑤話が面白い

このタイプの有名人として代表的なのは明石家さんまさんでしょう。発言に知的さが感じられないため、明石家さんまさんが頭がいい人だとは思えないという意見もあります。しかし、これはそういった面を感じさせない話術のせいでしょう。

本当は頭がいい人の特徴として話が面白いということもあるでしょう。話が面白いからといって必ずしもその人が頭がいいとは限りません。しかし、バラエティー番組などゲストから会話を引き出し、面白さを成立させるのは本当は頭がいい人でなければ成立しません。

明石家さんまは番組の企画など説明しなくても、見ただけで理解してしまうなど本当は頭がいい人として有名です。頭のよさを感じさせないのも、話が面白くて頭がいい人の特徴でしょう。

頭がいい人の特徴⑥好奇心旺盛

好奇心が強いと何かを見ても印象が強烈になるため、そのことを覚えやすいのです。好奇心の強い有名人と言えば黒柳徹子さんでしょう。変わっている人という印象も強いです。黒柳さんは好奇心が非常に強く、小学生の頃は窓の外ばかり見ており授業はほとんど聞いていませんでした。

本当は頭がいい人の特徴として好奇心旺盛なことも挙げられるでしょう。好奇心が衰えると老化が進むと言われています。歳を取っても若々しい人は好奇心旺盛なのが特徴です。また、好奇心旺盛な人は物事への関心が強いため、記憶力が高いのも特徴でしょう。

それでも、クイズ番組では1位の常連で本当は頭がいい人だということがわかります。黒柳徹子さんといえば、とても早口なのも特徴ですね。MRIの検査で、頭の回転の速さが一般の10倍だと判明したとも言われています。

頭がいい人の特徴⑦人と違うことができる

本当は頭がいい人は、周囲の人と全く違うことを自信をもって行うのも特徴です。

このタイプは周りから変わってると思われても、全く気にしません。人と全く違うことができる本当は頭がいい人として、最近話題になっているのがレペゼン地球のDJ社長さんです。

DJ社長さんは高校時代、社長になりたいと考えていました。大学で経済学部に入ったのも、社長になる方法を学ぶためだったそうです。このタイプの本当は頭がいい人は、自分の目標が実現できることを信じて行動できるのが特徴と言えますね。

頭がいい人の特徴⑧計画を立てるのがうまい

本当は頭がいい人は計画を立てて、それを実行するのが非常にうまいのも特徴です。頭がいい人は目標を見据えてしっかりと計画を立てています。このタイプの本当は頭がいい人の1人はメジャーリーガーのイチローさんでしょう。

プロのアスリートは、トレーニングを行うためにキチンと計画を立てているのは当たり前でしょう。しかし、イチローさんは小学生の頃からプロ野球選手になる目標を立てていました。そのことを作文に書いていますが、小学生の頃から自分がプロになることを少しも疑っていない内容にも驚きます。

その後もイチローさんは現在まで計画を立てて、トレーニングを続けてきました。普通なら引退する年齢になっても選手を続けていられるのは、常に目標を立てて入念な準備を行ってきた結果でしょう。

頭がいい人の特徴⑨優先順位を明確にしている

必要ないことは切り捨てて、優先すべきことに全ての力をつぎ込んで成果を上げていくのがこのタイプの特徴です。このタイプの本当は頭がいい人の1人として、アップルのスティーブ・ジョブズさんがいます。

常に優先順位を明確にしているのも、本当は頭がいい人の特徴と言えます。物事に優先順位がない人はまずいないでしょうが、多く人は優先順位が曖昧で、どこから手を付けていいのか迷いがちです。本当は頭がいい人は優先順位が常にはっきりしているため、全く迷わずに行動します。

スティーブ・ジョブズさん優先順位について会議で議論するなど、何を優先すべきかを常に意識しています。スティーブ・ジョブズさんは自らの作る製品に関しても無駄を省いて必要な機能に力を入れることで成功してきました。優先順位を明確にしているのは、ビジネスの成功者に共通する特徴でもあります。

頭がいい人の特徴⑩大きな視点を持っている

本当は頭がいい人の中には、社会の仕組みそのものを変えてしまう人もいます。このタイプの特徴は非常に大きな視点で物事を捉えています。マイクロソフトの創業者の1人ビル・ゲイツさんはその1人です。

ビル・ゲイツさんは、マイクロソフトの作るOS・Windowsで業界で圧倒的なシェアを握り、長者番付世界一にまで躍り出ました。ビル・ゲイツさんの作ったOSや戦略は独創的な物はないとも言われています。

しかし、常にユーザーを囲い込みマイクロソフトのOSを使って貰えることを考えていました。WindowsがOSとして世界を席巻することができたのは、大きな視点で物事を考えていたからでしょう。

頭の良さは「先天的」か「努力の賜物」か?

頭の良さは「先天的」か「努力の賜物」か?
頭の良さは生まれつき決まっているのか?努力で頭がいい人になれるか?この問題は長年議論の対象になっています。頭がいい人が変わっているといわれることが多く、個性的です。そのため、生まれつき変わった性格の人が多いとも言われています。

努力で頭がいい人になれるのでしょうか?頭のよさは先天的なものかどうかについてまとめてみました。

知能は遺伝で7割きまる?

知能は遺伝で7割きまる?
人間の知能は遺伝で7割決まると言われています。この話にどこまで信憑性があるのか?そもそも知能が高い人とと本当に頭がいい人が同じなのか?という問題はあるでしょう。

しかし、天才児を作る教育を受けた人が、本当に天才と呼ばれるようになったという話は聞いたことがありません。ものすごい成果を上げている頭のいい人たちが、特別な教育を受けているということも少ないでしょう。

こういった事を考えると、教育や努力で頭のいい人になることはできないのではないかという意見が出てきます。

知能は全て遺伝で決まるわけではない

知能は全て遺伝で決まるわけではない
仮に頭のよさの7割が遺伝で決まるとしても、3割は後天的な努力によって決まることになります。これは決して小さな数字ではないでしょう。スポーツは8割、音楽的な才能の9割が遺伝によって決まると言われています。

比較すると、頭の良さが遺伝で決まる要素は小さいと言えます。頭のよさの7割が遺伝で決まるのだとしても、嘆く必要はありませんね。

努力で本当は頭がいい人になれる

努力で本当は頭がいい人になれる
本当に頭がいい人の特徴として挙げた要素は、努力で発達させるには難しい部分があるのも確かでしょう。しかし、論理的思考能力や知識、計画性、説明力などは明らかに努力して鍛えることができる部分です。

そもそも、どれだけ頭がいい人でも、勉強しなければ外国語を話せるようにはなりません。遺伝的な要素で得意不得意はありますが、たいていの能力は努力や学習無しで発達することはないのです。努力して頭がいい人になることは十分に可能と言えます。

本当は頭のいい人になるための方法

本当は頭のいい人になるための方法
頭が良くなるための方法は当たり前のことから、意外なものまで様々なものがあります。頭がいい人の特徴を考えると頭を良くする方法のヒントにもなるでしょう。単純に真似をするだけでも、頭は良くなります。頭が良くなるための方法についてまとめてみました。

語彙を増やすように意識する

語彙を増やすように意識する
頭がいい人は語彙が多いのも特徴です。本当に頭がいい人になりたいのなら、語彙を増やすようにしましょう。語彙を増やすとIQが高くなるとと言われています。これだけでは、IQテストの成績が良くなるだけだとも考えられます。しかし、人間は言葉で世界を認識しています。

日本語では雪は雪という1つの言葉でしか表現されません。しかし、エスキモーは雪を数十の言葉で呼び分けます。エスキモーはそれだけ雪の状態を細かくとらえているでしょう。

語彙を増やすことは、あらゆるものを細やかに捉えられることになります。その分刺激を受けやすくなるわけですから、頭がいい人になれると言えますね。語彙を増やすことは表現力にも繋がります。

本当は頭がいい人になるには読書は欠かせない

本当は頭がいい人になるには読書は欠かせない
本当は頭がいい人になるには読書をすることが有効です。ビル・ゲイツさんはどんなに忙しくても、寝る前に1時間の読書を欠かさないと言われています。頭がいいと言われる人は読書を習慣にしているのも特徴です。

しかし、ただ本を読んでいるだけでは、せっかく読んだ内容を活かすことができません。本を読んだら、その内容を自分のものにすることを考えるべきです。1冊読んだらその本について人に話すなり、日記に感想を書きましょう。

アウトプットすればしっかり記憶できるだけでなく、本の内容を自分のものにできます。その際は、読んだ内容をそのまま話したり、書くのではなく自分の言葉に置き換えることを意識しましょう。

確実にできることを増やそう

確実にできることを増やそう
本当は頭がいい人になるには確実にできることを増やしましょう。頭がいい人は覚えたことを確実に活かしていくのも特徴です。スポーツでは基礎が大事だと言いますが、基本的なことは無意識でできるレベルまで練習します。

勉強も同じで参考書を何度も繰り返すことが大事と言われますが、これも勉強した内容を素早く確実にできるようになるためです。苦労してできるようなったことでも、それを無意識でできるレベルにまでしないと本当にマスターしたとは言えません。

1つ1つのことを確実にマスターしていくことで、頭がいい人に近づくことができます。

頭のいい人になるには自分の言葉で説明する

頭のいい人になるには自分の言葉で説明する
本当は頭のいい人になるには自分の言葉で説明することを心がけましょう。新しいビジネス用語などを覚える時、意味をそのまま覚えて終わりにしていませんか?人の話を聞いた時なども、そのまま覚えて終わりにしてしまうことが多いでしょう。

しかし、言葉や話は自分の言葉で説明できるようになっていないと本当に理解したとは言えませんし、いざという時に使いこなすことはできません。説明がうまい人の特徴は、難しい言葉を使わず自分の言葉で説明をすることです。

本当に頭のいい人になるためには、自分の言葉に置き換えてみましょう。難しい話や言葉を簡単に説明することを意識してみましょう。その繰り返しが自分の言葉で説明する能力を作っていきます。

意識的に優先順位をつけてみる

意識的に優先順位をつけてみる
頭がいい人は迷わずに行動するのも特徴です。本当は頭がいい人になるために、意識して優先順位を決めて行動するようにしましょう。優先順位を決めるのは、迷わずに行動するためです。

締め切りなど、わかりやすい基準がある場合は迷わないでしょう。しかし、人間は優先順位を明確に決めて行動せずに、なんとなく行動していることが多いです。そのため、どちらを優先すべきか迷って混乱してしまうことがあります。

するべきことを書き出して、優先順位を明確にしましょう。優先順位を明確にできれば、迷いなく行動できるようになります。それを習慣化することで、本当は頭がいい人に近づくことができるでしょう。

色々なものに興味を持とう

色々なものに興味を持とう
本当は頭がいい人は好奇心が強いのも特徴の1つです。歴史を振り返っても、天才と言われるような人物に共通する特徴でもあります。頭がいい人が変わってると言われる理由でもあるでしょう。好奇心旺盛になるというのは難しいです。

それでも、興味を増やすことを忘れてはいけません。好奇心が強いほど若々しく、脳が活性化しやすいというデータもあります。意図的に興味を持つものを増やすことでも脳の刺激になります。しかし、嫌いなことに無理に興味を持つのは脳に良くありません。

好奇心旺盛で頭がいい人たちは変わってるとも言われますが、どんなことでも楽しんでいるのが特徴です。無理に興味を持とうとするのではなく、楽しむことを忘れないようにしましょうね。

視点を増やす

視点を増やす
本当は頭がいい人になるには、視点を増やしましょう。本当は頭がいい人は、普通の人が気づかないようなことに気づくのも特徴です。それは、普通の人と違う視点を持っているとも言えます。だから頭がいい人は変わってると言われるのでしょう。

視点を増やすにはどうすればいいでしょうか?それには、気づきを増やすことが大切です。同じテーマについて頭に浮かんだことをどんどん書き出してみましょう。これを繰り返すと自分がいつもしている思考のパターンも見えてきます。

自分が慣れていない思考のパターンを見つけたら、その考え方をしっかりと身に着けるようにしましょう。

人と会話をする

本当は頭がいい人になるには人と会話をすることも大切です。元々、人と会話をすることは脳を活性化させると言われています。人と会話することは単純人に考えても刺激を受けますから、頭がいい人になるには効果がありそうです。

メンタリストのDAIGOさんの動画で、人と会話をする際にどうやったら頭が良くなるかが紹介されています。何を考えて人と会話をするのが、頭がいい人になるためには最も効果的でしょうか?

あまり難しく考えずに、仲良くなりたいと考えて会話をすると頭が1.8倍良くなるそうです。下心があると頭が良くなる効果は低くなってしまうので、十分に注意しましょう。

失敗を恐れないようにする

失敗を恐れないようにする
本当は頭がいい人になるのには失敗を恐れず行動するようにしましょう。失敗を恐れないで行動するのも、頭の人の特徴です。失敗を恐れて行動しない人は多いでしょう。しかし、失敗を恐れて行動しないよりも、まずは行動した方が速く成功に結び付きます。

行動を起こして失敗しても、そこで問題点を見つけることができます。問題点を見つけることができる度に、その分成功に近づいていくわけですね。エジソンは電球を作るためにフィラメントの材料を2万回交換したと言われています。

これを2万回失敗したと考える人は多いですが、エジソンは上手くいかない方法を2万回発見したと言いました。極端な例ですが、失敗も見方を変えれば発見になるわけです。頭がいい人になるには、失敗を恐れず行動しながら問題を修正することを考えましょう。

有酸素運動しよう

有酸素運動しよう
本当は頭がいい人になるためには、有酸素運動をすることも大切です。人間の体は酸素がなければ動くことはできませんが、当然脳にも酸素が必要になります。有酸素運動をすることで血流が良くなり、脳に送られる酸素の量を増やすことができます。

科学者や小説家は、散歩を日課にしている人が多いのも特徴です。激しい運動は必要ありません。軽い運動で十分に効果がありますよ。

睡眠時間はきちんと確保

睡眠時間はきちんと確保
頭がいい人の特徴は、睡眠時間が短いとと言われた時期もありました。実際、偉人は睡眠時間が短い人が多いのも特徴でしょう。エジソンは睡眠時間が短かったそうですし、レオナルド・ダヴィンチは1時間半しか寝なかったともいう話が残っているのも事実です。

しかし、アインシュタインは10時間以上寝ていました。最適な睡眠時間は個人差が激しいことも分かっています。眠気が残らず、最適なパフォーマンスを発揮できる睡眠時間を見つけましょう。一般的には7時間が最適な睡眠時間と言われています。

十分に眠れないと人間の能力は確実に下がりますが、寝すぎても頭の回転は悪くなります。十分な睡眠をとることが大切ですが、取り過ぎにも注意しましょうね。

最初にゴールを決めて行動する

最初にゴールを決めて行動する
本当は頭がいい人はミクロな視点とマクロな視点を使い分けています。人間は細部に囚われて、本当に重要な点を見失ってしまいがちです。例えば、学生だと1つの科目の成績を気にしすぎて、他の科目のことを忘れてしまうなどが考えられるでしょう。

頭がいい人は細部を見ることと全体を意識すること、つまりミクロな視点とマクロな視点を使い分けることができるのも特徴です。そのため、細部に囚われて重要な点を見逃したりしません。本当は頭がいい人になるには、マクロな視点を身に着けるようにしましょう。

そのために、行動する前にゴールを決めることが大切です。受験勉強なら、どの学校を受験するのを決めてから計画を立てて勉強します。ゴールを決めて全体を意識することで、マクロな視点を身に着けることができるでしょう。

頭を良くするには頭がいい人の真似をする

頭を良くするには頭がいい人の真似をする
頭を良くするには頭がいい人を観察して真似をしてもいいでしょう。頭がいい人は、頭が良くなる行動をしていることが多いです。何から何まで真似する必要はありません。しかし真似をするなら、周りから変わってると思われることを恐れないようにしましょう。

下の記事には頭がいい人の特徴だけでなく、頭が悪い人の特徴も詳しく紹介されています。頭が悪い人の行動は真似しないようにすることも大切でしょう。

頭が良すぎて困っちゃう!?賢い人あるあるを紹介

頭が良すぎて困っちゃう!?賢い人あるあるを紹介
本当は頭がいい人には、特有の賢い人あるあるがあります。普通では考えられないことで苦労しやすいようです。ちょっと変わってる賢い人あるあるについてまとめてみました。

賢い人あるある①頼りにされ過ぎて苦労する

賢い人あるある①頼りにされ過ぎて苦労する
賢い人あるあるの1つ目です。頭がいい人の特徴として周りから頼りにされることが挙げられるでしょう。決断が素早く判断も正確な上に、気が利くということでトラブルが起きた時などは頭がいい人は真っ先に相談されるポジションにいます。

しかし、その分、相談されることが多くなりすぎて、苦労することも多いようです。普段から頼りにされているため、断ることができずにストレスをため込んでしまうこともあります。

頼りにされることは悪いことではありません。しかし、あまり頼りにされ過ぎるも考え物ですね。

賢い人あるある➁頭がいい人は警戒されやすい

賢い人あるある➁頭がいい人は警戒されやすい
賢い人あるあるの2つ目は、頭が良すぎて警戒される場合があることです。本当は頭がいい人は優秀で頼りにされます。しかし、あまり優秀だと周りから妬まれたり、上から疎まれることもあります。

豊臣秀吉の家臣で大河ドラマの主人公にもなった黒田官兵衛は、優秀すぎたために秀吉に警戒されていました。官兵衛自身は主君を裏切ったことは一度もありませんでした、しかし、秀吉は官兵衛に裏切られることを恐れ、大名になった後も十分な石高を与えませんでした。

自分が警戒されていることを察した半兵衛は、出世欲がないことをアピールするために出家したと言われています。これは、戦国時代の話ですが、本当は頭がいい人がこういったあらぬ疑いをかけられる人は珍しくありません。頭がいい人には、普通の人にはわからない苦労がありますね。

賢い人あるある③先のことまで考えすぎる

賢い人あるある③先のことまで考えすぎる
賢い人あるある3つ目は頭が良すぎて考えすぎてしまうことです。本当は頭がいい人は、わずかなことで人が気づかないことまで気づいてしまうという特徴があります。テストの問題の解答が分かるだけでなく、出題者の意図まで理解してしまいます。

全く想像しないことを考えてしまうので、変わってるとも思われやすいです。小説を読んでも、展開が分かってしまい楽しめないこともあるでしょう。人と話をしても相手の話の先の先まで読めてしまいます。

そのため、相手が話していることの先に先に関心が移ってしまい、自分の話を理解してもらうのに苦労することもあります。

賢い人あるある④やればできるので苦労する

賢い人あるある4つ目は周りからの期待が高くて、苦労しやすいことが挙げられます。本当は頭がいい人は、勉強に興味を持っていないことが多いのも特徴です。しかし、勉強すれば簡単に成績が上がる人が多いので、親や教師にやればできると思われてしまいます。

そのため努力が足りないと、普通の人よりも怒られることが多いです。やればできる分、成績が良くないと周りからの評価も厳しくなってしまいます。勉強以外でも器用にこなす人が多いので、できるのが当たり前と思われて苦労しやすいようです。

賢い人あるある⑤教師に頼りにされすぎる

賢い人あるある5つ目は、教師に非常に頼りにされて大変なことが挙げられます。本当は頭がいい人は学力が高いとは限りません。しかし、勉強ができる場合などは、教師に頼りにされ過ぎて苦労することがあります。

勉強ができると教師から気に入られやすいですが、その分色々用事を任されることも多いです。授業で他の生徒と組んで課題を行う時などは成績の悪い生徒と組まされて面倒を見るように頼まれたり、極端になると生徒なのにテストの採点を任されたという話もあります。

教師に好かれているため、生徒からはあまり良く思われないことも多いです。逆に普段好かれている分、生徒側の味方になると反感を買いやすくなります。教師に頼りにされていたのに、目の敵にされるようなった人も実際にいるのです。

本当は頭がいい人は意外と苦労するが魅力的

本当は頭がいい人は意外と苦労するが魅力的
本当は頭がいい人の特徴や頭が良くなるための方法、ちょっと変わってる賢い人あるあるなどをまとめてみました。頭が良くなりたい人は多いですが、意外な苦労があることもわかるでしょう。それでも、頭が良くなることは魅力的です。

頭が良くなる方法を実践すれば確実に成長し、頭がいい人に近づくことができるでしょう。下の記事も頭を良くする方法が解説されています。

Related